赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

引き裂かれた白衣 第3話 スタジオ  

 中村は繁華街を走り、ビルの前で停まった。
ビルには△△スタジオと書かれた看板がある。
「ここだ、降りてくれ」奈美は車を降りて、中村と一緒にビルの中に入った。
中に入ると直ぐに「お待ちしていました」女性が話し掛けてくる。
「準備はいいかな?」
「はい、準備は出来ております。スタッフも言われた通りに女性だけです」
「そうか、それなら安心だ」中村と奈美は女性の後を歩いていくとドアがある。

  そのドアを開けて中に入ると不良の格好をした女性がいた。
それに、カメラマンらしい女性もおり、奈美は不安に思い「中村さん、もしかして 写真を?」と尋
ねた。
「そうだ、その通りだ。約束通りにヌードを撮るんだ。しかも、乱暴されてな」
「いやよ、そんのイヤ。ヌードなんてイヤ!」
「イヤでもやるんだよ。写真がどうなってもいいのか?」その言葉に顔が震えていく。
「わかったようだな。始めてくれ!」

 中村の合図で、待機していた不良そうな女性が奈美に近寄ってくる。
「来ないで。お願いだから来ないで!」奈美は後ずさりを始めた。
「そうは行かなくてね。ちょっと、軽く付き合って貰うか」奈美を囲み、押さえつけた。
「やめて、いや~!」悲鳴を上げても無駄で、女性達は奈美の着ている服を脱がしていく。
それを、ビデオが撮っており、奈美はあっけなく下着だけにされた。
「やめて、それ以上はやめて!」泣き叫んでも下着が脱がされていく。
「やめて、それはいや~!」パンティが掴まれ下げられ、真っ黒な絨 毛が露わになった。
「あんた、オッパイが小さい割に、下はボウボウだね」絨毛が撫でられる。
奈美は「う、う、う!」屈辱に泣くだけだ。

 「泣かなくていいでしょう。これから気持ちよく、してやるから」露わになった乳房を吸いだした。
それには「あ、あ、あ~!」声を上げ背中を反らす。
「ここにも、やるよ」淫裂が触られていく。
「やめて、レズはイヤです…」叫んでも、指が敏感なクリトリスを捕らえて、撫でていく。
(気持ちいい…。乱暴にされているのに…)目を閉じ太股を震わせている。

 「今度は、これでしようね」バイブを目の前に差しだした。
「イヤ、そんなのイヤ。お願いだからやめて下さい!」
「そうは行かないのよ。あなたを、気持ちよくするのが役目だから」
「バージンです。ですから、バイブではイヤです…」
「そう、バージンなの。だったら、出来ないわね。本物をなめるのならいいわよね?」
「オチンチンをフェラですか?」
「あら、フェラを知っているんだ。それなら話が早いわね」
「いやよ。そんのいやです!」拒んだ瞬間に、奈美の頬が叩かれた。

 それに背中や腰を叩き出し「やめて、いや~!」痛みにうずくまった。
「痛いのがイヤならやるのよ。わかった?」奈美は黙って頷いた。
「やるのよ、あそこに本物があるでしょう」目の前に中村がいる。
(やりたくないけど…)奈美は立ち上がり中村の前に膝を付ける。
「言うのよ。オチンチンをなめさせて下さいと!」
(言えない、そんな恥ずかしいことは)黙り込んだままだ。
「まだわからないのね」3人がかりで叩かれ、それに、乳房を潰された。
「ギャ~。言います、手を、手を退けて…」途切れ、途切れにやっと言った。

 「これからは、素直にやるのよ」髪の毛を掴まれ振り回される。
「やります、言われた通りに…」髪の毛を掴む手を押さえて言う。
「わかったら、始めなさいよ」
「中村さん、お願いですからオチンチンをなめさせて下さい…」言い終わると涙が流れていく。
「奈美は、チンポをそんなになめたいのか?」
「はい、オチンチンが好きですから…」
「それだったいいよ。そのかわり、終わったらオッパイとオ○ンコを触らせてく れ」それには奈美
の顔が引き吊っている。

 暫く沈黙して「わかりました。オッパイと性器をさわってもいいです」蚊のなるような声だ。
「性器じゃわからないわよ。ここはオ○ンコよ」女性が奈美の股間を触った。
「オッパイと、オ○ンコを触ってもいいですから、オチンチンをなめさせて下さい」
「いいよ、奈美が全部やるんだよ」言われた通りに、奈美は中村のズボンを引き下げいく。
ズボンを脱がせ、パンツも脱がして下半身を丸出しにした。
「どうせなら、上も脱がすのよ」
「わかりました」上着、シャツと脱がせて、奈美と同じ全裸にした。

 (これを、なめるなんて…)服を脱がし終えると、また正座して肉竿を掴む。
(暖かい、オチンチンがこんなに暖かいなんて…)肉竿は奈美の全裸に興奮して堅くなっていた。
その肉竿を口に入れ「ウグ、ウグ!」ゆっくり、頭を動かしだし、それをビデオが撮っている。
(撮らないで。こんな、フェラなんての撮らないでよ)そう、思いながら口を動かし続けた。

 「フェラはそれくらいでいいわ。今度は、あなたがオッパイを触られる番よ」
「わかってます…」
「だったら、今すぐやろう」中村は、奈美を置かれていたマットの上に寝かせて、乳房を撫でだした。
中村は奈美の上に被さっているから、淫裂に肉竿が当たっている。
(オチンチンは入れないで下さい…)そう願うが、肉竿は割れ目に入って膣穴に当たっている。
「イヤ。セックスはイヤです!」
「まだ、触っているだけだ。入った訳じゃないぞ」
「でも、膣に当たっています」
「我慢しろ、これくらい」乳房を揉み、ゆっくりと腰を動かしだした。

「それ以上はイヤ、入れないで!」バージンに肉竿が当たった。
「ホントだ、奈美はバージンなんだな。破りたいが、今日は破らないから安心しな」封印を破らない
ように、腰を振り、それをビデオやデジカメも撮っている。
(撮られている、セックスしている所を…)顔を背け中村に抱き付いていく。

 「抱き合うのはそれくらいで、今度はあなた1人のヌードよ」
「一杯撮ったからもういいでしょう?」
「そうは行かないのよ、これで縛って撮るのよ」
「いや、そんのいや!」奈美の手が縛られ、それに乳房も縛られた。
「やめて、痛いからイヤよ!」
「痛いというのはこういう事よ!」縛られた乳房を踏みつけ「ギャ~!」悲鳴が響いた。
「わかったわね、これが痛いというの」奈美は泣いたまま頷いた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/258-9c0c6d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top