赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は右側にある「カテゴリー」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「淫らな離島」 第9話 全裸の踊り  

 麗華と舞子は辱めを受けた後、衣服を着込んでいく。
「 また犯されたわ。後妻になるしかないのかしら」項垂れる舞子だ。
「私も妻になるまで恥ずかしい思いをさせられるのね」
「そうなのよ、ここではそうなの」麗華と舞子は服を着込むと宿舎に戻った。
そして夜の10時になった。
麗華はストッキングとガーターベルト姿で部屋からそっと出ていく。
(誰にも見られませんように!)忍び足で歩いていくと「麗香さん!」全裸姿が恵子に見られ
てしまった。
「今夜、遅くなるかも知れません」乳房と股間を晒したままうっすら涙をにじませた。
「お風呂、わかせておくから汚れを落として寝た方がいいわ」恵子は何も言えなかった。
「ありがとう、恵子さん」礼を言って玄関でバレエシューズを履き外に出た。
玄関を出ると島民が麗華の現れるのを待っていた。
「撮らないで、お願いですから!」泣きそうな顔で言う麗華だ。
(オッパイとヘアを隠したいけど隠したら、バツのセックスをしなければならないし…)唇を噛
んで大通りに向かって歩いていく。
「先生、動かないで!」島民達は麗華の乳房と股間を晒す姿をカメラに収めていく。
「撮らないで、撮っても仕方ないわよ」泣き声で叫ぶと「祭の時の作品だよ。写真展が開かれ賞
金が出るんだよ」
「ヌード写真に賞金が出るの?」
「そうだよ、10万もらえるから先生の素っ裸を撮らせて!」閃光が瞬いていく。
「いや、撮らないで、もう十分撮ったでしょう!」泣きながら歩いていく。
 
 大通りに出るとライトが煌々と灯されていた。
「あそこね」そこは舞子がこの前に踊った場所と同じ場所だった。
「待ってました!」島民達は麗華が現れると声をあげて迎えた。
「いいね、黒い靴下と腹巻きが」
「父ちゃん。ストッキングとガーターベルトと言うの、腹巻きじゃないくてガーターベルト」
「そうか、ガーターベルトか。母ちゃんも持ってるか?」
「あるわよ。この前の婦人会で東京に行ったとき買ったわよ」
「今夜、着てくれよ、いいだろう?」
「わかったわ。父ちゃん、今夜楽しもうね、陽子先生から避妊薬をもらって飲んでいるから」
「中に出してもいいんだな、母ちゃん」麗華のストッキングとガーターベルトに島民も興奮して
いた。
「麗華、始めるぞ」ステージの中央に上がるとほぼ同時に音楽が流れた。
それにカクテルライトが麗華を照らしていく。
(同じだわ、舞子さんの時と!)麗華は健次に教わった通りに踊っていく。
(ここで足を上げるのね)恥ずかしさを堪えて大きく足を上げると「オ○ンコだ、オ○ンコが見
えた!」
「父ちゃん、まだ出しちゃだめよ、先生と同じ姿になるから我慢するのよ」
「わかっているよ」股間を押さえ噴射を堪えている。
(いやらしいわ、私のヌードで興奮しているなんて)乳房が円を描いて揺れていた。
踊りが進むに連れ、麗華も踊りで汗が流れてライトでテカテカ光っている。
乳房、股間がまぶしいくらいだ。
「新任の先生とオ○ンコしたいな」
「だめ、そんな事したら離婚だからね」
「冗談だよ」麗華の揺れ動く全裸にボルテージが上がっていった。
 
 そして、踊りもファイナルに入った。
「す、すげえ、オッパイがあんなに揺れていく!」
「オッパイだけじゃないよ、オ○ンコがパクパク動いている!」麗華の開脚に島民達は食い入る
ように股間を見ている。
(見ないで、性器だけは見ないで。お願いだから…)顔を背けるが、容赦なくカメラの閃光が瞬
いていく。
(撮られた、性器を撮られた…)音楽が終わると同時にうずくまる麗華だ。
「麗華、よくやった。ご褒美のオ○ンコだ」生まれたままの姿の孝史が近寄ってきた。
「許して、お願いですから」
「だめだ。やらないといけないんだ!」麗華はステージに押し倒された。
「お願いですから、せめて優しく入れて下さい」目を閉じて言うと「わかっているよ。塗ってお
いたから安心しろ」孝史の肉竿がゆっくり麗華の胎内を突き刺していく。
「あ、あ、あー!」喘ぎ声をあげるが(痛くないわ。それに気持いい!)ゼリーは肉竿と淫裂の
滑りをよくしている。
(噛んで欲しい、乳首を!)麗華は乳房を揺すり孝史を誘っていく。
「麗華、オッパイにして欲しいのか?」
「欲しく何かないわ。孝史なんか嫌いよ」しかし言葉とは裏腹に股間を密着させていく。
(頂戴、もっと入れて!)そんな麗華をからかうように麗華と孝史の姿勢が入れ替わった。
「いや、こんなのいやー!」叫ぶが孝史の上に馬乗りにされた。
そして腰を振らされていく。
「恥ずかしい、こんなのいや。何でもするから許して、孝史さん」
「本当に何でもするんだね」
「こんな恥ずかしい思いをぜずにすむなら何でもするわ」それが後でとんでもない事とは知らず
承知してしまった。
「だっこでやろう、だっこで!」
「あれは奥までオチンチンが突き刺さるんでしょう。きっと痛い…」怯えるが抱き上げられた。
「ヒー!」悲鳴をあげながら必死に落ちまいと抱きついている。
「ち、膣の奥にオチンチンが、オチンチンが!」叫ぶ麗華だ。
 
 「麗華、俺の嫁になれよ。もっと楽しもうよ」
「いや、卑怯な手段を使ったから許せないわ。セックスは許すけど、絶対に妻にはならないから
ね、絶対に」拒む麗華だ。
「しかたないな、オ○ンコだけはやらせて貰うからな」太股を揺すっていくと「あ、あ、あー!」
麗華と孝史の結合した股間がカクテルライトに照らされている。
「もうすぐ出すよ、孝史は」
「そうだよな、もう限界のはずだよな」島民が見守る中「イヤー。お腹の中はイヤー!」麗華は
体を反らせて悲鳴をあげた。
それと同時に淫裂から白い液体が流れていく。
「見ろよ、膣内射精だぜ」
「やはり、限界だったな」ポタポタ垂れる精液を眺めていた。
「麗華、この次はバックからだぞ」(あんなの獣のする事よ)無視している。
麗華が孝史から降ろされると同時にルミと陽子が白衣姿で上がってきた。
(ルミさんと陽子さんだ)恥ずかしそうに麗華が顔を背けると「安心して、私もヌードのお披露
目だから」
(お披露目?じゃあ2人もフルヌードになるのね)体を震わせながらルミと陽子を見つめている。
音楽がなり、カクテルライトが真っ白な白衣を染めていく。
「行くわよ、ルミ」「はい、先生!」ルミと陽子は中央に進み出て抱き合った。
(レズをやるのね。変態だからね)麗華の思った通りだで、陽子がルミの白衣のボタンを外して
いく。
「先生、恥ずかしい!」ルミの胸が開いて乳房の膨らみが見えてきた。
「行くからね!」「は、はい。」震える声で返事するルミだ。
陽子は白衣の襟を掴んで広げると「見ろよ、看護婦さんのオッパイが丸見えだぞ」「ホントだ、
先生だけでなく看護婦さんも素っ裸になるぞ」乳房を晒すルミのヌードに閃光が瞬いた。
「撮らないで、ヌードは撮らないで!」小さく叫ぶが容赦はなかった。
「我慢してルミ!」白衣が腕から脱がされ足元に下げられて真っ黒の絨毛に包まれた股間が露に
なった。
「見ろよ、素っ裸だぞ。ヘア丸出しの素っ裸だ!」会場の島民がざわめいていく。
「恥ずかしい、先生!」今にも泣きそうな顔だ。
「やるしかないのルミ、今度はあなたがする番よ」
「はい。先生!」今度は乳房を揺らせながらルミが陽子の服を脱がせていく。
陽子の肩のボタンを外して上着を捲り上げた。
「女医さんも素っ裸になるのか!」歓声が上がり、乳房を晒す陽子の上半身が撮られていく。
「撮られていくわ。ヌードが!」覚悟はしているが体が震えている。
「先生、行きます」ルミは陽子のズボンを下げた。
陽子もパンティは履いてなかったから、股間の黒い絨毛が露になっている。
「撮らないと、女医さんの素っ裸を!」閃光が瞬いていった。
(恥ずかしい。わかっていたけどフルヌードはやっぱり恥ずかしい!)
ルミと陽子の目が真っ赤になって体が小刻みに震えていた。
そんな2人をカクテルライトが照らしている。
 
 そこに忠夫と武が現れた。
「見て、父ちゃん!」
「4人プレイって言うんだよな、これって」ルミと陽子は立ったまま背後から肉竿で淫裂を突か
れだした。
それでもルミと陽子は唇を重ねお互いの首を押さえて離れまいとしている。
「父ちゃん、あれはレズだよね」
「母ちゃん、わかんないよ。レズは男が嫌いだよな、オ○ンコさせないはずだよな」
「そうなんだどよね。だからわかんないのよ」島民達がざわめいていた。
そんな雑音を無視して忠夫と武は腰の動きを一気に早めていく。
ルミと陽子は乳房も掴んで揉み合い、淫裂からはネバネバした透明の液体が流れてきた。
「気持ちよさそうね、診療所の2人も」
「当然さ。オ○ンコで感じないのは異常だよ」夫は妻の股間を撫でていた。
島民達はルミと陽子のセックスされている姿を見ていたが、突然、「出たわ、膣の中が暖かい!」
「私も感じる、膣の中が暖かい!」立ったままの陽子とルミの淫裂からは白い液体が流れ出た。
 
 「皆さん、遅ればせながらご報告します。診療所の陽子先生と小山武が、看護婦のルミさんと
池田忠夫が結婚することになりました」孝史が説明した。
「そうか、これでまた人口が増えるな」島民達は結合したまま並んでいる2人に拍手を送った。
忠夫はルミの乳房を掴み、武も陽子の乳房を掴んでいく。
「恥ずかしい、こんな姿を晒すなんて!」淫裂から精液を流しながら震えている。
「興奮するだろう、素っ裸を見られると」
「それも少しあるわ、武さん!」
「私もよ、なんだか変な感じなの」
「でも、これで終わりだよ、人前に裸を晒すのは今回限りだからね」
「ええ、わかってます」やがて4人がステージから降り、麗華1人残された。
不安を感じた麗華が再び中央に引き出された。
「今度は踊りを教わった謝礼のオ○ンコだ!」孝史の言葉に健二達4人が上がってきた。
「いいんですね、やっても」
「当然だ、踊りのお礼だ。だが、オ○ンコの中での噴射はだめだぞ、外か口に出せよ」
「心得ました。」健二達は服を脱いでいく。
「いや、イヤよ。もうイヤです。」泣きながら逃げようとするが「ほら、オ○ンコをしないと。」
麗華は掴まり、中央に引き出された。
「僕はバックからが好きなんです」
「そうか、バックか。麗華を四つん這いにしろ!」
「い、いやー!」叫ぶが力負けして、四つん這いにされ淫裂を島民に晒している。
「母ちゃん、綺麗だよ。ヒラヒラがピンクだ!」
「まだ、あまり楽しんでいないのよ。私のは父ちゃんのエキスで黒ずんだのよ」麗華の淫裂も写
真に撮られてく。
 
 「まずは、僕だ」健次の肉竿が淫裂に突き刺さっていく。
「抜いて、お願いです!」麗華の悲鳴が響いている。
「きついの、お願い抜いて!」体をくねらせて叫んでいると「その姿がいいんだよ」健次は一気
に動いていく。
「あ、あ、あー!」悲鳴とも喘ぎ声とも取れる声をあげて続けた。
「母ちゃん、オッパイが揺れていいね」妻の胸に手を忍ばせると「私のは小さいしね」目を閉じ
夫のされるがままの妻達だ。
「でも母ちゃんのが一番だよ、コリコリして」乳首が指で転がされていく。
「だめ、そんな事されたら我慢できないわよ」
「だったら、楽しもうよ」
「ええ、いいわよ」我慢できなくなった一組の夫婦が会場から消えて、物陰で抱き合っていく。
物陰に隠れても「あん、あん、あん!」悶え声が聞こえている。
「俺もフィニッシュだ!」健次が一気に動いた。
「ひー!」肉竿で子宮の奥深く突き刺されて麗華の体が反っていく。
「でる、でる!」肉竿が抜かれたその瞬間に背中に白い液体が飛んだ。
「父ちゃん、欲しいよ。してよ!」
「わかった、行こう」夫婦達は次々と消えて物陰から悶え声を上げ続けている。
「だいぶ燃えたな。俺も燃えるか」健次が済むと手下達が麗華に挑んでいく。
「許して、もう無理よ、痛いの」叫ぶ麗華だが代わる代わる麗華の肉体を求めて肉竿で突き刺し
ていった。
「いやー!」叫ぶが容赦しない。
「飲むんだ」爆発寸前の肉竿を口の中に押し込まれていく。
「オ○ンコの中よりいいだろう、飲むんだ。」麗華はやむなく精液を口の中で受け止めていった。 
 4人の相手がやっと終わった。
「麗華、オ○ンコは楽しいか?」
「よくないわ、もうセックスはしたくない!」泣きながら言うと「そうか、オ○ンコしない方法
が一つだけある。素っ裸で生活するんだ。でも俺とのオ○ンコは続けるが」
「いやよ、フルヌードを見られるなんて」
「もう見られてしまっただろう。素っ裸は」
(そうだわ、フルヌードを見られたし、写真にも撮られたんだわ)考え込んでしまった。
「すぐにとは行かないだろう。今夜一晩考えろ。その気になったら明日から素っ裸だ」
「でも、もうすぐ来るの。生理が!」
「生理か、その時はパンツだけ履け。でも嘘かどうかのチェックはするからな」
「いいのね、生理の時のパンティは」
「ああ、いいぞ。今晩考えろ」麗華はステージから降りて宿舎に向かって歩いて行った。
麗華は孝史の言った言葉が脳裏から離れず宿舎で汚された体を洗いながらも考えていた。
「裸を承知すれば、ここを辱められる心配は無いのね」丁寧に淫裂を洗っていく。
「でも、素っ裸は恥ずかしいわ、いくら島民の皆に見られたからって」迷う麗華だ。
 

翌朝、麗華はまだ5時だというのに起きていた。
「フルヌードに慣れないと」麗華は生まれたままの姿で宿舎を出て散歩に出かけた。
「先生、元気がいいね。オッパイがツンとして」
「ええ、恥ずかしいから堅いのよ。それにあそこも堅いの」顔を真っ赤にして島民と話していく。
(先生もすぐに落ちるな。オッパイとオ○ンコが良さそうで孝史か羨ましいな)すれ違う島民達
は麗華の乳房と股間を眺めていく。
(見られているわ。でもすぐに飽きて見向きもしなくなるわ)体を震わせながら歩いていく。
「先生、どうしたの。裸なんて!」生徒の母親が声を掛けた。
「ヌードで凄そうと思って、ならしているんです。」俯いて答える麗華に「そうですか、ヌード
でですか。早く孝史さんの嫁になった方がいいですよ」
(イヤよ、卑怯な手を使ったから許せないのよ)黙ったまま歩いていく麗華だ。 
 

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/32-a10c70f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top