赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第30話 ヌードモデル   

 こうして4人は代わる代わる同僚に犯されて、膣からは大量の精液が流れている。
4人はフラフラしながらも立ち上がり、浴室に向かうが「校長、妊娠は大丈夫でしょうか?」さすが
に同僚も心配な様子だ。
「その心配はないぞ。こうなるのが望みだったから、薬を飲んでいるそうだ」
「オ○ンコ、やりたかったんですか?」
「そうだ。だから、これからもやってやらないと」
「それでしたら、遠慮無くやってあげますよ」笑顔になりながら、また酒を飲みだした。

 近藤達が、また元気になると両手で淫裂を押さえた4人が戻ってきた。
それを見て「水沢先生と倉橋先生が別な余興をやってくれます!」水谷の声に陽子と早苗は顔を見合
わせた。
「水谷君、余興って何だ?」
「2人が愛し合う奴ですよ」それには唇を噛み、項垂れる2人だが「面白い、やってくれよ」近藤も
白々しく言う。
二人は仕方なく顔を見つめ、頷き合うと「早苗!」「陽子!」名前を呼び合い唇を重ねていく。

 それには「凄い、本物のレズみたいだ!」歓声を上げて見つめている。
「ところで、教頭と岡崎はどうしてやらないんだ?」
「そっちよりも、これで、1人でやりたいそうでして」太めのディルドーを見せると「面白いや、ぜ
ひやってくれよ」また歓声が上がった。

 (イヤよ、そんなのイヤです!)直美は拒みたいが、写真を表沙汰にされたら困るから「これから、
オナニーしますから、御覧下さい…」泣き声で言う。
そして、仰向けになり、足を開いて淫裂を触わりだした。
それに倣うかのように「私もオナニーしますので、どうぞ、御覧下さい…」景子も泣き声で言い、仰
向けになって淫裂を触りだした。
こうして、4人は慰労会が終わるまで、レズや、オナニーを強要された。

 翌日から、学園は夏休みとなっているが、教師達は登校しなければならなかった。
いつものように職員室でミーティングを行い、各自が授業の準備をしていく。
当然、直美も準備をしていると「岡崎先生、お願いがありまして」普段、話した事のない美術担当の
北野昌美が声を掛けてきた。

 「なんでしょうか?」
「ここではなんですから」直美を職員室の外に連れ出すと「モデルをお願いしたいのですよ」と言い
出した。
「モデルって、まさか、ヌードでは?」
「はい、そうです。ぜひお願いします」
「イヤよ、人前でのヌードなんてイヤ!」
「これは、生徒のためですよ。それに、女だけですから」
「女だけでも、教え子の前で裸になるなんて…」

 「あれ。水谷先生は喜んで、やると言っていましたよ」
「水谷先生が、そう言ったんですか?」
「はい、先程確認しました」それには直美の顔色も変わった。
(断ったら、写真が…)暫く、間を置いて「女だけですよね、それに、生徒のためですよね?」念を
押した。
「はい、その通りです」
「わかりました…。やってみます…」

 「それは助かります、午後から部活が始まりますのでお願いします」昌美は笑顔になった。
そこに、水谷が通りかかり「岡崎先生、実は北野先生から頼まれまして…」言い終わらない内に「モ
デルを承知してくれましたよ。さすがに、生徒思いですね」昌美が説明する。
「そうでしたか、それは言い心がけですよ」直美の胸を軽く触ると職員室に入った。
「それでは、私も準備がありますので」昌美は部室へと向かい「どうすればいいの、教え子のモデル
だなんて…」憂鬱になってしまった。

 そんな直美だが、昼食を済ますと「岡崎先生、お願いします」そっと声を掛けた。
「わかりました…」2人一緒に職員室を出て部室へと向かうが、時折、運動部員の声が聞こえている。
(ヌードモデルになったのが、漏れないかしら?)新たな不安を抱えながら歩いて部室の前に来た。
「これからは秘密でして…」昌美はドアをノックするが、暗号のようだ。
暫くして、ドアが開くと「行きましょう」直美が中に入ると「倉橋先生!」思わず叫ぶが、中には生
徒の前で全裸を晒す早苗がいた。
           デッサン

 「岡崎先生もモデルですか?」
「ええ、生徒のためにと思いまして…」
「そうですよね、これは、生徒のためのヌードですよね…」泣き声で自分に言い聞かせている。
「そうです。生徒のためのヌードです」直美も自分に言い聞かせた。
「それでは、準備をお願いします」昌美に言われ、直美は服を脱ぎだした。

 (教え子にヌードを見られるんだ…)相手が女生徒とはいえ、裸を晒すのは恥ずかしいのか、指先
が震えて、なかなか上着のボタンを外せない。
それでも、どうにか脱ぐと、うっすら乳房が透けて見える。
(脱ぎたくないけど…)震える指小さなボタンを外していくと、膨らみが覗き、全部外すと前を広げ
脱いでいく。

 当然、露わになった乳房がプルンプルンと揺れている。
(見ている、オッパイを見ている!)視線が乳房に集中しているのが痛いほどわかる。
それでも、スカートのホックを外しファスナーを引き下げた。
「これで、いいんですよね…」スカートを脱ぐと股間を手で覆う。
「そんな事、しなくて平気ですよ。女同士じゃありませんか」昌美は股間を覆う手を退けさせた。

 当然、無毛の淫裂が教え子に晒され「岡崎先生もヘアを剃ってるんだ!」声が上がる。
「そうです。私はヘアのない方が好きでして…」言い訳する声は震えていた。
そんな2人を助けるかのように「2人は、皆さんのために、ヌードになったんです。この事はくれぐ
れも秘密にしてください」昌美が話していく。

 そして「岡崎先生、ここに立って下さい」直美は十字架を背に立たされ、両手を縛られていく。
「まさか、キリスト…」
「そうです、女性のキリストです。倉橋先生はその足下で…」直美の足下で膝を立てさせられた。
2人とも、ピンク色した無毛の淫裂が生々しい。

 全裸の2人は恥ずかしさで、余裕など無かったが、時間の経過と共に、周りを見る余裕がでてきた。
(そんな、オッパイを撫でている…)
(イヤよ、スカートの中に手を入れるなんて…)昌美は2人を見つめながら乳房と淫裂を触っており、
目と目が合っても、やめようとはしない。
そんな昌美を無視するかのように、教え子は鉛筆でデッサンを続けた。

スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2017/06/26 21:20 | edit

Re: 拙仮バナーにつきお願い

わざわざ、連絡いただきありがとうございます。
早速、張り替えましたので、ご確認下さい。

赤星直也 #- | URL
2017/06/26 21:49 | edit

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/238-b96e593e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top