赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

引き裂かれた白衣 第5話 ヌード撮影  

 そして、周りが次第に暗くなり、入院患者も消灯時間で寝静まっている。
病院全体も薄暗くなって11時になった。
「奈美、彼氏が来たわよ」久恵が声を上げた。
「そんな、彼氏だなんて…」久恵には負けたくないから本当のことは言えない。
「少しだけならいいわよ、エッチしてきなさいよ、空き病室もあるし」
「勤務時間よ、そんな事できないわよ」
「遠慮は要らないわ、久恵と私でやるから」良子も言いだした。

「でも…」そう言っている間にも中村が「奈美さん、お話が…」声を掛けてきた。
「行きなさいよ、私が意地悪していると思われるじゃないのよ」2人に無理に追い出された。
ナースセンターを出た奈美は「ここでは何ですから」中村を空き病室へと案内する。
病室に入るなり中村は「確認するぞ、白衣を脱ぐんだ!」そう言ってカメラを構える。
「見るだけで、撮らないで下さい…」奈美は泣き声になっている。
「そうは行かないな。やらないと言うなら、後は知らないぞ」
「わかりました、脱ぎます」奈美は薄暗い病室で白衣を脱ぎだすと、窓明かりで 白みを帯びた下着
が浮き上がっていた。
「いいね、これは絵になるよ」中村は喜んでスイッチを押していく。

 一方、久恵と良子は奈美が気になっていた。
「今頃、始まったはずよ」
「私、見てくるわね」久恵は、そっと抜け出し2人の入った病室へと向かう。
(確か、こっちのはずだけど)話し声がするほうへと歩いていく。
そんな事とは知らない2人は、相変わらず写真を撮っている。
「脱いで、ストッキングだけになって」
「約束よ、誰にも見せないと誓ってね」そう言いながら、役目をしないブラジャーを脱いだ。
それにパンティも脱ぎ、ストッキングだけになって窓のそばに立たされた。
外からの明かりに、奈美の白い裸体が浮かんでいる。
「いいよ、凄くいい!」興奮気味に奈美のヌードを撮りまくった。

 そこに久恵が現れ、そっとドアを開けて覗き込む。
(ヌードを撮っている!)白い裸体が閃光に浮かんでいく。
「綺麗だよ、今度はオ○ンコも撮ろうな」
(いやよ、性器はイヤ!)イヤでも言われた通りにするしかなく、足をベッドに乗せて淫裂を広げた。
(せ、性器まで撮った!)閃光に奈美の淫裂が浮かんだ。
「もういいでしょう、ヌードは?」
「そうだな、これくらいでいいよ。次はこうだぞ」カメラを置いて乳房を吸いだした。
奈美は「あ、あ~!」呻き声を上げ、頭を抱きしめた。
(やっと始まったわ。良子さんに教えないと…)久恵は、そっとナースセンターに戻った。

「凄いわよ、ヌードを撮っていたの」
「ヘア丸出しのヌードなの?」
「勿論よ、性器まで撮っていたわ。それより始まったわよ、見てきたら」
「わかった、見てくるね」良子も、2人に気づかれないように忍び足で歩いていく。
(ここね、ここのはずよ…)そっとドアを開けて覗き込んだ。
「ウグ、ウグ!」奈美は、肉竿を口で擦り、中村も乳房を掴み揉んでいる。
良子は(フェラだわ、オチンチンをフェラしている!)食い入るように見ていた。

中村は次第に登りつめ「う~!」うなり声と共に、奈美の頭を押さえる。
「う~!」首を横に振る奈美だが、咽深く射精された。
「気持ちよかったぞ」奈美の口から肉竿を抜き「動くな、そのままだ」涎のように精液を垂らした姿
も撮られた。
(射精だわ、口に射精した…)口から流れ出た液体をジッと見ている。

 「もういいぞ、服を着ろ」その言葉で下着を着込んでいく。
(戻った方がいいわね)良子が戻ると「ねえ、凄いでしょう?」久恵が聞いた。
「フェラしていたわよ、オチンチンをなめていたの。それに射精もしたのよ」
「イヤだ、汚いことしたてたんだ…」久恵は顔をしかめて言う。
「汚くはないわよ、あれが普通よ。久恵はやったこと無いの?」
「そ、そんなフェラなんてしないわよ。普通にセックスするわよ」
「今度やってみたら。彼氏も喜ぶわよ」
「男は好きなんだ…」
「当然よ。射精されても我慢するのよ」2人が話していると奈美が戻ってきた。
「エッチしたんでしょう?」
「してないわよ、ただお話ししただけです」素っ気なく言って仕事を始め、それ には顔を見合わせ
頷く良子と久恵だ。

 中村は、それから暫く来なくなった。
しかし、奈美のほうは支払が迫っていたから焦っている。
「とにかく、会って話をしないと」返済の猶予を頼もうと中村の元へと向かった。
しかし「困りましたね、奈美さんには300万お貸ししていますからね。利息だけでも 年50万は
超しますよ」いい返事はしない。
「そこを何とかお願いできませんか?」
「無理ですね、どうしてもと言うならアルバイトしてみませんか、あなたの休日でいいですから」

 「アルバイトですか…」
「そうです、秘密は守ります」
「わかりましたお願いします」奈美は何も知らされないまま承知した。
「今度の休みはいつですか?」
「水、木が連休になります」
「そうですか、それでしたら水曜日にお願いします、お迎えに伺いますからね」
「わかりました。お待ちしています」奈美は事務所を出た。

 そして、休暇の日が来て、約束通りに中村が迎えに来た。
奈美がその車に乗り込み入むと走り出す。
「ところで、どこでアルバイトですか?」
「ある、お屋敷のホステスですよ」その言葉通りに高級住宅街が見えてくる。
「いいですか、どんなことがあってもイヤな顔はダメですからね」
「わかっています。気持ちよくやります」
「それなら安心です」車は大きな屋敷に入った。

 車を降り、屋敷に入るとメイドが案内していく。
「ここで着替えよう。服は用意しておいた」中村は箱を渡し、奈美はそれを開けた。
「白衣だわ、でも、スケスケだ…」
「素っ裸になって、それを着るんだ」
「イヤ、そんな事できない。私帰る!」
「帰ってもいいよ。でも、これがどうなるかわかるだろうな?」ポケットから写真を取りだした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/260-9ba88b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top