赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いてます。羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。

十字架のある学園 第9話 ヌード撮影  

 「教頭先生、どっちかを選んで下さい!」
「そんな、選べだなんて無理よ。教師のする事じゃないし…」
「だったら、これが表沙汰になってもいいんですね。オ○ンコからザーメンを流すのを見たら、驚く
でしょうね」
それには「う、う~!」嗚咽を上げだした。
それを見て「素っ裸になりますよね。それに、オ○ンコも…」高田が言うと黙ったまま頷いた。

 「その方が良いですよ。誰にも言いませんから」佐藤が景子のスカートに手を掛けると「やめて、
授業中よ。ここでなく、別な所でしましょう」手を押さえる。
「わかりました。今日はやりませんが、素っ裸の写真と一緒にやらせて貰いますよ」
「約束よ、写真の事は誰にも言わないって!」
「勿論です。秘密は守ります」交渉がまとまると、景子は職員室に戻ったが落ちつきがなかった。
落ちつきがないのは景子だけではなく、直美もそうで(ヌードモデルだなんて…)近藤との約束が憂
鬱だった。

 そんな2人だが、約束の日になると、直美は近藤から指定された場所へと向かった。
「確か、ここのはずだけど…」暫く待つと近藤が現れた。
「待たせたな。とにかく行こう」行き先も告げず、直美の腕を掴み、電車に乗り込んだ。
車内は日曜の朝というので空いている。
「どこへ行くのですか?」
「いい所さ。海が目の前にあるぞ」近藤はそれだけしか言わない。

 やがて、電車は都会を走り抜け、寂しい風景に変わった。
「ここには、野外研修で、よく来るんだ」
「野外研修ですか?」
「そうだ。夏になったらわかる」近藤は素っ気なく話すが、電車のスピードが落ちていく。
「着いたぞ、ここで降りる」ブレーキが掛かり、ドアが開くと2人は降りたが、2人だけしかいない。

 しかも、改札口も駅員もおらず、誰1人としていない。
「誰もいないな。ここからは素っ裸でやるか」
「そんな、こんな所からヌードなんて、イヤです…」
「仕方ないな。海まで我慢するか」駅を出ると、歩き出したが、人家は見あたらない。
それでも、暫く歩くと、建物が見えてきた。
「あそこが、そうだ」近藤と直美はその建物に向かって歩いた。

 建物は管理されているのか、汚れは見あたらない。
「まずは、ここで撮るから脱ぐんだ!」建物の前でカメラの準備を始めると(ヌードにはなりたくな
いけど…)弱みを握られたからには、裸になるしかなく、項垂れたまま、服を脱ぎ出した。
シャツ、ズボンを脱ぐと黒い下着を着けている。
黒いストッキングにガーターベルト、それに、パンティやブラジャーも黒色だ。
そんな直美を「いいね。これが好みで」笑顔で撮り始め、暫く撮ると「パンツを膝まで下げろ!」注
文がを付けた。

 言われるからには、やるしかなく両手でゴムを掴み、膝まで引き下げて無毛の淫裂を露わにした。
「どうせなら、全部剃れよ」近藤は、恥丘にわずかに残された絨毛が、気になっている。
「せめて、これだけは残させて下さい…」
「どうしてだ?」
「生えてないと、思われたくないんです。これですと、手入れしてると言い訳ができますから」
「それなら仕方ないな。次はブラを捲り上げろ!」直美は言われるままにブラジャーを捲り上げて、
乳房を露わにしていく。
(恥ずかしい。これなら、フルヌードの方がましよ…)乳房と淫裂を露わにしてカメラを見つめる。

 近藤は直美に次々と注文を付け、直美はストッキングとガーターベルトだけになった。
「次は海で撮るぞ」直美は脱いだ服を抱えて、庭先を横切り海岸へと向かう。
「これだと、何か変だな。全部脱げ」遂に直美の着ているものがなくなり、足を開かされる。
            ビーチ
(性器を撮っている…)カメラのアングルから想像が付くが、どうする事も出来ず、淫裂が撮られ、
砂浜に座らされて、Mの字開脚も命じられて、カメラに収まった。

 その後も、屈辱的なポーズを撮られると、ロープで手が縛られた。
「イヤ、こんなのイヤ!」さすがに抵抗したが「イヤでも撮るんだ」強引に縛った。
両手を縛り終えると乳房も縛り出す。
「やめて、痛いからやめて…」乳房の根本から縛られ、息が苦しい。
「我慢しろ、すぐに終わるから」手を緩めることなく、縛り終えるとスイッチを押した。
(何も、こんなのは撮らなくていいのに…)痛みと屈辱に涙が流れている。

 「これくらいで泣くな。もっと凄いのをやるから」目を輝かせてスイッチを押していると「校長、
来ていたんですか?」水谷の声がする。
その声に直美の顔が強ばり、乳房と淫裂を隠そうとするが、手を縛られているから何も出来ない。
「あれ、岡崎先生のヌード撮影ですか。邪魔はしませんから、見学させて下さい」
「構わないけど、どうぜなら、手伝ってくれないかな」
「喜んでお手伝いします。で、何をすれば?」
「撮ってくれないか。これからいい事をするから」近藤は水谷にカメラを渡すと、服を脱ぎだした。

 それには「やめて、セックスしない約束です!」声を上げた。
「そう言っても、岡崎君が、やりたがってるしな」
「そんな事、思ってもいません!」
「どうかな。いずれわかるさ」近藤も全裸になると、直美に抱きつき、淫裂を撫でていく。
「やめて、そんな事しないで下さい…」急所を攻められ声が震えている。

 それでも、直美が「やめて下さい!」と言うと一変して、乱暴に扱い、近藤の指が敏感なクリトリ
スを潰した。
すかさず「ヒ~!」悲鳴を上げたが、近藤の指はなおも潰していく。
「やめて…」直美は息が詰まって声も出せない。
「どうなんだ、やりたいだろう?」もう片手が乳首を潰し出す。
「ギャ~!」堪えず悲鳴を上げ、淫裂から液体が噴き出した。
「ションベンだ。岡崎が漏らした!」待っていましたとばかりに、水谷がスイッチを押す。
「撮らないで、これはイヤ~!」止めたくても、噴き出した液体はなかなか止まらず、全てを出し切
って、やっと止まった。

 「驚いたな、これを生徒が見たら驚くぞ」笑顔でスイッチを押すが「う、う、う!」泣き声をあげ
る直美だ。
「何も泣く事はないぞ。岡崎の態度次第では、なかった事にしてやるから」それは、無理に言えと言
う事を意味している。
「どうだ。オ○ンコしたくないのか。正直に言えば、漏らした写真は消してやるぞ」
「約束できますか?」
「勿論だ。必ず守るよ」直美は暫く考え「セックスしたいです…」蚊のなるような声で、守られるは
ずのない約束を信じて承知した。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/216-8fd67f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top