FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「逮捕しちゃう!」第3話 嘘の約束

第3話 嘘の約束

 そして、夕方、2人は寮を出て、ホストクラブに向かった。
「今回は、遊びじゃないからね」
「わかっている。事実調査だし」お互いに確認してから店に入ると「お嬢様、お待ちしておりました」神田が出迎えた。

 「神田さん、昨日の事で…」
「それでしたら、こちらでお話しましょう」2人をこの前の個室に案内していく。
「ここなら、安心できますし」神田は幹子の隣に座って抱きしめたが「今日はその気にならないの。それより、聞きたい事があって…」言いにくそうにしていると、小野が水
割りを運んできた。

 「丁度いいわ。2人に聞きたいけど、昨日ここからどうやって帰ったか、教えて欲しいの」
「昨日は、私達がお送りしましたよ。勿論、途中までですけど…」
「途中迄ですか?」
「はい。面白い事を見せると言うものですから、私のマンションにお連れしました」
「それで、面白い事って、どんな事だったの?」
「いきなり、ヌードになられましてね。とても綺麗なヌードでした。思い出しただけでもゾクゾクします」神田は幹子の乳房を撫でだした。

 「そ、それだけだったの?」
「いいえ。お2人で、ベッドに上がり…」そこで言葉を止めた。
「ベッドで、何をしたのか、教えて欲しいの」
「言いにくい事ですが、このような事をなさってました…」小野はそれだけ言うと、克子のスカートの中に手を入れ、パンティの上から淫裂を撫で出した。

 「嘘でしょう。そんな、レズをしただなんて!」
「間違いありません、指もこのように…」パンティの横から手を入れて、直に淫裂を触り出す。 
「本当に、そんな事を、私達がしていたの?」
「間違いありません。この目で見ましたから」神田も幹子の淫裂を触り出す。

 「そのほか、何かしなかった?」
「しましたよ。レズ用のあれを性器に入れて…」
「あれって、玩具の事ですか?」
「はい、お客様用に用意してあったのを見つけると、それを取って、ここに…」指が膣の中に入った。
「その話って、本当なの?」
「こんな写真もありますよ。撮ってくれと、せがまれまして」淫裂に、ディルドーが入った写真を見せた。

 「嘘よ。こんな事、した覚はないわ…」2人は泣き顔になってしまった。
「でも、この通りです。よく見て下さい」確かに、淫裂に食い込み、鮮血で汚れている。
「これでも、信用できませんか?」神田の問いには黙ったままだ。
「とにかく、この通りでした。ところで、このお礼は、何時して貰えますか?」
「お礼って、何の事ですか?」

 「最後まで見ていたから、ヌードを撮らせる約束ですよ」
「嘘よ、そんな約束した覚えはないわ!」
「そんな事言われたら困りますよ。こっちだって、準備というのがありますから。約束を守らないなら、これで裁判でも起こしますよ」写真をちらつかす。
2人が泣き出すと「何も泣かなくていいですよ。ヌードの事は誰にも言いませんから」唇を重ねながら抱いていく。

 「暫く、考えさせて貰えませんか?」
「そうは行きません。明日は店が休みで、都合がいいですし…」神田は勝手に決めてしまい、幹子と克子は、反論する事すらできなかった。
「そうと決まれば、楽しんで下さい」2人を抱きしめ、触り出すが(ヌードを撮られるなんて…)項垂れた
ままだった。
2人は、暫く飲んでから帰ったが「うまく行ったな。こんなにうまく行くとは思わなかったよ」
「ホントだよ、今度はじっくり、素っ裸が見られるしな。それにオ○ンコも出来るかも」神田と小野は笑顔になっていた。 

 翌日、2人は勤務していても憂鬱だった。
「克子、どうする?」
「どうするもないわよ、あんな写真が知られたら、警官は首よ」
「それは、わかってる。でも、ヌードになるなんて…」
「やるしかないと思うの。喪失の写真よりも、ヌードの方が言い訳しやすいし」
「そうよね。玩具で喪失したなんて、笑いもんだし」2人はヌードを撮る事にした。

 やがて、5時になり、勤務を終えて城西署から出ると、神田と小野が待っていた。
「お待ちしてました。行きましょう」4人は神田の運転する車に乗ってあのマンションへと向かうが、
幹子と克子は強ばった顔をしている。

 車は10分ほど走り、マンションの前で停まった。
「着きましたよ」神田が降りると、小野も降り、その後を追って、2人も降りて部屋に入った。
「いいですか。誰も来られないように鍵を掛けます」わざわざ説明してから、鍵を掛けた。
「準備しますから、あなた方も準備して下さい」神田はタオルを2人に渡すと浴室を指さす。
「わかりました…」項垂れて、言う通りにしていく。 

 浴室に入ると、2人は服を脱ぎだした。
「恥ずかしいけど、やらないと…」2人は次々と脱いで下着姿になった。
「まさか、性器は撮らないわよね?」
「そう思う。その時は、やめようよ」
「そうよね。性器だけは撮られないようにしないと」パンティ、ブラジャーと脱いで全裸になり、タオルを巻き付けたが、幅が狭いから、乳房を隠すと絨毛が出てしまう。
「これじゃ、隠せないわ。こうしないと…」タオルを縦に使って、乳房と股間を手で押さえる。
「これなら、いいわね」タオルで体を隠すと浴室から出た。

 その姿に「いいですね、その姿も」神田と小野は満足そうに「まずはここに立って下さい」2人を並んで立たせた。
そして、幹子のタオルを脱がそうとするが「恥ずかしい…。やっぱりできません…」取られまいと、強くタオルを抑えた。
「約束しましたよね。そっちがその気なら、こっちも考えますが…」神田の言葉に、タオルを抑えた力が弱まった。

 「そうです、それでいいんです。悪いようにはしませんから」腕を抑えてタオルを剥がされると、自然と両手が股間に伸びて、絨毛を隠す。
「あなたも、脱がないと」克子のタオルも剥がされ、2人は全裸を晒している。
「そんな怖い顔をしないで」神田は注意しながら、両手を後に組ませ、それを小野が撮っていく。
(ヌードを撮られた…。しかも、ヘアヌードを…)顔を強ばらせ、目を真っ赤にしている。
「次は、2人でこうして」抱きあうようにさせられ、カメラに収められていく。 

 こうして、次々とポーズを作らされカメラに収まっていくが「ここらで一息入れましょう」カメラが降ろされる。
(これで、終わったんだ…)2人は両手で胸と股間を隠したが「幹子さん、今度は楽しみの時間ですよ」神田は服を脱ぎだした。
「イヤ、セックスはイヤ。ヌードだけのはずです!」
「そのつもりでしたが、息子が言う事を聞かなくて」股間がふくれており、同じように小野も脱ぎだした。
「やめて。お願いだから、セックスはしないで!」2人は抱き合ったまま、うずくまった。
「それは、そうしたいのですが、何分、この通りでして」ズボンも脱ぐと、肉竿が反り返っている。
(イヤよ、あんなのを入れられたら、膣が裂けちゃう…)膨らみきった肉竿に、2人は震えている。 
 神田と小野は怯える2人に抱きつた。
「来ないで。イヤ~!」神田は叫ぶ幹子を押し倒して、唇を重ねたが(オチンチンが、お腹にある…)暖かい感触が伝わってくる。
「幹子さん、痛い思いはさせません。これでもプロですから」そう言うと、ゆっくり乳房を撫で、耳たぶを軽く噛んだ。
「ダメ、そんな事されたら…」暖かい息が耳の中に入り、快感を感じた。
(気持ちいい、オッパイを触られると気持ちいい…)自然と幹子も神田を抱きしめていく。

 神田はその後、体を下げて、淫裂を舌でなめだした。
「ダメ、汚いからダメ!」頭を押さえても、舌と指がクリトリスの包皮を捲り上げてなめて「あ、あ、あ~!」幹子は腰を浮かせて、声をあげだした。
(いいわ、凄くいい…。こんなに、気持ちいいなんて…)処女を喪失したばかりだが、膣の中は濡れて潤っている。
「幹子さん、入れますよ」
「イヤ、怖いからイヤ!」
「大丈夫です。優しくやりますから」抱きしめ、淫裂に肉竿を押し込んでいく。
(入った。オチンチンが膣に入った…)濡れているから痛みは感じず、暖かい肉竿を感じている。

 同じように、克子も小野に淫裂を愛撫されてから、肉竿を押し込まれた。
「いいわ、凄くいい。これがセックスなんだ…」
「そうです。これが、大人のセックスです」
肉竿をゆっくりピストンしていくと「ヌチャ、ヌチャ!」と湿った音が鳴り、淫汁も流れ出ていく。
(恥ずかしい。お汁が流れていく…)克子は顔を上気させながら、小野を抱きしめ、深い結合を催促していく。
それに答えて、小野もピストンを大きくし、膣奥をまで深く突き出しだすと「あ、あ、あ~!」克子は背中を浮かせ、声を上げ出した。 

 やがて、2人とも「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげて淫汁を流し出し、神田と小野も登りきろうとしている。
「出そうです。オ○ンコに出していいでしょうか?」
「ダメ、出来たら困る…」
「それでしたら、口でして貰えませんか?」
「いいわ、口でする」雑誌で見ていたから大体の事はわかっている。
「私も口でするから、お腹には出さないで」

 「わかりました、そうします」登りきった肉竿が抜かれ、代わりに口に押し込まれた。
「ウグ、ウグ!」不自由な姿勢で頭を動かしていくと、喉奥に異様な液体が漂いだした。
(精液だわ。これが精液なんだ…)初めての事に戸惑いながらも「ゴクン!」と飲み干した。
それがすむと「痛くはなかったでしょう?」また抱きつき、乳房を吸い出す。
「痛くはなかった。セックスって、痛いと聞いていたけど、そんなじゃないんだ…」
「相手次第ですよ。お互いがその気になれば痛くはないし、反対に、その気がないと痛いだけです」

 こうして、神田と、小野は乳房を揉みながら2回登りきった。
それがすむと、服を着ていくが「そうそう、明日はこれを着て貰えませんか。下着は無しで、直に着てください」ストッキングとガーターベルトが渡された。
「下着を着るなって、どういう事なの?」
「撮りたいんですよ。制服を着たまま、オッパイと、ここを出した写真を」淫裂を撫でながら言うと「イヤよ、そんな事できない!」当然拒んだ。

 「やって貰わないと困るんですよ。その変わり、気持ちいい事してあげます」
「でも、制服を着てはイヤなの。脱いでならいいけど…」
「ダメです。制服姿がいいんです」どうしても聞き入れられず、2人は渋々承知してマンションから出て行った。
残った小野と神田は直ぐにプリントを始め「いいぞ、これは使えるな」「これもいいよ、ヘアがバッチリ出し」満足そうに克子と幹子のヘアヌードを見つめていた。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/318-cc2033bf

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん