赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第35話 部員の前で全裸  

 直美は、昌美の正体がわからないまま学園に通っていたが「岡崎、今度の日曜だぞ」水谷から言わ
れた。
「どうしても、やるんですか?」
「勿論だ。合宿中にやるからな」場所は、直美と景子がヌードを撮られた研修所だと告げる。
(生徒の前でヌードなんてイヤよ…)泣き顔になるが、逃れる術はなく、日曜日には景子達と一緒に
あの研修所へと向かった。

 4人は電車に乗って向かうが「もうヌードはイヤよ」早苗は泣き顔だ。
「私だってイヤよ、でも写真があるし」陽子も泣きながら話している。
そんな4人の思いを裏切るかのように電車は走り続け、昼近くには駅に着き、研修所に着いた時は部
員達が昼食を摂っている。
「教頭先生が自らからお出でとは嬉しいですね」心にもない事をいいながら、中へと案内していく。
「お願い、ヌードは許して、ビキニにはなるから…」
「そんな事ではごまかせませんよ。昼からは自由時間ですから、部員と一緒に泳いでください。ただ
し、素っ裸ですが!」

 「そんな、いきなりヌードだなんて!」
「その方がいいでしょう。ほら、脱いで準備しないと」4人は仕方なしに脱ぎだし、下着姿になって
いる。
「着けて来たんだ。まあ、今日は大目に見るか。その変わり、今夜も踊りをお願いしますよ。衣装は
用意してありますから」
「そんな、踊りはもういいはずでしょう?」
「それが、見たがっていましてね。イヤならオ○ンコビデオで行きますが」そう言われれば従うしか
なく、パンティ、ブラジャーと脱いで4人は全裸になった。

 「大部生えましたね。今夜の踊りの後にでも、剃って貰いますよ」
「まさか、生徒に剃らせるんじゃないでしょうね?」
「そうしたいのですが、だめですか?」
「それだけは許して。剃るなら自分で剃りますから」
「仕方ありませんね、そうします。それから、私も脱がないと」どういう訳か、水谷も服を脱いで全
裸になった。
「この方が、言い訳しやすいでしょう」確かに水谷の言う通りで、1人だけ服を着て他が全裸では変
に思われる。

 「行きますよ」水谷は肉竿を揺らせながら部員のいる砂浜へと向かった。
「行くしかないわ。どうせなら、堂々と行きましょう。隠すと変に思われるし…」景子の言葉に頷き、
4人も水谷の後を追って外に出た。
当然「見ろよ、素っ裸だ!」4人の全裸に声が上がっている。
(恥ずかしい、性器とオッパイを見ている…)20人近い部員の目が、剥き出しの淫裂と乳房に集中
しているのが、痛いほどわかる。

 それでも、乳房を揺らせながら歩いて行く。
「見ろよ、あれがオ○ンコだ…」「あの割れ目にチンポを入れるんだ…」側を通ると話し声が聞こえ
てくる。
(オ○ンコなんて言わないで。見せてあげるから黙っててよ…)目を赤らめ歩いて行くが、話が途切
れる事はなく、短パンも肉竿で持ち上げられている。
(オチンチンを膨らませているわ。セックスしたがってる…)強ばった顔をしたまま通り直ぐ、海に
飛び込んだ。
             ビーチ

 「自由行動だ。この際、お前達も素っ裸になったらどうだ?」肉竿を揺らせながら水谷が言う。
「そうします。チンポが張って痛いし」1人が脱ぎだすと「俺も痛いんだ。我慢できないし」脱ぎだ
す。
そうなると、次々と脱いで、皆が全裸になり、肉竿を揺らせて一斉に海へと走り出した。
「そんな、ヌードだなんて。レイプされないようにしないと…」直美達に緊張感が走っている。

 そんな事など関係なく、生徒達は4人の周りを取り囲んでしまった。
「先生、一緒に泳ごうよ」わざと体をすり寄せ、乳房を触っていく。
(触らないで、泳ぐなら1人で泳いでよ)黙っていると、淫裂も触られる。
「ダメ、そんなのダメ…」そう言うが、多勢に無勢で、次々と手が伸びて、淫裂の中にも指が押し込
まれた。
「そこはダメ、入れないで!」声をあげても聞くはずがなく、胸に顔を沈めて乳首も吸い出した。
4人はレイプこそされないが、乳房と淫裂を辱めれている。
(このままでは、レイプされるかも…)そう考えて「上がるから退いて!」浜辺へと向かうと「あれ、
もう終わりですか。それだったら、日光浴などいかがで…」水谷は4人に海に向かって座らせた。

 「部員が見たがっていますから、オ○ンコも見せて下さいよ」
「そんな、性器を見せるなんて…」
「足を広げるだけで済む事ですよ、ほらやらないと」そう言われればやるしかなく、足を開き、Mの
字開脚して行く。
「すげえ、丸見えだぞ!」見ている部員の肉竿がそそり立っていく。
「オ○ンコやりたい…」自然に手が肉竿を擦りだした。
(私の性器を見ながらオナニーしてる…)4人はまともに見られず顔を背けるが、部員達はパックリ
口を広げた淫裂を凝視したまま肉竿を擦り続けていく。

 「部員達があんな事してますから、先生方もやっていただきませんと…」
「そんな、オナニーをしろだなんて…」
「お願いします。部員だけに恥ずかしいことをさせる訳には行きませんから」
(イヤよ、オナニーは見られてするもんじゃないわよ)皆そう思うが、指で淫裂を撫でだした。
「見ろよ、オ○ンコ弄ってる!」海から見ていた部員は、近くで見ようと足下に迫って来る。
(それ以上、来ないで。こんな事は見られたくないの)それでも、指で膣の中やピンクの突起を愛撫
し続ける。
「凄いや、オ○ンコの中が濡れているぞ!」「こっちのオ○ンコも濡れているよ」指の愛撫で4人の
膣から淫汁が流れ出した。

 それを見たのか「でる、でる!」遂に噴射が始まり、先端から白い液体が飛び出し、景子の淫裂に
吹き掛かった。
「俺も、でる~!」「俺も限界だ~!」一斉に放出が始まり、4人の淫裂目掛けて白い液体が噴き出
した。
「イヤよ、射精はイヤ!」
「ダメだ、手を退けてやらせろ!」淫裂を隠す事も出来ず、部員達に白い液体を拭きかけられた。

 「全員出したか?」
「はい、出しました」返事する部員の肉竿は元気なく、しぼんでいる。
「よし、これから練習だから準備しろ!」水谷の言葉で部員は脱いだ服を着て、4人も立ち上がって
海へと向かう。
「こんなに出された…」直美が腰まで海水に浸かり、淫裂を洗い出すと、それに倣い、次々と海水に
浸って洗った。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/244-7942173e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top