赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「淫らな離島」 第4話 写真と辱め  

「先生よ、一緒にヌードになろうな」忠夫が麗華の服の上から胸を撫でていく。
「いやよ、やめなさい。やめないなら警察に訴えるわよ」震える声で叫ぶと「訴えるのか、だっ
たらオ○ンコもやらないと損だよな」不良達に上着のボタンが外された。
「ひょー。スゲエ、これが教師か!」
「オッパイが丸出しだ。もしかして、オ○ンコも丸出しかもよ」
「やめて~。見ないで~、お願いよ~!」胸を隠そうとするが、不良達は期待を込めてスカート
を脱がせていく。
「いやー!」叫ぶがスカートが剥ぎ取られた。
(み、見られてしまった…。恥ずかしい姿を…)目を閉じると「見ろよ、教師のくせにこんな下
着だ。記念写真を撮っておけ」「わかってるよ」閃光が瞬いだ。
「撮らないで、こんなの撮らないで!」乳房と股間を晒す姿を撮られまいと叫ぶが閃光が瞬いて
カメラに収められた。
(フルヌードを写真に撮られた…)抵抗する力が急に抜けていく。
「このオッパイがいいよな」麗華の乳房が掴まれ、「ここもいいよな」股間も撫でられる。
(このままだとレイプされてしまう…)考え巡らせるが良い考えが思いつかない。
 その間にも麗華の役目をしない下着が脱がされ、乳房や股間の絨毛を晒し姿がカメラに収めら
れていく。
「レイプはしないで、お願いよ、犯さないで!」怯えて言うと「オ○ンコは嫌いか。だったらお
しゃぶりはできるよな」健次は服を脱いで生まれたままの姿になった。
「そんなの、やったことない!」叫ぶが「やるんだよ。イヤならオ○ンコだ」強制される。
「やればいいのね」生まれて初めて、勃起した肉竿を掴むと(堅い、それに熱い!)血管を浮き
上がらせる健次の肉竿を口の中に入れた。
それには「あ、あっ、あー!」気持良さそうに声を上げる健次を尻目に、麗華は顔を前後に動か
して肉竿を唇で擦っていく。
勿論、その様子もカメラが撮っている。
(イヤよ、撮らないで!)恥ずかしそうに目を閉じたまま顔を動かしていくと健次は麗華のフェ
ラに簡単に登りつめてしまった。
「いく、いく!」頭をしっかり押さえて噴射をした。
「う、うー!」(口の中にネバネバしたのが…)白い液体が涎のように流れ出た。
「スッキリしたよ」健次が萎縮した肉竿を抜くと「おえー!」精液を吐き出す麗華だ。

 「先生よ、今度は俺が相手だ」忠夫も服を脱ぎだし「レイプはしない約束よ」股間と胸を隠し
ながら震えた声で言う。
「わかっているよ。オ○ンコならレイプだけどケツなら犯罪にはならないはずだよ」
「いやよ、お尻なんていや~!」逃れようとしても四つん這いにされ腰を押さえられた。
「入れないで。お願い、入れないで!」叫んでも容赦なく、肛門の入り口に忠夫の肉竿が入って
きた。
「ギャ~!」激痛が全身を襲い、体が震え顔も歪めたままだ。
「兄貴、スゲエな。ケツの中にチンポコが食い込んでいるぜ」
「これが、アナルセックスというやつさ」得意げに肉竿を根本まで押し込んだ。
「ぬ、抜いて、お願いだから抜いて!」
「だったら、オ○ンコしていいかい?」
「いや、セックスだけはいや!」
「いやなら、我慢しな」忠夫は四つん這いから仰向けに体位を変えた。
「イヤ、見ないで。見ないでよ!」麗華も尻で結合したまま、馬乗りにされてしまった。
「いい眺めだぜ。記念に撮らないとな」
「どうせならオ○ンコも一緒に撮れよ」
「イヤよ、やめて!」嫌がる麗華は男達に腕を押さえられたうえに足を広げられた。
(もうお終いだ…。性器やお尻に入った姿まで撮られていく…)閃光が瞬いていく。
それだけでなく、淫裂を指で開かれた恥ずかしい姿を撮られた。
「ほら、顔を向けないと」背ける顔も正面を向かされる。
「お、お願いです。撮らないで、こんなの撮らないで!」泣き出すが「イヤなら、オ○ンコしよ
う。それならこんなに痛くはないはずだ」「いや、セックスはいや!」首を横に振って拒む。
「だったら、我慢しないと」忠夫が腰を動かしていくと「動かさないで!」麗華の太股が浮いた
り沈んだりしていく。
「気持いい、アナルもいいもんだな」忠夫も登りつめようとしている。
「うー!」うなり音と共に忠夫の動きが止まると「イヤー、出さないで!」麗華の直腸に忠夫の
精液が送り込まれてしまった。
(射精された、お尻から射精された…)グッタリする麗華だ。
「気持ちよかったよ。」麗華が忠夫の上から降ろされると、肛門からどろどろした性液が床に垂
れている。
「この姿もいいよな」また閃光が瞬いた。
「今度は俺だ、オ○ンコしような」
「ゆ、許して下さい。セックスだけは許して下さい。」泣きながら詫びを入れる麗華だ。
 
 「そうは行かないよ。俺も抜かないと」手下達も全裸になっていく。
「許して下さい。セックス以外なら何でもしますから」泣きながら叫ぶと「だったら、手でやれ。
オナニーをしながらだぞ」「は、ハイ、やります。」麗華は床に腰を下ろし、立っている手下の
肉竿を掴んで擦っていく。
それに足を開いて、指で自分の淫裂を撫で始めた。
「オッパイも触らせていくれ」別な手下が両乳房を掴み揉んでいく。
(撮らないで、こんな姿撮らないで!)カメラが目に留まり顔を背けると「だめだ、笑顔になっ
てチンポコを擦るんだ」麗華は言われた通り正面を向いて作り笑いをしている。
(こんな写真をどうする気なのよ、もしかして、裏に売るのでは?)考え巡らせていた。
こうして、不良達は麗華の手で次々と精液を噴射させられた。
(よかった、レイプされずに済んだし)ホッとする麗華だがそんなに甘くはなかった。
「先生、もっと撮らせろよ、ついでだし」男達がニヤニヤしている。
「充分撮ったでしょう、後は何が残っているのよ」
「自分でオ○ンコを弄っている写真さ。それが残っているよ」
「できないわ、それはできない!」教師としてのメンツがある。
(私は教師よ、そんないやらしいことできないわよ!)拒むと「だったらオ○ンコだ」忠夫達は
チャックを下げた。
(本気だ、犯されてしまうかも知れない!)「や、やります」慌てて淫裂を触っていく。
「ほら、指を入れて広げて!」
(は、恥ずかしい、こんな姿を撮られるなんて)指を入れて淫裂を広げた。
「おシッコする場所を指で摘んで!」言われるままに開きいた淫裂から覗く尿道を掴んだ。
(恥ずかしい、こんな姿を写真に撮られるなんて…)真っ赤な顔に麗華は尿道を摘んでいた。
「今度はクリトリスだ!」
(どうしてなのよ、こんな事を撮られるなんて…)泣きながら麗華は男達の言われるままだった。
始まってから30分以上たった。
「もう、終わりにしよう」「そうだな、先生、服を着てもいいよ」その言葉を待っていたかのよ
うに急いで役目のしない下着を着込んでからスカート、上着と着ていく。
「先生よ、楽しかったよ。またやろうな」
「いや、もうこんなのイヤよ」服の乱れを直しながら言う。
「そのうち、俺達の言うことは何でも聞くようになるから」忠夫達が校舎からでて行き麗華が残
された。
「とにかく、汚れを拭かないと」床に垂れた精液を掃除用具入れにあった雑巾で拭いていく。
「それにしても舞子さん、どこに行ったのかしら?」掃除しながら考え巡らせていた。 
 
 「あら、掃除なの。悪いわね」やっと舞子が現れた。
「どこに行っていたのよ、1人にさせておいて!」先ほどの事は打ち明けなかった。
「カーテンを買ってきたの。小さな島だからなかなか見つからなかったのよ」舞子は古ぼけたカ
ーテンを外して買い込んだカーテンを掛けた。
「新品がいいわね、古いよりも」新しいカーテンが部屋を明るくしていく。
「これでよしと。麗華さん、いらっしゃい」舞子は麗華を職員室に案内した。
「ここが職員室よ、2人しかいないけど」笑いながら言う舞子だ。
そしてロッカーを開けて書類を出した。
「これが生徒の名簿よ。担任するのは低学年をお願いします」
「わかりました。」渡された書類に目を通していく麗華だ。
「新学期まで後1週間しかないの。覚えておいてね。持ち出しは絶対に許されないから」
「心得ております」
2人は昼過ぎまで書類に目を通していった。
 
 目を通す間にも時間が過ぎていく。
「お腹が空いたわね、いい店あるから行かない?」
「ええ、お供しますよ」書類をロッカーにしまい込んで鍵を掛け2人は校舎からでた。
歩き始めてから5分くらいの所に店らしき建物が見えてきた。
「ここよ」舞子の後を追って中に入ると「あら、先生、いらっしゃい。おや、こちらが新しい先
生ね」「田中麗華と申します」丁寧に挨拶する麗華だ。
「美人の先生ね、何を召し上がります?」
「何がいいのかわからないの、お任せしていいかしら? 」
「わかりました、腕によりをかけて作りますよ」奥に向かっていく主人だ。
やがて、料理が運ばれてきた。「おいしい、本当においしいわ。」2人は残さず食べた。
「私は役場へ行かないといけないの。悪いけど先に帰って」
「はい。わかりました」小さな料理店をでると2人は別れた。
 
 麗華が宿舎に戻ると「あら、お一人なの?」恵子が尋ねる。
「ええ、舞子さんは役場に用事があるそうなので」
「お風呂にはまだ早いし、散歩でもしてきたら」
「ええ。着替えてから散歩してきます」一旦、自分の部屋に戻り服を脱いでいく。
「こんな姿なんかいやよ」急いで役目をしない下着を脱ぎ、生まれたままの姿になっていく。
そして、真新しいパンティ、ブラジャーと着込み、Gパン,Tシャツを着込んでいく。
「これでよしと!」ラフな姿になった麗華は「恵子さん、ちょっと散歩してきます」麗華は宿舎
を出て島を歩いていく。
散歩に出たが、小さな島で一通り見ていくのにはそんなに時間が掛からない。
「砂浜でも歩いてみるか!」大通りから寂れた通りにはいったが建物が少ない。
通りから砂浜が見えてきた。
「綺麗な海ね」麗華が海岸線に向かって歩いていくと「いやー!」叫び声が聞こえた。
「何かしら?」聞き耳を立てると「ひー!」悲鳴がまた聞こえた。
「あそこだわ、間違いない!」古ぼけた建物があり、そこから悲鳴が聞こえた。
麗華はそっと、建物に近寄った。
古ぼけた建物には鍵が掛かっていて中には入れない。
(あそこからなら覗ける)麗華はドラム缶の上に乗って窓から中を覗いた。
 
 (舞子さん、それに陽子さんや不良の忠夫だ)舞子は両手を縛られて天井から吊り下げられて
いる。
「舞子さん、今夜は私と楽しむ番よ」ルミが舞子の衣服を脱がせていく。
「やめて、お願いですから」叫ぶが容赦なくスカートが脱がさ、真っ黒な絨毛に包まれた股間が
見えている。
「オ○ンコがいいわね。このオ○ンコが!」ルミは舞子の淫裂を撫でてから指を入れていく。
「ぬ、抜いて下さい、そんなことやめて下さい」
「だめよ、もっと楽しまないと」陽子も加わり上着のボタンを外していく。
「ルミさん、舞子はあなたの物だけど、麗華は私が戴くわ、バージンもね」
「いいわよ、陽子さん!」ボタンが外されて舞子の胸が露になってしまった。
「や、やめて下さい。」露になった胸を陽子が触っていく。
「見えないよ、どうせなら素っ裸でやってくれよ」
「そんなに見たいの?」
「見たいよ、どうせなら素っ裸が見たいし」
「わかった。あなた達で降ろして!」舞子の吊りされられたロープが解かれた。
そして、着ている衣服が全て脱がされていく。
「いや、いやー!」全裸にされた舞子は再び吊り下げられた。
「いい眺めだわ。私も脱ぐわよ」
「早く見せて、ルミさんの素っ裸を!」忠夫達が 見守る中でルミは着ている白衣を脱いだ。
「素っ裸だったのか!」ルミの乳房と股間が露になっている。
「見るだけよ。触っちゃだめだから!」ルミは惜しげもなく全裸を見せている。
「ルミ、これを付けて!」
「先生、ありがとう」
(何なのよ、オチンチンみたいのを付けて!)ルミは陽子から渡された樹脂製のバイブを股間に
取り付けた。
「ルミさん、いやらしいよ。俺のオチンチンがまだましだ」
「これでいいの。これは女性同士が楽しむ道具なんだから」ベルトでしっかり固定しワセリンを
塗っていく。
「行くわよ、舞子さん!」
「いや。やめて、そんなのやめて!」
 
 ルミが背後に回ってレズ用のバイブを舞子の淫裂にゆっくり入れていくと「ヒー!」悲鳴をあ
げて体を反らせている。
「ルミさん、オッパイだけ触らせて、我慢できないよ」忠夫達はズボンを下げて肉竿を露にして
いく。
「抜きたいの、忠夫。だったらいいわよ、触るのはオッパイだけだからね」
「ありがとうございます」忠夫が真っ先にルミの背後から乳房を揉んでいく。
「気持いいわ、男もたまにはいいわね」
「そんなにいいのなら、健次、私のオッパイを触ってみて!」
「陽子さん、ありがとう」陽子も白衣を脱いだが、下着を着けてはいなかった。
真っ黒な絨毛に覆われた股間が露になっている。
「綺麗だ、陽子さん!」両手で陽子の乳房を揉んでいく健次だ。
「吸ってもいい?」
「いいわよ。吸っても!」健次が乳首を吸うと「あ、あ、あー!」喘ぎ声をあげていく陽子だ。
(変態よ、これは変態のすることだわ)ルミと陽子にされた辱めを思い出した麗華だ。
その間にルミは腰をゆっくり動かしていく。
「いや、いや。やめて~!」叫び声がむなしく響いている。
「忠夫、乳首を摘んで!」
「いいんですね、痛くても」言われたとおりに忠夫は乳首を摘んだ。
「ヒー!」体を反らせながら腰を振っていく。
「気持いいの、ルミさん?」
「少し痛いけど感じるの」忠夫は指先に力を入れた。
「あ、あー!」喘ぎ声を上げならルミが体を反らすと股間のバイブが淫裂深く突き刺さっていく。
「いやー!」膣の奥までバイブが入って悲鳴をあげる舞子だ。
「すげえ、出したくなった」手下達は興奮したのか必死に肉竿を擦っていく。
「私も気持いいわよ」乳房を健次に揉ませている陽子も淫裂から蜜が流れている。
「欲しいよ、陽子さん!」
「だめ、もっと大人になったらオ○ンコして上げるから手でがまんしなさい」陽子は健次の肉竿
を擦っていく。
「で、でちゃうよ陽子さん」
「出しなさい、タップリとね」健次が堪えきれず噴射した。
「俺も我慢できないよ」手下達も次々と爆発してく。
(こんなの見たくもないわ)そっとドラム缶から降りて宿舎に戻っていくが、舞子はその後もル
ミによって辱めを受けていた。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/27-b18acd48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top