赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第13話 婦警の制服  

 歩くとドアがあり「入れ!」腕を縛られているので、杉田がドアを開けて中に入れる。
(ここはどこかしら。大きな家だけど…)淳子と久美は屋敷の中を歩いていく。
「ここだ、入れ!」開けられたドアを通って中に入ると「本物だ、間違いないぞ。誘拐されたあの婦
警だぞ!」
「本物だ、間違いないや!」部屋の中には4人の男がいた。
「助けてください。警視庁の宮下淳子と後藤久美です。拉致されているんです」
「お願い、警察に連絡して下さい」叫ぶ淳子と久美だ。
「あの2人ね、知っているよ。でも助けはしないよ」そう言うと2人はスカートを捲り上げられた。
「いや、やめてー!」「やめてー!」悲鳴を上げ、叫ぶ淳子と久美だ。
「見えないな、もっとあげろよ」
「いや、やめて、そんな事止めて!」体をくねらせるしかない。
「白だよ。パンツは白だぞ」スカートがさらに捲り上げられて下半身が露わになった。
「いや、いやー!」「こんなの見ないで!」叫ぶ2人はまっ白なパンティに包まれた下半身が露わに
なっている。
「いいね、この姿が!」
「それよりも裸だよ。素人の素っ裸を見ないと」
「そうだよな。100万出したんだからもっと楽しまないと」目を輝かせていく4人だ。
「だめ、冷静になって。お願いだから冷静になって!」叫ぶが無理だった。
捲り上げられスカートは一端降ろされて、ホックが外された。
「いやー!」悲鳴と共に足下に落ちて、真っ白なパンティに包まれた股間が露わになった。
 
 「いいよな、興奮するよ!」
「たまんないよ、これがあの婦警だなんて夢みたいだ!」男達はパンティを掴んで引き下げた。
「いや、いやー!」「やめてー!」叫ぶが無理だった。
野獣のように目を輝かせ、淳子と久美の股間を露わにしていく。
            婦警4
「剃っているぞ、ヘアがないぞ」
「なんだ、ヘアを剃りたかったのに」落胆しながらもピンクの淫裂を指で開いた。
「いやー!」淫裂に指が入り、肉襞を掴んだ。
「やめて。いやー!」それにはたまらず体を屈めていく。
「ほら、もっとオ○ンコを見せろよ」腕を掴まれ立たされた。
「オッパイはどうなってるんだ。早く見ようぜ」
「そうだよ、オッパイは俺にやらせろよ」淳子の上着のボタンが外されていく。
「やめて、お願いだからやめて!」しかし、容赦なくボタンが外され、ワイシャツのボタンも外され
た。
胸が開いて、真っ白なブラジャーが見えている。
「いいね、これがいいよ!」ボタンが外されると肩から後ろにシャツが捲られ、ブラジャーだけの姿
にされた。「やめて、お願いやめて!」ブラジャーの繋ぎ目が外された。
(オッパイも見られてしまった!)カップから飛び出した乳房が揺れ動いている。
 
 「今度は俺にやらせろよ」久美も上着とワイシャツのボタンが外されてブラジャーだけだ。
「「いや、いやー!」首を左右に振るが繋ぎ目が外され、乳房が揺れている。
「いいね、これが」乳房が掴まれ揉まれ「やめて、お願い助けてください!」泣き叫ぶ声がむなしく
響いている。
「オ○ンコしてから考えるよ」4人の男は服を脱ぎだす。
(レイプだわ、このままではレイプされてしまう…)逃げたくても逃げれず乳房と淫裂を晒したまま
狼狽えるだしかできない。
「最初はこの子からだな」「いやー!」淳子と久美は床のマットの上にに押し倒された。
「やめて、犯罪よ、やめて!」
「構わないさ、『私、4人にオ○ンコされました!』なんて同僚には言えないだろう?」乳房を掴み、
淫裂に肉竿を押し込んできた。
(そうよ、その通りよ。婦警がレイプされたなんて知れたらマスコミが騒ぐ…)自分の置かれている
立場がわかっている。
「ほら、入ったぞ。オ○ンコに入ったぞ!」肉竿が根本まで淫裂に押し込まれていく。
「抜いて、お願い抜いて!」両手が効かずされるがままだ。
「高く買ったんだから、もっとやらせろよ」肉竿が動きだした。
「ヒー!」悲鳴を上げながら痛みに耐える淳子と久美だ。
(痛い、裂けそうだ!)痛みに耐える2人だ。
「いいね、本物の婦警とオ○ンコだなんて!」肉竿が一気に動きを早めていく。
「ヒー!」淫裂の痛みがさらに激しくなり、乳房も鷲掴みされて指が食い込んでいる。
「たまんないよ、婦警をレイプだなんて」肉竿が徐々に登り詰めていく。
 
 「いやー!」突然、淳子が悲鳴を上げた。
淫裂と肉竿の隙間から白い液体が流れ出ている。
ほぼ同時に久美も悲鳴を上げて淫裂から白い液体が流れ出ている。
「たっぷり出して下さいよ。避妊薬を飲んでますから思い切り出していいですよ」森脇が言う。
「そうか、安心して出せるな。よし、俺はバックからだ!」
今度は相手が代わり、淳子は両手を縛られたまま、頭をマットに付けお尻を突き上げている。
「オ○ンコがぐっしょりだな。俺も出すぞ」腰を両手で掴まれ肉竿が胎内を突いていく。
「あ、あ、あー!」腕に制服を絡めあえぎ声しか上げれない。
「いいな、俺もバックからやるか」久美も同様に頭をマットに付けてお尻をお押さえられている。
「いや、いや、もうやめて!」叫ぶが無理だ。
「気持ちいいや。婦警をレイプできるなんて信じられない!」肉竿を動かしていく。
(抜いて、もう抜いて!)頭をマットに付けて耐えていた。

 その後も淳子と久美は4人に代わる代わる犯され淫裂から流れ出た精液でベトベトに濡れている。
「スッキリしたよ。気持ちよかったよ」「俺、3回も出したぜ」男達は満足して脱いだ服を着込んで
いく。
「ほら、オ○ンコを洗わないと」有紀と和美にフラフラの淳子と久美は浴室に連れて行かれた。
「解いて、お願い、解いて!」
「そうはいかないの。私が洗うから」有紀と和美は2人の淫裂を指で広げてシャワーを浴びせている。
「恥ずかしがらなくてもいいわよ。オ○ンコは綺麗にしてあげるから」指も入れて丁寧に洗っていく。
(こんな事までされるなんて悔しいわ)泣きながらも犯された淫裂を洗われた。
淫裂を洗い終えると戻ってきた。
「はい、パンティからね」
「解いて、自分でしたいです!」
「そうはいかないの、はい、足を上げて!」
(く、悔しい、こんな事をされるなんて)目の前に先ほどまで履いていたパンティが両手で広げられ
ている。
「そう、そうするのよ」まるで赤子のような扱いだ。
(恥ずかしいわ、こんな事を見られるなんて)両足をパンティに通すと持ち上げられていく。
「はい、今度はオッパイね」背中に回ったブラジャーも付けられた。
その後、ワイシャツとベストのボタンも掛けられスカートも履かされて来た時と同じ姿だ。

 「よし、戻るぞ」ワゴン車に乗り込み走り出す。
それを「楽しかったよ、また頼むよ」笑顔で見送っている4人だ。
「スケベね、あいつらはオ○ンコしか考えてないんだから!」
「男はそうさ、オ○ンコしか考えてなのさ」有紀と和美の胸を触りながら言う森脇と新田だ。
「欲しいでしょうが、今はだめ。帰ったらいいけども」
「私もよ、車の中ではいやだからね」
「なんだ、2人ともいやか。仕方ないな。帰ってから楽しむか」ワゴン車は繁華街を走って行く。

 繁華街を通り抜けるとワゴン車は郊外の方に向かっていくと家並みも途絶えている。
「アソコが彫り師の家だぞ」大きな川沿いに立っている家の中に入っていく。
「付いたぞ」ワゴン車は塀に囲まれた家の玄関に横付けされた。
森脇達は車から降りると二重底を開けて淳子と久美も降りたが、勿論2人は後ろ手に縛られたままだ。
玄関を開けると「ヒー!」いきなり女性の悲鳴が聞こえてきた。
「いやー!」悲鳴は途切れ途切れに聞こえている。
(何なのよ、ここは!)悲鳴に怯える2人に「ほら、行くんだよ」後ろを押されて中に入った。
「ヒー!」悲鳴が大きくなり(あそこだわ、あそこから聞こえる!)その部屋からは明かりが漏れて
いた。
8人がその部屋に入ると「そ、そんな!」声をあげることができない淳子と久美だ。
そこには、俯せにされ大の字に両手首、両足首を縛られた女性がいたからだ。
「刺青を彫っている!」背中には鮮やかな絵柄が書かれていて、お尻の部分に青い墨が彫られている。
「ヒー!」彫り師の針が刺さるたびに女性が悲鳴を上げている。
女性は両手、両足を縛られているので自由が効かない。
それに、股間のヘアも剃られ、淫裂の所にも絵柄が書かれていた。
そればかりではなく、淫裂からはみ出している肉襞にも絵柄が書かれている。
「いやよ。私はいや!」「私もいや、刺青なんていやよ!」自然に体が震えている。
「彫って欲しいのは、その2人か。だったら素っ裸になって待っていろ!」彫り師は婦警の制服を着
た2人など気にもとめず、手を休めることなく針で肌を突いていく。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/197-f0c295b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top