赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

拉致された婦警 第18話 同僚の辱め  

 皆で、開店準備を始めると「あのう、ここで雇ってもらえませんか?」若い女性連れが入ってきた。
「ここは、こんなヌードになるのよ。あなたにできるかしら、フルヌードよ」
「ヌードは平気です。ヘアをだしても構いません、お金さえもらえれば…」若い2人が言う。
「だったら、素っ裸になってくれ。肌に彫り物があるとまずいしな」
「そんなのありません。OLしてますから」2人連れの女性は恥ずかしそうに服を脱ぎだした。
シャツ、スカートと脱ぎ下着姿になっている。

 「まずはオッパイだ。オッパイを丸出しろ!」
「こうですね」恥ずかしそうに顔を赤らめて、背中のホックを外して、乳房を露わにした。
乳房は、淳子や久美よりも少し小さいが、お椀型で乳首が、上を向いて男の性欲を刺激している。
肌は綺麗な色をしていて、彫り物などはなかった。
2人は、初めて男の前で裸になったのか、小刻みに震えている。

 「次は、ヘアを見せてくれよ」
「は、はい…」ブラジャーを脱ぎ終えると、パンティを掴みんで下げていく。
真っ黒な絨毛に包まれた、股間が露わになっている。
「ヘアを剃らないとな。多すぎるよ」
「へ、ヘアは剃らないで。どうしても剃れと言うのならお金を払って下さい」俯いて言う2人は全裸
を森脇達に晒している。
「そうだ、お客に剃らせろよ、入札させて」
「いいわね、おもしろいわ。受けるわよ」
「決まったな、客に金から貰うならいいだろう?」
「はい、それなら剃ります」下を向いたまま答える。

 「それから、オッパイとここも触られるぞ」梅宮は乳房を掴みながら淫裂を触った。
「へ、平気です。鉄格子に入って客に触られるんでしょう?」
「知ってるのね、あなたの仕事が!」
「はい、いいお金になりそうですから」
「それなら話が早いわ、はい、着替えて!」

 有紀は昨日まで淳子と久美が付けていた革製のベルトを巻き付け鎖で縛っていく。
それが済むと覆面を被せていく。
「いい、トイレに行きたかったらこうするのよ」鎖で鉄格子を叩いて見せた。
「わかりました、オシッコするところも見せるんでしょう」
「誰に聞いたの、そんな事を?」
「会社の人です。ここは評判になってますから」
「そう、有名になっているんだ」納得しながら腰と乳房にスカーフを巻き付けていく有紀だ。

 「これもするわよ。我慢してね」口枷が付けられた。
「準備はいいわ、開店しましょう」店のドアが開けられると、早速、客が入ってきた。
「あれ、今日は変わったのか、ヘアが生えているぞ!」
「へえ、ヘアを剃りたい方は、入札で剃れますだってよ」
「一応、書いておくか」記入してから、罰金の木箱に札を入れて、乳房と淫裂を触っていった。
しかし(お金の為よ、我慢しないと)今日来た2人は、乳房と淫裂を触られても抵抗せず、されるが
ままだった。

「いらっしゃいませ!」覆面を被った淳子と久美は、今までと違ってホステスをしている。
「いいね、これが」真っ先に乳房を掴み、それから淫裂の中を触っていく。
(いや、いやです。やめて下さい!)拒みたいが、森脇から言われているから、拒まず客のされるが
ままだ。
               マスク
 そんな様子を森脇と新田が見ている。
(売春が効いたみたいですね。それで、吹っ切れた見たいですよ)
(そうなんだ。あのオ○ンコに毎晩チンポを入れられるんだからな)笑顔で見守っている。
そして、時間がどんどん過ぎて客が入れ替わっていく。
「いらっしゃいませ」新しい客の席に行くと同僚が4人いた。
「待ってたよ、こっちへこいよ!」

 (あいつらだ、いやだけど行かないと…)諦めて隣に座る淳子と久美だ。
「ほら、出せよ、オ○ンコを出せよ」酔った同僚は2人の小さな革製のベルトを剥ぎ取りだした。
「いや、いやー!」叫ぶが、ベルトが外され、下半身を丸出しにされた。
「どれ、味見だ」酔った同僚は、チャックを下げて、覆いかぶさった。
「いや、いやー!」「やめてー!」淫裂に肉竿の半分が入ってしまった。
(レイプされた、同僚にレイプされた!)
(犯された、先輩に犯された!)呆然とする淳子と久美だ。

 2人の悲鳴で森脇と梅宮が駆けつけた。
「客さん、ここは本番なしの健全な店ですよ。困ります」
「うるせえな、俺は警察だ、ほらよく見ろ!」酔った同僚は警察手帳を森脇に見せつけた。
「そ、そんな!」信じられないと言った顔だ。
「わかったな、とにかくこいつを貸せ!」
「いやー!」肉竿は淫裂の奥へと進んでいく。
「気持ちいいや、出したいが我慢してやる」腰を動かして肉竿をピストンさせている。
「やめて、いやー!」2人がかりで、犯される淳子と久美だ。

 「交代しろよ、俺にもオ○ンコさせろよ」
「俺もオ○ンコしたいよ」
「わかった、交代だ」淫裂に入った肉竿が抜かれた。
変わって別な同僚が2人を犯していく。
(いやよ、後輩に犯されるなんて!)(やめて、私は婦警よ!)叫びたいが、堪えている。
「気持ちいいな、お前もオ○ンコが気持ちいいだろう」乳房を鷲掴みされ、爪が乳房に食い込んでい
る。
「は、はい、気持ちいいです」
「そうだろう、オ○ンコが好きだよな」
「はい、オ○ンコが好きです」息が詰まる思いを堪えやっと言えた。

 
 「ほら、オ○ンコしたがってるぞ」腰を振っていく。
「困ります。いくら何でも、そんな事は!」
「ちぇ、そんなにいやなら、仕方がないな」やっと肉竿を抜いた。
淳子と久美を押さえていた男も手を退けた。
その隙を縫って、乳房を揺らし淫裂を晒したまま、走って店の奥に走っていった。
そして、従業員用の部屋に飛び込み泣き出した。
「う、う、う、う!」声をあげて泣いていた。

 「悔しいでしょうね、同僚にレイプされるなんて」有紀も哀れみの目で見ている。
「もう、警官なんか嫌いよ!」泣きながら言う2人だ。
「でも、よかったわね。マスクをしていて」
「そうでした。マスクをしていなかったら、きっとばれていました」
「それに、射精されてないでしょう?」
「ええ、数回入って来ましたが、射精はされていません」
「不幸中の幸いよ、事故と思って諦めなさい。こんな事があるのよ、水商売では」その言葉で泣き声
が止まり、剥がされたベルトを直して再び店に戻った。
「あの2人、マジだわ。マジで、警官をいやがっている…」有紀は直感で知った。

 それは森脇と新田もだ。
「レイプされているのに、名前を言わなかったよな」
「ああ、名乗ればいいのにな。レイプされても名乗らなかったよな」
「あいつら、マジだぜ。淳子と久美は!」
「ひょっとしたら、そうかもな」そんな会話が行われているとも知らずに「いらしゃいませ!」客の
いる席を回っていた。
「オッパイだけですよ。触るのは!」
「見るだけならいいだろう?」乳房を触られ、淫裂も軽く触られていく。
「お二人さん、あちらの席もお願いします」全裸同然の2人は、客にも受けて指名が相次いでいた。

 やがて、「それではこれより、ヘアの入札結果を発表します」森脇が大きな声で叫んだ。
その言葉で店が静かになった。
「こちらの女性は3万で大竹さんが落札です。あちらは4万で坂上さんが落札しました」その言葉に
「やったー!」立ち上がる2人だ。
落札した2人は鉄格子の2人のスカーフを取って下半身を露わにし、髭剃り用のスプレーを吹き付け
てから絨毛を撫でていく。
それまで立っていた絨毛は肌に密着してしまった。

 「動かないで!」2人はカミソリで真っ黒な絨毛を剃っていく。
「ジョリ、ジョリ!」絨毛が消えて地肌が見えてきた。
(男って、ヘアを剃ると興奮するんだわ)淳子と久美は客の膨らんだ股間が気になっている。
カミソリはやがて絨毛の大半を剃り上げ、割れ目が露わになた。
(いやだわ、あの子、セックスのやり過ぎよ。ヒラヒラが黒ずんでいる!)2人の肉襞が淫汁焼けで
黒ずんでいた。
それでもカミソリは絨毛を剃って障害物の全てを取り払ってた。
「ほら、オ○ンコだ」客は露わになった淫裂を触っていく。
マスクをした女性も、さすがに、恥ずかしそうに顔を背けていた。 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/203-dc0c3224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top