赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

引き裂かれた白衣 第18話 新人募集  

 だが、中村はこれだけでは満足できなかった。
日勤が終わった奈美にも、キャバレーでのアルバイトを命じていた。
「イヤ、こんなのイヤです!」声を上げて泣く奈美だが「ビデオがどうなっても いいんだな、それ
に写真も…」決まり文句を並べられては従うしかない。
言われた通りに着ている服を次々と脱ぎ、パンティ、ブラジャーも脱いで、生まれたままになった。

 「まずは、これを着けろ」黒いブラジャーだが、隠すカップがなく、乳房を下から持ち上げるだけ
の代物だ。
(イヤ、こんなの付けるならヌードの方がマシよ…)Bカップの乳房ががCカップに見える。
その後、スカートを履くが、付け根までしか丈がない。
「見えます、性器が丸見えです…」泣きながら言うと「それでいいんだ。男を喜ばすには、オ○ンコ
と、これを見せればいいんだ」持ち上げられた乳房を撫でていく。

 「でも、こんな姿を見られたら生きていけません…」
「安心しろ、厚化粧すればわからない。それに、これもあるし」金髪のカツラがある。
奈美は言われた通りに、化粧を厚くしてカツラを被った。
「ほら、わからないぞ」後ろから乳房を掴む。
「痛いです、そんな乱暴にされると…」顔が歪んでいる。
「そうか、痛いか。これならどうだ?」淫裂を触わり、割れ目に沿って指を動かす。
「いいか、オ○ンコされる訳じゃないんだ。触られても我慢しろ、その分チップが貰えるから」乳首
も吸った。
(知らない人には触られたくないのに…)中村の頭を抱きしめていく。

 そして、奈美は店に出たが「いらっしゃいませ…」足がガクガク震えている。
「寒いのか、こんなに震えて」震える奈美を抱きしめ乳房を触る。
「お客さん、この子初めてなんです。だから許して下さいね」
「そうか、初めてか。ここも初めて見せてるのか?」無毛の淫裂も触られる。
「は、はい。そこも初めてです…」恥ずかしくて、まとも顔を見られない。
「そうか、初めてか…」満足そうな顔をしながら、指を膣に入れた。

 「いや!」すかさず、その手を押さえた。
客は機嫌悪い顔になったが「慣れてませんから許して下さいね」ママが割って入る。
「そうだよ、初めてだしな。ここはいいだろう?」乳房を掴み吸いだした。
「あっ!」呻き声を上げると「あら、オッパイは敏感みたいね。声まで上げて」笑うママだ。
「そのようだね。もっと、させて貰うからな」別な乳首も吸われた。
「あ、あ~!」急所の乳首責めで、声を上げると客は満足そうに吸っていく。
奈美はその後も別な客の相手をさせられ11時に店を出た。

 奈美と久恵がアルバイトをしている間にも、中村は別なことを考えていた。
「サラ金だけじゃダメなんだよな。いずれ大手に食われてしまうし…」新しい事業を考えている。
「絶対に損せず儲ける仕事がいいな、儲けは少なくてもいいから損しない仕事を…」と考えていた。

 それから1ヶ月が過ぎ、アルバイトで2人が300万稼ぎ出した。
「そうか、人材派遣もいいかもな」思い付いたのか、電話を掛けまくっていく。
「そうだ、借金がいっぱいあるやつだ。女だけでいい。それに仕事は…」次々と話していく。
その翌日から、中村はリストに上がった女性にパンフレットを送りつけた。
その効果があったのか、早速1人の女性が現れた。
「これを見てきましたが…」パンフレット片手に話していく。
その女性とは中村が直々に話し合い、女性は島岡百合と名乗った。

 「百合さん、いくら欲しいですか?」
「400万です。それで、全てチャラになります」
「大金ですね、返す当てはありますか?」それには首を振った。
「前の仕事は何でしたか?」
「看護婦をしていました。でも、借金を知れて首になりました」泣き声に変わった。

 「いい方法が一つあります。私が保証人になりますから、もう一度、看護婦として働いてみません
か?」その言葉に笑顔になっていく。
「本当にいいんですか?」
「勿論です、新しい事業として人材派遣をやろうと思っていまして」
「やらせて下さい、取り立てから逃れらるならやります!」
「それでしたらお貸ししましょう。それから担保ですが…」
「私には担保がありません」
「あります、立派な体が!」
「売春はイヤですよ」
「そんな事はしません、ヌードを撮ります。逃げられたら困りますからね」
「逃げません、絶対逃げませんから信じて下さい」
「皆さん、そうおっしゃって、夜逃げしますよ。担保を取らないとお貸しできませんね」

 ヌードと聞いて百合は黙り込んだ。
だが「脱ぎます、ですから是非お金を…」裸を決意した。
「わかりました。ここにサインして下さい。金利は法定規則の7%です」
「そんなに安いんですか?」
「はい、高額の場合は安いんですよ」
「知らなかった。騙されていた…」安心したのか、サインしていく。

 サインを確認すると事務員に振り込ませ「これから直ぐ撮りますけどいいですよね?」と聞く。
「はい、構いません…」
「それでしたら行きましょう」百合は中村と一緒に奈美を犯したスタジオに向かう。
「ヘアは邪魔ですから、剃りますからね」
「そんな事したら、性器が見えてしまいます」
「そうです、ですから担保なんですよ」
「でも、誰かに見られたら困ります」
「それは保証しますよ。私しか見られないようにしてありますから」そう説得していく。

 百合も金を振り込んで貰った負い目があるから言われた通りに中村の前で脱いでいく。
「いいですね、このオッパイが…」お椀型の小さな乳房を掴んで揉んでいく。
「だめ、そんのだめ!」
「いいでしょう、お小遣いも上げ上げますから」なお揉んでいく。
「い、いくらですか?」
「オッパイだけなら1万、あそこを触らせたら2万です」
「触るだけですよ、約束して下さいね」
「勿論です、後は私が手伝います」百合のパンティを引き下げると真っ黒な絨毛が生い茂っている。

  「ここは必要ないですからね」絨毛を撫でてから淫裂を触ると、百合は恥ずかしいのか、太股が
震えたままだ。
(思った通りだ、このオ○ンコでまた稼げるぞ)指が膣に入った。
「指はダメ、触るだけです!」さすがに、拒む。
「わかりました、ここまでにします。早速、行きましょう」百合は胸と股間を手で隠して、スタッフ
が待つスタジオに入った。

 百合はスタッフの多さに顔を強ばらせている。
「行きますよ、はい、ここに立って!」百合の全裸が撮られていく。
数枚撮ってから「ヘアを剃りますからね」黙ったまま頷くと、スタッフは絨毛をカットして、カミソ
リで剃っていく。
その姿も撮られて、百合は項垂れたままだが、目が真っ赤に染まっている。
「はい、終わりました」淫裂が剥き出しにされ、肉襞が飛び出している。
「ここに座って下さい」Mの字開脚させられるが、百合は作り笑顔をして淫裂を晒している。
(それでいい。百合もオ○ンコをタップリ撮って貰うんだ。俺も撮ってやるけどな)泣きそうな顔を
しながら、写真に収まる百合を見つめている。  
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/273-79dfe536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top