赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第24話 早苗の剃毛  

 そんな景子の思いなど知るよしもない早苗と水谷はシャワー室にはいると淫裂と肉竿を洗い出す。
シャワーは勢いよく淫裂の中に溜まった白い液体を外に洗い出し、肉竿に付いた汚物も洗い流してい
く。
「大部綺麗になったな。次は手入れをしないと」水谷は早苗の正面に腰を下ろし、絨毛を撫で出す。
「手入れですか…。まさかヘアではないですよね?」
「そのまさかだ、これは邪魔だからな」

 「イヤです、ヘアの手入れなんてしません!」
「やらないなら何時までも素っ裸のままだぞ。やるまで、ここからは出さないからな」
「そんなの酷いです。体まで奪っておいて…」早苗の目から涙が落ちだした。
「泣いたってダメだ。やるまで出さないぞ」水谷の強気な言葉に(やるしかないわ、もうすぐ授業が
終わるし)早苗も「わかりました。手入れします」遂に言った。
「早速やってくれ、そこにおいてあるから」指さす先には石鹸とカミソリが置かれてある。

 早苗は手を伸ばして取ると急いで泡を立てて絨毛に擦りつけた。
(時間がないから急がないと)乱暴に擦りつけるとカミソリで剃っていく。
「ジョリ、ジョリ!」音と共に黒い絨毛が足下に落ちて、変わって、ピンクの淫裂が現れてきた。
「ほう、まだ綺麗なピンクですね。やりたくなりましたよ」見ている水谷の股間が膨らんでいく。
(イヤよ、セックスなんて嫌いよ!)無視してカミソリを動かし続けると股間の絨毛が全て消え失せ
て淫裂が剥き出しになった。
               剃毛2

 「恥ずかしいです、ヘアがないなんて…」淫裂からはみ出た二枚の肉襞が震えている。
「私はこれが好きでしてね。最高ですよ」水谷の手が剃られた淫裂を撫で出す。
「やめて、もうすぐ授業が終わりますから」早苗は外に出ようとした。
「まだですよ、記念に撮らないと」
「イヤです、写真はもうイヤ!」
「撮らせないならここから出しませんよ。それでいいんですよね?」
「撮ってもいいです。でも、1枚だけにしてください」泣き声で頼み込むが「10枚です。イヤなら
出しません」
「わかりました…」渋々承知した。

 早苗が承知すると、前もって置いたカメラで撮っていく。
「顔を背けないでください。それに手を退けないと」
「お願い、性器だけは撮られたくないの。だから許して」
「ダメです、全部撮ります」水谷は股間から手を退けさせ、無毛になった淫裂を撮りだした。
「ほら、顔を上げないと」注意された早苗が顔を上げると目からは涙がこぼれている。
(泣くのはまだ早いぞ。もっといい事をするんだから)内心、笑いながらスイッチを押し続けた。

 早苗は撮っている間はカメラを見つめていたが「もういいでしょう、10枚は撮ったわ」両手で胸
と股間を押さえた。
「そうだな、これくらいにしよう」その言葉でシャワー室からで、静まりかえった廊下を素足で歩い
ていく。
「ヒタ、ヒタ」素足で歩く音が響いていくが(急がないと。もうすぐ授業が終わるし…)早苗は焦っ
ていた。

 幸いにも、誰にも見られずに教室を抜けきり、音楽室が見えてきた。
(もうすぐだわ、何とか間に合ったみたいね)ホッとすると「そんな。倉橋先生と水谷先生が素っ裸
だなんて!」高田と佐藤が驚いた顔で見つめている。
早苗は(生徒にヌードを見られてしまった!)体が震え、血の気が引いていく。

 そんな早苗に「これはビックニュースだな、とにかく撮ろうよ」2人は早苗を撮ろうとした。
「やめて、お願いだから撮らないで!」両手でしっかり股間を押さえうずくまった。
「そんな事していたら、何時までも素っ裸のままだよ」
「そうだよ、友達にも見られてしまうよ。だから撮らせてよ」2人はカメラを構えたまま言う。
「お願い、ヌードを撮るのだけは許して。なんでも言う事を聞くから」涙声になっている。

 その言葉を待っていたのか、2人は顔を見合わせ、頷き合うと「だったら、オ○ンコさせて。それ
なら素っ裸は見なかった事にすよ」
「そんな、教え子とセックスだなんて…」呆然としている。
「イヤだったら、何時までもそのままだよ。それに、大声を出してもいいんだよ、先生が素っ裸にな
っているって」
「やめて、そんな事されたらもう生きていけない」
「それなら、オ○ンコさてよ。誰にも言わないから」2人はうずくまった早苗の体を触りだした。

 「わかったわ、セックスするから行かせて」早苗は承知するしかない。
「先生とオ○ンコできるなんて嬉しいな。約束は守ってよ」
「必ず守るわ」早苗はその場しのぎに言うと「待って、万が一があるよ。ここは契約代わりに撮って
おかないと」見抜いたのか、佐藤がカメラを構えた。
「約束するわ、だから行かせて」
「ダメだね。撮っておかないと後で、反故にされちゃうし」
「そうだよな、先生の素っ裸を撮ったら行かせてあげるよ」
(どうしても、ヌードを撮る気だわ。それにセックスも…)ごまかせないと早苗は悟った。

 「わかったわ、撮ってもいいから誰にも見せないでよ」渋々立ち上がり、乳房を露わにした。
「ダメだよ、ヘアも撮らないと」
「ここは撮られたくないの」
「まあいいか。オッパイだけでも証拠になるしな」淫裂を両手で押さえた姿が撮られた。
「もういいよ、授業が終わったら一緒に帰るからね」
「わかったわよ」早苗は一気に音楽室に飛び込んだ。
「急がないと。後5分しかないし」時計を見るともうすぐ休憩時間になってしまう。
「これを着けている暇はないわ」パンティを履くとブラジャーを着けずに服を着だした。

 そして、着終えると同時にチャイムが鳴って授業の終わりを告げている。
「良かった、間に合って。でも、教え子とセックスしないと」その場逃れとは言え、裸の写真も撮られたからにはどうする事も出来ず、不安を抱きながら授業を終えた。
授業を終え、職員室で準備をしていると「先生、わかっていますよね」高田と佐藤が現れた。
「わかっているわよ、これから帰るとこなのよ」
「それだったら、一緒だよ」こうして3人は一緒に学園を出た。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/231-dacce48f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top