赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第20話 生徒の脅迫  

 陽子はシャツ、スカートと脱いで下着姿になった。
「ダメだよ、そんなのでは。これを着ないと」袋を放った。
それを拾い、中を覗くと黒い下着が入っている。
「これを、着ろとでも?」
「そうだよ、取りあえず着てよ」言われるまま、下着を脱ぎ、全裸になると袋から取り出して着だし
た。
(これだったら、ヌードと同じじゃないのよ)手に取ると黒いが向こう側が透けていた。

 それでも、乳房に押しつけ、背中を止めると思った通りに、乳首や乳輪が透けていた。
(もしかしたら、下もスケスケでは?)不安なまま、両手で広げると、やはり向こうが見えている。
悔しさを滲ませながら、足を通して引き上げると、割れ目が露わになっている。
(まるで、風俗だ!)ストッキングに足を通し、ガーターベルトを巻き付けた。
「いいよ、凄くいい!」ポーズを作り、カメラの前に立つと、2人は満足そうにスイッチを押し続け
た。

 「先生、上を脱いで」役目のしないブラジャーを脱ぐと、乳房が飛び出し揺れ動き、それを2人が
カメラに収めた。
「パンツも脱いで!」パンティも脱いで、ストッキングとガーターベルトだけになった。
暫く撮ると「先生、岡崎先生と楽しみたいでしょうから、呼んだら?」
「楽しむって、何をなの?」
「とぼけなくていいよ。水沢先生はレズ趣味なのは知っているから」

 その言葉に顔が強ばるが「違うわ、レズなんかじゃないわ…」否定した。
「嘘付かない方が良いよ。ここに、あるはずだから」クローゼットを開けようとすると「やめて、そ
こは開けないで!」陽子が立ちはだかる。
「認めるよね、レズ趣味を!」
「認めるわ。でも、誰にも言わないで欲しいの…」
「わかっています。それより、早く呼んでよ。来るまではこうだからね」2人は乳房を分かち合い吸
い出す。
「やめて、すぐに呼ぶから」急いで直美に電話した。

 それから1時間ほどして直美が尋ねてきたが「そんな、ヌードだなんて!」陽子を見るなり声を上
げた。
「これには訳があって…」泣き顔の陽子に直美も申し訳ない顔になった。
「岡崎先生も裸になってよ、あれしたいでしょうから」
「あれって、何なの?」
「やだな、レズだよ。水沢先生がレズをやりたいそうだよ」
「そんな、レズだなんて」直美も戸惑った。

 「お願い、私とレズして。そうでないと写真が…」泣き顔の陽子に直美も意味がわかった。
「わかったわ、私も脱げばいいのね」
「そうだよ、素っ裸になって、これを着ければいいんだ」ストッキングとガーターベルトを渡した。
直美はそれを受け取ると、服を脱いで行く。
そして、下着を脱ぎ、全裸になると陽子と同じく、黒いストッキングとガーターベルトだけを身につ
け、乳房と淫裂を露わにしている。

 「準備は出来ましたから始めて下さい」2人はカメラを構えた。
「直美さん、始めるわね」陽子は顔を押さえて唇を重ね、直美もそれを受け入れ吸い返し、陽子と直
美はカメラの前で乳房や淫裂を吸い合った。
やがて、陽子はシックスナインの体位を取り、股間を直美の顔に押しつけ、自分も直美の股間に顔を
埋めた。
         レズ3

 それを、おとなしく撮っている2人だが、顔を見合わせると高田が服を脱ぎ、陽子に抱きついた。
「やめて、セックスはしたくないの」
「そうは行きません。一緒に楽しまないと」いやがる陽子の腰を押さえた。
「入れないで。お願いだから、入れないで!」泣きながら頼み込むが、高田は肉竿を掴んで淫裂を押
し当てた。
(陽子さんの膣に、オチンチンが入っていく!)目の前で行われている光景に直美も驚いて声も出せ
ない。

 「オ○ンコに、入ったよ」肉竿は、なおも奥を目指して入り込んだ。
「抜いて。お願いだから抜いて!」膣の痛みと、直美には恥ずかしい姿を見られなかった。
高田はそんな事などお構いなしに、肉竿を全部入れるとピストンを始める。
「ダメ、ダメよ~!」首を振り声を上げるが、佐藤は3人が絡んだ様子を撮っていく。
「撮らないで、お願いだから撮らないで!」悲鳴に近い声だった。

 高田は腰を振りながら、徐々に登り詰めてく。
「先生、出そうなんだ。出すからね」
「ダメ、お腹には出さないで!」
「それだったら、先生が上になってよ。やってくれるならオ○ンコの中には出さないから」

 「わかった。私がやればいいのね」陽子は体を入れ替え、高田を仰向けに寝かせると跨り、肉竿を
掴んで腰を沈めていく。
「う~!」呻くような声を上げながら根本まで吸い込みと、腰を振り出す。
「気持ちいい、先生にして貰えるなんて」満足そうに乳房を揉んでいく。
勿論その様子も佐藤が撮っており(逃げられないわ、行くところまで行くしかない…)陽子は涙を流
しながら腰を振り続けた。

 程なくして「出る、出る~!」慌てて降りようとするが、腰を押さえられて降りられない。
「約束が違うわ、お腹には出さないはずよ!」叫んだ瞬間、膣の中が暖かくなった。
「そんな、射精するなんて…」
「我慢できなくてね。洗えばいいでしょう」陽子は高田から降りると浴室に向かった。

 「今度は僕とやるよ」写真を撮っていた佐藤が脱ぎだした。
「今日は許して。その気になれないの」
「そうは行かないさ。見て、こんなだよ」下半身を露わにすると、肉竿がそそり立っている。
「わかったわ。してもいいから、お腹には出さないで」
「それは無理だよ、水沢先生だってオ○ンコに出されたし」佐藤は直美を四つん這いにさせて、腰を
押さえた。

 「出すなら、セックスしないで!」
「そんな事言うなら、写真の責任、持たないよ」佐藤の肉竿が直美の膣を押し広げていく。
「あ、あ、あ~!」首を振り、声を上げ出す。
「どう、僕とのオ○ンコは?」
「良くない、こんなの良くない…」途切れ途切れに言う。
「そうかな、僕は気持ちいいのにな」肉竿は動きを速めた。
「ダメよ。そんな乱暴はダメ…」そう言うが本能で膣の中が濡れだした。

 (気持ちよくなってきたわ。教え子に犯されているのに…)いつしか、直美の腰が佐藤の動きに合
わせて「あ、あ、あ~!」声が出だした。
佐藤は肉竿をピストンしていたが「先生、限界だ。出すからね」肉竿の動きが急に止まり、膣の中が
暖かく感じる。
「そんな、お腹に出すなんて」淫裂からこぼれ出た液体が太股を伝わり、ストッキングを濡らしてい
く。

 直美は急いで陽子のいる浴室に向かい、直美は陽子と入れ違いにシャワーで淫裂を洗う。
「大丈夫かしら?」万が一が心配だ。
「これからもあるから、飲んで置いた方が良いかもよ」
「そうみたい。妊娠だけは避けないと」2人は頷き合った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/227-5ceed240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top