赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「囚われの女子アナ」第11話 転身  

 美樹がドラマの主演を承知すると直ぐに撮影が始まった。
「美樹君、素っ裸だよ。オ○ンコはボカシを入れるから安心してくれ。それからヘアは要らないから
ね」監督から言われた。
「はい、本番です。3,2,1,キュー!」カメラが回り出すと、その前で美樹は服を脱ぎだした。
(どうして、こんな事になったのよ…)過去を思い出しながら服を脱ぎ、下着も脱いで全裸を晒し、
その全裸をカメラが捉えて乳房や尻、股間とアップで撮っていく。

 「はい、次はセックスシーンです」スタッフの言葉に、俳優が現れたが、全裸で肉竿がそそり立っ
ている。
「いいですか、本物のようにやって下さいね」監督の注意に(まさか、本気でセックスをする気では?)
俳優の顔色に、美樹は不安を感じた。
「本番です、キュー!」始まると、俳優が美樹の乳房を撫でながら、淫裂に肉竿を押し込んできた。
(イヤ、入れないで。ポルノじゃないのよ…)体を反らせ、逃れようとするが肉竿は執拗に膣の中に
入り込んできた。
(やめて、お願いです!)俳優の顔を見ながら、唇を押しつけ演技をしていく。

 やがて、肉竿がゆっくりと動きだした。
「あ、あ、あ~」それには、美樹も声を上げ、監督やスタッフもジッと結合部を見つめている。
(見られているのよ。やめて!)そう思っても、肉竿の動きが早まって「あ、あ、あ~」美樹は演技
ではなく、本気で体を反らせ、淫汁を流し出した。
俳優もそれに答え、乳房を撫でながらクライマックスを迎えて噴射した。
(ダメ、出さないで。見られたら恥ずかしい…)そう思いながら、俳優を抱きしめ余韻に浸っている
と「カット、ご苦労様でした」その声に、俳優が起きあがった。

 当然、美樹の淫裂から液体が流れているのがスタッフに見える。
「中出しだ。本番したあげく中出しだよ」その声に、慌てて手で覆うが、指の隙間から白い液体が流
れ出していた。
「道理で迫力あると思ったよ。次は入浴ですからね」スタッフは美樹の淫裂を見ながら準備を始めて
いく。
(見られてしまった…。射精された性器を…)強ばった顔で、次の準備をしていく美樹だ。

 こうして、撮影が済むと、宣伝用の会見が行われた。
美樹はインタビューを受け、理由を聞かれると「私の色気を見ていただきたくて…」そう説明して服
を脱いだ。
服の下には、小さな布のビキニを着ており、その姿を一斉にカメラが撮っていく。
「こっちを、お願いします!」振り返った途端に、乳房が布から飛び出した。
「オッパイが出てますよ!」
「イヤ~!」わざと声を上げ、乳房を仕舞い込むが、乳房を出した姿も撮られていた。

 翌日のスポーツ新聞には「女子アナ、女優に転身!」という見出しで、乳房を出した美樹の写真が
載っていた。
それを見た美樹は「これが目当てで、あんな会見させたのね…」新聞を握りしめながら、泣いた。

 
 一方「見て、載っているわよ」上機嫌で話す男女がいた。
「本当だ。これであいつも終わりだな」
「そうよ。これからは、私の出番だわ」
「だったら、もう1回やらせてくれよ」女性の乳房を揉みながら、淫裂に肉竿を押し込んでいく。
「いいわよ。その変わり、一杯出してね」

 「オ○ンコに出されると、気持ちいいのか?」
「そうなの。膣の中が、とろけそうで気持ちいいの…」
「わかった。それなら、一杯出すよ」そう言って、肉竿のピストンを始めた。
「浅野さん、気持ちいい…。もっと奥までして…」足を開き深い結合を求め「紀子、俺も気持ちいい
よ。これからもやらせてもらうよ」満足そうに腰を振っている。
すると「あ、あ、あ~」と紀子は声を上げ続けた。
紀子は美樹の後釜に決まっていたが、それは紀子の策略だった。

 
 それから数週間後、美樹の主演ドラマが放送された。
美樹の乳房や尻が画面一杯に映し出され、迫力あるセックスシーンに視聴者も驚き、視聴率もいい結
果がでた。
それには、テレビ局の幹部も満足し、別な番組にも出演させる計画を立てている。
当然、美樹は断る訳にも行かず、出演契約を結んでしまった。

 美樹が嫌々スタジオ入りすると「美樹さん、素っ裸の上にこれを着て下さい」とスタッフに言われ、
渡された袋を開けると下着しか入っていない。
その下着に「そんな、胸を出したままだなんて!」声を上げた。
「そうです。美樹さんのオッパイで売りますから」スタッフはハッキリ言う。
「そんな、胸を出したままだなんて、イヤよ」
「イヤでもやって貰うよ。やらないと言うなら、取締役に訴えるけど…」
「やります。ですから言わないで」渋々、更衣室に入って着替えた。

 
 そして、再びスタジオに現れた美樹は黒い下着を身に着けている。
ブラジャーはカップがくり抜かれ、乳房が飛び出し、パンティはTフロントで、ストッキングとガー
ターベルトを付けていた。
「いいね、最高だよ」スタッフは揺れ動く乳房に股間を膨らませながら見つめている。
(イヤよ。こんな、娼婦みたいな姿でテレビに映るなんて…)泣き出しそうな顔で、胸を押さえたま
まだった。

 収録が始まると、美樹は乳房を露わにし、カメラの立った。
「皆さんこんばんわ。噂の田中美樹です。今夜から殿方に活力を与える番組として…」台本通りに喋
っていく。
「はい、結構です。次はヌードトークです。相手の前で、全部脱いで下さい」
それには「そんな、性器が写ったらどうするのよ!」顔を引き吊らせて言う。

 すると「生ではありませんから、修正が効きますよ」あっさりと、スタッフが答える。
「はい、カメラさん、回して下さい」と収録が始めると、美樹は相手の前で、ブラジャーやパンティ
と脱いで、淫裂と乳房を露わにした。
ゲストも美樹の乳房と淫裂を見て「いいね。綺麗な体だよ…」満足そうに見つめている。
(これ以上、性器を見られる訳にはいかない…)脱ぎ終えると、美紀は収録が終わるまで、両手を淫
裂から離さなかった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/302-47464e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top