赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

引き裂かれた白衣 第4話 過激な下着  


「それならいいわ。今度はヘアの手入れをするからね」
「お願いですから、ヘアはそのままにして下さい」
「そうは行かないの。オ○ンコが見えないでしょう」勝手に奈美の絨毛にハサミを入れた。
「いや、いや~!」抵抗するにも、足を開かされ何も出来ず、ただ叫ぶだけだ。
「安心して。全部はしないから。回りだけを手入れするの」淫裂を取り囲む絨毛がカットされた。

 それが済むと、カミソリが当てられ、短くなった絨毛は根こそぎ消されて、淫裂が剥き出しになっ
ていく。
「これだと変ね。ここも手入れしようね」恥丘に残された絨毛がカットされていく。
団扇のように丸かった絨毛が、細い線になり、縦に短い帯が残された。
「いや、こんなのイヤです!」恥丘に縦に伸びた絨毛を見て声を上げて泣いた。
「ふざけないで。だったら、全部剃るわよ」その言葉に泣きやんだ。
「そこまででいいよ。今度は僕がやるから」
「わかりました、準備します」今度は奈美を俯せにして尻を持ち上げた。

「やめて、何をするのよ」
「アナルよ、アナルでやるのよ」奈美の肛門にワセリンが塗られていく。
「イヤ、お尻はイヤ、そんな変態みたいなのはイヤです!」
「イヤでもやるんだよ。痛くないように俺のチンポにも塗ってくれ」勃起した肉竿にもワセリンが塗
られた。

 「いいか、うまく撮れよ。一度しか撮れないからな」中村は肉竿を掴み、肛門に押し当てる。
「ヒ~。イヤ~!」顔を歪め、悲鳴を上げても肉竿は直腸へと入ってくる。
「い、いれ、ないで…」息が詰まる思いに、声も出せない。
そんな、奈美のことなどお構いなしに、肉竿は根本まで入った。
「行くぞ、これがアナルセックスだ!」ゆっくりピストンを始めた。
奈美は「いや、うっ、うっ…」呻き声しか上げられず(裂ける、お尻が裂ける…)痛みを堪えている。

中村は肉竿の動きを早めて「ピシャ、ピシャ!」股間が尻を叩いていく。
やがて、クライマックスを迎え「でる、でる~!」押し込んだまま動きを停めた。
「いや、出さないで~!」腸の中に、暖かいのを感じた。
中村は「気持ちよかったぞ」放出を終え、肉竿が抜くと異物が着いて汚れている。
その肉竿を、女性が濡れたタオルで綺麗にしていく。
一方、奈美の肛門からは中村が放出した液体が流れ出ている。
だが、奈美は「う、う、う!」お尻を突きだしたまま泣いている。

「もういいわ、これで終わりよ」ビデオ撮りが終了した。
奈美は手を解かれ、尻も綺麗に拭かれたが、股間の絨毛は戻ることなく淫裂剥き出しのままだ。
腕が自由になると、脱がされた服を着込み、同じように中村も着ていく。
2人が服を着ている間にも、女性達は後かたづけをしている。
奈美が(お尻が痛い。オチンチンでされたし…)痛みを堪えて服を着終えと、2人はビルを出て繁華
街に出た。

 「そうだ、お前にプレゼントしないとな」中村は奈美を恋人のように抱きながらランジェリーショ
ップに入った。
店内には所狭しと下着が飾られている。
「過激なやつをくれ!」中村はいきなり店員に言う。
店員は「過激ですか…」いきなり言われ、唖然とした顔になったが「こちらでは、いかがでしょうか?」
ピンクのセットを指さす。

「ピンクか、白はないか、しかも、スケスケのやつ…」
「それでしたら、こちらはいかがで?」うっすら白みを帯びたブラジャーとパンティだ。
しかも、ガーターベルトとストッキングがセットになっている。
「いいね、これをくれ。それから、黒いのも欲しいな」
「かしこまりました、こちらですね?」やはり、黒みを帯びたスケスケのセットだ。
そんな下着に(私は着ないわ。そんな、変態じゃないわよ)奈美は黙って見ている。

 下着を買い込むと、奈美は昼食をご馳走になりアパートまで送られた。
「いいか、今夜の夜勤はどっちかのセットを着るんだ」
「いやよ、そんなの着ないわ」
「だったら、さっきのビデオと、隠し撮りの写真を病院に送っていいのか?」
「それだけは、やめて。着ますから、それだけはやめて下さい」
「誤魔化すなよ。それに、確認するからな」
「確認と、おっしゃると?」
「11時頃行く。そのころなら、お前も暇だろうし」
「お願いですから、来ないでください。服は着ます」泣き声に変わった。
「そうは行くか。お前の下着を撮らないとな」
「そんな、撮るだなんて…」言葉が出ない。
中村は、それだけ言うと車を走らせた。

「イヤだけど、どっちかを着るしかないのね…」袋を抱えて部屋に入った。
部屋にはいると、奈美はシャワーで体を洗い、汚された尻を丁寧に洗っていく。
「あんなのは着たくないのに…」そう思いながらも、白い下着を着ることにした。
奈美は丁寧に体を洗うと、バスタオルを体に巻き付け横になった。
「あの写真どうする気かしら。もしかして私の体を奪う気だわ」天井を見ながら 思い詰めていた。

 そうしている間にも、出勤する時間が迫り、奈美はバスタオルを解き、買ったばかりの下着を取り
だし、真っ先にブラジャーを乳房に押し当てホックを止める。
サイズはピッタリだが透けていて乳首や乳輪が丸見えになっている。
「着ないのと同じだわ」姿見に映る姿に溜息が出ている。
それに、股間の淫裂が剥き出しで、肉襞がはみ出しているのも映っていた。
「ヘアのことを聞かれたら、何と言えばいいのかしら?」不安に思いながらパンティを履いていく。

 パンティもスケスケで、わずかに残された絨毛が見え、それに、無毛の淫裂も見える。
「仕方ない。彼氏の好みにしたとでも、言うしかないわ」中村を彼氏と言うことで逃れるつもりだ。
パンティを履き終えると、ストッキングも履いて、ガーターベルトで留めるが、その姿は風俗で働く
姿そっくりだ。
下着を着込むといつもの通勤服を着て、アパートを出た。

 病院の更衣室に入ると久恵がいた。
「彼氏とエッチしたの?」早速話し掛けてきた。
「してないわよ、エッチだなんて…」奈美は服を脱いでいく。
「奈美、凄いわね。かなりエッチよ…」スケスケの下着に久恵が声を上げた。
その声に、同僚が振り向き「ホントだわ、オッパイが見えている。それにヘアも 手入れしてある!」
「剃ったのよ、彼氏がヘアのない性器が好きだと言ったから…」
「何だ。エッチしたじゃないのよ」
「してないわよ、触っただけよ」
「奈美はいいな。私も早くエッチする人が欲しいわ。そうしたら毎晩やるんだ」同僚は勝手な事を言
って白衣に着替え、奈美も白衣を着込んでいく。
「私もガーターベルトを着けてみるわ。彼氏も驚くだろうな」久恵は奈美の下着を見て言う。
(好きで着たんじゃないのよ、脅されて着ているのよ)黙ったまま白衣姿になった。
白衣を着込むと、奈美は引継を済ませナースセンターで待機した。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/259-f141e307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top