赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第21話 早苗の全裸  

 それから数日が過ぎた日、近藤が「水沢先生、放課後に来てください」陽子に声を掛けた。
「わかりました、伺います」この時、陽子は近藤の企みなど知るよしもなかった。
陽子は、近藤から言われた通り、放課後になると校長室へ向かい「失礼します」校長室に入ると景子
と水谷がいる。

 「教頭先生、どうしてここに?」
「私が呼んだんだ。2人に用事があってな」
「どのような事でしょう?」
「実は、生徒が水沢先生のヌード写真を持っていましてね」水谷は目を輝かせながら言う。
「そんな、嘘よ。嘘に決まっている…」顔が真っ青になり、体も震えている。
「嘘かどうか、確かめてくれ」水谷から写真を受け取ると「そんな~!」悲鳴に近い声を上げた。
写真は陽子が騎乗位で高田と結合している写真で、淫裂には肉竿が食い込んでいるのもわかる。

 「これでも違うというのかね?」
「合成です。合成写真にに決まってます…」否定した声が上擦っている。
「合成ね、それじゃ、これはどうかな」両手を後ろにやり、淫裂と乳房を露わにしている写真だ。
「こ、これも合成です…」
「そうかな、この写真だと、オ○ンコを剃っている。水沢君のを確かめればわかるぞ」
「私にヌードになれとおっしゃいますの?」
「その通りだ。イヤとは言わせない」

 「イヤに決まっています。ヌードにはならなりません!」
「そこまで言うなら、生徒を呼ぶけど、いいんだな?」
近藤の言葉に「それだけはやめて下さい…」泣き声に変わった。
「泣いたってダメだ。オ○ンコがこの写真と同じか、確かめないと」近藤は景子の顔を見た。

 「校長先生。その通りですが、女性が1人だけでヌードになるのは抵抗がありますから…」景子も
上擦っている。
「教頭、それはどういう意味かな?」
「私も脱ぎます。ですから、校長先生も脱いで下さい。それなら脱ぎやすいと思いますが…」景子は
泣き顔になっている。
「それは良い考えだ。早速、教頭から脱いでくれ」近藤と水谷はしてやったりの顔になっている。

 「それでは、私から…」景子は皆が見ている前で服を脱ぎ始め、それを皆で見ている。
景子は下着を着けてないから、上着を脱ぐと乳房が透けている。
「教頭、もしかして?」
「はい、そのもしかです。ブラジャーを着けると胸が絞められて」ボタンを外し、前を広げると乳房
が飛び出し揺れていく。

 「そんな、男の前でヌードになるなんて…」陽子は唖然としているが「何を驚いているのよ。あな
たもやるのよ」平然と腕から抜いて上半身が剥き出しになった。
景子は乳房を揺らせながらスカートを引き下げると、股間が露わになったが絨毛は生えておらず、淫
裂が剥き出しになっている。
「ほう、下も着けないんだ」
「ええ、これが好きでして…」泣き顔のままスカートを脱ぐと、白いストッキングと、ガーターベル
トだけを身につけていた。

 「いいね、これはいいよ」近藤は笑顔になって乳房や淫裂を触っていく。
「校長先生、その前に、脱がないと…」言いながら手を押さえた。
「そうだった、俺も脱がないとな」近藤も脱ぎだし、次々と脱いで全裸になったが、肉竿がそそり立
っている。
「校長、元気がいいですね。次は私の番ですか」水谷も脱いで全裸になっていく。
(どんな事があっても、私は脱がないからね)陽子は近藤の肉竿を見つめている。

 「水沢先生、残るのはあなただけですよ」
「ヌードになるなんて、私には出来ません!」
「今更なんですか、私に恥を掻かせる気なの?」
「そんな、恥を掻かせるだなんて…」いつもと違う景子に陽子も戸惑った。
「脱がないならそれもいいぞ。写真が表沙汰になるだけだから」そう言われれば「脱ぎます、今すぐ
に…」そう言うしかなく、陽子もスーツを脱ぎだし、次々と脱いで下着姿になった。

 「ほう、白とはおとなしいな。子供でも色っぽいのを着ているのに」
「これしか持っていませんから…」そう言いながら背中のホックを外すと白い乳房が飛び出し揺れて
いく。
(恥ずかしい、こんな所で脱ぐなんて…)泣き顔をしながら両手を下げてブラジャーを外した。
「これで許して貰えませんか?」
「オ○ンコを確認すると言っているんだ!」強い口調で断られ、最後の布地に手を掛け、引き下げて
いく。
(性器を見られてしまうわ)体が震え、乳房も揺るれている。

 それでも、膝まで下げると背中を丸めて足を抜いていく。
(こんな事になるなんて…)思わぬ展開に戸惑いながらパンティを脱いで全裸になった。
「手を退けろ!」言われるまま、股間を掻く下手を退けると恥丘にわずかに絨毛が生えてるだけで、
淫裂が剥き出しになっている。
              ヘアヌード

 「どれ、どれ」近藤は正面に腰を下ろして淫裂を触わりだした。
「やめて下さい、確認だけのはずです!」
「中も確認しないと。教え子とやったんだろう?」
「それは、無理矢理でしたから…」
「そうかな、水沢先生からオ○ンコしてと頼まれたと聞いたが?」
「そんな事言いません、私は教師です」
「証人もいるよ。一緒に、オ○ンコしたと認めているが」

 「嘘よ、そんな事言うはずないわ」
「それが認めたのよ。あなたはまだ認めないの?」景子も辛そうな顔をしている。
「申し訳ありません、確かにセックスして下さいと頼みました…」遂に泣きながら認めた。
「これは問題ですな。首どころか、週刊誌のネタになってしまいますよ。もう、まともな仕事には着
けないかも」

 「その通りだ。あったとしても風俗店くらいかな」近藤と水谷が困った顔をしていると「お願いで
す、この事はなかった事にして下さい」景子が2人に頭を下げた。
「そう言われても、教え子と肉体関係を黙って見過ごすわけには行きませんよ」
「そうですよ、いくらセックスがしたいと言っても、教え子とはね」2人は口を合わせて言う。
「それでしたら、お二人で水沢先生の性欲を解消なさっては?」景子からとんでもない言葉が飛び出
し「そんな、仕事仲間とセックスだなんて…」唖然とする陽子だ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/228-d02ff2a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top