FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「逮捕しちゃう!」第2話 罠の処女喪失

第2話 罠の処女喪失 

 翌日、2人がいつものように勤務していると「どう、一緒に飲まない?」同僚の男性から声を掛けられた。
「悪いけど、先客があるのよ。この次ね」
「残念だな、せっかくの週末なのに」残念そうな顔になっていく。

 「幹子、また行くのね」
「当然よ。克子はどうするの?」
「勿論行くわよ。今回は割り勘よ。特別サービスはあるかな?」
「さあ、それはないと思うけど、神田さんと一緒なら良いわ」
「私も、小野さんと一緒なら良いし」勤務明けが待ち遠しい2人だ。

 そして、勤務が開けると、2人は寮に一旦戻って着替えている。
「私、エッチなのを着るわよ」幹子はパンティ、ブラジャーも脱いで全裸になった。
「それなら、私だってエッチよ」克子も負けじと脱いで全裸になっていく。
「これがいいわ」幹子はレースのパンティを履いていく。

 レースだから股間の絨毛がうっすら見え「大胆ね、それなら私だって」克子も少し、青みがかったレースのパンティを履いたが、絨毛が見えている。
「こっちは、これよ」乳房にもお揃いのブラジャーを被せてホックを留める。
カップもレースだから、ピンクの乳首が見えており、それがすむと、いつもと違って、ス-ツを着込んで寮から出た。 

 2人は繁華街を歩くが、とても婦警とは見えず、お嬢さんに間違えられてもおかしくない。
「これを見たら、驚くわよ」
「そうよね。今夜、迫られたらどうしようかな?」
「ダメよ。セックスはダメよ」
「わかっているわよ。セックスは、結婚が条件だしね」
「そうよ、忘れないでね」
「克子もね」
「はい、はい。そうします」笑いながら、2人は神田と小野の居る店に入った。

 店はそんなに混んでおらず、神田が気付いたのか「今日は特別綺麗ですね、今夜は放しませんよ」2人を見るなり、言い出す。
「そうして欲しいけど、時間の制限もあるし…」
「そんな遠路は要りませんよ。追加はサービスしますから」
「本当にいいの?」
「この前のお礼です。免停と思えば、安いもんですよ」そう言うと、肩に手を乗せ抱きしめていく。
「それなら、遠慮なく楽しむわ」幹子と克子は寄りかかり、唇を求めると神田と小野も拒まず、唇を重ねてた。

 2人は、心おきなく、楽しんでいたが、時間の経過と共に、酔いが回ってきた。
「克子、もうそろそろ、帰ろう」幹子が言うと「もう一杯だけ、付き合って下さい」神田が水割りを注文した。
「もう、飲めないわよ。フラフラだし」
「これが、最後ですから」小野が2人に手渡すとそれを飲み込み、克子と幹子は飲み干した。
「大丈夫ですか?」確かに2人の足がフラフラだ。
「お送りしますよ、大事なお客さんだし」
「ありがとう」2人は神田と小野に抱えられ、店から出た。

 店を出た2人は、神田の運転する車に乗せられたが、すでに意識はなくグッスリ寝ている。
「かなり、効いたみたいだな」
「まあね。とにかく、急いでやっちゃおう」
「わかっている。これでも、急いでいるんだよ」深夜の道路を走ってマンションの前で停まった。
「素っ裸にされるとも知らずに、いい気なもんだ」
「そうだよな。オ○ンコされたのを知ったら、どんな顔になるかな」神田と小野は、2人を抱えながらマンションの中に入った。 

 幹子と克子はマンションに連れ込まれると、ベッドに寝かされた。
「どっちにする。俺は、こっちが好みだが…」
「それなら、俺はこっちで良いよ。両方、上玉だしな」
「そう言う事だ、まずは記念のヌードと行くか」神田は幹子が気に入っているのか、服に手を掛けた。

 「凄いや、スケスケだぞ!」ボタンが外されると胸が開き、レースのブラジャーから乳首が覗いている。
「これはいい。絶対、撮っておかないと!」見ている小野も興奮気味にスイッチを押していく。
神田は、ボタンを外すと上着やシャツを脱がせ、上半身をブラジャーだけし、スカートのホックを外して引き下げた。
「マン毛が見える!」やはり、レースのパンティだから、絨毛がうっすら透けて見える。
「面白い事になったぞ。お巡りが、スケスケを着ているとはな」小野はスイッチを押しまくった。

 「さてと、これからが本題だな」神田はパンティを掴んで引き下げた。
「いいね、この生え具合がいいよ」黒々した絨毛を撫で、淫裂を広げると、ピンクの膣が覗いている。
「処女かも知れないな…」
「だったら、面白いな。とにかく、素っ裸にしないと」ブラジャーが外され、幹子は生まれたままの姿を2人に晒している。 

 全裸にされた幹子は、小野によって撮られていく。
「写真は、これ位でいいだろう?」我慢できないのか、神田が脱ぎだした。
「わかった。やってもいいよ」小野もカメラを置いて、露わになった乳房を揉んでいく。
「いいね、これは絶品だ。これなら、毎晩やりたいよ」満足そうに乳房を揉んでいる。
「これからが楽しみだな。まずは、俺が洗礼を浴びせるか」服を脱ぎ終えた神田は、幹子に覆い被さり、淫裂に肉竿を押し込むと「うっ!」意識のないはずだが、呻くような
声をあげた。
それでも、ピストンを繰り返しながら、奥を目指していくと「う~!」呻き声を上げ、顔を歪めた。

 それと同時に、淫裂からは鮮血が流れている。
「処女だよ、処女だった!」興奮気味に、腰の動きを速め、登りきったのか、動きを停めて噴射した。
「気持ちいい。最高だよ…」放出を済ますと肉竿を抜いたが、鮮血で汚れている。
同じように、淫裂からも精液と鮮血が流れている。 

 それを、小野が数枚撮ると「交代だ、俺はこっちを頂くから」カメラを渡すと、克子の服を脱がせていく。
「見ろよ。こいつもスケスケだぞ」克子も、うっすら色を帯びてはいるが、乳房が透けて見える。
「面白いや。これからが楽しみだな」小野は、次々と服を脱がし、克子が下着姿にされると、今度は神田が撮りだした。

 「もういいぞ、早く素っ裸にしろ!」克子のパンティが下げられ、黒い絨毛が露わになった。
「いいね。こいつも処女かも…」満足そうに、足首から抜いて下半身を剥き出しにした。
その後、ブラジャーも脱がされ、全裸をカメラに収められていく。
「撮るのは、これくらでいいや。オ○ンコやってもいいぞ!」

 それを待っていたのか、小野が克子に覆い被さり淫裂に肉竿を押し込んだ。
「うっ!」やはり、意識はないはずだが、顔が歪んで呻き声を上げた。
それでも、肉竿がピストンしていくと「処女だよ!」小野は肉竿の感触で声をあげた。
それと同時に、鮮血が流れ出て「こいつも、処女だったとはな…」小野は満足そうにピストンを繰り返しながら、登りきって放出した。 

 放出が済むと、克子も淫裂を数枚撮られていく。
「さてと、これからだな。まずは、こいつらを抱かせないと」無意識の2人を抱き合わせていく。
「これを、オ○ンコに入れて撮るか…」レズ用のディルドーを2人の淫裂に押し込んだ。
「それなら、2人がやってるように撮れるよ」カメラのスイッチが押された。
「今度は、こういう風にして…」2人が抱き合っているように撮り続けた。

 写真取りが終わると、神田と小野はシャワーで体を洗い、肉竿に付いている鮮血を洗い流していく。
「しかし、バージンとは驚きだ。あんな上物とやれるなんて、夢みたいだ」
「婦警だから、ガードが堅いのさ。これからは、俺が女にしてやるぞ」勝手な事を言いながら、体を洗い終えると服を着込み、終えると「こいつら、目が覚めたら驚くだろう
な」また、ディルドーを押し込み、抱きあわせていく。
「玩具で、喪失したと知ったら、きっと泣くぞ」
「泣くのを見られないのは、残念だな」2人は幹子と克子をそのままにして出て行った。


 それから数時間が過ぎ、窓から朝日が差し込んでいる。
「痛い…」幹子に覆い被さっている克子が先に目を覚ました。
目を覚ますなり、淫裂から出血しているのを見て「そんな~!」驚きの声を上げ、顔が真っ青になった。
「幹子、起きて。起きるのよ!」体を揺すると「う~!」呻くような声を上げながら目覚めた。
「幹子、性器を見るのよ」言われるまま見つめると、ディルドーが入り込み、鮮血で汚れている。
「嘘よ、こんなの嘘よ!」声をあげて泣き出した。

 2人は暫く泣いていたが「洗おうよ、とにかく洗わないと」部屋の中を見渡すと、浴室が目に留まった。
2人は急いで飛び込むと淫裂を洗い出す。
シャワーは、固まった鮮血を解かしながら、赤くなって流れて行くが「う、う、う!」泣き声は停まらなかった。

 それでも、2人は丁寧に洗い終え、服を着込んで元の通りになると冷静さが戻っている。
「ここは、どこかしら?」
「それに、どうしてここにいるのよ…」2人は疑問を感じながら、マンションから出て寮へ戻った。
この日は、日曜だから勤務はなく、帰ると直ぐにベッドに横になった。
「確か、あそこで飲んでいたのは、覚えているけど…」幹子も克子も思い出せない。 
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/317-d48ea659

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん