赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第38話 狙われた娘  

 3人は項垂れ、黙り込んでいるが「どうして、あんな事をしたんですか?」渡辺が声を掛た。
「校長先生から、やれと言われましたから…」
「やはりそうでしたか。ここは問題ですな、校長の横暴をこれ以上許せませんから、組合として突き
上げます」そう言うと職員室から出ていった。

 すると「よく、校長のせいにできたな。自分が淫乱のくせに」
「そうだよ、オ○ンコしたくて仕方ないのにな」3人を犯した教師達は聞こえるように言う。
「そう言う言い方はないぞ。校長が悪いんだから」
「そうよ、謝りなさいよ」反校長派達が、ここぞとばかりに声をあげると、校長派の教師は黙り込ん
だ。

 一方、職員室から出た渡辺は近藤と話している。
「こんな、封建的なやり方では、委員長として見過ごせません」強い口調に近藤もタジタジしている。
「まあ、今回だけは多めに。この通りです」以外にも頭を下げている。
「やった事は仕方ありませんから、次から改めて下さいよ」
渡辺もそれ以上は追求せず、校長室から出ていく。

 近藤が「やれやれ、今度は組合か…」独り言を言ってると水谷が入ってきた。
「校長、どうかしましたか?」
「委員長だよ、困った事になりそうだ」
「それでしたら、私にいい考えがありますが…」
「どんな考えだ?」

 「確か、娘がここの生徒でしたよね?」
「そうだ、それが…。そうか、奴らにやらせるのか!」
「それ以上は、私はなにも知りません。校長も、何も知らないですよね?」
笑いながら言う水谷に「そうだ、わしらは何も知らないぞ」近藤も笑顔になっていた。

 その後、水谷は高田と佐藤と話し込んでいる。
「やってくれるよな」
「裸を撮るだけじゃ、つまんないな…」
「そう言うな。お前の好きな倉橋とやらせてやるから」
「それならやるよ。それに、岡崎先生ともやらせて」
「僕もだよ、2人とやらせてくれるならやるよ」
「わかった、やらせてやるよ」ヒソヒソと話していた。

 それから数週間が過ぎて、直美のアパートに水谷と佐藤達が訪ねてきた。
直美は顔を見るなり「もう許して、これ以上体を汚したくないの」泣き声になっている。
「そっちがそうでも、こっちはこうなんだ!」佐藤と高田の肉竿がカチカチになっている。
「そう言うわけだ。やらせてやるんだよ」水谷が言うからには逆らえず、泣きながら服を脱いでいく。
                 2-4-2.jpg
 「先生、俺から先だよ」直美は四つん這いにされ後から淫裂を突かれて「あ、あ、あ~!」呻くよ
うな声をあげている。
「どれ、口は俺が受け持つぞ」水谷もズボンを引き下げ、肉竿を直美の口に押し込む。
「ウグ、ウグ!」首を振って拒むが、頭を押さえられ逃れられない。

 やがて、若い佐藤の肉竿が先に噴射し、精液が淫裂の中を漂ってから、外に漏れていく。
「今度は俺だ」高田も後から押し込んでいく。
(やめて、これ以上虐めないでよ)涙を流しながら、淫裂と口の中に噴射された。
同じように、翌日には早苗が3人辱められた。

 そして、10月に入ると3年生だけでなく、2年生も受験準備で目つきが変わっているが、その中
に、一際元気のない女生徒がいた。
その生徒は美術部に所属し、昌子も異変には気づいた。

 昌子はその子と一緒に懺悔室に入り話を聞いていく。
「最近元気ないけど、何かあったの?」
それには黙ったままだが「辛い事があったら言いなさい、同じ仲間でしょう」その子も、白百合会の
メンバーだった。

 「撮られたんです。…無理矢理に…」それだけ言うと泣き出した。
「撮られたって、まさか、ヌードを?」それには声をあげて泣き出した。
「誰なの、相手は誰?」
「わかりません、顔を隠していましたから…」
「思い当たる事はないかしら?」
「なにもありません」

 「そう、相手側からないんだ。それで、どんなのを撮られたの?」
「全部脱がされました。…パンツも、ブラも…」また泣き出した。
「ヘアも、性器も撮られたのね?」それには頷いた。
「卑劣な事をするわね。この事をお父さんには言ったの?」
「言えない、お父さんに言ったら怒られるから」
「無理矢理脱がされたんだから言わないと。レイプはされなかったの?」
「触ったけど、それはなかった…」それを聞いて昌美は思い当たる節がある。

 「この事は、私からお父さんに言っておくからね」
「言わないで、それだけは言わないで!」
「ダメよ。相手はもっと、卑劣な事をやるから、前もって準備しておかないとダメなの」その言葉に
納得したようだ。

 その後2人は懺悔室から出て、昌美は渡辺の元へと向かった。
「先生、お話が…」
「北野先生、私にですか?」
「はい、ちょっとこちらへ」2人は懺悔室に入った。
「北野さん、落ち着いて聞いて下さい。実は、娘さんが何者かに、裸にされて写真を撮られました」

 「娘が、裸にされた?」
「そうです、レイプはされていませんが、性器も撮られたそうです」
「相手は誰ですか?」
「残念ながら、顔を隠していたからわからないそうです」
「レイプが目的じゃないとすると、私への嫌がらせですね」
「私もそう思います。最近の校長は強引ですから気を付けた方がいいですよ」
「わかっています。この前、校長に釘を刺しましたから、相手は校長一派に間違いないと思います」
「そうなんだ。そんな事をしたから、娘さんが狙われたのよ」

 「いつから、こんな学園になったんでしょうかね。できた当時は教育の理想に燃えていたのに…」
「残念ですが、今は、そんな理想は消えてしまいました…」
「そうですよね。北野先生に愚痴っても仕方ありませんし。とにかく、娘は転校させます」
「悔しいけど、それが最善です」昌美も渡辺もその後は黙り込んでしまった。
 
 暫く沈黙していたが何時までもいるわけには行かず、2人は出た職員室に戻った。
それから数日が過ぎて、渡辺の娘が隣町の高校に転校したが「こんな事許されるはずがないわ。必ず
天罰を下さないと…」懺悔室にあるキリストの前で祈っている女性がいた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/247-ebaeb74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top