赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第14話 入れ墨  

 「聞いただろう、脱ぐんだよ。素っ裸になるんだ!」淳子のスカートに手が掛けられた。
「いや、許して、刺青はいやです!」
「そんなのだめだ。彫るんだよ」スカートが脱がされ、上着とワイシャツのボタンが外されていく。
久美も同様にスカートが脱がされた。
「いや、やめて、お願いです!」泣き叫ぶが容赦なく、胸のホックも外され、パンティも脱がされて
乳房と淫裂が丸出しになっている。
「よし、腕を解いてやるぞ。そうしたら素っ裸だ!」久美の腕を縛った紐が解かれていく。
「いや、いやー!」自由になった腕から、ワイシャツと上着、それにブラジャーが脱がされて全裸に
された。
「今度は淳子だ、お前も素っ裸だぞ!」淳子も腕が一端、解かれて全ての布地が剥ぎ取られていく。
「いや、いや、刺青はいやー!」怯えて体が震えていた。

 「終わったようだな、どれ、何が似合うかな?」彫り師は2人の体を眺めている。
「いい体つきだな。売春婦にするにはもったいないな!」股間や乳房を触りまくっている。
(売春婦…。もしかして売春させる気なの?)体の震えが、更に大きくなっている。
「いや、いやです、刺青はいやです!」「私もいやよ、したくない!」泣き叫ぶ2人だ。
「いやでも、やるんだよ。ここにもな!」森脇は淳子の乳房を握っていく。
「うっ!」息が詰まって声が出せない。
「お前もだ、久美!」久美の乳房も新田に握られた。
「うっ!」やはり息が詰まる苦しみで声が出せない。

 「先生、こちらはどうしましょう?」
「今日はここまでだ。しっかりオ○ンコを洗ってやれよ、たっぷり漏らしたからな」
「わかりました」大の字に縛られた女性の手足が解かれていく。
だが、お尻の刺青はもう消せない。
「いやよ。もう、いやです。お願いです、何でも聞きますから、許してください!」解かれた女性は
泣きながら言う。
「逃げようとした罰だ。一生消えないからな。それを見るたびに、思い出すんだよ。自分の愚かさを!」
「いや、もう許して!」泣き叫ぶが容赦はない。
「甘えるな、素っ裸で帰るのか?」
「着ます、服を着ます」女性は起きあがり、下着を着込んでいく。
(オシッコを漏らしたんだ!)女性の股間の所がグッショリ濡れていた。
(いや、あんなのいやよ。まして、売春だなんて!)呆然としていた。

 「この女には牡丹が似合うかな?」彫り師は淳子の背中に筆で下絵を描いていく。
「いや、許してください、何でもします。ですから刺青は許して下さい!」叫ぶ淳子だ。
「慌てるな、そんな簡単には、いかないんだ。彫るのも大変なんだぞ」筆はお尻にも描いていく。
「いいですね、これはいいですよ!」
「そうだろうな、こっちの女は百合が似合うかもな?」
「いや、いやー!」久美の背中には百合の絵柄が描かれていく。
「何でもします。逃げもしません。刺青だけは許してください!」叫ぶ久美だった。
だが、彫り師は手を休めることなく筆を動かしていき、1時間後には2人の背中に綺麗に絵柄が描か
れていた。
            入れ墨2
 「今日はここまでだ。この2人の肌はいい感じだな。値段は高いぞ!」
「200万でいかがでしょう?」
「一人でだ。2人だから400万はもらいたいな」
「わかりました、とりあえず、100万だけお支払いします」
「これは下絵だ、彫るのはまだ先だ。それに直ぐ消えるぞ、この次に消えないようにするからな」
「わかりました。また伺います。ほら、急いで着ないと!」淳子と久美は剥ぎ取られた下着を着込ん
でいく。
(いやよ、刺青なんて!)服を着ていくが体の震えは止まらなかった。
服を着込むと、また両腕を縛られて、ワゴン車に乗せられてアジトに戻って来たが、もう5時を回っている。

 「降りろ」二重底から淳子と久美も降ろされ、屋敷の中に入っていく。
屋敷の中に入ると、着ている制服が脱がされて、全裸にされた。
背中には鮮やかな絵柄が描かれており、両手を縛ってあった紐も解かれて自由になっている。
 
 自由が戻った淳子は「お願いがあります、聞いてください」坂本の前で正座した。
「私の話も聞いてください」それに、倣うかのように久美も正座した。
それには「なんだよ。そんな改まって!」面食らう森脇だ。
「お願いです。鎖で縛るのはやめて下さい…」
「そうはいかないよ。逃げると困るしな」
「逃げません。絶対に逃げませんから、鉄格子から出して下さい。店の手伝いもしますから…」
「それに、何でもしますから、刺青も許してください」泣きながら言う。

 「あら、どういう風の吹き回しかしら。信用できないわ」無理もない。
拉致されている婦警が、逃げないと言っても、信じる方がおかしい。
「訳を聞かせろ、話は後だ!」
「一昨日と昨日、店に同僚が来ました。署長まで来ました。そして、膣にバイブを入れたり、オッパ
イを…」後は声にならず、声をあげて泣き出した。
「同僚に、オ○ンコとオッパイを触られたからか?」
「それだけではありません。警官なのに酷い事を言っていました。今頃、誘拐犯とオ○ンコを楽しん
でいるって!」声をあげてまた泣き出した。

 「警察にも見捨てられたのね、あなた達は!」有紀が言うと、さらに泣き声が大きくなっていくが、
森脇達は声を出さず、ただ黙っているだけだ。
「お願い、お手伝いもしますから檻からは出して下さい。何でもします」
「ヌードも平気です。それにセックスもします。勿論、売春もしますから刺青だけは許してください」
「売春もするのね。信じていいのかしら?」
「本気です。ですから刺青だけは許して下さい!」泣きながら言う淳子と久美だ。
「わかった、明日試すから、それで決める。もし、変な事をしたら刺青だぞ。それに覚醒剤も打つか
らな」
(覚醒剤を持っているんだ…。体を売るしかない…)「わかっています!」返事をする2人だ。
話がまとまると、淳子と久美はいつものように隠し部屋に入れられて体を横たえている。
2人の背中には、百合と牡丹の下絵が描かれたままだ。

 翌朝、2人はいつもと違って、下着を着込んでいく。
「今日は試験だ。もし、だめだったら刺青だからな」
「それに、お客の言う事はどんな事でも聞くのよ。もう婦警じゃないの、売春婦だからね」
(売春婦…。そうかも知れないわ、婦警には戻れないし…)下着を着込むと婦警の制服を着て、避妊薬を飲み、アジトから車に乗せられた。

 いつものように、狭い二重底の車は町中を走り、ひっそりとした洋風の屋敷の中に入って行く。
淳子達が乗った車は、大きな玄関に横付けされて停まった。
二重底のドアが開けられて、淳子と久美が降りていく。
そこに「旦那様がお待ちです」中年の女性が迎えに出てきた。
年の割には品のよい顔立ちで教養に満ちた顔つきだ。
「いいな、丁寧に挨拶をするんだぞ!」
「わかってます…」歩きながら森脇と新田が2人に話している。
 
 4人は女性の従い廊下を歩いて応接室らしい部屋に入った。
「旦那様、お見えになりました」若い男が淳子達を見るなり「来たか、早速、下調べだ。ここで裸を
見せてくれ」と言う。
「ここでですか、寝室にして貰えませんか?」
「そうはいかない、乳母と一緒に確かめないと。本物の誘拐された婦警かどうかも」
「そうですよ、あなた達には高いお金を払うんですからね」
「わかりました。ここでヌードになります」諦めたのか淳子と久美は制服のボタンを外していく。
(これからもこんな事をさせられるんだわ)体を震わせながら上着、ワイシャツと脱いでまっ白なブ
ラジャー姿になっている。
「彫り物があります!」女性が声をあげた。
「彫り物じゃありませんよ、下絵です。まだ彫ってませんよ」
「ほんとだわ、よく見ると絵の具だわ」女性は背中に書かれた絵を見つめている。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/200-e7585ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top