赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第17話 担保のビデオ  

 「淳子はオッパイを出しますから、しっかり見て下さい…」ワイシャツのボタンを全て外して、胸元
を広げていく。
「ちょっと、エッチなブラでしょう。淳子はこれが好きなんです」ワイシャツを脱いで、ブラジャー
姿になると、乳房の上半分の膨らみが飛び出している。
「フロントホックです。しっかり見てね、オッパイをだしますよ」胸のホックを外した。
ブラジャーの継ぎ目が外されて、豊満な乳房が飛び出し、揺れている。
「これが宮下淳子のオッパイです。次は皆様が見たがってるア、ソ、コ!」肩からブラジャーを外し
て、脱いでスカートに手を掛けた。
(性器を見せるんだ…。助けられても、白い目で見られるから、ここに居た方がましだし…)吹っ切
れた淳子は、スカートのホックを外した。
「パンティもエッチです。似合うでしょう?」スカートが足下に落ちて、パンティ姿になると「ほら、
食い込んで入りでしょう!」わざと股間を覆う布を狭めて、淫裂に食い込ませている。

 (よくやるわね、あれでも婦警なの?)(私にはできないわ、金を積まれたって!)有紀と和美は
淳子の股間を見ている。
「それでは皆様お待ちのオ○ンコをお見せします…」笑顔でパンティを下げていく。
「ヘアはありません。よく見えるように剃りました」パンティは膝まで下がり、綺麗に剃られた股間
が露わになっている。
「皆様、これが淳子のオ○ンコです、もう体験済みですよ」パンティを脱ぎ終えると、両手で淫裂を
広げカメラの前に立った。
その様子に「よくやるよ、負けたわ!」「私もよ、あんなに性器を出すなんて!」有紀と和美は話し
合っている。

「OK。次、行きます」生まれたままの姿になった淳子は、脱いだ衣服を持って、カメラの前から
去ると「よかったよ、淳子!」森脇はソファに座らせ乳房を触っている。
「見られてます。久美に見られてます…」
「そうだったな。後で、オ○ンコだからな」
「森脇さんと、セックスですね?」
「そうだ、久美は新田とオ○ンコさせるからな」その言葉は有紀と和美にも聞こえていた。
「お似合いかもね、リーダーと淳子さんなら」納得する有紀だ。
「それに久美さんと新田さんもお似合いかもよ」有紀と和美は久美を見つめている。

 その間にも「渋谷警察署に勤務していた後藤久美です。もう、婦警がいやになってヌードで働く事
にしました…」淳子がしたように上着を脱いでいく。
「久美もオッパイをお見せします.Cカップですよ。大きいですよ」上着を脱ぐとワイシャツも脱い
でブラジャーだけになっていく。
「エッチでしょう。久美はスケスケが大好きなんです、あそこもスケスケです」笑顔でブラジャーを
脱いで乳房を揺らしていく。
(これで婦警とは、お別れね。もうすぐ、別な久美に替わるんだ!)

 ブラジャーを脱いだ久美はスカートも脱いでパンティ姿になっていく。
「見えるでしょう、久美の恥ずかしいアソコが!」わざと、スケスケの生地を淫裂に密着させて、パ
ックリ割れた淫裂を見せている。
「先輩、抜きたいでしょう、私のオ○ンコで抜いてね」笑顔のままパンティを脱いで全裸になった。
「見て、先輩。これが久美のオ○ンコよ。一杯抜いて!」淫裂を両手で広げ、膣の中までビデオに撮
らせている。

 「はい、OKです。次は本番です」
「いよいよだな。その前に、痛くないようにあれ塗って置くからな」何気なく森脇は淳子の淫裂にゼ
リーを塗っていく。
「つ、冷たい!」一瞬、腰が引いたが(ゼリーだ、これなら痛くないわ)森脇の指が淳子の膣の中を
撫でている。
「淳子、お前がやるんだぞ。いやらしくな!」
その言葉に「わかってます。その代わり、約束は守ってくさいね」淳子は再びカメラの前に立った。
              paipan.jpg
 「お待たせしました。渋谷警察署の宮下淳子です。これから私の大好きな、セックスをします…」
乳房と淫裂を晒したままだ。
そこに、裸になった森脇が現れたが顔は映されない。
「オチンチンが好きなんです。このオチンチンが!」淳子は腰を屈めて、両手で肉竿を掴み口に含ん
でいく。
後ろから見ると、淫裂がパックリと口を開いている。
「いやらしいわ。いくら何でも、あんな事をするなんて!」
「ホントよ、あなたは婦警でしょう?」有紀と和美は森脇を取られた事で嫉妬していた。
2人は似合いと分かってはいるが、誰も構ってくれない寂しさで嫉妬していた。

 「淳子はこれからオ○ンコします」笑顔で森脇に馬乗りになった淳子は肉竿を掴み淫裂に導いてい
く。
「オチンチンが入りました。熱いです、オチンチンって、熱いです」淳子に恥ずかしさなどなく、腰
を振って、肉竿を吸い込んでいく。
「いいわ、オッパイを揉んで。オ○ンコしてあげるから、オッパイを揉んで!」髪の毛を振り乱しな
がら叫んでいる。
(淳子さん、気持ちいいんだ。本気でセックスしている!)淳子の淫裂から淫汁が流れ出ている。
その後も「あん、あん、あん!」悶え声をあげながら淳子は腰を振ってく。
「出されました。淳子のオ○ンコに、ザーメンガ一杯出されました。ご覧下さい」淳子は立ち上がり
射精された淫裂をカメラの前に晒した。
ドロドロに流れ出る精液は太股を濡らしていく。
「よし、今度は久美だぞ」カメラを摂っていた新田は、梅宮と交代して久美の前に立った。
呼ばれた久美も、淳子がしたように新田の肉竿を口に含んでから、淫裂に肉竿を吸い込んでいく。
こうして2時間ほどで撮影が終わったが、淳子と久美は、その後も森脇、新田と抱き合っている。

 撮影が終わると「有紀、俺はお前が好きなんだ。いいだろう?」カメラを置いて、梅宮が有紀に抱
きついた。
「本当なの。だったらして、一杯オ○ンコに出してよ!」
「いいよ、一杯出してあげるから」梅宮は有紀の衣服を脱がし、裸にしていく。
「ずるいわ、私だけがのけ者なの?」和美が一人残された。
「和美、俺としよう。俺は、前から好きだったんだ!」杉田が和美の乳房に顔を埋めていく。
「欲しいの杉田さん。私が欲しいの?」
「当然さ、欲しいよ、和美!」杉田も和美を裸にしていく。
4組のカップルはあえぎ声をあげ、悶え声をあげ、淫裂から精液を垂らしていった。

 カップルは昼過ぎても抱き合って「そろそろ準備をしないと。淳子と久美は、髪を変えないとな」
森脇が呟くように言うと「任せて。いらっしゃいよ」有紀と和美によって浴室に連れ込まれた。
「髪を染めるのよ。それに、髪型も変えないと」
「そうね、そのほうがいいわよ」淳子と久美は髪に染料が塗られていく。
「裸だから、思いきりいくからね」髪の毛を両指が擦っていく。
(これでいいんだ、もう警官なんていやよ)決別した2人は有紀と和美によって、髪の毛が金色に染
められた。

 その後、体についた塗料も洗い流してから戻ってきた。
「衣装は店で着替え去るから。とにかくオッパイとオ○ンコを隠せ」ミニスカートと、Tシャツを渡
した。
「パンツとブラはいらないだろう。どうせ素っ裸だから」(そうよ、直ぐに裸になるんだから)素直
に従った。
「色っぽいな、このオッパイは」「それに、オ○ンコが見えそうだ」男達は触ろうとした。
「触らないで、もう時間でしょう」淳子と久美の乳首がTシャツを下から持ち上げ、ピンクの乳輪も
見えている。

 それに、太股の付け根までしかないスカートは、性器が今にも見えそうだ。
「あんな達、そんな事しないでよ。全くスケベね、ほら、化粧をしないと!」淳子と久美は言われる
ままに化粧をしていく。
化粧は(これが私なの…。信じられない!)今までの淳子と久美の顔を変えていた。
「これなら、マスクはいらないかもね」
「でも、ないと恥ずかしいです。素っ裸ですから。それに、触られるんでしょう?」
「そうね、マスクをしていれば、恥ずかしさも消えるかもね」
「でも、逃げるなよ。逃げたら、本当にあのビデオを公開するからな」
「逃げません、誓います!」
「信用するか。よし、行こう!」8人はワゴン車で店に向かっていく。
だが、淳子と久美は今までと違って座席に座っていた。

 車はすんなり、地下の駐車場に着いた。
いつもは全裸で歩いていく淳子と久美だが、今日からは服が許されている。
店に入ると「マスクをしろ。その方がいいだろう」
「はい。その方がいいです。裸になるんだから、顔は見られたくないし…」いくら化粧をしても顔を
見られるのは抵抗感があった。

 マスクを被ると、今までとは違った服が着せられた。
「ほら、SMタイプだよ。オッパイが丸出しで、こうすればオ○ンコが見えるし」
「いや、やめて下さい。恥ずかしいです」淳子と久美は、黒い革製のYの字型の衣装を着せられた。
乳房が丸出しで、股間の割れ目に皮が食い込み、肉襞を押し広げている。
「わかっているよな、オ○ンコを触られても騒ぐなよ」
「はい、やってみます」頷く2人だ。
2人の返事に「この鉄格子も、今度の休みで解体だな…」名残惜しそうに眺める森脇達だ。
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/202-38fa9391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top