赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第43話 直美への罰   

 翌日、直美はいつものように、学園で新学期の準備をしていくが、黒岩の言った言葉が気になった。
「懺悔室が面白いと言っていた…」呟くように言いながら、見渡せば陽子がいない。
(もしかして…)直美と早苗は写真で脅されたから残るのは陽子と景子だ。
(いくら何でも、校長までは…)そう思いながら、懺悔室の前までくると「ひ~!」悲鳴のような声
が聞こえる。
「もしかして…」ドアに手を掛けると鍵が掛かっておらず、少し開くと「ピシ!」「ヒ~!」悲鳴が
またした。

 (悪いけど…)気になって覗くと、十字架に陽子が全裸で縛られている。
それに、景子も全裸でムチを振っており、その側には黒岩がいる。
(間違いない、校長まで脅している…)気づかれないように、ドアをそっと閉めると職員室に戻って
授業の準備をしていく。

 それから1時間ほどして陽子が戻ってきたが、陽子は泣いていたのか目が赤い。
「水沢先生、目が赤いですが…」
「ええ、ちょっとゴミが入りまして」
「そうですか。それなら気を付けませんと」
「はい、そうします」陽子は下を向いたまま授業の準備をしていった。

 そして、いよいよ新学期が始まる頃、新任の教師と近藤の赴任した高校から3名が赴任した。
それに、直美は1年の担任を任される事に決まった。
本来なら、任されないが、7人ほど入れ替わったからにはやるしかなく、名簿を見ながら学力を調べ
ていく。
そこに「岡崎先生、教えていただきたくて…」黒岩が職員室に現れた。
「何が教わりたいの?」直美の顔が強ばっている。
「ここでは何ですから」直美の腕を掴んで職員室から連れ出す。

 「どこへ行く気なの?」
「懺悔室です、あそこなら邪魔は入らないし」廊下を歩いているが、新学期前と言う事で生徒はおら
ず、程なく懺悔室に来た。
「先生、この前覗いていたでしょう?」入るなり、黒岩が言う。
「覗くって、どういう事なのよ」
「しらばっくれても、ダメですよ、ほら!」写真を見せると、覗き込む姿が写っている。
「誰よ、こんなのを撮ったのは?」

 「そんな事はいいです。覗きましたよね?」
「ええ、確かに覗いたわ」
「水沢先生と校長先生を見ましたね?」
「ええ、しっかり見ました…」
「それなら、やりやすいですね。岡崎先生が今度はここに縛られる番ですから」
「イヤよ、痛いからイヤ!」

 「イヤでもやります。急いで脱いでください」そう言われれば弱みを握られているから脱ぐしかな
い。
「鍵を掛けて、この前掛かっていなかったし…」
「わかりました。そうします」鍵が掛けられると、直美は脱ぎだした。
それを見て、黒岩は準備を始めていく。
 
 やがて、直美は生まれたままの姿になり「これでいいのね?」股間を押さえて言う。
「はい。まずは、磔です」十字架に背中を押し付け、腕を縛っていく。
「これでいいです。声を出されると困るから、これを付けますよ」口枷がはめられる。
「うぐ、うぐ~!」(イヤよ、イヤ~!)叫んだつもりだが呻き声にしかならない。
「これで準備は整いました。まずは覗いた罰からです」黒岩はムチで乳房を叩いた。
「ピシ~!」音と共に「う~!」呻き声を上げ、体を震わせると、直ぐに赤い筋ができた。
「こっちもです」また打たれて、赤い筋ができていく。
(打たないで。痛いから打たないで!)首を振り直美の目からは涙が落ちていく。

 「泣いたってダメですよ。罰ですから」ムチは容赦なく乱打されていく。
「ピシ、ピシ!」腹太もと次ぐ次と赤い筋ができた。
「覗きの罰はここまでだ」やっと腕が解かれたが「次は愛情のムチだ!」今度は裏返って、腹を十
字架に押し付けて縛られた。
「いいですね、このオ○ンコは」尻が撫でられた。
「う、う~!」首を振っても声にはならない。
「まずは、ここに一発!」尻にムチが当たった。
「う~!」呻き声を上げ、赤い筋ができた。
ムチは次々と放たれ、赤い筋が全身にできていく。

 「先生、痛いのはイヤですよね?」それには首が頷いた。
「それでしたら、ムチはこれ位にして」ムチを置くとズボンを引き下げていく。
「これなら痛くありませんから」下半身を剥き出しにすると、腰を掴んで淫裂に肉竿を押し当てた。
「う、う~!」すかさず首を横に振ったが、肉竿は膣を押し広げて入り込んでしまった。
(抜いて、お願いだから、抜いて!)言葉にならず呻き声になっている。
黒岩はなおも押し込むとピストンを始める。
(痛い、まだ膣は準備が出来てないのよ…)無理矢理入った肉竿に淫裂は反応しておらず、痛みだけ
しか感じられない。

 それでも、肉竿はおピストンしていく。
「先生、このまま出させて貰いますからね」
(イヤ、絶対にイヤ!)首を振っても、黒岩は仕上げに入っている。
そして突然動きを停めた。
(そんな、膣の中に射精だなんて…)避妊薬を飲んでいたから、妊娠の心配はないが、教え子からの
射精にショックを隠しきれない。
そんな直美の事など気にする様子もなく、腕を解くとズボンを履いていく。
腕が解かれると口枷を外し「う、う、う!」嗚咽をあげながら淫裂を拭き、服を着込むと2人は何も
なかったような顔をして、懺悔室から出て、別れた。

 直美は職員室に戻るが、動揺がまだ治まっていない。
(教え子に射精されたなんて…)誰にも相談できないから、元気なく授業の準備をしている。
「あら、元気ないのね」昌美が元気のない直美を気遣い、声を掛けてきた。
「ええ、ちょっと…」
「悩み事があったら相談して。それより、この前の店なんだけど良いのが入ったんだって」
「由里さんの店ですか?」
「そうなの、帰りに行こうよ」
「私、そんな気になれませんが」
「ダメよ、こんな時こそ元気を出さないと。帰りに一杯も良いわよ」
「そうですよね、こんな時こそ飲まないとね」
「そうよ、その調子」やっと元気が戻った。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/252-34a7b3f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top