赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第23話 四人目の犠牲者  

 早苗は近藤の前で服を脱いで下着姿になった。
「ほう、おとなしいのを着けていますね。これからはもっと過激なのを着て貰いますからね」
「そんな、過激と言われても…」そう言って背中を向けて両手を後ろに回した。
「ダメです、こっちを向いて脱いで下さい!」すかさず、近藤が怒鳴る。

 それには従うしかないから、向き合ったまま、ブラジャーをずらしていく。
(恥ずかしい、こんな事まで見られるなんて…)脱ぐのを見られるのがイヤなのか、顔を背けたまま、
手首に絡まった布を退けて乳房を露わにした。
早苗の乳房はさほど大きくないが、乳輪や乳首がピンク色をしており、新鮮さを物語っている。
(思った通りだ。オ○ンコのほうはどうなっているのかな?)近藤は揺れ動く乳房を見つめながらパ
ンティが気になり、早苗にもわかっていた。
(性器を見たがっているわ。見るだけならいいけど…)不安を感じながら両脇のゴムを掴んでパンテ
ィを引き下げだした。

 (恥ずかしいわ。男の前でこんな姿になるなんて…)体を震わせながら膝まで下げると黒い絨毛に
覆われた股間が露わになり「あれ、ヘアの手入れはしてないのか?」近藤が声を上げる。
「ヘアの手入れですか?」
「そうです。水沢と、ここをなめ合うから邪魔なはずだが…」手が淫裂に伸びた。
「そんな、性器をなめあうなんて…」核心を突かれて震えが増していく。
「とぼけたってダメですよ。ここをやっていますよね?」手は執拗に淫裂を撫で回し、膣に指が入っ
た。

 「ダメ、指はイヤです!」腰を振って逃れようとするが指はなかなか抜けず、むしろ奥へ向かって
入り込んでいく。
「おや、指はイヤですか。それなら代わりにこれで」不自由な姿勢でズボンを引き下げ出す。
「やめて、そんな事したら警察に訴えますからね」パンティを引き上げようとする。
「構いませんよ、むしろ、ヌード写真が表沙汰になってあなたが困るのでは?」早苗を押し倒した。

 (そうよ、あのヘアヌードが表沙汰になったら困るのは私だわ…)早苗の力が抜け、変わって、
近藤の足がパンティを引き下げ、生まれたままの姿にしていく。
「お願い、セックスだけは許して下さい」泣き声で頼むが「そうは行かないな。女よりも男がいいの
を知ってもらわないと」近藤は両乳房を握りしめ吸い付いた。

 すかさず、「ん、ん~!」喘ぐような声が上がる。
近藤は両乳房を揉みながら股間を押しつけ、淫裂に肉竿を押し当てた。
「入れないで、お願いです!」首を振りながら頼むが「ひ~!」悲鳴に変わる。
「抜いて、痛いから抜いて下さい!」顔を歪め叫ぶが、近藤はなおも腰を押しつけ肉竿の全てを押し
込むとゆっくりと腰を動かしだす。
「イヤ、動かさないで。痛いから動かさないで!」淫裂が痛いのか声を上げ続ける早苗だ。

 しかし、声を上げ続けた早苗だが、何時しか「あ、あ、あ~!」と喘ぎ声に変わっている。
「どうだ、指よりも、これでやった方が良いだろう?」誇らしげに肉竿の動きを速めていくと「クチ
ュ、クチュ!」淫裂が濡れているのか音も鳴っていく。
「良くない、こんなの良くない…」首を振りながら否定した。

 「そうかな、俺には気持ち良さそうに見えるがな」乳首を吸い出すと「ダメ…。もうダメ…」早苗
の腰が浮き、肉竿に合わせて動き出す。
(校長の言う通りに気持ちいいのは確かだけど、陽子さんとするほうがもっと気持ちいい…)やはり、
陽子の方が捨てがたかった。
                セックス
 それでも、近藤が肉竿のピストンをしているとドアが開いて水谷が現れ「校長先生!」2人の行為
に声を上げた。
「イヤ。見ないで、お願い見ないで!」早苗は顔を背けたが「これには訳があってな。もし良かった
ら、君も仲間に入らないか?」近藤は平然と言う。
「勿論ですよ、喜んで仲間に入れて下さい」
「それだったら、こうしないと」近藤は早苗の腰を押さえ体を入れ替えた。

 「な、何をする気ですか?」騎乗位にされた早苗は意味がわからない。
「一緒にやるだけだよ、こうして!」近藤は結合したまま早苗と胸を合せた。
「準備は、いいみたいですね。それでは私も」下半身剥き出しになった水谷は肛門に肉竿を押し当て
た。
「やめて、お尻はイヤ。そんな事は辞めて下さい!」やっと意味が飲み込め、声を上げるが二人に抑
えられどうする事も出来ない。

 それをいい事に肛門の肉竿はグイグイ押し込んで来た。
「ぎゃ~!」肛門の痛みに悲鳴が上がった。
「痛いのも今だけだ。いずれは癖になるから」水谷はなおも押し込んで根本まで入った。
「校長、お言葉に甘えまして仲間になりましたよ」
「そのようだね、それでは一緒に行こうか」早苗の乳房を分かち合い、揉みながら腰を動かし出す。

 それには「ヒ~!」体を震わせ悲鳴を上げ続ける早苗だ。
「抜いて…お願いだから抜いて…」声まで震えている。
しかし、そんな事で動じる2人ではなく、肉竿を動かし続け「あ、あ、あ~!」早苗は悲鳴に近い声
を上げ続けた。 
やがて、近藤と水谷は絶頂を迎えたのか、動きを停めた。

 それを感じたのか「いや、いやです。出さないで!」逃れようとしても、2人に抑えられ逃れられ
ず「う~!」呻くような声と共に膣と腸内に暖かいのを感じた。
「そんな、射精だなんて…」早苗の力が抜けた。
「洗えば平気ですよ」2人が満足そうに肉竿を抜くと淫裂と肛門からは液体が流れ出ていく。
(お尻ならともかく、子宮に出されたのよ。どうすればいいのよ)早苗は悔しいのか「う、う、う!」
嗚咽をあげている。

 そんな早苗に「急ぎましょうよ、今から洗えば間に合います」
「洗うと行っても、どこで?」
「体育館のシャワーですよ。ほら、急いで行きましょう」水谷は早苗の腕を引いて音楽室から出よう
とした。
「イヤ、私はヌードよ。見られたらどうするのよ」
「私だって裸ですよ、急いで戻ればいいじゃありませんか」
「でも…」躊躇していると強引に腕を引かれて歩かされた。

 2人は授業中の声を聞きながら廊下を歩いていくと景子と出会った。
「そんな、裸だなんて…」景子は早苗の全裸姿に声すら出せない。
「これには、訳がありまして。後で説明しますから」水谷は早苗と一緒に歩き出す。
「倉橋先生まで犯されたんだ。これで4人目だわ…」景子は揺れ動く早苗の尻を見ながら哀れみの目
で見ていた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/230-ff2b641d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top