赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第16話 二人の決意   

 ワゴン車は寄り道もせずにアジトに戻って来た。
「着いたぞ」ワゴン車が停まり、ドアが開けら、淳子と久美も降りて中に入っていく。
「あら、早かったのね。お風呂で体を洗ったらどう?」
「そうさせて頂きます」淳子と久美は有紀の言葉に従い、浴室に入ってシャワーを浴びていく。
「もう、戻れないのね。普通の人間には…」
「そうよ、売春までしたんだから」自然と涙が流れ出ていく。
「どうせ、逃げられないなら、もう縛られるのはいやよ」
「私だって、そうよ。お願いしてみようよ」
「そうよね、帰るところもないし。売春を覚悟して、ここにいるしかないのかもよ」体を洗いながら
2人は話し合った。

 体を洗い終えると「終わりました!」と大きな声をあげる。
「早いのね、ほら、ヘアの手入れよ」有紀と和美がタオルを持って現れた。
「お願いです。もうヘアを剃るのは許して下さい」
「そうは行かないわよ。あなた達のパイパンで稼いでいるんだから」カミソリが股間の生えかけた絨
毛を剃っていく。
(また剃られてしまったわ)落胆しながらカミソリを見つめている。
「終わったわよ」剃り終えると有紀と和美は2人の濡れた体を丁寧に拭いていく。
「そこは、もういいですから」
「そうはいかないのよ。女性の一番大事なパーツですから」股間も丁寧に拭いている。

 体を拭き終えると、生まれたままの姿でリビングに戻って来た。
「待っていたぞ、明日からは刺青だ」
「いや、刺青は許してください!」額をマットに付けて叫ぶ淳子と久美だ。
「何でもします。売春もしますからお願いです。刺青だけは許して下さい!」泣きながら叫ぶ2人だ。
(うまくいったな、新田!)
(ええ、こんなにうまくいくなんて信じられませんよ)森脇と新田は顔を見合わせた。
淳子と久美に、刺青をする気など、毛頭なかった。
それに、もう売春もさせる気などなく、自分の愛人にするつもりだ。

 「お店もお手伝いします。ですから、刺青だけは許して下さい」
「信じられないよ、そんな事を言われても…」
「本当です。信じてください」必死な形相の2人だ。
「逃げられて、たれ込まれると、困るんだよな」
「強盗の事は決して言いません。見つかったら、警官がいやになって隠れていたと言いますから」
「どうだかな。担保があれば、檻からは出してやってもいいんだがな」
「担保?どんな担保ですか」
「淳子と久美が、人前に出られない位の恥ずかしい事をした担保だ」

 「と、撮ったでしょう。レイプしたビデオを!」
「あれは担保にはならないよ。反対に、こっちが強姦罪で捕まるよ」
「それじゃあ、どんな事をしろと言うのですか?」
「自分から、喜んで素っ裸になるんだよ。そしてオ○ンコを喜んでやるんだ」
「それをやれば、刺青はせずに、檻からからも出してくれますよね?」
「ああ、だしてやるよ。でも、ビデオとカメラで撮るからな」
(どうしよう、もう婦警には戻れないし、やるしかないわね)
(そうよ淳子、やるしかないわよ)顔を見合わせた。

 「やります。いつでもやりますから、檻から出すと約束して下さい。それに、刺青はしないと!」
「わかった。そんなに言うなら、明日にでも撮るか。婦警の制服も用意しておけ」
「それから、店ではマスクは着けさせて下さい。人前だけでいいですから」
「わかった。俺もその方が都合がいい。有紀、制服を頼んだぞ。明日撮るからな」
「任せて。でもリーダー、誰が2人とオ○ンコするの?」
「セックスは、一人だけにしてもらえませんか?」
「どうしてだ、4人の方が楽しいだろう」
「乱交はしたくないです、一人だけに独占されたいんです」真剣な顔になっている。
「私は4人としたいな、4回楽しめるし」有紀は不愉快な顔になっている。
「私も困るのよね、4人とオ○ンコしたいし」和美も言い出した。

 「そのことは後で考えよう。とにかく、担保のビデオを撮ってからだ」森脇が間に入った。
その後も話し合いが行われ「とにかく、背中の絵柄は洗い流せ。100万はもったいないが…」
「ありがとうございます。今夜から、ご奉仕させて頂きます」
礼を言うと淳子と久美は、浴室に入って背中をお互いに、背中を洗っていく。
「しつこいのね、なかなか落ちないわ」
             入浴2
「明日には落ちると思うの。とりあえず洗おうよ」石鹸で洗うが、うっすらと後が残っていた。

 石鹸で丁寧に体を洗うと、浴槽に浸して温めていく。
「スッキリしたわ。これでもう未練が無いわ」
「私もよ。もう婦警とは関係ないのね」ゆっくり体を温めてから、浴室から出てきた。
「あがったのね。稼ぎ頭だから丁寧に扱わないと」有紀と和美はバスタオルを持って再びタオルで濡
れた2人の体を拭いていく。
「そこは、いいです。もう、いいです!」だが、有紀は淳子の乳房を丁寧に触っている。
和美も久美の乳房をタオルの上から触っていた。
「濡れてません、もう濡れてません」有紀と和美はそれでも触り続けて10分後にやっと放した。 

 体を拭き終えた淳子と久美は、相変わらず全裸姿のままだ。
浴室から出て、森脇のいるリビングに戻ってくると、4人が話し合っている。
「淳子は俺とオ○ンコだ。久美は新田とだぞ」
「はい、わかりました」淳子と久美は、それぞれに決められた相手のズボンのベルトを外して、脱がしていく。
「信じられないわ、これが昨日までの2人だなんて!」有紀と和美は驚いてみている。
「これで、いいのですよね?」ズボンを下げると、パンツも脱がして下半身を剥き出しにした。
「あ、暖かい。オチンチンが暖かいです!」淳子は、そそり立った肉竿を掴み、擦っていく。
「俺も暖かいよ。早くオ○ンコしようよ」
「わかりました。始めます」淳子は森脇に跨り、掴んだ肉竿を淫裂に導いていく。
同様に、久美も新田の肉竿を掴んで、自分の淫裂に迎え入れた。

 「膣が暖かいわ!」淳子と久美は、肉竿を淫裂に迎え入れると、自ら腰を振りだした。
「気持ちいいな。久しぶりに感じている」森脇は淳子の乳房を揉みながら、乳首を吸った。
「いいわ、いいです!」喘ぎ声をあげる淳子だ。
やがて、「だすよ、だすぞ!」森脇が頂点に登りつめた。
「だして下さい。受けとめます…」子宮の奥に、精液を噴射された。
「俺も限界だ、出すぞ!」新田も久美の中で爆発した。

「いつまでも、こうしていたい」「私もそうです」淳子と久美は、射精を終えた後も名残惜しそうに
抱きついている。
そんな様子を、杉田と新田が羨ましく眺めている。
「とりあえず、今夜は逃げられないように今まで通りだ。自由は明日からだ。いいな」淳子と久美は
いつものように隠し部屋に連れ込まれたが、今までになくぐっすりと眠れた。 

 翌日、朝食を済ますと、早速、ビデオカメラがセットされていく。
新田は慣れた手つきで、ライトも点けて準備をし、室内には本格的なセットができあがっている。
「準備が、できました!」
「よし、淳子から担保のビデオだぞ」淳子は森脇から台詞を教え込まれていた。
(やるしかない、もう婦警には戻れないし。ここに居るのが一番だし…)覚悟を決めた淳子は婦警の
制服を着て、笑顔でビデオの前に立った。
「渋谷警察署勤務の宮下淳子です。これより皆様に、フルヌードをお見せします。たっぷりお楽しみ下さい」笑顔で話しかけてから、上着のボタンを外していく。
その、淳子の仕草を逃すまいと、新田はカメラを構えている。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/201-a70bfafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top