FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「逮捕しちゃう!」第4話 避妊治療 

第4話 避妊治療 

 翌朝、幹子と克子は悩んでいたが、ブラジャーを脱ぎだした。
「どうせ、隠れるし」肩紐を外して、上半身が露わになると、パンティも脱いで全裸になった。
「後は、これを履くだけね」黒いストッキングを履いて、腰にガーターベルトを巻き付け留めた。
「イヤらしいわ。これでは、アダルトモデルみたい」鏡に写った姿は、風俗嬢そっくりだ。
「どうせ、見えないし」ワイシャツを着込み、スカートも履くといつもの通勤姿になって、寮から勤務する城西署へと向かった。

 2人はパンティを履いてないから、空いている時間を狙って更衣室に入った。
「大丈夫よ、急がないと」2人は急いで着替えて、制服を着込んでいく。
2人が、スカートを履いた時に「おはよう!」同僚が入ってきた。
「おはよう!」2人も挨拶を交わすが(間に合って良かった…)内心冷や冷やだ。

 制服に着替えると、いつものように仕事を始め、午後からは街のパトロールに出かける。
「克子、制服を撮ると言ってたけど、これじゃ無理よね」
「そうよ。その方が、こっちは都合がいいし…」
「でも、エッチができないわ。あんなセックスなら、いつでもいいのにな」
「ダメよ、そんな考えじゃ。セックスは、結婚してからやらないと」
「わかっているわよ。言ってみただけ」2人が、昨夜の事を話していると「プルプルプル!」携帯が鳴った。

 「誰かしら。この電話を知ってるはずはないのに…」疑問に思いながら「もしもし、陣内ですが…」
電話に出ると「え、これからですか…。わかりました、直ぐ行きます…」
電話を切ると「公園よ。公園に来てくれだって!」
「誰が、来てくれと言ってるの?」
「神田さんよ。写真を撮りたいって!」
「まさか、公園でヌードを撮る気では…」2人は顔を見合わせたが「行くしかないわね」ミニパトカーを走らせた。 

 公園は町はずれにあり、平日と言う事で、駐車場に停まっている車はなく、直ぐにわかった。
「待っていましたよ。直ぐに終わりますから」神田と小野は2人を木立の中に連れ込む。
「ここなら、誰にも見えません。全部は大変ですから、ボタンを外して、オッパイからです」
「どうしても、撮るんですか?」
「約束したはずですよ」
「わかりました…」2人は制服のボタンを外し、ワイシャツのボタンも外すと、胸が開いていく。

 「いいですか、両手で広げて下さい」2人は両手で制服を広げると、乳房の真ん中をネクタイが通り、膨らみをわけている。
「もっと広げて!」肩から脱げる位に広げさせられ、写真に収まっていく。
「次は、スカートを脱いでください」
(これを脱いだら、またヘアが…)顔を強ばらせながらも、スカートを足下まで引き下げると、太股までのストッキングとガーターベルト姿になった。
「いいですね。広げてください」また上着を広げ、乳房と絨毛を露わにした姿が撮られていく。

 「もう、いいでしょう。見られたら困るし…」
「そうですね。写真はこれくらいにします」カメラを仕舞うとズボンを引き下げた。 
「まさか、ここでセックスを…」
「その通りです、行きますよ」
「イヤ、こんなのイヤです!」イヤがっても、背中から抱かれて、肉竿が押し込まれた。

 「ダメ、今日は痛いからイヤ!」
「我慢して下さい。時間がないですから」立ったままのピストンが始まると「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げて、樹木を両手を押さえ、どうにか立っている。
「お願い。今日はこれくらいにして…」昨日と違い、前戯無しの挿入だから、膣は濡れておらず、痛みしか感じない。

 それでも、2人は腰を押さえて、ピストンしていくと、次第に膣の中が濡れだした。
「今は、痛くないだろう?」
「でも、見られたら困りますから、やめて下さい…」
「もうすぐだ。もうすぐ終わるから」その言葉通り、神田は絶頂を迎え、膣奥に噴射してしまった。
「イヤよ。そんなのイヤ!」幹子は泣き顔になり、同じように「そんな~!」克子も悲鳴を上げると、2人の淫裂からは白い液体がこぼれている。

 「悪いね、出しちゃって」2人はズボンを直していくが「どうするのよ。責任取ってよ!」泣きながら淫裂を拭いている。
「心配しなくていい。これから、いいとこを紹介するよ。それより、服を直さないと」神田はパンティを渡した。
それを受け取ると、急いで足を通し、スカートも直した。
「これで、一安心だわ」ワイシャツのボタンも掛け、制服も直すと、元の婦警姿に戻っていく。

 「とにかく、これから行こうよ」
「待って、制服ではいけないわ。それに…」プライドがあるからと言いたかった。
「それなら、終わってからでいいよ。僕だって、まだ子供は欲しくないし」
「だったら、お腹に出さないでよ。痛いだけだったのに…」
「そう言うな。とにかく、病院だけ教えるよ」2人はミニパトカーに乗り、神田の後を走っていくと繁華街に戻り、駅前に来た。
「ここだそうよ」「わかったわ」合図を送ると、2人は城西署に向かう。

 「克子、子供ができたらどうしよう?」
「責任取って貰うしかないわよ。それにしても、痛かった。昨日はあんなに、気持ちよかったのに…」
「そうよね。何だか、無理矢理やられた感じがする」
「レイプも、あんな感じかしら。きっと痛いだろうな」2人は話しながら城西署に戻った。

 そして、5時に勤務が開けると病院へと向かう。
「見て、2人がいるわよ」病院の玄関には2人がいた。
「待っていたよ。これから見て貰おう」
「いいわよ、1人で行くから」
「それはダメだよ。診察時間は終わっているんだよ」
「それじゃ、できちゃう…」
「だから、一緒に行こうと言ってるんだ」仕方なしに、2人は後を付いて診察室に入った。

 「姉さん、悪いけど頼むね」神田が声を掛けると女医が現れた。
「あら、綺麗な人じゃないの。これだったら友和が夢中になるのはわかるわ。で、どっちなの?」
「2人なんだ。2人にやっちゃって!」
「欲張りね、これからは1人にしなさい。とにかく脱いで」
「ここで、ですか?」
「そうよ、ここで。あんた達は出ていくの!」女医は神田と小野を閉め出した。

 「これなら、いいでしょう?」2人がいなくなると、幹子と克子はスカートを脱ぎだした。
「いいわね、それ。無理もないわ、2人とやるなんて」ガーターベルト姿が気に入った
のか見ている。
(恥ずかしいわよ。そんなに見ないでよ)顔を赤らめながらパンティも脱いで股間を露わにした。
「ここに、横になって」言われるまま、横になると足が開かれる。

 「綺麗ね、あまりやってないのね。これだと、妊娠は低いけど万が一があるし…」小さな声で言うと、膣の中に洗浄液を送り込む。
「う!」冷たい感触に呻き声を上げたが堪えた。
「はい、交代して」今度は克子が横になっていく。
「あなたも綺麗ね。これからは気を付けるのよ」そう言いながら膣を洗浄した。

 それが済むと「今度の休みは暇でしょう?」声を掛けた。
「暇というわけではありませんが…」
「だったら、来るのよ。友和を迎えに行かせるから」半ば強引に決めてしまった。
「はい、もういいわよ。それから薬を出しておくから、薬局で買うのよ」女医はそう言って、処方箋を渡す。

 「わかりました。そうします」2人はパンティ、スカートを履くと診察室から出たが「姉貴から言われたろう?」見抜いたのか、神田が話しかけてくる。
「ええ。日曜日に、こいだって!」
「やっぱりな。それじゃ、俺が迎えに行くよ」神田は、そう言って病院から出て行き、2人は薬局で薬を求めた。

 「これは、毎日飲んでください。それから、これは…」避妊薬の説明を始めたが(そんな事いいから、早くしてよ…)恥ずかしさに、下を向いたまま話を聞いて、代金を払うと走るように寮に戻った。
「まずは、これよね」受精卵を流す薬を飲み込んだ。
「後は、これを毎日か…」
「イヤよね。そんなに、セックスする訳じゃないのに」
 
 「でも、万が一があるかし。それにしても、今日みたいに、痛いのはごめんだわ」
「私だってイヤよ。それより、久しぶりにやろうか?」
「いいわね。昼間の口直しね」2人は唇を重ね合い、横になっていく。
「これは、要らないわ」服を脱がせ合い、乳房を露わにして、吸い合った。 

 そして日曜日になった。
「見て、車が来てる!」窓から見ると、道路に車が停まっていた。
「行くしかないわよね」
「そうよ、行きましょう」寮から出ていくと、神田が「乗ってくれ!」ドアを開け、乗り込むと、走り出した。

 車は繁華街を走り抜け、郊外の閑静な住宅地に向かっている。
「どこまで行くのよ」
「あそこだよ。青い屋根の家だよ」確かに、正面に家が見える。
「立派な家ね」
「姉さんは、僕と違って稼ぐから」平然と言いながら駐車場に停めた。
「着いたよ」ドアから降りて、玄関に向かうが、これから起こる事など知るよしもなかった。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/319-75b7f16f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

アクセスランキング

アクセスランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん