赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第18話 陽子への脅迫  

  水谷は鍵をバックに戻すと「うまく撮れたか?」カメラを覗いた。
「多分、大丈夫だと思います」2人が撮った画像を水谷に見せと「ほう、うまくやったようだな」笑
顔になっている。
「もちろんです。水沢先生とオ○ンコもしましたよ」高田は得意気に話した。
「そうか、やったのか。それだったら、俺もやらないとな」水谷も負けじとズボンを脱ぎ、下半身を
剥き出しにして意識のない陽子に覆い被さった。

 それには「う、う~!」意識がないはずだが呻き声を上げ出す。
それでも、容赦なく、淫裂を肉竿でピストンを続けた。
やがて、水谷も昇りきったのか、肉竿を抜くと動きを停めて先端から噴射した。
「俺も、やりたいな」佐藤が陽子に挑んだ。
「それだったら、俺も」高田は直美に挑んだ。

 「もうダメ、痛いからダメ!」逃れようとするが、腰を押さえられ、後ろから肉竿を押し込まれる。
「やめて、お願いだから抜いて…」叫んでも肉竿がピストンを始め、膣の痛みを堪えていると「いや
~!」悲鳴を上げ、淫裂から液体を流し出す。
同じように、佐藤も昇りきり、陽子の股間に噴射した。

 「酷いわ、お腹に出すなんて」泣き声になりながらも、また浴室に入って淫裂を洗い、戻ると水谷
達はズボンを履き元通りになっていた。
「いいか、何もなかったように振る舞うんだ」それだけ言うと3人は帰った。
「どうしたらいいのかしら。陽子さんをこんな目に遭わせて」詫びながら、股間に溜まった精液を拭
き取ると抱きついた。

 翌朝、陽子が目覚めると全裸に驚き(直美さん、私とエッチしたんだ…)膣の痛みで悟った。
そんな事とは知らず、直美は陽子の乳房を握りしめていた。
「直美さん、今度は私がするね」直美に抱きつき、乳房を吸い出す。
直美は「ダメよ、そんな事されたら」口ではそう言うが拒まず陽子のされるがままにしている。
それをいい事に、今度は股間に顔を埋め、淫裂を指と舌で触りだした。
それには「あ、あ、あ~!」声を上げ、淫裂から淫汁が流れていく。
「私にされると、気持ちいいでしょう?」
「ええ、何か、変な感じになっちゃう…」腰が動きだすと陽子は指の動きを速めた。
「あ、あ、あ~!」腰の動きが速まり、淫汁の量も多くなって「ダメ、行く…行く…」叫ぶとパタリ
と動きが停まった。
「行ったのね。これからもしてあげるから」乳房を撫でながら唇を重ね、その後シャワーを浴びると
学園に向かった。
職員室でミーティングを行い、教室に向かうと「直美、うまくやったろうな」水谷が声を掛けた。
「多分、気づかれないと思うけど」
「それならいい。後は言い通せよ」そう言うと体育館に向かうが「本当に大丈夫なのかしら?」心配
だった。

 授業が終わり、陽子はアパートに戻ったが「何か変だわ、気のせいかしら?」雰囲気が変わってい
る。
「昨日、直美のところに泊まったせいかな」そう言いながら、引き出しを開けると小物が乱雑になっ
ていた。
「おかしいわ。もしかして…」大切に仕舞い込んだアルバムを捜した。
「ない、アルバムがない…」顔から血の気が引いてブルブル震えていく。
「どうしよう、ヌード写真が盗まれたなんて言えないし」オロオロするだけで何も出来ない。
それでも、気を取り直してパソコンのスイッチを入れた。
「消えているわ、ヌードだけが消えている!」唖然となった。
「ヌード写真が目当てだわ、一体誰がこんな事を…」ただ怯えるだけだ。
「どうしよう、直美と早苗には言ったほうが良いのかしら?」電話を持ったが「とにかく、暫く様子
を見ないと」すぐに戻した。

 翌日、陽子は落ち着かない様子で授業をしていた。
そんな陽子に「先生、放課後に話があります」高田が声を掛ける。
「何の用事なの?」
「後でわかりますよ。とにかく、誰にも言わないで下さい」
「わかったわ、放課後ね」陽子が承知すると高田は急いで去る。
「まさか、あの子が盗るわけないし…」不安はあった。
そして、放課後になると高田が職員室に現れた。
「先生、いいですか?」
「いいわよ、今行くから」高田と一緒に写真部の部室へと向かった。
陽子は部室に入るなり「そんな!」驚きの声を上げた。
部室には全裸になった直美が泣きながら立っていた。
                 パイパン2
「直美さん、どうして、ヌードに?」
「陽子さんのせいよ、ヌード写真がこの子達に渡って…」後は声にならない。

 「これを、見つけたんだ。素っ裸の写真を」佐藤は水谷から教わった通りに写真を並べる。
「そんな、人の家から盗み出すなんて!」
「警察に言ってもいいよ。どうせ、写真だから大した罪にはならないし」
「そう言う事。それよりも、先生の方が困るんじゃないかな」高田は立ったままいる直美の乳房を揉
み出す。
「やめて、もうやめて下さい」
「それは、水沢先生次第だ」
「私次第というと?」
「ヌードだよ。岡崎先生のように、素っ裸になってよ」
「バカ言わないで、私は教師よ。そんな裸にはならないわよ」
「それなら、岡崎先生とオ○ンコだな」高田はズボンを下げ、肉竿を露わにした。
「やめて、ヌードだけにして下さい」
「だって、水沢先生がヌードにならなからだよ。だから、こうやって!」直美の背中から肉竿を押し
当てた。
「やめなさい、私も、ヌードになればいいんでしょう?」
「そうだよ。素っ裸になれば、この事は誰にも言わないよ」
「約束できるの?」
「出来るよ。何なら、僕のチンポを撮ってもいいよ」
「わかった、脱ぐから、直美さんには手を出さないでよ」

陽子は責任を感じ、3人が見守る前で服を次々と脱いで下着姿になった。
(こんな事になるなんて…)恨めしく思いながら背中のホックを外し、乳房を露わにしたが、教え子
の前では恥ずかしいのか震えている。
「以外だな、思ったよりも大きいや」2人は辱めるかのように声を上げた。
「声を上げないで、聞こえたら困るから」声も上擦っている。
それでも、両手でパンティを掴むと引き下げた。
「へえ、剃っているんだ。オ○ンコが丸出しだぞ!」
「本当だ、岡崎先生と同じだ!」
「お願いだから、喋らないで…」淫裂を見られると泣き声になっている。
それでも、背中を丸めて、パンティから足を抜いて全裸になっていく。
「これでいいんでしょう?」
「オ○ンコから手を退けないと」言われるまま手を退けると、カメラを構えられた。
「イヤ、写真はイヤ!」慌ててうずくまり、顔を隠した。
「そんな事するなら、これは返さないからね」脱いだ服を持ち出そうとする。
「やめて、そんな事されたら出られない!」
「だったら、写真を撮らせてよ」
「わかったわ、その変わり、誰にも言わないで」気丈な陽子も泣き声だ。
「わかっているよ、早く済まそうよ」陽子は立ち上がり、後ろで両手を組んで乳房と淫裂をカメラの
前に晒した。
「いいよ、ずごくいい」スイッチが押された。
それと同時に(教え子にヌードを撮られるなんて…)悔しいのか涙が流れている。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/225-3632a406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top