赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第33話 昌美の告白  

 そして、モデルを終え職員室に向かうとすすり泣く声が聞こえてきた。
「何かしら?」声のする方に向かっていくとそこは2年生の教室だ。
「ここからだわ、誰かいるんだ」そっと、引き戸を開けて中を覗いた。
(そんな、裸だなんて…)そこには全裸のまま、黒板に書いている陽子がおり、それを数人の男性教
師が見守っている。
更に、脇には景子と早苗もいてやはり一糸まとわぬ全裸だった。

 「そんな、授業じゃダメだ。仕置きだな」
「水沢の仕置きなら、俺がやります」同僚がズボンを引き下げ背中から抱きつく。
「もう許して。さっき、散々やったでしょう」泣きながら言うが「仕置きとオ○ンコは別なんだ」肉
竿を押し込んだ。
「ヒ~!」淫裂が痛いのか悲鳴を上げた。

 「3人相手した位で泣くな。商売人は5人とやっても平気だぞ」なおも押し込み、乳房を握りながらピストンを始めた。
「私は教師です、商売人じゃありません…」顔を歪めて言う。
「それだったら、もっと丁寧に授業をやるんだ。不真面目だからこうされるんだ」屁理屈を並べ、ピ
ストンを続け、絶頂を迎えて爆発した。
「う、う、う!」膣の中に射精され、悔しいのか、涙を流している。

 その後、黒板には早苗が立たされた。
           パイパン
「お前も、やるんだよ」音楽教師だから、黒板に楽譜を書きだした。
「そんなので、わかると思っているのか!」罵声が飛び、早苗と同じように同僚から犯されていく。
「許して、膣が痛いのよ」悲鳴を上げるが肉竿は容赦なくピストンしていく。
(もう、いい。こんなの見たくもない…)そっとドアを閉め、職員室に戻ると何食わぬ顔で授業の準
備を始めた。
それから暫くして3人も戻ってきたが、泣いたためか、目が赤く黙ったままだ。
(もしかしたら、私もあのようにされるかも…)想像しただけで涙が滲んでいく。

 それから数日後、昌美から「今までありがとう、いいのができたから見て」誘われた。
やはり、自分のヌードがどうなっているのか気になるから、一緒に部室に入ると例の女生徒達がいる。
「岡崎先生、こんな感じでどうかしら?」自分が描いたデッサンを見せていく。
「そんな、私の性器まで描かなくてもいいのに…」スケッチブックには十字架に縛られた全裸の直美
が描かれ、乳房と淫裂まで細かく描かれている。
「どれも綺麗に描けているでしょう」昌美は満足げだが「恥ずかしい、写真よりリアルよ。こんな割
れ目まで描かれちゃ、人前にでられない…」顔が赤くなっている。

 「そんな心配しないで。誰にも見せないから。それに、性器だって芸術よ。それにこれも…」昌美
は直美の顔を押さえて唇を重ねた。
「待って、いくら何でも、ここではまずいわ。見られたら困るし」
「それだったら、私のアパートでどう。誰にも邪魔されないし、それに、今日は半日よ」
「わかったわ、午後からね。それから、それを誰にも見せないって約束して」
「先生、そんな心配はしないで。それより、またヌードをお願いね」
「まだ、描く気なの?」
「当然よ、女性のヌードが一番綺麗だしね」部員達の声を聞きながら直美は職員室に戻った。

 そして、昌美と一緒に学園を出るとアパートへと向かう。
曲がりくねった道を歩いていくと「直美さん、ここなのよ」そこは、ワンルームマンションといった
感じがする。
「こんな立派な所に住んでいるなんて…」
「中は、それほどでもないわよ。とにかく上がって」言われるまま案内され、昌美の部屋に入った。
「直美さん、ここにはルールがあるの」鍵を掛けて言う。
「どんなルールなの?」
「女性同士の時は、全部脱ぐルールがあるの」昌美はいきなり、服を脱ぎだした。

 「そんな、裸になるなんてイヤよ、部屋を見るだけの約束よ」
「今更ダメ。脱がないなら力ずくよ」
「そんなのやめて、乱暴は嫌いだから」仕方なしに、直美も服を脱ぎ、2人とも全裸になった。
「直美さん、見て欲しいのがあるの」本棚からアルバムを撮り出し見せた。
「ヌードだわ、昌美さんのヌード写真が…」
「そうよ、綺麗でしょう、女性の裸が一番綺麗なのよ」直美に寄り添い、乳房を撫でていく。
「でも、恥ずかしくなかったの?」
「そんな事感じはなかったわ。だって、ヌードは芸術よ。エロと芸術は違うし」昌美が言う事は直美
には理解できなかった。

 そんな直美だが「でも、これはイヤだった」別なアルバムを見せると、昌美が男に抱かれた写真だ。
男に馬乗りになり、淫裂には肉竿が食い込んでいる写真だ。
四つん這いとか、駅弁とかで結合した写真が多数ある。
(同じだわ、私と同じよ。でも、昌美さんは堂々としている…)自分と同じ事をしながら動じない昌
美に「どうして、これを…」尋ねた。
「騙されたのよ。散々、おだてておきながら、妊娠すると逃げて…それを忘れないように取っておく
の。それに、これも…」乳首のピアスを揺すった。

 昌美が話し終えると直美も返す言葉が無く、沈黙が続いている。
「それより、折角来たんだから楽しまないと。女が一番いいし」気を取り直したのか、直美の乳房を
撫でながら唇を重ねてくる。
「昌美さん!」直美もそれを拒まず受け入れて、昌美の股間を撫でながら淫裂に指を入れていく。
「指でなく、あれでしたいの。いいでしょう?」
「昌美さんが望むならいいわ」

 「ありがとう、準備するね」例のV型ディルドーを取りだし、直美の淫裂にゆっくり押し込み、全てが入ると覆い被さって、自ら淫裂に迎え入れる。
「直美さん、こうしていると幸せなの」昌美が腰を動かしていく。
直美も昌美の境遇に何かを感じたのか拒まず、自らも腰振った。
「いいわ、凄くいい!」
「私も感じるの」2人の喘ぐ声が響いていく。
直美は夕方まで昌美と抱き合い、夕方にアパートに戻った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/242-973025fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top