赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第22話 狙われた早苗  

 「教頭、それは良い考えです。それでは始めますか」近藤は陽子に抱きついた。
「イヤです、セックスはしません!」
「そんな事言って。本当はやりたいくせに!」強引に仰向けにさせた。
「やめて、イヤです!」陽子が暴れ出すと景子と水谷が押さえる。
「行くぞ!」近藤の肉竿が、狭い膣腔を押し広げながら入り込んだ。

 「ヒ~!」当然、痛みに悲鳴が上がると「我慢して。時機に良くなるから」陽子を押さえていた景
子は乳房を揉み出す。
「ダメ、そんな事ダメ!」首を振るが肉竿はピストンを始め、景子の指も乳首を撫でていく。
それには「あ、あ、あ~!」ピストンに合わせ、声を上げ淫汁も流れ出した。
「気持ちいいだろう。これだったら、いつでもやってやるぞ」満足そうに腰を振り続けた。
近藤の肉竿がピストンを速めると陽子の力が抜けてされるがままになっている。
それを待っていたのか水谷がカメラで撮り出した。

 やがて、近藤は登り詰めて肉竿を抜くと、先端から白い液体が吹き出ていく。
「校長先生、次は私が相手します」水谷はグッタリした陽子を俯せにして腰を持ち上げると、腰を押
しつけ、淫裂に肉竿を淫裂に押し込んだ。
それには「あ~!」声を上げ、体をくねらせていく。
「オ○ンコの中まで入るから気持ちいいでしょう?」根本まで押し込むとピストンを始めと「ダメ…。
これはイヤ…」首を振りながら拒む。

 「そんな事ないでしょう。ほら、こんなに入るし」わざと、肉竿を強く押し込むと「あ~!」手を
握りしめ、叫び声をあげた。
水谷は「オッパイにもしてあげますよ」背中に胸を押しつけ、乳房を掴むと、握りしめたまま肉竿の
ピストンを続ける。
「やめて…。変になっちゃう…」
「これが、本当のオ○ンコですよ。レズよりもいいはずですよ」なおも肉竿をピストンして絶頂を迎
えた。

 「出る、出る!」肉竿を抜くと「私に下さい…」おとなしく見ていた景子が正面に膝を付き、肉竿
を口に入れ、唇で擦り出した。
「ウグ、ウグ!」ヌルヌルした肉竿を擦っていくと限界に達して、喉奥で噴射を始める。
水谷は「う~」肉竿を絞るようにして全てを出し切ると「ゴクン!」景子が飲み込む。

 「教頭先生、私の味はいかがですか?」
「おいしいです。またお願いします…」口を手で拭いてからグッタリした陽子に抱きついた。
「水沢さん、今度は私がしてあげるわ」景子は陽子に覆い被さり、4個の乳房が潰れている。
(何も、こんな所でしなくても…)戸惑う陽子だが、景子は唇を重ねると、乳房を撫でだす。
景子は女性の弱点を知っているから丁寧に撫でていき、膨らみきった乳首を吸い出すと「あ、あ、あ
~!」声が上がっていく。
                  レズ1

 「どう、気持ちいいでしょう。これなら、いくらでもしてあげるわよ」手を伸ばして淫裂も触りだ
し、景子の指は淫裂の上にあるピンクの突起を撫でていく。
「ダメ、そんなのダメ…」声を上げながら腰が動き出す。
「凄いな、これがレズか」近藤は2人の行為をカメラに収めていくが、2人だけの世界に入り込んで
気にも留めてない。
「いいわ、凄くいいわ!」「私もいいわよ」2人の淫裂には指が入って淫汁が流れていた。

 やがて、満足したのか「ハア、ハア!」胸を弾ませ、仰向けになったまま動こうとしない。
近藤と水谷はズボンを履きながら「水沢先生、私にもオ○ンコ丸出しの素っ裸を撮らせて貰えません
か?」と頼み込む。
「そんな、ヌードを撮るだなんて。私はモデルではありません!」
「イヤとは言わせませんよ。この写真が表沙汰になるよりはましなはずです」
「私を脅すんですか?」陽子の顔がブルブル震えている。

 「脅すなんて、とんでもありません。水谷先生だって撮って欲しいでしょう?」肉竿が押し込まれ
た写真をちらつかせた。
「わかりました。モデルをやります…」泣き声で承知するしかない。
「何も、泣く事はないですよ。それよりも、服を着ないと」近藤の言葉に我に返った景子と陽子は脱
いだ服を着て、着終えると校長室から出て行った。

 「校長、うまく行きましたね。後は倉橋ですね」
「そうだな。倉橋は俺の好みだから。俺が真っ先にオ○ンコしたいな」
「それでしたら、そのように取りはからいますが、私にもお裾分けをお願いしますよ」
「当然だ。今までの苦労を償わせないとな」近藤と水谷は笑いながら話していた。

 その言葉通りに、近藤は数日後に授業で静まりかえった校舎の中を歩いて音楽室に入った。
中では早苗がピアノを弾いている。
近藤はそれを邪魔するかのように「倉橋先生、話があります」声を掛けた。
「わざわざ、校長先生からおいでにならなくともいいのに」
「それはそうですが、ここでのほうが私にとっては都合がいいですから」
「都合ですか?」
「そうです、早速ですが本題に入らせてもらいます」近藤は水谷が陽子のアパートから盗んだ早苗の
ヌード写真を見せた。

 「こ、これを一体どこで…」早苗の顔がブルブル震えて蒼白になっていく。
「ある所からです。それにしても、教師がヘアヌードとはいただけませんね。教育委員会に報告しま
すよ」
「待ってください。それには事情がありまして」早苗は泣き声になっている。
「そうは行きませんね。あなたには手を焼いていましたからね。この写真が公になったらあなたの働
き口はなくなりますよ」近藤の強い口調に早苗は「う、う、う!」嗚咽をあげだした。

 それを見て「ですが、私にも情けというのがありましてね。私にここで裸を見せてくれるというの
なら考え直しますが」
「そんな~。私にヌードになれだなんて…」
「それがイヤなら教師を辞めてもらいます。この写真をマスコミにも流しますよ」
「お願いです、それだけは許して下さい」頭を深々と下げた。
「イヤなら、私の言う通りにして下さい。それなら考え直しますよ」ニヤリと笑う近藤だ。
早苗は暫く考え「わかりました…。ヌードをお見せします…」決意したのか服に手を掛けた。
(うまく行ったぞ。必ず、俺の女にしてやるからな)それを笑顔で見ている近藤だ。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/229-70f31862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top