fc2ブログ

拉致された婦警 第15話 性指導

第15話 性指導

 「あなたは確か、宮下淳子さんですよね?」
「はい。宮下です…」若い男の問いに答えていく。
「そちらは、後藤久美さんに間違いありませんね?」
「はい。後藤久美に間違いありません…」
「ばあや、間違いないみたいだね」
「ええ、本物の婦警ですよ」

 「興奮するよ。婦警を2人同時に抱けるなんて!」
「旦那様、思い切り楽しんでくださいませ」
「ばあやも付き合ってよ。いろいろと教えて欲しい事もあるし…」
「わかりました。旦那様の為ですから、お付き合いします」その間に、淳子と久美はスカートも脱いで、下着だけの姿になっている。

 「あなた達は売春婦だから、白は似合わないわよ。黒になさったら?」見下したように乳母が言う。
(勝手でしょう。何を着ようと、あなたには関係ないわよ!)黙ったまま背中に両手を回して、ブラジャーを脱いでいく2人だ。

 「あら、いい形のオッパイね。婦警にしとくのは、もったないないわね」
「そうだよな。専用の売春婦にしたいな…」
「旦那様。売春婦ばかりでなく、上流の娘さんともお付き合いしないと…」
「冗談だよ、ばあや、必ず嫁さんは貰うから!」
「それを聞いて、安心しました」乳母と主は淳子と久美の様子を見ている。

 (恥ずかしいわ、パンティを人前で脱ぐなんて!)恥ずかしさを堪え、2人はパンティを両手で掴み下げていく。
「生えてない。ヘアが生えてない!」若い主が声をあげると「ホントですわ、ヘアが生えてないなんて!」乳母も声をあげた。

 (言わないで。好きで、剃っているんじゃないんだから!)顔を赤らめて背中を丸め、パンティから足を抜いて、生まれたままの姿になり、主と乳母に晒した。
2人とも無毛だから、恥丘のピンクに割れた淫裂が丸見えになっている。
 
 「いいな、ヘアの生えてないオ○ンコも!」
「旦那様、オ○ンコはいけません。性器です。オ○ンコなんて言ってはだめです!」
「わかったよ、この性器もいいね」若い主の指はまず、淳子の淫裂を割れ目に沿って撫でていく。

 (いや、触らないで。いやです!)声こそ出さないが、太股が震えている。
「婆や。割れ目から、ヒラヒラがはみ出ているよ」
「大陰唇です、大人になると、はみ出すんです」
「婆やもそうかい。見せて欲しいな、婆やの性器も!」
「後で、お見せします。それよりも、お楽しみになさらないと…」乳母は顔を赤らめて言った。

 「そうだよな。せっかく高い金で買うんだから楽しまないと。よし、寝室で楽しむぞ。婆やも一緒だよ」
「わかってます」乳母が返事をすると、若い主は応接室から出て行き「あなた達も一緒よ。ほら行かないと」乳母が急かす。

 「でも、着替えが…」
「心配ないわよ。メイドが全てしてくれるから、ほら行きましょうよ」
(行くしかないわ)両手で乳房と淫裂を押さえながら、乳母の後を歩いていく淳子と久美だ。

 4人が廊下を歩いて行くと、ドアが目に付いた。
「ここよ。入って!」乳母がドアを開け中に入り、その後を追って、淳子と久美も中に入っていく。
(大きいわ、これが寝室なんて!)ゆったりとした空間に、特別大きなベッドがある。

 「婆や。あれを使って教えてよ!」服を脱いでいく主だ。
「わかってます、旦那様」乳母も返事すると、服を脱いでいく。
(まだ、ラインが崩れてないわ。綺麗な体だわ)服を脱ぎ、下着だけの姿になった乳母はパンティを脱いだ。

 「婆や。ヘアはあった方が興奮するね」
「旦那様、恥ずかしいです。後でお見せしますから」顔をお赤らめ下半身を露わにするとブラジャーも脱いでいく。

 乳房は年にはかなわず、少し垂れ下がっているが、まだピンクの乳首をしている。
その後、整理タンスからベルトの付いた異物を取り出した。
(何かしら?)淳子と久美は手に持つ異物が気になっている。
乳母はそれを股間に押しつけ、ベルトでしっかりと固定していく。

ペニスバンド

 (ペニスだわ、レズが使うやつよ!)乳母の股間には、そそり立った肉竿がある。
「淳子さん、あなたは旦那様とよ。久美さんはベッドに仰向けに寝て!」
(レズをする気なの?)久美は不安な顔で、仰向けにベッドに寝た。

 「旦那様。これから始めますから、一緒になさって下さい!」乳母は久美の上に乗って唇を重ねてきた。
(いや、いやよ。やめて!)両手で頬を掴まれては逃れない。

 「淳子、やろう!」若い主も、淳子を仰向けに寝かせて、唇を重ねていく。
「旦那様。その後はオッパイをこういう風に…」久美の乳房を揉みながら、乳首を吸うと「あ、あ、あー!」久美は喘ぎ声をあげた。
それに倣い、淳子も乳房を揉まれながら、乳首を吸われていく。

 「それから、ゆっくりオチンチンを膣の中に入れて下さい。淳子さん、あなたが誘導なさってね」
(いやだけど、やらないと!)淳子は勃起した肉竿を掴んで、ゆっくりと淫裂の中に導くと「あっ!」肉竿が膣を広げていく。

 「ゆっくりです。出したり、入れたりしながら、ゆっくり押し込みます…」乳母も腰を前後に振り、久美の淫裂に樹脂ペニスを押し込んでいく。
(いや、こんなのいやよ!)久美は顔を歪めながらも、膣の中に迎え入れた。

 やがて、2人の淫裂は肉竿とペニスに馴染んで、淫汁が流れ出てきた。
「もう平気です。腰を振って下さい」乳母が腰を激しく振っていく。
「だめ、こんなのだめ。膣が感じるからだめ!」背中が浮き上がり、弓のように反り、それを倣って、主も腰を振りだした。

 「ピシャ、ピシャ!」肉竿の根本まで、淳子の淫裂に入っていく。
(いやよ、オチンチンが膣の奥まで入るなんて!)乳房を揉まれながら、淫裂を肉竿で突かれていく。

 「気持ちいいよ、婆や!」
「出したいでしょう。お出しになってもかまいませよ」
「そうか、出してもいいのか!」股間同士を密着させ、動きを停めると(いや、射精なんて、いやです!)淳子の淫裂から精液が流れ出ていく。
 
 「今度は、久美さんが馬乗りになって、やってあげて!」
「わかりました…」久美は起きあがり、主の萎縮した肉竿を口に含んで擦っていく。
すると、萎縮していた肉竿が一気に膨らんだ。

 「旦那様は仰向けになって下さいませ」
「わかった」乳母の言うがままに仰向けになり(やるしかないのね)久美は馬乗りになり、肉竿を掴みぬと腰を下げていく。
「う、うー!」顔を歪めて、淫裂に肉竿を迎え入れた。

 (思ったよりも痛くないわ。準備が出来ているからね…)股間と股間が密着すると、腰を振り出した。
「可愛いな、オッパイが!」若い主は、両手で久美の乳房を撫でながら、乳首を指で挟んでいく。
(痛いけど我慢しないと…)久美の腰が動く度に「クシュ、クシュ!」卑猥な音が出ている。

 「婆や、気持ちいいよ。また、出したくなった!」
「いいですよ。お出しになっても」
(いや、お腹の中には出さないで!)だが、久美の淫裂からも白い液体が流れ出てきた。
(射精されてしまった…)手で淫裂を押さえながら、主の体から降りていく。
「気持ちよかったよ、またしたいな。婦警さんと…」
「それはよかったですわ。まずは、これを2人に」乳母は主に札束を渡した。
「はい、セックスの相手をした代金だよ」主は2人に金を渡していく。

 (売春したんだ、間違いなく売春したんだ…)手に持った札束を握ると、売春をした実感が込み上げてきた。
「もう、帰ってもいいです!」その言葉に、淳子と久美は貰った金を握り、寝室から出ていく。

 「婆や。今度は、婆やとしたい!」
「今回限りですよ。私は亡くなった大旦那様に、捧げた体ですから…」
「僕にも捧げて欲しいよ」
「だめです。もっと若い子にしてください」乳母と主はベッドで抱き合った。

 だが「間違いないわ、売春したんだ…」「そうよ、売春したのよ…」淫裂から流れ出る精液を拭こうともせず、廊下を歩いて応接室に戻った。
「おお、うまくやったようだな」
「ホントだ。これからもドンドン稼いで貰わないとな」2人が手に持つ札束に笑顔の森脇と新田だ。

 (お金なんかいらない。セックスもしたくない)笑顔の2人を後目に、淳子と久美は淫裂から流れ出る精液を拭いて、下着を着込んでいく。
その後、婦警の制服を着込み、来た時と同じく、二重底のワゴン車に乗って、邸宅から走り去った。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
308位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
陵辱の女子アナ 連載中
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


サイトの設定によりカウントされない場合もありますのでご承知下さい
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
記事数メーター