FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「逮捕しちゃう!」第5話 緊縛写真

第5話 緊縛写真

 玄関を開けると「待っていたわよ」女医が出迎え、応接室に案内された。
「そうだった。まだ紹介してなかったね、僕の姉で聖子というんだ」
「神田聖子です、よろしくね」
「私は陣内幹子です」
「榊原貴子です」
 
 一通り、紹介されると「実はやって貰いたい事のがあるのよ」聖子が言う。
「何でしょうか?」
「モデルよ。モデルをして貰いたいの」
「どのようなモデルですか?」
「これよ。これをして貰うの」聖子がアルバムを見せると「イヤよ、こんなのイヤ!」拒んだ。

 写真には、手足を縛られた女性が写っていたから、拒むのも無理はない。
「イヤでもやって貰うよ。この写真がある限りはね」神田は喪失の時の写真を見せた。
「私にも見せてよ」聖子はそれを見るなり「イヤだわ、玩具を使って喪失したんだ!」
驚きの声をあげると、悔しさに声をあげて泣き出す2人だ。

 それでも「やって貰えるわよね?」頼まれると、頷くしかなかった。
「ありがとう。準備はできてるから始めるわ。今日は特別にやるからね」2人を小部屋に連れて行くと「これに着替えて欲しいの」クローゼットから婦警の制服を取りだした。
「こんなのもあるんだ!」驚く幹子に「そうよ、こんなのもあるわよ」看護婦とスチュワーデスの制服を見せる。
それには驚きながらも、着ている服を脱ぎだすと「これも着てよね」白い下着セットを渡して、聖子は出て行く。

 「克子。あの人、変だと思わない?」
「思う。縛った写真が趣味だなんてね。もしかして、サドかも…」
「きっとそうよ。痛いのはイヤだから、断ろうよ」
「わかった。痛いのは無しにして貰おう」2人は、話しながらも全裸になり、用意された下着を身につけていく。

 「イヤだわ、ストッキングまである。それにガーターベルトも」
「ホントだわ。何、考えているのかしら?」それでも、用意された通りのを着込んでいき、制服も着込んだ。
「何だか、締まるわね」
「そうね、本職だし」2人は婦警姿になると神田の元へと戻った。

 戻るなり「あら、お似合いだわね!」聖子が声をあげると「ホントだわ、さすが本職ね」見知らぬ女性も声をあげた。
「そうそう、紹介するわね。友達の小野清子さんよ」
「小野です、よろしくね」
「清子さんにも手伝ってもらうのよ」聖子は得意気に話してから撮影に入った。 

 

 撮影は、もう一部屋があり、そこで行われる。
まず、婦警姿の2人は、両手を後ろ手にされ、手錠が掛けられた。
それを聖子が撮っていき「いいわよ、今度はボタンを外して」神田と清子が、服のボタンを外し、それを撮った。
やがて、肩から引き下げられ、白いブラジャー姿にされる。

 「これは要らないよな」ナイフで、幹子のカップの繋ぎ目を切った。
その瞬間に、白い乳房が揺れ動き、スイッチが押された。
「イヤよ、オッパイが見えちゃう!」隠す事もできず、首を振るだけだ。
同じように、克子も繋ぎ目を切られて、カメラに収まった。

 「今度はロープを使って!」手錠が一旦外され、上着とシャツが脱がされた。
上半身は繋ぎ目の切れたブラジャーと、ネクタイだけだが、両手が再び後ろ手にされ、今度はロープで縛られていく。
「痛いから、緩くして!」
「ダメだ。緩むと緊迫感がでない!」神田は容赦なく縛り上げると、ブラジャーの肩紐も切り、乳房が露わになって、揺れ動く。

 「いいわよ。凄くいい!」満足そうに、聖子はスイッチを押し続けるが「こんな事も、いいんじゃないかしら?」清子が克子の乳房を握りしめた。
「やめて、そんな事イヤです!」首を振っても「いいわよ。それも、面白いし」スイッチが押されていく。 
こうして、撮影は次第に、エスカレートしていった。

 「イヤです。これはイヤ!」幹子は拒んでも、乳房の上にロープが巻き付けられ、さらに、下にも巻き付けられ、ぶら下がったロープで真ん中が結ばれた。
幹子の乳房には、ロープが食い込み、変形している。
「克子さんもだよ」
「イヤ、痛いからイヤ!」逃れようとしても抑えられ、乳房を縛られて、動けなくなった。

 「これからが本番よ。始めて!」いよいよ、スカートが脱がされていく。
「やめて、イヤです!」叫んでも、足首まで下げられ、下半身が露わになった。
それには、満足顔の聖子だが「友和、ナイフでやって!」パンティを切るよう命じた。
「わかった。まずは、ここを…」パンティの腰ゴムを掴んで切った。
「イヤ~!」悲鳴と共に、一瞬にして股間が露わになってしまった。
「イヤよ。ヘアはイヤ!」恥ずかしさに、首を振るだけしかできない。
「こっちもだよ」克子もパンティを切られ、ストッキングとガーターベルトにされた。

 そんな姿をカメラに収めていくが「そろそろ、あれしようよ!」清子が催促する。
「そうね。友和、始めて!」神田は、聖子の合図で太股にロープを巻き付け、上に引いた。
「やめて、性器が見えちゃう!」イヤがっても、太股が持ち上がり、絨毛に囲まれた淫裂が、丸見えになった。
「こっちも、しないとね」
「やめてイヤ~!」叫んでも、2人は太股を持ち上げ、淫裂を露わにしている。 

 「姉さん、我慢できないよ。僕やっちゃうからね」
「待って。その前に、見えるように手入れをしないと…」
「それなら、私がやるわよ」清子は、名乗り出ると準備を始めた。
「まずは、こっちからよ」克子の絨毛をハサミで切り出した。
「やめて、そんな事しないで!」自由が効かないから抵抗できず、絨毛が短く切られ淫裂が、剥き出しになっていく。

 「やめて、お願いです!」叫んでも、短く切り終わると、ムースが吹き付けられ、カミソリで剃られていく。
「ヘアが無いなんて…」克子は泣き出した。
「はい、これで終わりよ」剃り終えるとタオルで拭くが、ピンク色の膣腔が生々しく口を開いている。
「次はあなたよ」
「やめて。ヘアは剃らないで~!」幹子もイヤがるが、清子によって、克子と同じ無毛にされ、膣腔が口を開いている。

 「友和、もういいわよ。その前に、これを塗らないと」聖子はチューブを渡す。
「これなら、痛くないしな」幹子の淫裂にゼリー状の液体を塗っていく。
「ここではイヤよ。2人きりでしましょう!」意味がわかって言うが「ダメよ、写真に撮るのよ」聖子が拒む。
「撮らないで。セックスしてるのは、撮らないで!」幹子は、首を振る事しかできない。

 「そう言う事。痛くないようにやるから」神田は、ズボンを脱いで、下半身を剥き出しにした。
「友和、上着を着せて。その方が、レ○プらしく見えるし…」言われるまま、幹子の肩に上着を掛けると肉竿を掴んで淫裂に押し当てた。
「イヤ。入れないで、イヤ~!」悲鳴を上げても、肉竿が膣腔を押し広げながら、入り込んだ。
「入ったよ。痛くはないだろう?」確かに、根本まで入ったが、ゼリーが塗ってあるからすんなり入り、痛みは感じない。

 「優しくやるからね」乳房を揉みながら、ピストンを始めた。
「撮らないで。セックスは…」譫言のように言いながらも。淫裂の中は濡れていく。
(気持ちいい。レ○プされているのに感じるなんて…)神田はプロらしく、強弱を付けて、ピストンしていくと「凄いわね。弟でなかったら、やって欲しいのにな」感心しながら聖子はスイッチを押し続ける。

 やがて「あ、あ、あ~!」幹子の口から喘ぎ声が上がり、淫汁も流れだした。
「何だか、私もエッチしたくなっちゃったわ…」清子もウズウズしている。
「もう少し待って。友和が出したら、お願いするから」
「わかった。それまで我慢ね」清子は準備を始めた。 

 そして「出る、出る!」神田が、登りきったようだ。
「抜いて、お腹はイヤ!」
「ダメ、オ○ンコに出すのよ!」2人の言葉が交錯する中、神田の動きが停まった。
「イヤよ。イヤ~!」幹子の悲鳴と共に、淫裂からは白い液体が漏れだした。
「酷い…。射精するなんて…」涙が流れていくが「心配しないで。私がいるから」聖子は白い液体が漏れ出る様子を、カメラに収めていく。

 「聖子さん。こっちは準備いいわよ」
「それなら、始めて!」今度は克子を撮り出す。
「これ、わかるわよね?」ディルドーを見せると「入れないで、そんなのイヤです!」克子は首を振った。
「それが、そうは行かないの。ごめんね」淫裂に押し当てると、ゆっくり押し込んでいく。
「ダメ…。あ、あ、あ~!」体を反らせ、声をあげだした。

 「まだ、感じないと思うけど、行かせてあげるわ」清子は、乳房を揉みながら、ゆっくり動かし出した。
(痛くはないけど、何とも感じない…)克子はされるがままにしていたが「だめ、そんな…。あ、あ、あ~!」舌が、クリトリスをなめだし、体を震わせていく。
「凄いわね。これも、いいわね」聖子は、逃すまいとスイッチを押していく。

 そんな事など、忘れたかのように克子は声を上げ、淫汁を流し出した。
「ほら、濡れてきたわよ。オ○ンコしたいでしょう?」
「玩具じゃイヤ。やるならチンポで…」
「ごめんね。私、オ○ンコしか持ってないの。だから、これで行かせて上げる!」ディルドーの動きを速めていくと、淫汁の量も多くなり、腰も動きだし「ダメ、限界です、
ダメ~!」動きを停めた。
「行ったわよ。こんなに、濡らしてる…」抜いたディルドーには、ネバネバした液体が付いている。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/320-86db1eb2

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん