赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「淫らな離島」 第8話 乱交  

 「舞子、あなたは毎晩こうやっているでしょう?」ルミが舞子の乳房を掴み揉んでいく。
「してません。そんなことしてません!」
「嘘を付くとこうよ」陽子も加わわり、指で舞子の淫裂を広げていく。
「いや、そこはいや。やめて、お願いです!」舞子は2人に乳房と淫裂を辱められていく。
「忠夫、これを天井から吊して!」和室の梁にロープを掛けさせ、舞子の両手を縛った紐に結ん
で引かせた。
「いや、いやー!」舞子が浮いていく。
「いい眺めよ」尻を撫でていく陽子に「陽子先生、したいんじゃなかった?」ルミが言う。
「そうね、今度は麗華の番ね」陽子の目が光った。
「いやよ、そんなのいや!」麗華は怯えて後ずさりしていくと「そうは行かないの!」ルミと陽
子が襲いかかった。
「やめて、お願いよ!」麗華の叫び声が上がっても容赦はしない。
「ほら、オッパイの丸出しよ」スリップが剥ぎ取られていく。
「オ○ンコも丸出しよ」「見ないで、お願いよ!」麗華は生まれたままに姿にされた。
「ここには、こうよ!」豊満な乳房が紐で縛られていく。
「いや、こんなこと変態のする事よ。やめて下さい!」泣き叫ぶ麗華の頬を陽子が打った。
「変態とは何よ、素っ裸で走る方が変態よ」両手首も縛っていく。
(違うわ、あれは無理にやらされたのよ、自分からしたんじゃないのに)泣き出す麗華だ。
「忠夫引いて!」麗華も両手を縛られて吊された。
 
 「麗華、変態呼ばわりしたバツを受けてよ」陽子はパンティの上にレズ用のペニスバンドを取
り付けた。
「そんなのいや、許して。お願いだから入れないで!」
「あら、これが何だかわかっていたんだ。あなたも変態ね」ペニスにワセリンを塗ってから「痛
くないようにしてやるから」麗華に唇を重ねてからペニスを淫裂に押し込んでいく。
「入れないで、お願いですから入れないで!」叫ぶがペニスの根本まで入った。
それには「陽子、オッパイをいいだろう?」健も興奮している。
「ルミと済んでからよ。それまで待って、武さん」腰を振っていく陽子だ。
「麗香さん、オッパイにもしようね」ルミも背後から乳房を掴み揉んでいく。
「舞子さんが1人寂しそうだね。どれ、私も挨拶しないと」村長と村役員達は服を脱ぎだした。
「いや、レイプはいやです!」叫ぶ舞子だが「レイプじゃないよ。舞子さんがオ○ンコしてくれ
と頼んだからさ」
「頼んでないわ、頼んでない!」顔を震わせ叫んだ。
「これでも頼まないのか?」舞子の全裸写真をちらつかせる村長だ。
「卑怯です、こんな手を使うなんて卑怯よ」泣き出してしまった。
「泣くのは後だ。オ○ンコして欲しいんだな?」
「はい、舞子とオ○ンコして下さい…」泣きながら小さな声で言う。
「レイプじゃないよな」
「は、はい。舞子はオ○ンコが好きな淫乱教師ですからオ○ンコして下さい…」流れ出た涙が頬
まで垂れていく。
「そうだろう、そうだろう。オ○ンコが好きな女教師だよ、舞子は」村長は服を脱ぎ終えると舞
子の背後から抱きついた。
「ひー!」いきなりの挿入に顔を歪め悲鳴をあげた。
「痛いのか。陽子さん、あれ貸してくれないかな」
「いいわ、使って」村長はワセリンを肉竿に塗ってから再び挿入した。
「ほら、痛くないだろう」肉竿がゆっくり動いていく。
「オッパイも揉んで欲しいだろう?」
「はい、オッパイも揉んで下さい…」泣きながら言うしかなかった。
 
 「陽子先生、そろそろしたいわ」麗華を辱めているルミが言うと「そうね、ルミと楽しむ番よ
ね」陽子はルミを抱きしめた。
「先生、私もこれでして欲しい!」
「いいわよ、だったらパンティを脱がないと」ルミはパンティを脱いで股間を露にした。
「私が上でしたいの、先生!」
「こうね」陽子が仰向けになった。
「先生。」そそり立つペニスを掴み淫裂に導いていく。
「入ったわ、根本までも!」ルミはゆっくり体を動かし「先生!」喘いでいる。
「ルミ、早くやろうよ」忠夫は我慢できずルミのブラジャーを外し、乳房を揉んでいく。
「まって、すぐ終わるから」気持ちよさそうな顔だ。
「陽子、俺もお前が欲しいよ!」武も堪えきれずブラジャーを外した。
「すぐ終わるから待って!」しかし、容赦なく乳房が掴まれた。
「やりたいよ」武と忠夫も生まれたままの姿になって肉竿を突き立てていた。
「待って、待ってよ!」馬乗りになったルミが忠夫によって押し倒された。
「そんな乱暴する忠夫は嫌いよ」乳房を乱暴に掴まれ肉竿で胎内を突かれていく。
同様に陽子もパンティを脱がされて武の肉竿を淫裂に迎えていた。
「乱暴は嫌い、優しくして、武さん…」乳房を吸われ虚ろな顔になっている陽子だ。
 
 「俺も麗華と楽しむか!」孝史も両手を縛られた麗華の背後から抱きつきいていく。
「入れないで、もう入れないで!」しかし、淫裂は陽子のペニスで緩んでいるからすんなりと肉
竿が吸い込まれていく。
「麗華、出すからな」
「だめ、お願いだからお腹に出さないで!」いくら薬を飲んでいるからと言っても膣奥に射精さ
れるのは屈辱だから拒んだ。
だが、孝史が乳房を掴み、腰を振りだすと「あ、あ、あー!」喘ぎ声をあげていく。
同様に舞子とルミ、陽子も喘ぎ声をあげだし、淫裂深く精液を送り込まれた。
4人の淫裂からは白い液体が流れ出てきた。
「いいね、俺達にもやらせてくれよ」手の空いた役員達が4人を取り囲んだ。
「いや、いやよ。忠夫以外絶対しないからね」「私も武さん以外とは絶対にしないからね」喘ぎ
ながら答えるルミと陽子だが「陽子、わがままはだめだよ。掟を知っているだろう?」武が言っ
た。
「知ってるけどいや、武さんだけとしかしたくない!」泣き出す陽子だ。
「私もいや、忠夫としかしないから」キッパリ拒む2人だ。
「そうは行かないよ、やらせろ」
「い、いやー!」叫ぶがルミと陽子に役員が襲いかかった。
「いや、いやー!」悲鳴をあげていく2人が押さえられた。
「入れないで、いやよ、入れないで!」叫ぶ陽子の淫裂に役員の肉竿が入り込んでいく。
「う、う、うー!」泣き声を上げても乳房を掴まれ肉竿のピストンを受けている。
ルミも同様に乳房を吸われながら肉竿で突かれていく。
「ゆるして、お願いだから許して!」泣き叫ぶ陽子とルミだ。
「俺は新任の先生と楽しむぞ!」
「いや、いやー!」麗華も役員によって淫裂を突かれていく。
(れ、レイプよ、間違いなくレイプよ。)顔を歪め「あ、あ、あー!」声をあげていった。
 
 4人は代わる代わる役員の肉竿で突かれた。
「もう許して、もうだめ!」4人の淫裂は噴射された精液でベトベトだ。
「よし、これで最後だ!」ピッチが上がり最後の噴射が終わった。
麗華と舞子を縛った紐も解かれた。
「いや、こんのいやよ」仰向けになっている麗華に「我慢しな、これが掟なんだから」孝史が再
び麗華の体を求めていく。
同様にルミと陽子も忠夫と武に抱かれている。
「これでもう安心だ。僕の物だよ、麗華は」「いや、孝史さんなんか嫌いよ」泣きながら叫ぶ麗
華の乳房が揉まれていく。
「いつまで続くかな、先生の強がりは」満足しきった役員達は服を着ていく。
「舞子。後妻の決心は付いたか?」村長は舞子を抱いていく。
「いや、後妻なんていやよ。バカにしないで!」泣き叫ぶ舞子だ。
「先生の2人はまだまだだな。ルミと陽子は褒美として夏祭りを免除しましょうよ」
「そうですね、村長の言うとおりだ。2人は免除しましょう。その代わり妊娠が条件ですが」
「ルミに陽子。聞いたか、妊娠すれば夏祭りは免除してやるぞ。早く作れよ」
「あ、ありがとうございます。裸みこしだけにはなりたくなかったから」笑顔になる2人だ。
「村長さん、2人の新居も作らないといけませんね」
「ああ、予算はもらってあるよ。そうだ、忠夫、お前も働け、ルミさんを養わないといけなし」
「そうだぞ、いつまでも不良をやってないで働け」
「わかったよ。働くよ」渋々返事をする忠夫だった。
 
 歓迎会が終わって後片づけを孝史達がしていく。
舞子と麗華はスリップを着込んでいくが淫裂からは白い液体が流れている。
「麗華、薬を飲んでいるか?」孝史が聞くと「飲んでます」項垂れて返事をする。
「ルミと陽子はもう薬を飲むなよ」村長が言うと「わかってます。夏祭りまでには必ず妊娠しま
すから」答える。
「いい心がけだ、これで6年後の新入生の増えるな」村長は笑顔だ。
後片づけが終わると役員達が出ていき、麗華と舞子だけが残された。
「舞子さん、村長の後妻になるのですか?」
「いや、絶対にいや。後妻なんていやよ。村長は50よ、私は27なんだから」年の差を気にし
ている。
「とにかく、帰りましょう」2人は小学校から宿舎に戻っていくと「見ろよ、2人のオ○ンコか
ら白いのが流れているぞ」精液が太股まで流れ出ていた。
(性器を見られている!)赤い顔で歩いていくと「先生、オ○ンコ気持よかったかい?」すれ違
う島民は淫裂から流れ出た精液に声を掛けていく。
(気持いい分けないわよ、レイプ同然だったんだから)2人は黙って歩いていく。
寄宿舎に戻ると恵子が待っていて「2人とも性器から出している!」淫裂から流れ出た精液に驚
いている。
「仕方が無かったのよ。こうするしか…」泣き顔の舞子と麗華に「とにかくお風呂で洗ってらっ
しゃい。妊娠は心配ないの?」
「薬を飲んでます」
「そう、それならいいわね」ホッとする恵子だ。
麗華と舞子は2人で風呂に入り膣の中を洗って、浴室から出てくると孝史がカバンを持って訪れ
た。
「先生、明日からはこれを着て下さい。これで授業ですから」
それは娼婦と同じストッキングとガーターベルトが入っていた。
「パンツとブラはいりませんよ。毎日チェックしますからね」
「そんな!」ストッキングとガーターベルト姿を想像して体が震え始めた。
「それから、明日の夜は麗香さんが主役ですからお願いしますよ」
「それって人前で素っ裸を晒すことなの?」口がピクピク動いている。
「そうです。踊るんですよ、大通りでね」
「できない。そんなのできない!」拒むと「イヤならいいです。でも今までの写真がどうなるか
保証しませんよ」脅しに出る孝史だ。
「わかったわよ。やればいいのね」答えが決まっていた。
「踊りは健次が明日学校で指導します」そう言い残して孝史が帰った。
「麗香さんも恥ずかしい思いをするのね、早く孝史さんの子を身ごもった方がいいわよ」
「いや、あんな卑劣なことをする人なんか嫌いよ、絶対に産まないから」キッパリ拒む麗華だ。
 
 翌朝、2人はいつものように登校の準備をしていた。
「こんな姿なんて!」真っ黒なストッキングを同じ色のガーターベルトで吊っていく。
パンティとブラジャーは許されないので乳房と絨毛が丸だしになっていた。
「もうすぐ生理が来るのに」不安を抱え麗華はツーピースを着込んでいった。
「痛いわ、乳首が擦れていく!」ブラウスに乳首が擦られていく。
ツーピースを着込むと麗華はダイニングへ向かって「舞子さん、おはよう」声を掛ける。
「おはよう、麗華さん」2人は挨拶をして食事を済ませると宿舎を出た。
「舞子さん、乳首が痛いの」
「私もよ、擦れて痛いの」2人は宿舎から学校へと歩いていくと「田中先生、今夜踊るんだって
な。俺達も見にいくからよ」
(来なくてもいいわよ、そんなの見なくてもいいのに!)俯いて歩いていく2人だ。
校舎には生徒がもう生徒達が登校していた。
「先生、おはようございます」「おはよう」麗華達も丁寧に挨拶している。
麗華は低学年を受け持ったいたので授業は午前中で終わりで、村で用意した給食を食べ終わって
くつろいでいた。
そこに「麗華先生、飯くったかい?」健次達が窓から顔を出して声を掛けた。
「食べたわよ」
「だったら、体育館に行こうよ、急がないと覚えきれないよ」
「わかってるわよ」渋々麗華は舞子に断りを入れて体育館に向かっていく。
「さっそくだが服を脱いで」
「ヌードなの?」
「ああ、下着のチェックをしろと言われてるんだ」
「わかったわ。脱ぐわよ」ツーピースのボタンを外していく。
(恥ずかしいわ、見られるなんて!)上着を脱ぐと、うっすらブラウスから乳房が透けている。
(どうしてこんな事になったのよ)泣きたい気持でブラウスを脱いだ。
 
 「綺麗だな。大きさもいいな、麗香さんのオッパイは!」
(勝手な事言わないで)乳房を揺らせながらスカートも脱いだ。
「いいね、ヘア丸出しのストッキング姿も」
「健次、これで踊ったら面白いぞ」
「そうだな。素っ裸よりも面白いぞ。そうするか」麗華はバレエシューズを履かされた。
「いいか、基本はこうだ」健次は振り付けをしていく。
一通り練習させられてから音楽に合わせて踊らされた。
「いいね、オッパイが揺れて」
「それにオ○ンコが見えていいよな」
「健次、やってもいいのかな?」
「オ○ンコはだめだよ。口かお尻でならいいって中井さんが言ってた」
「仕方ないか、オ○ンコは舞子先生とするか」
会話は麗華にも聞こえている。
(セックスはしないわよ、あなた達とは…)乳房を揺らせて踊っている麗華だ。
 
 3時になると高学年も帰り、舞子も体育館に呼び出され服を脱がされていく。
「舞子先生とはオ○ンコはやってもいいそうだからやらせてもらうね」
「許して、セックスはしたくないの」
「嫌がらないで、やらせてよ」舞子は四つん這いにされた。
「いや、やめて、お願いよ!」ストッキングストガーターベルト姿が生々しい。
「ヒー!」悲鳴をあげて体を震わせている。
(舞子さん、きつそう。四つん這いなんて!)麗華はそれを横目に音楽に合わせて踊っている。
練習は夕方まで行われた。
「許して、もういや!」舞子は若い男達の精液を胎内に受けていた。
「これが最後だから」舞子は泣きながらも乳房を揺らせていた。
「麗香さん、だいぶ様になってきたよ。今夜は楽しみにしているからね」健次は息を弾ませてい
る麗華の乳房を揉んでいく。
「許して、乳首が痛いの、お願いだから触らないで」
「だったら口でしてよ。少しでいいから」
「わかったわ。でも、出しちゃいやよ」
「わかってるよ。」麗華は健二達の肉竿を次々と口に含んでいった。  
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/31-48504117
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top