赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第37話 懺悔室  

 東京に戻った翌日、直美がアパートでくつろいでいると電話が鳴った。
「もしもし、岡崎ですが…」電話の相手は近藤だ。
「わかりました、これから伺います」受話器を置くと「行きたくないけど…」溜息をつきながら学園
へと向かうと、校舎の工事が行われている。
「何をやるのかしら?」横目で見ながら校長室に入った。
「待っていたぞ。実は頼みがあって呼んだんだ」笑顔の近藤だが、側には項垂れた早苗と陽子がいる。
(もしかしてヌードを…)一瞬に顔が強ばった。
「なにも、そんなに怖い顔しなくていいと。今やっている工事の事なんだ」
「工事がどうかしましたか?」
「あれは、懺悔室を作っている。その完成祝いにぜひ、岡崎先生に一肌脱いで貰おうと思って」
「私が一肌脱ぐってどういう事でしょう?」
「これだよ、こんな風にやって貰いたいんだ」近藤は美術部員が描いたデッサンを見せた。
 
 それは、直美が十字架に縛られ、早苗と陽子が足下で膝を立てたポーズだ。
3人は全裸で、淫裂も描かれてあった。
「まさか、ヌードでこれをやれと…」デッサンを見るなり震えだした。
「当然だよ、キリストだって裸じゃないか」
「でも、生徒達がいます。ですからヌードはイヤです」直美は泣き出した。
「心配するな、オ○ンコと乳首は隠すから。胸の膨らみは見せて貰うからな」強い口調の近藤に直美
も返す言葉がなかった。
直美は黙ったままだが「休み明けまでにはできるそうだから、その時にやって貰おうと思ってな」近
藤はなおも言った。
近藤の話を聞き終えると3人は職員室に入って行くが、元気がない。
(ヌード同然を生徒に晒すなんて…)
しかし、そんな事ばかりは言っておれず、授業の準備もした。

 そして、長かった夏休みが終わり授受業が再開される事になったが、直美達3人は憂鬱だ。
始業式が始まると、近藤が新しくできた懺悔室のお祝いを放課後にやると告げる。
生徒達は不満そうな顔で聞いているが、直美達3人は項垂れて聞いていた。
始業式は30分ほどで終わり、授業が始まったが直美は十字架に縛られた姿を想像してか、ミスが目
立っていた。
それでも、どうにか全ての授業を終えて職員室に戻ると昼食時間だ。
直美も一息ついていると「岡崎先生、ちょっと」近藤が呼びに来た。
直美は近藤と一緒に校長室に入っていくと水谷もいる。
「お披露目にやるんだってな。それなら、剃っておかないと」服を脱ぐよう言われる。
「剃らないで、これ以上変態の真似事はしたくないの」
「剃らなかったら、透けてしまうぞ、黒は白を透かすから」
(そうか、白い服で隠すのか。それならヘアを剃らないと…)勝手に思い込むと服を脱いでいき、全
裸になった。
直美は絨毛を剃られていたから1ミリ程度の絨毛しか生えてない。
その絨毛も水谷の持ったカミソリで消されて少女の淫裂に戻された。
「これで良しと、衣装はこれを着て貰うぞ」
「それが、衣装ですか?」直美が驚きの声をあげた。

 直美が驚くのも無理はない。
近藤は3本のロープを帯状に繋いだのを見せたからだ。
「これだけあれば隠せるぞ」乳房に当てて背中で縛るが「解けたら困ります…」心配だ。
「解けないように、結んでいく」結び目を細い紐で縛った。
「どうだ、これなら見えないぞ」確かに、乳首は隠しているが、乳房の膨らみは露わになっている。
              緊縛9
「次はオ○ンコだな」褌のようにTの字に巻き付けた。
「恥ずかしい。割れ目は見えそう…」ロープがかろうじて淫裂を隠している。
(イヤよ、これじゃ、ヌードと同じよ…)逃げ出したが、逃げる訳には行かず、脱いだ服を畳むとタ
オルを巻き付けていく。
「準備はいいな、行くぞ」近藤と一緒に廊下に出たが、異様な姿に生徒達が驚いている。
「岡崎先生、もしかしてヌードでは…」
「まさか、そんな事ないよ。でも、それなら嬉しいな」廊下を歩く2人を見つめながらヒソヒソ話す
と、直美にも聞こえるが無視して懺悔室に入った。

 懺悔室にはいると早苗と陽子がいた。
2人は乳首にハート型のテープを貼り、股間にはV型のテープを貼り淫裂を隠している。
「校長先生、これならいいでしょう、見えないし」水谷は自慢げに陽子の股間を触るが「う、う、う
~!」と嗚咽をあげる陽子だ。
「そんなに嬉しいのか、それならここにもやってやるぞ」乳房も揉みだすと「もう充分です…」泣き
声で手を押さえる。
「何だ、もういいのか。それより準備だな」直美はタオルを解くと十字架に背中を押し付け、両手を
広げると水谷に腕を縛られていく。
「これでいいな、2人はここで…」直美の足下に、立ち膝で座らせる。
「大丈夫だな、オ○ンコはここまでだし」テープの上から触って確認した。
「そのようだな、早速、放送してくれ」水谷が出てからすぐに校内放送で懺悔室のお披露目が伝えら
れた。
 
 すると、嫌々ながら生徒達が洗われたが「岡崎先生がヌードだ!」声をあげていく。
「見ろよ、渋井先生や倉橋先生もヌードだよ!」指さしながら股間の部分と乳房の部分を見つめている。
(恥ずかしい、こんな姿を生徒に晒すなんて…)3人は下を向いたまま顔を上げられない。
しかし、3人が全裸同然でいるのは、あっという間に生徒に知れ渡り、次々と懺悔室を訪れている。
「以外と、大きいオッパイだな」
「ヘアがないよ、パイパンかな」3人の乳房と股間に目が行っている。
(お願いだから、ここから出ていってよ)そう願うが、生徒達は代わる代わる訪れている。
訪れたのは生徒ばかりではなく、同僚の教師も訪れていた。
「あら、以外にいい体してたんだ…」3人の体を触る女教師もいれば「自慢したかったら、素っ裸に
なればいいのよ」体に自身がないから言い捨てる教師もいた。

 3人は1時間ほど、懺悔室でポーズを取らされたが、学園では見なかった者はいない。
「もういいよ、ご苦労だった」近藤は直美を解くと、一緒に校長室に戻り、服を着込んでいく。
「もうこんな事はさせないで下さい…」泣き声で頼んだ。
「そうしたいが、どうなる事やら」近藤は即答を避けている。
「私は教師なんです」
「言われなくたってわかっている。それに、オ○ンコ好きな事も」
その言葉には「う、う、う!」声をあげて泣き出した。
「泣いたってダメだ。服を着たら戻るんだ!」近藤に一括され職員室に戻ったが、皆が白いめで見て
いる。
同じように、早苗と陽子も戻ったが、やはり、白い目で見られて口を聞かない。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/246-a152e05b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top