赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第11話 同僚からの恥辱  

  それは、淳子だけでなかった。
久美もスカーフを捲られて、淫裂を丸出しにされている。
「いいんだよな、このオ○ンコが!」
(いや、触らないで課長。お願い、ここに居るのよ。性器は触らないで!)淳子と久美の課長が、拉
致された部下の淫裂の中に、指を入れているのだ。
「課長、オッパイは500円ですよ、安いでしょう?」
「ああ、安いよ。これなら合法で取り締まれないよな」淫裂を触ると今度は乳房を掴み揉んでいく。
「柔らかいよ、あいつらも犯人に、こんな事されてるのかな?」
「当然ですよ。女を捕まえたらオ○ンコするのが当たり前ですよ。それより、速く交代してください
よ」淳子と久美は、信じられない言葉が上長の口から出て、涙を流していた。
だが、マスクをしているので誰もが気がつかない。
(もう、誰も助けてくれない。私は見捨てられたんだ!)声をあげて泣きたかったが、口枷で声が出
せない。
しかし、同僚達は2人に気づかず、淫裂と乳房を触って性欲を発散しているだけだ。
淳子と久美はその後も客に淫裂と乳房を触られ続けていった。
 
 混んでいた店内も看板になると客も消えて片付けが始まった。
「今夜はすごいや、昨日の倍の60万だぜ!」
「こっちもよ。売り上げがいつもの倍よ」笑顔の和美と雨宮だが有紀と森脇は考え込んでいた。
「有紀。喜ぶのは今の内だ。こんなのは、長くは持たないからな」
「さすがね、私もそう思っているの。熱しやすく、冷めやすいのが日本人だからね」
「1ヶ月は持つけど、後はわからないから貯めて置かないとな」
「そうね、それからはあの2人にも稼いで貰わないと。本番もやれば受けるのに…」
「それだよ、それをやらせよう。なんとかして本番を!」森脇と有紀は、淳子と久美に本番をやらせ
る考えだ。

 翌日もいつものように、2人は店に連れて行かれた。
「今日はこれをつけさせて!」腰に小鎖が巻き付けられていく。
そして、淳子と久美は背中合わせにして鎖で繋がれた。
「稼いでね、今夜も大勢来るから」
(いや。もう、体を触られるのはいやです!)首を振って意思表示するが開脚したまま縛られ淫裂を
晒していく。
その腰にスケスケのスカーフを巻き付けらていく。
「有紀、こんなのどうだろう。これを置いたらどうなるかな?」
(いや、そんなの置かないで、置いたら膣に入れられる!)梅宮はバイブを木箱の隣に置いた。
『このバイブを使ったら罰金2千円頂きます』と書いた看板も取り付けた。
「今日はオ○ンコをたっぷりかわいがって貰ってね、夜は休みにしてあげるから」
(いや、いや、バイブなんていやです!)マスクを被った下の顔が引き吊っている。
 
 7時になって店が開くと、評判を聞いてか客がなだれ込んできた。
「バイブを使ったら罰金2千円か。おもしろい、やるぞ!」
(いや、入れないで、そんなの入らないわよ!)淳子のスカーフが巻き上げられて股間が露わになっ
ている。
「いいね、この毛のないオ○ンコが!」指で割れ目が広げられ、バイブが膣に押し当てられた。
「うー!」口枷がはめられていて悲鳴さえ上げられない。
(ば、バイブが膣に中に入っている!)客はゆっくり入れていく。
「ほら、入った。気持ちいいだろう!」ゆっくりと、入ったバイブを抜いて、また押し込んでいく。
(やめて、入れないで!)太股がブルブル震えている。
「すげえな、オ○ンコにあんなのが入るなんて!」周りの客も感心して眺めている。

 「よし、俺もやろう。2千円だ!」財布から札を取り木箱に入れた。
(いや、入れないで。そんなの入れないでよ!)久美もスカーフが巻き上げられて股間が露わにされ
た。
「いいね、このオ○ンコが!」綺麗に剃られた淫裂を撫でてから、指で肉襞を広げていく。
パックリと膣腔が見え、その膣にバイブの先端が押し込まれた。
「う、うー!」目を開ききっている。
(入ってしまったわ、バイブが膣の中に入っている!)バイブはさらに奥へと進んでいく。
「ほら、入った。オ○ンコの中に入ったぞ!」久美も太股が震えている。
(抜いて、お願い、バイブを抜いて!)首を左右に振っている。
そんな、久美の事など気にもとめず、バイブがゆっくりピストンしていく。
(いや、いやよ。やめてよ!)体が揺れ動き「俺はオッパイをやるぞ」体をくねらす久美の乳房が揉
           乳揉み3
まれていく。
「うー!」呻き声をあげて耐える久美だ。
同様に淳子も乳房を揉まれて、さらに、お尻も撫でられていた。
「変わってくれ、俺もやりたんだ!」
「仕方ないな。もう少しやりたかったのに」客は次々と交代してバイブで2人の淫裂を突きまくって
いく。
(もういや。こんな事やめて!)体をくねらせて耐えるだけしかできなかった。
 
 店にはその後も客が押し掛けてきた。
「ホントだ、おもしろいや!」
「俺はこいつとやるぞ!」
(そ、そんな~。先輩の大下さんまでもが!)同じ職場の先輩の大下がバイブを手に持ち、淳子の淫
裂を指で広げ、押し込んでいく。
(やめて、お願いです。先輩、やめてー!)目を閉じて耐えている。
「入っていくぞ、オ○ンコに入っていく!」
「お汁まで流していますよ、大下さん」
「ホントだ。こいつ、淫乱だぞ」バイブのピストンを始めて「クシュ、クシュ!」バイブが動くたび
に音が出ている。
「女なんて、こんなもんさ。オ○ンコが大好きな生き物なんだよ」そういいながらバイブの動きを早
めていく。
「そうですか。女は好きなんですかね?」
「そうさ、誘拐された宮下や後藤だって、今頃、犯人とオ○ンコして、ウハウハ泣いているかもな!」
「俺、あの2人とオ○ンコしたかったんだ。ちらりとパンツを覗き見した事もあるんですよ」後輩は
乳房を掴み揉み出した。
(ひどいわ。これが同僚だなんて!)昨日に続き、涙を流している。
 
 「お、やってるね、大下君!」
「しょ、署長。お見えになられたんですか?」
「ああ、評判を聞いてね。違反かどうか忍びで確かめに来たんだ」
「署長もいかがですか、その子を!」
「罰金2千円か。難しいな、これでは取り締まりできないぞ。客が勝手にやったと言われて」署長も
バイブを持って、久美の露わになった淫裂を指で広げ、バイブを押し込んでいく。
(いや、やめて下さい、私です、後藤久美です!)体をくねらせてバイブから逃れようとするが「ほ
ら、楽しませろよ。淫乱な女のくせに」同僚が腰を押さえている。
(淫乱な女…。ひどいわ、それが警官の言う言葉なの?)久美もマスクで隠れて見えないが、涙を流
していた。

 「いいな、これならいいよ」署長はバイブの動きを早めていく。
いやがっていた久美の淫裂からは自然と淫汁が流れている。
「見ろよ、お汁まで流して!」署長が言う。
「淫乱な女でね」
「女はみなこうさ。オ○ンコをやられるとこうなるんだ。誘拐された2人も今頃オ○ンコされて濡れ
ているぞ」
(署長まで言ってる。警官なんて嫌いよ、セックスのことばかりしか考えてない…)涙がさらに流れ
ていく。
「署長、交代して下さい、私もオ○ンコを弄りたいです」
「いいよ、交代しよう。今度はオッパイだ」
(いや、触らないでー!)口枷がなければ、叫び声が響いていたが声にならない。
(辞めてやる。こんな、ひどい警察なんか、辞めてやる!)乳房と淫裂を同僚に辱められている2人
は心から叫んでいた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/195-fe247640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top