赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

十字架のある学園 第45話 理事会  

 その頃、由里は水谷の動向を調べていた。
「あれは、東光学園の先生だわ」見覚えのある男性が水谷と話しており、その側には黒岩もいた。
3人は写真を見ながら話している。
「また何かする気だ。あいつらをのさばらせるわけには行かないし」由里は水谷の住まいを確かめる
ため後を付けていくと学園の理事の家に入った。
「まさか、理事が絡んでいるなんて!」由里は急いで携帯を掛けて連絡していく。
「そう、そうなの。とにかく、戻るから」由里は一旦戻り、昌美と連絡を取り合った。

 それから数日後、授業が終わると直美は黒岩から懺悔室に呼び出された。
「一体何なのよ!」いつもと違い強い口調に黒岩も戸惑っている。
「そんな言い方しない方が良いよ。責任持たないから」
黒岩の手が乳房を掴んだが「やめなさいよ!」直美はその手を振り払った。
「やってくれるね、この写真がどうなってもいいんだね」
「勝手にやりなさいよ。ただし、あなたは脅迫罪で警察行きだけど。刑法が変わったのを知ってる
わよね?」それには黙り込んでしまった。
 
 「とにかく、もう、私に関わらないで!」直美が出ていくと、替わりに昌美が入った。
「あんた、誰に頼まれたのよ!」
「誰にも。俺が勝手にやっているんだ」
「そうなんだ。それならお仕置きだ!」昌美に鉄拳が腹に連発された。
「な、何をするんだよ…」腹を抱えてうずくまった。
「素直じゃないからよ。私を普通の教師と思ったら大間違いだからね」昌美は、なおも鉄拳を放った。

 「言うよ、言うからやめて…」
「誰に頼まれたのよ」
「前までここのいた先生だよ。それに、数学の先生にも…」
「水沢か、数学は加藤でしょう?」
「そう、加藤先生です。でも、誰にも言わないで下さいよ」
「これ以上、手を出さなければよ。もし、やったら、これくらいでは済まないからね」
「やりません、頼まれてもやりません!」

 「それならいいわ」昌美は懺悔室から出た。
「加藤先生か。やっかいだな」呟くように言う通りで、理事の息子だから面倒な事になってしまう。
昌美は、戸惑いながらも由里と連絡を取った。
「そうなんだ。やっぱりね。これから行こうよ」由里に言われ、昌美は一緒にある人物に会いに出か
けた。

 それから数日後、学園では緊急の理事会が開かれた。
開かれると直ぐに「加藤理事の解任を提案します」事務担当が告げる。
「バカな、どうして解任なんだ!」加藤の納得がいかない様子に「自分の胸に手を当てればわかるは
ずだ」理事長が告げた。
「思い当たる事がないから聞いているんだよ」
「本当に思い当たる事がないなら仕方ない。入ってくれ」理事会の席上に黒岩と水谷が呼ばれ、それ
には加藤も動揺している。

 「もう1人、いるぞ」老人が、昌美に付き添われて入ってくる。
「これは、北野さん。わざわざおいで頂かなくてもよいものを」理事長が丁寧に挨拶した。
「こうなったからには、創立者も立ち会わせて貰わないとな」
「わかりました、御覧下さい」礼をすると再び理事会が始まった。
「黒岩君だったね。君は何をしたんだ?」
「ある人から頼まれて、女の先生を味方に付ける事です」
「どうして、見方にする必要があったんだ?」
「乗っ取りです。この学園を乗っ取るためにです」
「で、頼んだのは誰だ?」
「この人です」黒岩は水谷を指さした。

「水谷、それは本当か?」
「ばれちゃったら仕方ないです。その通りです。反対派を味方に付けるために卑劣な事をやったのは
認めます」
「以外に素直だな。まだ教師としての自覚はあるようだな」
創立者の北野が言うと「はい、もし、許されるなら、もう一度、教員として働きたいです…」
「それはわかった。なぜ乗っ取りを?」
「ここで、校長にするという事でしたから…」

 「相手は誰だ?」
「加藤理事です…」それにはどよめきが上がった。
「加藤理事、何か言いたい事はないか?」
「あります。私は理事長の解任を提案します」
「バカ言うな。この期に及んで見苦しいぞ!」
北野が一括すると「その通りだ。おとなしく責任を取らないと」声が上がった。
「わかりましたそうします。折角うまく行っていたのに、飛んだ邪魔が入ったな」加藤は苦笑いしな
がら会議から出ていく。

 「君達も、ご苦労だったな」水谷と黒岩も出ていくと「創立当時の思想をもう一度考えて欲しい。
あの情熱を…」北野はそれだけ言うと、昌美と一緒に出ていき、理事だけが残され会議が行われた。
それから数日後、加藤も退職して騒動が収まった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/254-d4f65613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top