赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

引き裂かれた白衣 第17話 アルバイト  

 それから2週間が経ち、中村も無事退院した。
奈美の同僚達は残念そうな顔で見送るが(良かったわ、もう人前でセックスはしなくていいし)1人
笑顔の奈美だ。
だが、退院した中村は何やら考えていた。
「金も掛かったしな、奈美と久恵で稼いでもらわないと…」何やら思案している。

 そして、考えがまとまったのか電話を掛けた。
「こういう訳でしてね…」連絡を取り、中村は久恵と会っていた。
「そろそろ、お返しして貰わないとね」
「それはわかっていますが…」久恵に300万など返せるはずがない。
「困りましたね、いくら奈美の友達でもこっちは商売ですから」
「……」久恵は下を向いたまま終始無言だ。

 「こうしましょう。私の友人がアルバイトを欲しがっていますから、夜勤明けにでも、やってみま
せんか?」
「アルバイトですか?」
「はい。ちょっと痛いですがね」
「どんな仕事ですか?」
「縛られるアルバイトですよ。それに、写真も撮られますが」
「まさか、マゾのモデルでは?」
「その通りです。お金になりますよ」
「イヤです。そんな変態の真似事はしたくありません!」

 キッパリ断る久恵に中村は切り札を出した。
「そうですか、仕方ありませんね。でしたら、約束通りにあのビデオを売らせて貰います」
「待って。それだけはやめて下さい」遂に泣きだした。
「私だってあのビデオを売りたくはないですよ」久恵の胸を撫でていく。
「誰にも、知られませんよね?」
「勿論です。わからないようにしますよ。化粧を濃くして、髪型を変えればわかりません」胸を撫で
ていた手がボタンを外していく。

 「今日は、セックスしたくありません…」
「久恵がしたくなくても、俺はやりたいよ。わざわざ来たんだし」ボタンを外し脱 がせていく。
「許して、お願いですから」目を閉じた。
「ダメです。こんな大きいのを見たら治まらないよ」ブラジャーを外して乳房を吸いだすと「あ、あ
~!」急所を責められ声を上げた。

 中村は更にスカートも脱がして全裸にすると短い絨毛が淫裂を囲んでいる。
「ここを剃られるけど、我慢しろよ」淫裂を撫でていく。
「ヘアは剃られたくありません…」
「我慢しろ。剃られると金が貰えるんだ。それに、直ぐに生える」中村は服を脱いで覆い被さった。
「ゆっくり、まだ早いです…」いきなりの肉竿に、淫裂が反応していない。
「お願い、ゆっくり…」中村に乳房を掴まれながら、ピストンされた。

 そして翌日の夜勤明けに久恵は中村と一緒に、とある建物に入った。
中には男性が20人程いる。
「着替えて下さい」コスチュームが渡され、それを受け取り着替えを始める。
「やりたくない…。こんなアルバイトは…」鏡を見ながら下着を脱いで全裸になった。
「ここも、剃られるんだわ」股間を見ながら、渡された下着を着込み、用意されたコスチュームを着
込むと戻った。
「いいね、まるで本物の看護婦じゃないか。やり甲斐があるな」笑顔で取り囲んでいく。
「皆さんの準備はいいようです。早速始めましょう」その言葉を合図に、一斉に久恵に襲いかかり、
それをカメラで撮っていく。

 「イヤ、やめて、イヤ~!」着ていた白衣のボタンが吹っ飛び、引き裂かれていく。
「やめて、お願いです!」いくら叫んでも手の動きは停まらず、白衣は引き裂かれて、白い下着姿に
された。
「それはイヤです!」脱がされまいとするが、パンティも引き裂かれて、太股にまとわりついている。
勿論、絨毛が剥き出しになっている。
「いや、いや~!」泣き叫ぶが、男達はブラジャーも引き裂いて乳房も露わにした。
「でかいね、これはやり甲斐があるよ」露わになった乳房を掴まれた。

 「始めよう。まずは、オッパイからだ!」細いロープで乳房が根本から縛られていく。
「ギャー!」悲鳴を上げても、やめようとはせず、乳房が変色していく。
それでも、両手も縛られ、吊り下げられた。
「撮らないで、お願いです!」足も開かせられ、淫裂も撮られていく。
「ここは俺にやらせてくれ」
「だったら、バイブは俺だぞ」分担が決められ、絨毛にカミソリが当てられた。
「剃らないで、ヘアはイヤ!」
「イヤでもやるよ。これが楽しみでね」短い絨毛が消えていく。
久恵は「う、う、う!」悔しさに、声を上げて泣いている。

 「いいね、この泣くのがいいよ」カミソリは休むことなく動き回り、股間の絨毛が全て消された。
「ほう、まだピンクじゃないか!」肉襞が掴まれ広げられた。
「許して、お願いですから許して…」大粒の涙が流れている。
「泣いたってダメだ。今度は俺がいい気持ちにしてやるぞ」バイブを見せる。
「イヤ、そんなの入れないで、いや~!」首を振って拒むが、体の自由が効かないから、何も出来ず
「あ、あ~!」バイブが淫裂に押し込まれた。
(撮られている。こんな、変態な事をしているのを…)声を上げて泣き続けた。

 久恵はバイブで淫裂を辱められると、肛門にワセリンが塗られ肉竿が押し込まれる。
「イヤ、お尻はイヤ!」叫んでも肉竿が動いていく。
「抜いて、お願いだから抜いて~!」悲鳴を上げるが、肉竿は動きをやめず、腸内で放出された。
「いいね、アナルもいいよ」満足そうに汚れた肉竿を拭いて、しまい込む。
「後はこれでやるぞ」三角形の角材が運ばれ、その上に跨いで乗せられた。
「ヒ~、裂ける、膣が裂ける~!」淫裂に尖った部分が食い込んでいく。
「いいね、ここにもやるよ」変色した乳首にもクリップが付けられると「ギャ~!」悲鳴と共に、淫
裂から小水が噴き出した。
「撮れ、滅多見られないから撮れ!」
「イヤ、見ないで~!」止めようにも停まらない。
放出が済むまで「う、う、う!」大声で泣き出している。

 その後はムチで打たれ、2時間程で解かれた。
自由が戻った久恵は、泣きながら肛門を拭いて服を着ていく。
「いや、もういやよ!」鏡を見ながら、自分に言い聞かせていた。
だが、「久恵、評判が良かったぞ。またやって欲しいそうだ」中村は5万を手渡し「残りは借金の利
息で取ったからな」久恵は、それを黙って受け取り、建家から出た。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/272-24c7eec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top