赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

引き裂かれた白衣 第1話 借金  

 「お疲れ様。後は私がやります」白衣を着た女性達が引継を済ますと更衣室に入って着替えていく。
「奈美、今夜は一緒にどう?」
「遠慮するわ。今はオケラなの」
「何だ、オケラか。給料日はまだ先なのに大丈夫?」
「何とかなるわよ」笑顔で返事をし、更衣室を出て病院を後にした。

 病院からアパートまでは歩いて5分ほどしか離れておらず、程なくアパートに着いた。
女性がドアを開けると、床に催促状が落ちている。
「困ったわ。また催促だわ」女性は岡田奈美といい、明和病院の看護婦をしている。
奈美はサラ金から借りた金が返せない、いわゆる自己破産予備軍だ。
サラ金には、利息が溜まり積もって300万の借金があり、給料が25万程度だから、並大抵のこ
とでは返せるはずがない。

 「返したいのは山々なんだけど…」書かれている連絡先に電話を掛けた。
「もしもし、岡田ですが…」相手に待って貰おうと頼み込んでいる。
「そこを何とかお願いします…。わかりました、明日伺います」受話器を置くと溜息を付く。
「会って、話すしかないわね」呟くように言いながら、浴室のバルブをひねった。
蛇口から勢いよく、お湯が噴き出し、温度を調節して服を脱いでいく。
「とにかく、明日だわ。でも、何と言ったらいいのかしら?」不安を抱えながら脱ぐと、淡いブルー
の下着が見えてきた。
腰のゴムを両手で掴み、引き下げると下半身が露わになって、付け根の絨毛が見えている。
奈美の絨毛は団扇のように丸形に押し茂っていた。

 パンティを膝まで引き下げると、背中を丸めて脚を上げていくと、絨毛の中にある、淫裂が一瞬見
えた。
更に別な片足も上げて、下半身を覆っていた布が両手に残された。
まだ温もりもあり、縮こまった布を洗濯機に入れて両手を背中に回した。
ホックを外すとブラジャーが緩んで、白い乳房が飛び出て揺れている。

 肩に絡まった紐を引き下げ、腕も下げると、乳房を覆っていたブラジャーが手首にある。
その布も手首から外して洗濯機に入れ、浴槽に入った。
浴槽の中は、まだ半分しかお湯が貯まっておらず、それでも体を折り曲げお湯に浸かる。
「ふー!」溜息を付き、お湯を乳房にかけて揉んでいく。
「もっと、大きくならないかしら。久恵はCカップなのに」両乳房を揉んでいく。
乳房をマッサージすると、石鹸を泡立て体に塗った。
「ここは丁寧に…」立ち上がり、石鹸の付いた手で撫でていき、指は肉襞も摘み、丁寧に石鹸を塗っ
て膣の中も洗った。

 体を洗い終えると、シャワーで汚れを洗い落とし、浴槽から上がり体を拭いていく。
今まで白かった肌が桜色に染まり、それに、白い乳房も桜色をしている。
「明日は、どれにしようかな?」体を拭き終えると、全裸のまま浴室から出て下着を選んでいる。
「これがいいわ、久恵には負けたくないし…」ピンクの下着を選んだ。
まず、ブラジャーを着けていくが、カップから乳房の膨らみがはみ出している。
「これだと、オッパイも大きく見えるわねね」ワンサイズ下のブラジャーを着けた。
その後は同じ色のパンティを履き「疲れたわ、今日の病院は混んでいたし」冷蔵庫から缶ビールを取
りだし、一気に飲み干してベッドに横になると、奈美は次第に意識が薄れて眠りについた。  

 翌日、奈美は勤務開け後に、サラ金業者の元へと向かった。
対応に出たのは社長で「あんたね、返す気があるの?」貸すときとは打って変わった態度だ。
「あります、でも今はこの通りです」頭を下げるしかない。
「困りましたね。それでしたら、アルバイトでもしたらいいのに…」

 「アルバイトですか?」
「そうです。それがイヤなら、あなたの下着を売るんですよ」
「下着を買う人なんかいますか?」
「いますよ。何なら、私が5万でブラとパンツを買いますよ」耳元でそっと言う。
「5万ですか?」
「はい。そうすれば、今回の返済は無事済みますよ」
「売ります。でも、ここで脱ぐのはいやです…」
「更衣室がありますから、そこで脱いで下さい。こちらです」丁寧に奈美を案内する。

「いいですか、履いているやつですよ。スペアはダメですからね」
「わかりました」更衣室に入って脱ぎだした。
「下着が、5万で売れるなんて知らなかった…」奈美は誰もいない更衣室で服を脱ぎ下着姿になった。
                2-4-2.jpg
「でも、これを脱いだら、直に着るしかないわね」パンティを引き下げそう考えた。
「帰るまでだから。アパートに戻れば、変わりあるし」膝まで下げ、足を上げてパンティを脱いだ。

 その後は、ブラジャーも脱いで乳房を丸出しにしている。
「これでいいのね。あら、ヘアがパンティに…」脱いだパンティに、縮れたヘアが ある。
それを拾い、下着をたたんでから服を着ていく。

 奈美は知らなかったが、こっそり隠しカメラが撮っていた。
「小さいけど、形がいいな。ヘアは多めだぞ」社長は、こっそり全裸写真を撮っていた。
「これくらい撮ればいいかな」数枚撮って、何食わぬ顔で戻っていく。
そうとも知らず、奈美は服を着込んでいく。
下着を着けず、直に着るから乳房が揺れ、それに股間を押さえていた布がないから冷たい感じだ。

「変な感じがするわ」鏡を前に、上着のしわを確認すると、折り畳んだ下着を持って、更衣室から
出て先程の部屋に戻った。
「これで、よろしいでしょうか?」折り畳んだ下着を差しだす。
「確かめさせて下さい」奈美の前で広げる。
「いいですね。出来れば、ヘアが欲しいですが…」
「ヘアですか?」
「そうです、性器のヘアです。ここでも出来るでしょう?」
「わかりました。今、抜きます」背中を向けて、スカートの裾を持ち上げ、絨毛を引いた。
「うっ!」呻き声と共に、指先に数本の絨毛がある。

 「これで、よろしいでしょうか?」抜いた絨毛を手渡す。
「いいですね、これがあなたのオ○ンコの毛ですね…」ジッと眺め臭いを嗅いだ。
(そんな事やめてよ)自分の絨毛の臭いを嗅ぐ姿に、顔を上げらず、下を向いたままだ。
社長はその後、パンティの臭いを嗅ぎだした。
「いい臭いがしますね。また買いますよ」やっとしまい込んだ。
「あの~。それを、どうするのですか?」
「オナニーですよ。これを見ながらやるんですよ」笑顔で答える。
(パンティでオナニーするなんて、あなたは変態よ)奈美は代金を貰うと、支払に充てて会社から急
いで出た。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/256-be093f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top