赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第2話 生徒との約束  

  
 「先生、オ○ンコはしないよ。口でやって貰うだけださ」
「イヤよ。そんな、汚い事出来ない!」
「口でやらないなら、2人でレイプしちゃうよ」
「わかった。やってみる…」生徒に犯されるよりもましと考え、直美は膨らみきった肉竿を掴んで、
口を押し当てたが、直美にとっては、初めてフェラだ。
「ウグ、ウグ!」口を動かして、肉竿を擦っていくと、それも、撮られる。
(こんなのは、撮らなくていいのに…)それでも、口を動かし続けると、生徒の手が伸びて、乳房を
撫でだす。

 それを、我慢にしながら口を動かしていくと、両手で頭を押さえられた。
(苦しい、放して…)首を振ると、喉奥に異様なのが漂いだした。
(まさか、射精…)首を激しく振っても、肉竿からの放出は停まらず、口の中全体に広がった。
「先生、全部出したよ」放出が済むと手が退けられ、肉竿が抜かれると、すかさず「オェ~!」臭い
液体を吐き出した。

 「次は僕だよ。僕のチンポにもやって!」相手が変わって、また、口に肉竿が押し込まれた。
「ウグ、ウグ!」仕方なしに口を動かし、精液を放出された。
                  フェラ2
射精を終えると「先生、気持ちよかった。今日はこれくらいにしておくね」2人はズボンを直してい
くが、直美は手で胸と股間を押さえ、それを見ている。
ズボンを直し終えると、2人は堂々とドアから出て行き、直美1人が残された。

 冷静さが戻ると「そうよ、写真を撮られたんだ!」レイプこそなかったが、淫裂が露わにした全裸
写真を撮られたのが気に掛かる。
「何が目当てかしら。セックスだったら、できたはずだし…」不安で眠れぬまま、夜を明かした。
翌日、何もなかったように登校し、授業をしていたが、2人が気になっている。
(高田君に佐藤君、写真をどうするの?)2人を見つめて授業をしていく。

 そして、放課後になると2人連れ添って職員室に入ってきたが「先生、部活の事で相談が…」神妙
な顔になっている。
「いいわよ、ここじゃ何だから…」3人は職員室を出て、生徒指導室に入った。
中に入ると「先生、まずは見て下さい」机に、直美の全裸写真を並べる。
「これを、どうする気なの?」自分の全裸に動揺が隠せず、声が震えている。
「それは先生次第です。とりあえず、エロ写真の事を親には言わないと約束して下さい」
「私と取り引きしたいの?」
「そうです。でも、それだけじゃありません」言い終わると高田が直美のスーツを広げ、ブラウスの
ボタンを外しだした。

 「何するのよ。そんな事して、良いと思っているの?」すかさず、直美の手がそれを振り払う。
「先生、この写真がどうなってもいいんですか?」また、手がボタンに伸びた。
「そ、それは…」言葉が出てこないし、手も動かない。
直美が抵抗できないのをいい事にそれをいい事に、高田の手が伸び、ボタンを外していく。
「先生、白いブラはダメですよ。もっと色気のあるのを着ないと」
「そうだよな、下はどうなんですか?」佐藤も加わり、スカートのファスナーを下げた。

 「ダメ、ここが学校よ、そんな事はダメ!」慌てて佐藤の手を押さえるが「何も、『オ○ンコさせ
ろ』とは言ってません。見るだけです」なおも、引き下げ、ホックを外した。
「お願いだから、そんな事しないで!」
「写真がどうなってもいいなら構いませんよ」2人の手が動き、スカートが脱がされ、ブラウスのボ
タンも外された。
「何だ、パンツも白かよ」白いパンティに不満顔だが、そのパンティに手が伸びた。
「ダメ、やめなさい!」脱がされまいとするが、2人掛かりではどうする事もできない。

 それに、大きな声を上げれば写真が表沙汰になるから尚更で「先生、おとなしくしないと、大きな
声を上げますよ」反対に直美が言われる始末だ。
(悔しいけど、その通りだし…)脱がされまいと、抑えるだけだが、膝まで下げられ、絨毛が露わに
なった。
「ダメ、見ないで。ダメ!」慌ててて、股間を手で覆う。

 「先生。手を退けて、オ○ンコを見せてよ」
「オッパイも、見せないと」
「そんな、性器を見せろだなんて…」直美は口を震わせている。
「やらないなら、これを他の先生に見せますよ」
「それだけはやめて、性器を見せるから…」体を震わせながら、股間から手を退け、絨毛を露わにし
ていく。
「いいですね、写真より生が一番です。オッパイも見せて下さい」言われるまま、両手でブラジャー
を持ち上げ、乳房を露わにした。
(恥ずかしい。教え子の前で、こんな事をするなんて…)下を向いたままだ。

 「先生、少しだけ楽しませて下さい」露わになった乳房を高田が揉み出した。
それを見て「僕はオ○ンコからだ」佐藤が淫裂を撫で出す。
「ダメ、そんなのダメ…」呟くように言うが、佐藤の指は淫裂を広げ、膣の中を触っている。
更に、高田も乳首を吸いながら揉み出した。
「やめなさい…いけない事よ…」口とは裏腹で。2人の行為に背中が反っていく。
(気持ちいい。オナニーより感じる…)乳首とクリトリスを攻められ、直美はやっと立っている。

 2人は暫く直美を触り、満足したのか手を退けた。
「あなた達、何をやったか、わかっているの?」パンティを上げながら言う。
「わかっているさ。とにかく、親に喋ったら恥を掻く事になるからね」そう言って2人は出て行き、直美も脱がされた衣服着込み、乱れを直してから職員室に向かった。
職員室に戻ると思案するが、良い考えなどおぼつかない。
「どうしたらいいのかしら。ヌードを撮られたし…」悩んだ末に、教師の職務を全うすべく、2人の
親を呼んで写真を持っていた事を告げた。
「実は、息子さんが女性のヌード写真を持ち込みまして…」経緯を説明すると相手の親が平謝りして
いる。

 この時、直美は2人の仕返しを甘く見ていた。
翌日、授業を終え、職員室に戻ろうとすると「先生、話が…」高田と佐藤に呼び止められた。
「どんな、事なの?」
「放課後、部室で話そうよ」それだけ言うと去っていくが(もしかして、私のヌード写真では…)不
安になった。
それでも、次の授業をこなし、放課後には、写真部の部室に向かった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/209-b38aa16c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top