FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「逮捕しちゃう!」第7話 2人の相手 

第7話 2人の相手 

 小野は、高速を走って郊外へ向かい、周りの風景も、ビル群から田園風と変わっている。
「もうすぐだよ」その言葉通りに、高速を降り、一般道にはいると寂れた建物があった。
「ここだよ」その建物に入って車を停めた。

 「ここは、何なのよ」
「倒産したテーマパークだ。広いし、邪魔は来ないよ」
「それなら安心だな。早速始めよう」5人が奥を目指すと、雑草が生い茂っている。
「これ、いいわね、ここで撮りたい」
「決まりだね。準備しないと」その言葉に2人の顔が強ばった。

 「どうしても、ヌードですか?」
「イヤなら、ストリップをやってくれないか。姉さんの店だけど」小野も脅しを掛ける。
「いやよ。人前で裸はいやです!」
「だったら、脱がないと…」その言葉に、諦めたのか2人は脱ぎだした。
「そうよ。それでいいの」聖子は満足そうに写真を撮っていく。

 (脱ぐのは、撮らなくていいわよ…)カメラを気にしながら、2人は下着姿になった。
「何だ、普通のじゃないか。エッチなのはないのか?」
「どうせ、脱ぐんだし…」
「それもそうよ。今度は下着を取ろうかな」聖子は機嫌良くスイッチを押し続けた。

 やがて、2人は最後の下着も脱いで、全裸になってしまった。
「いい、そこに座るの」聖子の指示されて、ポーズを作る2人に神田と小野も興奮している。
「こんなの見せられたら、体に悪いよな。できないようにやるから、いいだろう?」小野が服を脱ぎだすと「俺もやるよ」神田も脱ぎだし、全部脱ぐと抱きついた。
「いや。セックスは、もういや!」2人は逃れようとしても覆い被さられて、逃れる術はなく、乳房を握られ、淫裂に肉竿が押し込まれていく。

 「いや。いや~!」叫んでも誰も来ないのは知っているが、自然に声が出ていく。
「これも、いいわね。まるでレ○プよ」聖子も興奮しながらスイッチを押した。 
やがて、肉竿のピストンが始まると2人も「抜いて。お願いです!」悲鳴に近い声を上げ続けた。
「我慢して。すぐに気持ちよくなるから」撮りながら聖子が言うと(だったら、あんたがやりなさいよ)…)言いたいのを堪えて「いや~!」悲鳴を上げ続けた。

 神田は肉竿の動きを速め「姉さん、ここで出したいけど、いいかな?」と尋ねる。
「2人とも、あれ、飲んでいるわよね?」
「はい、飲んでいます…」
「それなら、出してもいいわよ。思い切りだして!」
「それだったら、遠慮無く出すよ」
「いや、出さないで。万が一があるから、いやです!」
「心配ないわよ。医師の私が言うんだから」

 「でも、出されるのは…」言葉が停まったが、肉竿はピストンを速めて噴射へと、向かっていく。
それは、幹子と克子もわかっており(間違いなく膣に出される…)その通りに「いやよ、出さないで!」悲鳴を上げたが、膣の中が暖かくなっていく。
「膣の中はイヤなのに…」泣き顔をしながら白い液体を流している。

 「待って、1人ずつ撮るから抜かないで!」カメラを構えると「いや、これは撮らないで!」淫裂を隠そうとした。
「ダメだ。撮らせるんだ!」体を押さえられ、無毛の淫裂から淫汁が流れていくのが撮られた。
「いいわよ。次はあなたよ」
「いや~。撮らないで~!」悲鳴を上げても、抑えられて液体が流れ出た淫裂を撮られた。

 聖子は散々撮って満足したのか「写真はお終い」カメラをしまうが「う、う、う!」と嗚咽を上げなら、淫裂を拭いていく2人だ。
その泣き声に「いつまで泣いているのよ。そんな事なら、男の前で素っ裸にならせるわよ!」聖子が怒鳴ると2人は泣きやみ、服を着だした。

 2人が服を元通りに着終えると、車に乗って走りだすが、人が集まっていた。
「見ろよ、撮影会だよ」モデルらしい女性を取り囲んで、カメラが並んでいる。
「服着てたんじゃ、つまんないしな」
「そうだよな、この際だ、2人に飛び入りさせるか」それには「いやよ。あんな大勢の前では、いや!」声をあげて泣き出した。

 「友和、あんたが虐めるから、泣いたじゃないのよ」
「泣かなくたっていいじゃないか。裸ぐらい見せたって!」
「何言っているのよ。散々オ○ンコやったんだから、少しは気を遣いなさいよ」聖子に言われれば神田もおとなしく、引き下がるしかなかった。

 やがて、車は都心に入り、寮の前で2人は降り、神田と聖子は屋敷まで送られた。
「さてと。いいのがあるかな?」聖子は直ぐにデータを吸い上げていく。
「これいいわね。傑作だわ」満足そうに見ていると「姉さん、僕がいるから、こんなのが撮れたんだよね?」神田が言う。
「そうよ、それで?」
「お礼が欲しいよ。今日も!」そう言うと、聖子に抱きついた。

 「ダメ、姉弟よ。この前言ったでしょう!」
「わかっている。でも、オ○ンコに入れなければいいはずだよ」
「まさか、私のお尻でする気なの?」
「それもあるけど、汚いから口でしてよて」ズボンを引き下げ、肉竿を露わにした。
「いやよ、そんなのなめたくない!」
「やらないならオ○ンコに出しちゃうよ」真剣な顔つきに「わかったわよ、やるわよ…」
渋々、肉竿を掴んで、口を押し付けた。

 「気持ちいい、姉さんにフェラして貰えるなんて…」満足そうに、服の中に手を入れて、乳房を揉み出すと、首を振ってイヤがっている。
「仕方ないな。出すしかないか」頭を押さえて腰を振り出すと「う、う~!」息苦しさに首を振るが、腰の動きはむしろ速まり、突然停まった。

 それと同時に、聖子の口から白い液体が流れていく。
「友和、姉さんに出して良いと思ってるの?」口を拭き、怒った調子で言う。
「そんなに怒らなくていいだろう。俺の女で楽しんだんだから」何とか誤魔化そうとしている。
「わかったわよ。明日、あの子を抱かせるというなら我慢するけど…」
「明日か、仕事じゃないの?」

 「夜勤だから昼間よ。昼間に抱かせて貰うからね」
「そんな、無理言われても…」
「チンポなめたのよ。それに、精液を飲まされた身にもなってよ」
「わかったよ、何とかする…」神田は思案顔だ。 

 翌日、神田は携帯を掛けて「そうだ、場所は…」連絡を取り「後は姉さんとか」聖子とも連絡を取った。
それから2時間後、幹子と克子はいつものように、違反取り調べで城西署から出て郊外へと向かう。
同じように、神田もワゴン車に聖子を乗せて走りだし、2台の車が郊外で出会った。
「悪いけど乗って。俺はそっちに乗るから」神田は帽子を被り、警官を装ってパトカーに乗り取締中と勘違いさせた。

 幹子と克子は、椅子を倒されたワゴン車に乗り込み、聖子に抱かれた。
「許して下さい、勤務中ですから…」泣き顔で頼んでもボタンが外され、乳房を掴まれる。
「ほら、オ○ンコも出さないと」仕方なしに2人は制服のスカートとパンティを脱いで、下半身を丸出しにした。
「いいわよ、お巡りさんと楽しむのも最高だわ」聖子は露わになった乳房と淫裂を交互に愛撫した。

 やがて「幹子、あなたがやるの。克子はオッパイよ」聖子は仰向けになった。
克子は言われた通り、聖子の顔の上で四つん這いになり、乳房を揉まれ、幹子は聖子の顔間に顔を埋めて舌と指で淫裂を撫でている。
「入れて。指を入れて!」上擦った声を上げながら、幹子の指で淫裂を掻き回されていく。
「いいわ、気持ちいい。あなたにもしてあげる…」目の前にある、克子の乳首を吸う。
(変態よ。あなたは、変態女医よ…)叫びたいが、言うがままにさせている。

 こうして、2人は30分ほど聖子の相手をしから、制服を直しパトカーに戻り、それと同時に神田も戻ってきた。
「姉さん、満足したかい?」
「満足よ。もう、グッショリ濡れちゃって…」
「だったら、俺のチンポでやらせて欲しいな」
「ダメ、チンポはダメ。それより行かないと」
「わかったよ」神田が車を走らせると、パトカーも走り出した。

 パトロールを終え、城西署に戻った2人は勤務を得ると清子の店へと向かうが、開店前のせいか、客は少ない。
「待っていたわよ、今日は特別な事をして欲しいのよ」2人を部屋に連れ込んだ。
「特別な事と言いますと?」
「服を変えて欲しいの。ちょっとエッチな服に」用意した服を渡した。

 それを広げると「まさか、これを着ろとでも」驚きの声をあげた。
「そうなのよ。ここのところ、お客が伸び悩んでいるからお願いしたいの」
「困ります、こんな服を着てたら噂になってしまうし…」
「顔を隠せばいいでしょう、これもあるわよ」カツラとサングラスを見せる。

 「でも、こんな服では…」
「イヤならそれでもいいの。ヌード写真を飾ろうかと思ってるし」
「ヌードって、まさか…」
「そうよ、そのまさかよ。あなた達のヌードなの」
「それだけはやめて下さい、婦警も首になりますから」
「それだったら選んで。服を着るか、写真を選ぶかを…」その質問に2人は項垂れ「これを着ます…」
小さな声で言うと清子は笑顔で「そうよ、それでいいの。早く着替えて」催促する。

 2人は渋々服を脱ぎだし、スカートシャツと脱いで下着姿になると「それも脱いで欲しいの、どうせ、身元もわからないし」全裸になるよう言う。
「パンティだけは履かせて下さい…」
「ダメ、全部よ」それには、泣き顔をしながらブラジャー、パンティと脱いで全裸になった。

 全裸になった2人は、用意された服を着込むと、丈は股下10センチで、どうにか淫裂が隠れ、胸元は大胆なVカットで、乳房の膨らみが見えている。
「恥ずかしい。オッパイが見てます…」自分の姿に泣き声だ。
「大丈夫よ。これを付ければわからないし」カツラを着けさせ、サングラスも渡した。
「見て、これならわからないでしょう?」確かに、鏡を見れば誰だかは、全くわからない
が(でも、オッパイが飛び出しそうだし、性器だって見えちゃうかも…)不安顔になっている。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/322-fba7406f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん