fc2ブログ

「逮捕しちゃう!」第9話 初めてのエステ

第9話 初めてのエステ

 やがて、5時になり、着替えを済ませた2人は、周りを気にしながら店に入った。
店では清子が待っていて「何も、悪い事をしているわけではないから…」店を手伝うように言う。
「でも、ばれたら首になるかも…」
「そんな事ないわよ。アルバイトしてる訳じゃないし。ただの客でしょう。ただ、エッチな服を着てるけど」

 「それはそうですが、お金も貰いましたし…」
「あれは、向こうが勝手にくれたのよ。私は、あなた達を雇ってはいないわよ。ただ、座っていてくれと、頼んだだけだし」何とかして、やらせようとする魂胆だ。
そう言われれば、断るわけにも行かず2人は服を脱いでいく。

 そして、全裸になると、昨日の服を着込んでから、カツラやサングラスをした。
「これで、大丈夫だわ」鏡を見てから店に入った。
それから暫くして「ねえ、一緒に飲もうよ」早苗が隣に座った。
「良いわよ。今夜は一緒にいたいし…」幹子は、早苗の服の中に手を入れて、乳房を掴んだ。

 (なんだ、こんなに小さいんだ。私の方が勝ってる…)満足そうに揉んでいくと「オッパイだけなの?」早苗は唇を重ねてきた。
「ここにも、してあげるわよ」克子も加わり、スカートの中に手を入れて、淫裂を撫でていく。
「良いわよ、凄くいい。今夜も行くからね」気持ちよさそうに、幹子の胸に顔を埋めている。
(イヤだわ。これだから、年増は嫌いよ!)そう思いながらも、早苗を抱いた。

 3人は、店の片隅で抱きあっていたが「私も、よろしいでしょうか?」新たに女性が現れた。
「そうね。この際だから、皆でやりましょうよ」
「それはいいわね。相手がいなかったし…」客同士が、臨時のカップルを作り、唇を重ねていく。
それは、異様な光景だが、客はお構いなしに抱き合い、11時になると克子と幹子は、着替えて寮に帰った。 

 それから数日後、いつものように仕事をしていると、レズバーの事が同僚の間でも噂になった。
(もう、限界だわ。これ以上やらない方が良い…)清子と連絡を取ると「そうなんだ、噂になったらまずいわね。でも、普段着なら良いんでしょう?」
「ええ。客として行く分には平気ですが…」
「だったら来てよ。お酒代は取らないから」やはり、顔の整った2人がいないと、レズバーとしても客が集まりにくい。

 仕方なく、2人は私服のままで店に入った。
店の中は、いつものより混んではいるが、まだ余裕はある。
2人は、水割りを注文して飲んでいると「珍しいのね」早苗が声を掛けた。
「噂を聞いて、来てみたの」幹子が言うと「そうなんだ。だったら、わかるわよね?」意味ありげに言う。
「でも、触るだけよ。エッチはイヤだから…」
「わかっているわよ。仕事仲間だし」早苗はそう言うと、肩を抱いて胸を撫でていく。

 「私のより大きいのね。態度も大きいけど」
「そんな、態度が大きいだなんて…」
「冗談よ。気にしないで」そう言って唇を重ねてくる。
「あなたにもよ」2人に唇を重ねると胸を撫でていく。
2人も、早苗の胸を交互に撫でて返すと、気持ちよさそうな顔になっている。
「いい、この事は誰にも言わないのよ」
「わかってます」その後、3人は一緒に水割りを飲んだ。 

 それからも、2人は店に通っていたが「実は、頼まれた事で、困っているのよ」清子は2人に告げた。
「頼まれ事ですか?」
「そうなの。エステなんだけど、客を紹介してくれって言われて」
「エステですか…」
「そうなの。あなた達は美人だから必要ないけど、お願いだから行って欲しいのよ」
「でも、高いんでしょう?」
「それなら大丈夫よ。今までのお礼よ」2人に5万ずつ渡した。

 「これを、頂く理由がありません!」2人は返そうとした。
「あるわよ。あなた達のおかげで客が増えて、儲かったのよ。これれ位、受け取って。どうせ、エステで使うんだし」無理矢理押し付ける。
「わかりました。明日にでも行ってみます…」渋々、受け取った。

 翌日、清子との約束通りに、教わったエステ店に入ると「いらっしゃいませ」白衣を着た女性が挨拶してくる。
「初めてなので、わからないんですが…」
「それでしたら、コースがございまして…」説明を始めた。
「それだったら、このコースでやって下さい」2人は7万と書かれたコースを選んで代金を支払うが、やはり、女性の心理で、高いと効果があると思っている。

 「こちらで、やります」2人はエステ室に案内され、服を脱いでいく。
下着も脱いで、全裸になると、小さなベッドに並んで仰向けになった。
「お二人とも、綺麗なスタイルをなさっていますね。羨ましいですわ」白衣を着たエステ嬢は褒めながらも、乳液を掌に塗ってから、乳房のマッサージを始めた。

 マッサージを始めると、乳房は生きているように、プヨプヨと動いている。
それに、刺激を受けたか、乳首も膨らんでいくが、構いなしに、乳首も指の間に挟んで軽く潰し、その瞬間「あっ!」呻くような声を上げた。
(そんな事しないで。声が出ちゃうわよ…)敏感な部分を刺激されて、乳首は更に膨らみ、膣の中も濡れている。
エステ嬢は、乳房の後に腹のマッサージし、次ぎに太股を始めたが、指が時折、淫裂を触り、その度に「ピク!」太股が硬直していく。 

 エステ嬢は、そんな事などお構いなしだ。
「仰向けになって下さい」言われた通りにすると、淫裂も触り出す。
(そこは、しなくていいのに…)目を閉じ、幹子はされるがままにしていると、一番敏感なクリトリスが綿棒で、撫でられだした。
「そこはダメ。声が出ちゃう!」
「お客様、気になさらないでください。声の出るのが当然ですから。出さない方が変ですよ」手を抜かず、丁寧に撫でだした。

 (気持ちいい…。指も入れて欲しい…)腰を浮かせて、くねらせていると「お客様、今回は特別に…」指が膣に入り込み、動き出す。
それには、堪えきれず「あ、あ、あ~!」喘ぎ声を上げだした。
克子も、同じように淫裂の中に指を入れられ「あ、あ、あ~!」腰を動かしている。

 二人の反応に、エステ嬢は満足しながら「もっとして、いいでしょうか?」尋ねる。
「行かせて…。このまま行きたい…」
「かしこまりました。それでは、体を張って致します」二人のエステ嬢は白衣を脱ぎだす。
「お客様はお綺麗ですから、丁寧にします」白衣を脱ぐと下着を着けてなかったから、乳房と淫裂が露わになった。
淫裂は二人とも剃ってあり、ピンクの割れ目が生々しい感じがする。

 「それでは始めます…」そう言うと、口付けをし、乳房を撫でながら乳首も吸いだし(レズだわ、この人達レズなんだ…)二人は拒まず、されるがままにしている。
暫く乳房を愛撫すると、淫裂を舌でなめ出し、丁寧に肉襞やクリトリスとなめていく。
「あ、あ、あ~!」声も大きくなっていき、頃を見計らって、ディルドーが淫裂に押し込まれた。

 「それはダメ~。指だけにして~!」2人は声を上げるが「この方が楽しめますよ」エステ嬢は気にする様子もなく、ディルドーを動かし続けた。
2人の淫裂は、流れ出た液体でグッショリになっている。
エステ嬢は、暫く動かしてからディルドーを抜くと拭き、濡れた淫裂も丁寧に拭いて、白衣を着た。

 「お客様、感想はいかがだったでしょうか?」今度は、普段通りのマッサージを始めた。
「感想といわれても…」言葉が思い浮かばない幹子だ。
また克子も「気持ちよかったのは確かだけど…」克子も言葉が続かなかった。

 エステは2時間程で終了し、店を出ると「あら、贅沢してるのね」生活課の早苗がいた。
「これも、勉強ですから…」
「勉強ね、お高い勉強だこと。美人はお金持ちなんだ」2人には嫌みに聞こえるが「先輩はどうしてここに?」と尋ねると「私もエステしようかと思って来たの。でも高そうだし迷っているの。あなた達はいくら払ったの?」
それには顔を見合わせて「5万円でした…」清子から渡された金だけ言う。

 「5万か、高くて無理だわ。それだったら、飲んだ方がましだし」エステを諦めた早苗は「ねえ、これからホストクラブに行かない?」思い掛けない言葉が、飛び出た。
「ホストバーですか…」呆然とする2人に「そうなの、レズもいいけど、男も知った方がいいし」得意そうに言う。
(どうしよう。神田さんと小野さんを知られたら困るし…)戸惑う2人だが「いいわ。ただし、割り勘だからね」渋々承知した。
「決まりね、いい店知っているから行こう」3人はホストバーへと向かった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
282位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に 連載中
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター