fc2ブログ

「逮捕しちゃう!」第10話 恥辱の撮影

第10話 恥辱の撮影

 店の前まで来ると、早苗の足が重い。
(かっこつけてたけど、初めてなんだ…)2人は気付いたが、先輩だから「場所取っておきますね」早足で幹子が店に飛び込んだ。
店に入ると「何だ、幹子じゃないか!」神田が声を掛けたが「先輩と一緒なのよ。だから、始めてきた事にして」と頼み込む。
「わかったよ。お前のためなら何でもやるさ」店にいたホストに話していくと、2人が入ってきた。

 「いらっしゃいませ!」イケ面揃いの男性がいるから、早苗は戸惑っている。
「お客様、こちらへどうぞ」小野が3人を案内すると「ねえ、いい男ばかりでしょう。好みの店なのよ」話す早苗に(ふん。初めてのくせに、何言っているのよ)笑いを堪えて聞いていた。
暫くすると「いらっしゃいませ!」神田と小野が現れ、注文を取ると水割りを運んできて、それに、見知らぬホストも連れてきた。

 「お客様、今日は輝いていますね」初めてあったばかりなのに、早苗をヨイショしている。
「そうかしら。とにかく、座ってから話そう」隣に座らせ、馴れ馴れしくしていく。
それには(知ったか、振りして…)イライラしながら見ている2人だが「お客様、私がお相手します」幹子の隣には神田が座り、克子の隣には小野が座り、笑顔を振りまいていく。

 やがて、アルコールが回ると、早苗はホストに抱きつき、ホストも早苗の体を撫でだした。
同じように、幹子と克子も抱かれ、服の上から胸や腰を触られている。
3人はホストを相手に2時間程過ごし、一緒に店を出た。

 翌日、2人がいつもようにパトロールしていると、携帯が鳴った。
携帯に出ると、神田からで、これから会いたいという。
「一体、何の用かしら?」
「さあ、わからない」2人が教わった場所に行くと、車が停められ神田と小野がいる。
パトカーも側に停めると「昨日はおもしろかったよ」神田が乗り込んできた。

 「それより、何の話よ」
「まずは、楽しんでからだ」幹子のボタンを外しだした。
「イヤ、やめなさいよ!」
「昨日のお礼に、見せて貰わないと」いやがる幹子の手を振り払い、乳房を露わにした。
「やめて、見られたら困るの」泣き顔で頼むが「触るだけだ。オ○ンコさする訳じゃないから我慢しろ!」乳房を掴んで揉んでいく。

 「もう、いいでしょう、触ったから」神田の手を払いのけると、急いでボタンを掛けていく。
「そう、怒るなよ。俺の妻になるんだから」
「馬鹿言わないで。乱暴者の妻になる人なんて、いないわよ!」
「そう、嫌うなよ。それより、昨日一緒に飲んだ子なんだけど、誰なんだ?」

 「早苗さんの事ですか?」
「そうだ。どこの子だ?」
「同僚です。ただ、生活課ですが…」
「婦警か。道理で堅そうだ。それより話だけど…。今度の日曜にまた姉貴が会いたいそうだ。10時に迎えに行くから」と伝えた。 

 神田の言った意味がわからないまま、日曜になると、迎えに来た車に乗り込み、聖子の元へと向かい、聖子は挨拶そこのけにして「これに着替えて」例によって役目のしない下着を渡す。
「今回は、私も着て見る!」機嫌良く、聖子は脱ぎだした。
2人が躊躇していると「ほら、お前達も着替えろよ!」神田が急かし「友和、あんたも着替えるのよ」と聖子が手渡す。

 「清子さんのは用意してないの。だからフルヌードになって」
「私も脱ぐの?」驚き顔になるが「しかないわね」満更、イヤではなさそうで、次々と脱いで下着になった。
幹子と克子も倣って脱ぎだし、下着を脱いで全裸になると「生えているわね、剃った方がいいわよ」脱ぎ終えた聖子は、神田に2人の絨毛を剃るように言う。
「任せて。丁寧にやるから」準備を始め「まずは、好みの幹子からだ!」足を開かされムースが塗られた。

 (ヘアを剃られるなんて…)やっと生えた絨毛は、カミソリで剃られていく。
「ここは丁寧にな…」はみ出た肉襞を掴んで、一本残らず剃った。
「見ろよ。お前のオ○ンコだぞ!」手鏡で幹子に見せると「見たくも、ないわよ!」割れた淫裂から飛び出た肉襞を見て、顔を背けた。

 「次は、お前だぞ」幹子が終わると、克子も剃られ「オ○ンコを見ろよ」手鏡で見せられたが「イヤ、こんなのイヤ!」泣き出した。
「泣く事ないさ。すぐ生えるんだから」淫裂を撫でだていくと「やめなさいよ、触らないで!」幹子が、神田の手を払いのけ「わかったよ」素直に手を退け、着替えだした。

 皆の着替えが終わると、撮影が始まった。
「痛いのは、イヤです!」
「こんなの、イヤ!」いやがるが、神田両手を縛られ、吊された。
更に太股も持ち上げられて、淫裂が丸見えになっている。
「友和、これを持って!」ディルドーが渡され「おもしろそうね。私にもやらせて」全裸の清子も加わって撮影が始まったが「入れないで、そんなのイヤ~!」悲鳴を上げ続ける2人だ。

 撮影は順調に進み「友和。チンポを入れてもいいわよ」核心に入った。
「イヤ、セックスはイヤ~!」泣き出すが「泣く事ないよ。気持ちよくやるから」嫌がる2人の淫裂にゼリーを塗っていく。
「準備はできた。入れるよ」
「いや、いや~!」克子は声を上げ泣き出した。
「やめなさいよ、克子が嫌がっているのよ。そんなに、オ○ンコしたかったら、私にしてよ!」かばう幹子に、静まり返った。

 「いい心がけだわ。さすが、レズの友ね。わかったわ、こっちからやって!」聖子は幹子を犯すように言い、それに従い、幹子の淫裂に肉竿が押し込まれた。
「う~!」膣を広げられる痛みに、顔をゆがめ、呻き声を上げた。
「痛いか。まだ始まったばかりだからな」乳房を掴んだ。
「優しくして。オッパイが張っているから…」
それを聞いて「安心日なんだ。だったら、出しても構わないわよ」聖子が言う。
「さすが姉さんだね。だてに、女医やってないね」乳房を撫でながら、根本まで肉竿を押し込むと、ゆっくり動かし出した。

 すると、幹子は「あ~!」目を閉じて、意志に反して甘いため息が出だした。
「幹子、気持ちいいのか?」
「良くない…。こんなやり方良くない…」両手が効かないから、首を振るだけだ。
「そのうち、行かせてやるから」言い終わると、肉竿の動きを速め、膣の奥まで突き刺しだした。
それには「あ、あ、あ~!」腰を振り、声を上げ反応していくが、そんな幹子を逃すまいと、聖子は2人の行為を、カメラに納め続ける。

 肉竿をピストンしていた神田は、次第に登り詰めて「姉貴、出そうだ…」限界になった。
「出すのよ。オ○ンコに出しても、いい日なんだから!」カメラを構えて、噴射を待つと「イヤ~!」幹子が悲鳴を上げた。
「抜いて。ゆっくりよ」
「撮らないで。射精は撮らないで~!」足を閉じれないから、声だけ上げているが、ゆっくり肉竿が抜かれると、白く濁った精液がピンクの膣穴から流れてくる。
「う、う、う!」屈辱に幹子は泣き出すが、カメラは逃さず撮っていく。

 更に、指で膣穴が広げられ、残さず流れ出ると「次はあの子とやって」克子とやるように言う。
「約束が違うわ、克子とはセックスしない約束よ!」
「馬鹿ね、オ○ンコしろとは言っていないでしょう、口でなめて貰うのよ」聖子の指示で、肉竿を克子の口に入れさせようとしたが「イヤ。入れたら、噛んでやる~!」拒んでいた。

 「克子にはしないで。私が、お口でしますから…」
「仕方ないわね。計画変更よ、友和、始めて!」神田の放出さればかりの肉竿が、幹子の口に押し込まれた。
「ウグ、ウグ!」肉竿が押し込まれると、声を上げ、頬が膨らんでいく。

 それに、肉竿もまた膨らんで「いい画ね。もう出しちゃダメよ」聖子が釘を刺した。
「わかっているよ。午後もあるし…」満足そうにピストンしてるが(こんな事まで撮られるなんて…)自分から志願したとはいえ、幹子の目からは、涙がこぼれている。

 暫く撮ると「もういいわ。今度は清子の出番よ」全裸の清子が、克子に抱きつき、乳房を吸い出した。
「やめて、レズなんてイヤです!」首を振っても清子はやめず、淫裂を撫でだす。
「幹子さん。これなら、セックスじゃないから、文句ないでしょう?」聖子はカメラで撮っていく。
「そりゃ、そうだけど…」レズの相手をしてたから、嫉妬心はあるが、黙って見ていた。

 「パチン、パチン!」スイッチ音が響いていたが、清子がペニスバンドを着け、克子の淫裂に押し込むと、すかさず「あ~!」悲鳴とも、喘ぐ声とも、取れる声を上げ体が反り出す。
「どう。こんな楽しみもあるのよ」勝ち誇ったように、腰を振り、淫裂を突いていくと「あ、あ、あ~!」克子は喘ぎ声になった。

 「幹子、悔しいか。お前の相棒が悶えているぞ!」神田は、乳首を摘むが反応しない。
仕方なしに、乳首を吸うと「黙って、見てなさいよ!」幹子に、頭を叩かれた。
それには、渋々従うしかなく、おとなしく見ていると、淫裂から淫汁が流れていく。
(克子が、気持ちよさそうにしている…)幹子は、ショックだったが、おとなしく見ている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
251位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター