赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第32話 水谷の頼み  

 「先生、気持ちいいの?」
「凄くいい…。膣の奥まで入っているし…」喘ぐながら答えると「私もやりたい…」部員が言う。
それには「処女の内はダメよ、処女を卒業したらしてもいいけど」昌美が止めた。
直美も「そうよ…バージンは…大事にしないと…」自分がレイプ同然で処女を奪われたから尚更だ。
「それなら我慢する」諦めたのか、指で自分の淫裂を触っていく。

 「それならいいわ、もっと見たい?」
「ええ。もっと見たいです」
「直美さん、もっと早くして」
「そんな事言っても限界です…」腰の運動を速めたくとも、絶頂を迎える寸前まで来ている。
「直美さん、交代しましょう」2人はディルドーを入れたまま上下を入れ替え、昌美が腰を振り出し
た。

 「凄い、膣から漏れてる…」漏れ出る淫汁に声をあげた。
「見えわよね、入っているのが…」
「わかります、何だか膣が熱くなってきました」
「これで行くのよ、行けるでしょう?」
「はい、行きます…」部員達も指の動きを速め、乳房と淫裂を触り合い、やがて「行く、行く~!」
あちこちから声が上がりだす。

 それとほぼ同じくして「行くわ、行く~!」昌美も絶頂を昇りきり、直美に覆い被さった。
一方、早苗は四つん這いになり、部員からペニスバンドで淫裂を突かれていた。
「いいわ、私も限界…。行かせて…」
「いいわよ。行きたいなら、行っても…」腰の動きを速めると「あ、あ、あ~!」体をくねらせ、パ
タリとうずくまってしまい、ペニスバンドが抜かれると淫汁がドット流れ出た。
直美達は暫く全裸のまま休んでから服を着だす。
「直美さん、この事は誰にも言わないで欲しいの」昌美が顔を赤らめながら頼むと「わかってます、
絶対に言いません」口止めを約束した。
「ありがとう、このお礼はいずれするわ」昌美も機嫌がいいのか笑顔だ。

 服を着込み、昌美達と暫く話をしてからアパートに戻ると水谷が待っていて「ずいぶん楽しんでる
みたいだな」直美を見るなり言う。
「楽しむって、何の事かしら」
「俺が知らないとでも思っているのか。昌美はレズなんだよ。しかも、部員を相手にしてやってるん
だ」
「そんな、レズだなんて…」
「ついでだから教えてやるが、あいつらは白百合会と名乗ってるぞ」
「白百合会ですか…」

 「そうだ。早苗と陽子もレズだが、教え子とはやってないのにな…」水谷の話でどうにか昌美の事
がわかってきた。
「あいつらは、俺達にとって敵ではないから付き合ってもいいぞ。できたら、見方にしろ」
「そんな見方にしろと言われても困ります」
「簡単だ、レズの相手をすればいいんだ。それより、大部溜まっているんだ、やらせて貰うからな」
「許して、今日はしたくないの」
「そうは行くか、脱ぐんだ!」水谷に言われれば逆らえないから言われた通りに脱いでいき、全裸を
晒す。

 「直美、これは何だ。楽しんだ跡じゃないか!」乳房や太股にキスマークが付いている。
「そ、それは…」
「やっぱり楽しんだんだ。気持ちよかったようだな、ここが濡れてるし」指が膣に入っている。
「やめて、指はイヤです」
「散々、やったくせによく言うな。とにかく、俺にもやらせろ」急いで服を脱ぎ、半ば強引に抱きつ
いた。
「あっ!」肉竿が押し込まれたが、痛みは感じず、先程の快感が蘇っていく。
               セックス
(気持ちいい、膣も濡れて行くし…)目を閉じ、自然と水谷を抱きしめていく。

 「欲しいのか、俺のチンポが…」
「下さい…私の膣の中に…」
「上品な事を言われてもわからないな」水谷はわざと、ピストンを止め肉竿を抜いた。
「入れて、私のオ○ンコにチンポを入れて下さい…」
「よく言えた。褒美にくれてやるぞ」水谷は再び、腰の動きを速めて直美の胎内で噴射した。

 水谷は暫く休むと「実は困った事になって」頭を掻いた。
(こんな事をするなんて初めてだわ、何かある…)淫裂を拭きながら強ばった顔をすると「内の部員
が直美の裸を見たいと言ってるんだ」恐れた言葉が出た。
「イヤよ。女ならともかく、男の前ではもうヌードになりたくない…」泣き出してしまった。
「そう言われても、こっちにもメンツというのがあってな。イヤでもやって貰わないと」機嫌を取る
かのように乳房を撫でていく。

 「噂になったらどうするのよ。そうなったら死ぬしかないわ」
「その心配はないよ。俺が責任持つ。それに、直美だけではないからな」
「私の他にもいるんですか?」
「ああ、教頭と水沢に、倉橋も一緒にやらせるぞ」
「ヌードだけでいいんですよね?」
「お前だけはな。他の奴らはオ○ンコして貰う」

 「そんな、教え子とセックスさせるなんて…」
「お前もやりたいなら、やらせるが」
「イヤです、もうセックスはイヤです!」
「それだったら、裸だけで勘弁してやる。その変わり、誰にも言うなよ」いつになく水沢は慎重だ。
「わかりました…」返事をして、浴室に飛び込んだ。
 
 翌日、学園に行くと昌美から「お願いします」また部室に連れて行かれた。
「今日は私だけですか?」
「そうなの、倉橋先生都合が悪くて。今日は1人でお願いするわ」昌美に言われ服を脱いで全裸にな
った。
「昨日のようにしてね」十字架に背中を押し付けると昌美がベルトで止めていく。
「これでいいわ。後は私がヌードになれば…」昌美が脱ぎだした。

 「さすが顧問だわ。その分頑張らなくちゃ」
「そうよ、ヌードになったんだからいいのを描くのよ」そう言いながら次々と脱いで全裸になった。
「恥ずかしいけど、笑わないで」薄い絨毛にコンプレックスを感じながらも、膝を立てて横になった。
「綺麗です、2人とも性器が…」
「ありがとう、それよりも描かないと」部員達は2人の全裸をスケッチブックに描きだした。
そんな昌美を直美は(昌美さんは悪い人ではなさそうだけど、どういう人なのかしら?)疑問を感じ
ている。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/241-626a67c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top