赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

十字架のある学園 第4話 アナル  

 

  高田は絨毛を剃り終えるとタオルで拭くが「せっかくのパイパンだから、撮った方が良いよな」見
ていた佐藤がスイッチを押す。
「撮らないで、性器はイヤ!」慌てて手で押さえたが「ダメだよ、撮らせないと。手を退けないなら
約束違反だからね」
「これだけはイヤ、お願いだから許して」
「それだったら、オ○ンコさせて。それならいいけど」
「せ、セックスしたいの、この私と…」
「そうだよ、それならパイパンオ○ンコを撮るのは許してあげる」
「イヤ、セックスは絶対イヤ!」首を振って拒んだ。
「だったら、撮らせてよ」直美の逃げ道がなくなり「わかった、撮ってもいいわよ」震える手を股間
から退けた。

 「先生、綺麗なオ○ンコだね」カメラは下から見上げるように撮っているから割れ目が丸見えだ。
暫く撮ると「オ○ンコの中まで撮るから指で広げてよ」
(イヤよ、そんな破廉恥な事できないわ)口を閉ざしたまま、指で淫裂を広げた。
「へえ、オ○ンコって、中までピンクなんだ。チンポはどこに入れるの?」佐藤の指が触っていく。
「ここ、ここよ。ここに入るの…」指先で示すと、スイッチが押され「オシッコはどこから出すの?」
また触られた。
「こここよ」更に広げ、尿道を指さすと「ここから出るのか…」食い入るように見ながら、スイッチ
を押した。

 こうして、直美は淫裂の隅々まで撮られた。
「もう、服を着てもいいでしょ?」
「それよりも、オ○ンコを見たら出したくなって」2人がズボンを下げると肉竿が膨らみきっている。
「約束が違うわ、レイプはしない約束よ」
「オ○ンコに入れたらレイプかも知れませんが、別な所に入れたら犯罪じゃないよ」2人はなおも脱
いで、下半身を丸出しにした。

 下半身が剥き出しになると、直美を抑え、四つん這いにした。
「やめて、お願いだからレイプしないで!」
「だから、オ○ンコに入れないって。入れるのはここだよ」肛門にチューブの先端を押し当て絞った。
「イヤ、お尻なんてイヤ!」冷たい半液体が、直腸から押し込まれ、意味が飲み込めた。
「イヤでもやらせてよ。オ○ンコよりはいいでしょうし…」高田の肉竿が、肛門に押し当てられた。
「ダメ、入れないで…あ~!」叫んだが、膨らみきった肉竿は狭い穴を広げながら、直美の腸の中に
入ってしまった。
            四つん這い2

 「抜いて…お願い…抜いて…」首を振り、髪の毛も振り乱しながら頼むが、肉竿は根本まで入り込
むと、ピストンを始める。
(お尻が裂ける…)「あ、あ、あ~!」乳房を揺らせながら、痛みに耐えていると、ピストンが速ま
っていく。
「先生、ここなら出してもいいよね」
「イヤよ、出さないで…」直美は拒んだが、高田は次第に絶頂を目指している。

 そして「イヤよ、出さないで~!」悲鳴と共に、肉竿の動きが停まり、股間と尻が密着したままだ。
「先生、気持ちいい。今度はオ○ンコに出させてよ」放出を済ませてから肉竿を抜いた。
それと、同時に肛門から汚れた液体がこぼれ出ていく。
「高田、俺はケツは遠慮するよ。口の方が良いな」写真を撮り終えた佐藤は、直美の頭を掴んで股間
へ導く。
「わかっていますよね。オ○ンコにされるよりは、いいでしょう?」それには、仕方なく口を開いて
肉竿を迎え入れ「ウグ、ウグ!」口を動かしていく。
(きっと、口の中に出す気だわ)それを覚悟し、口を動かしていくと、頭を押さえられる。
(イヤ、出さないで、口はイヤ!)首を振るが、喉奥に異様な液体が漂い出す。
「先生、出したよ。飲まなかったら、約束しないからね」佐藤は手を放すと「ゴクン!」素直に飲み
込んだ。

 「先生、気持ちよかった。明日は色気のあるのを着てよ」
「そんなの、ないわよ」
「それなら、確かめさせて」2人はクロゼットを調べ「先生、あるじゃないか。これを着けなよ」そ
れは、喪服用の黒いストッキングで、ガーターベルトもあった。
「それはお葬式に着るの。普段は着ないの」
「そんな事はどうでもいいよ。明日はこれを着て。それから、パンツとブラは無しだからね」
「イヤよ。ブラがないと、オッパイが揺れちゃうし、性器だって見えちゃう…」
「イヤでもやってもらわないと。写真がばらまかれるよりはいいでしょう」そこまで言われればやる
しかなく「わかったわよ、明日だけだからね」渋々承知する。

 「ずるしてもダメだよ。確かめるからね」2人はズボンを履くと出て行った。
1人になると「お尻が痛い。綺麗に洗わないと」先程の事を思いだし、浴室に入って洗い出す。
「染みるわ、切れている…」無理に押し込まれた肉竿で、肛門が裂けているが、我慢して洗っていく。
「これでいいわ、薬もあったはずだし」洗い終えると、濡れた体をタオルで拭き、肛門に薬を塗った。
「これで良しと。でも、明日は下着を着けられないんだ…」約束したからには守るしかない。

 翌朝、奈美はガーターベルトを腰に巻き付け、黒いストッキングを履いた。
「イヤらしいわ、まるで売春婦みたい…」鏡に映った自分の姿に溜息も出ていく。
「ヘアがないから、性器まで見えてるし」パンティを履けないから、また溜息も出た。
それでも、気を取り直しブラウスを着て「大丈夫ね、オッパイは透けてないし」いつものスーツを着
込み、学園へと向かった。
学園でミーティングを済ませ、授業を始めると生徒の視線が気になっている。
誰も知らないはずだが(見られないかしら?)黒板に書くのを躊躇っている。

 それでも、授業が終わり、放課後になると高田と佐藤が気になった。
(確認すると言っていたはずだわ。もしかして…)思いだし、急いで帰ろうとしたが「先生、部活が
ありますよ」2人が職員室に現れた。
「わかっています、これから行く所だったの…」残念そうな顔をして、一緒に部室へと向かうと「先
生、そっちじゃなく、こっちです」階段を昇っていく。
「そこは、屋上に出るはずよ」
「そうです。屋上なら、誰にも邪魔はされませんしね」
「イヤよ、そんな所には行かないからね」
「イヤなら、約束は全て反故にしていいんですよね?」それには直美が困った。
(行くしかないわ、ここで何を言っても無駄だし)「わかった、行けばいいのね」2人の後ろを歩い
て屋上に出た。

 屋上には誰もおらず、校庭では運動部が練習をしている。
「先生、昨日確認すると言いましたよね?」
「それは知っているけど、まさか、ここで脱げとでも…」
「そうです。その、まさかです。ここで確認させて下さい」
「許して、アパートで脱ぐから。ここでは許して」直美は立場を省みず、土下座した。

 「許して欲しいなら、オ○ンコさせて下さい。それなら許してあげますよ」
「イヤよ、セックスは絶対にしない!」
「それだったら、この写真がどうなってもいいんですよね?」昨日撮った写真だ。
股間の絨毛が剃り落とされ、ピンクの淫裂が露わになっている。
それを見るなり「許して…もう虐めないで…」大粒の涙を流しだした。
「選んで下さい、先生次第です…」直美は暫く泣いてから「ここで…脱ぎます…」途切れ途切れに言
った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/211-e0051522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top