赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第3話 直美の剃毛  

  直美が部室に入ると、部員は佐藤と高田しかいない。
「他の部員はどうしたの?」
「邪魔だから、帰ってもらいました」
「そうなんだ。で、話って何なの?」
「先生。酷いじゃないですか、約束破って。おかげで、説教された上に、小遣いカットだよ」
「それは仕方ないわ。教師として、当然の事をしたまでだし…」
「そんな事言うなら、この写真をばらまくからね」
「それはやめて。そんな事されたら、教師を辞めるしかないし」
「辞めるだけじゃ、済まないよ。一生、まともな仕事には就けないよ」

 「それで、私にどうしろというの?」
「裸になって、謝って欲しいんだ」その言葉に体が震え「は、裸になれというの、この私に?」声ま
で震えている。
「そうだよ。ここで、今すぐにね」
「そんな事、できないわ、ここは学校よ」
「ここがいやなら、先生のアパートでもかまわないけど」
「わかった。アパートで謝る…」直美は2人の脅しに負けて、承知してしまった。
「それなら、早いほうがいいな。これから行こう」
「ヌードにはなるけど、レイプしないと、約束できる?」
「それは、先生次第さ。でも、触るのは覚悟して」3人は話がまとまると、学園を後にした。

 3人は夕暮れの町をバスに乗り、アパートへと向かうが、直美は不安か黙ったままで、思案してい
ると「先生、着いたよ」高田から言われる。
「そのようね」バスが停まると、アパート目指して歩き出す。
歩く途中も(教え子に裸を晒すなんて…)罪悪感で元気がない。
嫌々歩いているとアパートの前まで来ており、階段を登り、2階に上がると鍵を外して中に入った。

 「約束よ、絶対にレイプしないって」
「だから先生次第だって言ったでしょう。とにかく脱いでよ」
「わかったわよ」ドアに鍵を掛けると、2人を残して浴室に向かう。
「先生、ここで脱いで。脱ぐのも撮りたいし」その言葉に「約束が違うわ、写真は撮らないはずよ!」
直美の顔色が変わった。

 「あれ、そんな約束してないよ。なあ、佐藤」
「そうだよ、俺もしてないよ」2人は平然とカメラの準備をしていく。
「写真を撮るなら絶対に脱がないからね」
「それなら、これを配ってもいいんだね?」直美のヌード写真をちらつかせた。
「お願いだから、それだけはやめて…」
「だったら撮らせてよ。誰にも見せないから」カメラを向けた。
「約束よ、誰にも見せないって…」泣き声になりながら服に手を掛けた。

 直美が脱ぎ出すと、2人はスイッチを押していくが(悔しいわ、何も言えないなんて…)情けなさ
を感じながら下着姿になった。
下着姿になり、背中に手を回してブラジャーを脱ぐと「いいよ、凄くいい!」揺れ動く乳房に声を上
げながらスイッチを押した。
(オッパイを撮られたわ。次はヘアを撮られる…)顔を強ばらせ、腕に絡まったブラジャーを脱ぎ、
パンティを掴んだ。
(これだけは、脱ぎたくないのに…)項垂れて両手を下げると、淫裂を押さえた布地が退けられ、黒
々と生い茂った絨毛が現れる。


 (これでフルヌーになった…)太股を震わせながら、なおも下げて、パンティから足を抜くと「こ
れで満足でしょう」全裸になった直美は、下を向いたまま、股間を両手で押さえた。
「手を退けないと。それに、こっちを向かないと」言われるまま、両手を退けて顔を上げるとスイッ
チが押される。
                    新型ウィルス02(ヘアも、撮られたはずだわ…)恥ずかしさより、情けなさに涙がこぼれていく。

 「先生、泣いたってダメだよ。土下座して謝らないと」
「わかっています…」直美は2人の前で正座して、土下座しながら「親に告げ口してごめんなさい…」
詫びを入れた。
「そんな謝り方ないよ。もっと頭を下げないと!」高田の足が直美の頭を踏んで、押しつけ「う、う、
う!」堪えきれず声を上げ泣き出した。
「泣くより、謝るのが先でしょう?」
「告げ口して、ごめんなさい…」頭を踏まれたまま詫びた。

 「詫びるからには、僕達の言う事も聞いてもらうよ」
「そうだよ、まずはヘアを手入れしないと」
その言葉に「ヘアを手入れするなんて…」言葉が途切れた。
「やらないなら、この写真もばらまくよ」
「やります、ヘアをやります!」
「それなら、こんな風にして!」外人の全裸写真を見せると「そんな、性器を剥き出しにするなんて
…」驚き顔だ。

 「やらないなら、約束はなかった事にするよ。それでいいの?」
「手入れします、ですから写真は…」
「先生がその気なら、こっちも守るよ。それから手入れは、僕達でするからね」高田は浴室に入り、
洗面器を持ってきた。
中には水が入れられ、石鹸もある。
佐藤は「俺にもやらせろよ」ハサミを持ち、ボウボウに生えている絨毛を短くし出した。
「チョチ、チョチ!」音と共に絨毛の切れ恥が足下に落ちて、同時にうっすらと淫裂が見えてきた。

 「もういいだろう、今度は俺だよ」高田が石鹸を泡立て、絨毛に泡を塗り込んでいく。
短く切られた絨毛は泡で濡れ、肌にベットリと付いている。
「先生、これ使っていたんだね。これでやるよ」それは、脇の下を剃る、女性用のカミソリだ。
高田は恥丘から剃りだし「ジョリ、ジョリ!」絨毛は、あっけなく消え失せ、縦長にされた。
その後は、淫裂の周りに生えていたのを剃り、ピンクの割れ目が露わになっている。
「先生、気に入ったでしょう?」鏡を股間に当てて見せるが(恥ずかしい、性器が丸見えだなんて…)
見る気にはなれない。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/210-13aba6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top