fc2ブログ

「逮捕しちゃう」第11話 先輩への陵辱

第11話 先輩への陵辱

 こうして、撮影が済むと2人は清子に寮まで送られ、神田と聖子の2人だけとなった。
「姉貴、うまく撮れたか?」
「勿論よ。ほら!」撮ったばかりの写真を吸い上げていく。
「それにしても、あの子はいい子よ。それに、友和に惚れているみたい」
「そうかな。たいしたことないと思うけど…」

 「馬鹿ね。お嫁にするなら、あの子にするのよ。私も手伝うから」
「僕は、あの子より、姉貴が好きなんだ…」そう言うと、聖子に抱きついた。
「異母兄弟なのよ。そんなの無理でしょう」だが、聖子は、拒もうとはしない。
「戸籍は何とかごまかそうよ。そして、一緒になろう」乳房を吸いながら、淫裂に肉竿を押し当てた。

 「ダメ。午後もあるのよ。大丈夫なの?」
「大丈夫だよ。姉貴のオ○ンコに出させて」根本まで、肉竿が入り込んだ。
「今は危ない日だから、出しちゃダメよ。来週なら、出させてあげる…」
「約束だからね。約束破ったら、姉貴の素っ裸をばらまくよ」
「約束する。だから、今日は出すのを我慢して…」聖子が約束すると、肉竿の動きを速めたのか「ピシャ、ピシャ!」淫裂から音が出ていく。

 暫く、正常位で抱き合っていたが「私にもやらせて。でも、今回限りよ…」聖子は神田に跨り、騎乗位になって、肉竿を淫裂に迎えた。
「いい。お嫁はあの子よ…。他の人に取られないようにするのよ…」聖子は幹子が気に入ったようだ。
「わかった。努力はするよ…」元気ない返事をしながら、揺れる姉の乳房を揉んでいく。
「それなら、姉さんも頑張る」聖子は、腰の動きを速めた。

 「ピシャ、ピシャ!」音が響いていくと「姉貴、出そうだ…」
「出さないで。姉さんが飲んであげるから」急いで腰をずらし、股間に顔を埋め「ウグ、ウグ!」肉竿を唇で擦り出す。
「気持ちいい。姉貴にされるなんて、夢みたいだ…」次第に神田も登り詰め、限界になったのか、噴射を始めた。
聖子も動きを停めて、弟の精液を残らず「ゴクン!」と飲み込む。

 「友和。姉さんのは、どうだった?」
「凄く上手だった。風俗もやっていけるよ」
「風俗か…。それもいいわね、女医も飽きてきたし」
「姉さん、そんなのダメだよ。姉さんは僕の物なんだから」
「冗談よ、風俗なんてやらないわよ。それより、午後は大丈夫なの?」萎縮した肉竿を撫でながら言う。
「大丈夫さ。まだ若いから」

 「そうね、まだ若いしね。それだったら、栄養たっぷり取ってよ。今日はおごるから」聖子は役目のしない下着を脱いで、普通の下着を着だした。
「白もいいね。清潔感あって」
「見ないで。もう終わり!」背中を向けブラジャー、パンティと着けた。
「俺も着るか…」2人は服を着込むと、繁華街に向かった。

 一方、寮まで送られた2人は、時間を持てあましていたから、繁華街へと向かう。
繁華街は、日曜日という事で、人で溢れている。
そんな中「みて、早苗さんよ」元気なく歩く、早苗を見つけた。
「なんか、変よね。元気ないし…」
「そうね。いつもと違う」2人は、早苗に気付かれないように、後ろを歩いていくと、町中から静まりかえった、ビルへと向かった。

 「見て。あそこに入ったわよ」2人も後を追うと、そこは事務所らしいが、人がいる様子はなく、早苗は階段を登って、上へ行く。
「行こう!」気付かれないように靴を脱ぎ、手に持って素足で後を追い、4階程上ると屋上になった。
2人も屋上に出ると「わかっているだろうな!」大きな声が聞こえる。
(人がいる!)身を隠し、声の方へと向かうと、3人の男が早苗を取り囲み、女も2人いた。

 それには「!」声を上げる寸前だ。
(どうして、ここに…)午前中、2人が相手をした相手だから、驚くのも無理はない。
「あんたのお陰で、大損したのよ。わかっているわよね?」
「ですから、この通り謝ります…」土下座してして謝ると「それくらいで、許せる分けないでしょう、素っ裸になって謝るのよ!」地面に着けた頭に、清子が靴を履いたまま
乗せた。
早苗は「う、う~!」悔しいのか、涙をながし泣き出した。
「泣いたってダメだ。脱がないなら、この写真をばらまくが…」写真を放ったが、2人には見えない。

 (何の写真かしら?)気になっていると「お前のオ○ンコが、ばっちり、写っているぞ!」怒鳴り声もする。
(ヌードだわ。早苗さんもヌードを撮られたんだ…)顔を強ばらせて見ていると「脱ぎます…。ですから、写真だけは…」泣きながら、立ち上がった。 
 
 早苗は、克子と早苗に背中を向けて立ち、服のボタンを外し、服を脱ぐと、下着は着けてないから、上半身が露わになった。
「いい乳してるじゃないか。風俗でも稼げるぞ」正面からだと、乳房が見えるから冷やかすが「イヤ、そんなの、イヤ!」泣きながら首を振った。
「泣くよりも、裸だろう。早くオ○ンコ見せろよ」
「わかりました…」素直にスカート脱ぐと尻が見える。

 「ほう、約束通りに剃ったか。手間が省けた。まずは、素っ裸を撮ってからだ!」
「撮らないで。これ以上いやです!」
「イヤなら、この写真だが、どうなってもいいんだな?」
「それは、やめて下さい!」
「イヤなら、どっちかを選べ!」
「ヌードを撮って下さい…」小さな声で言った。
「物わかりがいいわね。早速、撮るわね」女が、カメラを向けて撮り出すと「う、う、う!」泣き声も大きくなっていく。

 暫く撮ると「あれで、行きましょう!」撮っている女が、催促した。
「待っていました。まずは、俺からだ!」ズボンを脱ぎ、パンツを脱いで、Tシャツ1枚になると早苗に抱きついた。
「イヤ、セックスはイヤ~!」叫んでも、マットが敷かれ、その上に寝かされる。
「入れないで~。何でもしますから、入れないで~!」
「今更遅いよ。おとなしく、やらせるんだ!」肉竿が、早苗の胎内を突くと「ヒ~!」膣の痛みに悲鳴を上げた。

 「痛いか。だったら、お前がこれを濡れ!」チューブを手渡した。
早苗は、それを受け取ると、抜かれた淫裂に指で塗っていく。
「痛い思いをするのはお前だぞ。丁寧にやれ!」言われるまま、2回程塗ると「もういいだろう、仕切り直しだ!」また、肉竿が押し込まれた。

 だが、前とは違って「あ~!」喘ぐ声になっている。
「痛くないだろう。もっとやるからな!」乳房を握りしめ、腰の動きを速めると「あ、あ、あ~!」完全に、悶え声になっている。
それを、隠れて見ていたが(どうしよう。早苗さんがレ○プされている…)助けたいが、相手を知っているから、どうする事もできない。
それに、本当のレ○プかどうかもわからないから、様子を見るしかなかった。

 2人がおとなしく見守ると「イヤ、お腹はイヤ~!」悲鳴を上げた。
「安心しろ。後で医者に連れてってやるから…」放出を済ますと、肉竿を抜いた。
「あら、一杯出されたわね。このままだと、赤ちゃんできるわよ」女が、カメラで淫裂を撮りながら言うと「う、う、う!」また、泣き声が上がった。
「産みたくなかったら、最後までつき合え。医者に連れて行くから!」二人目の男が、早苗を跨らせた。

 「やり方は、わかっているよな。お前がやるんだぞ!」腰を掴んで、上下に振りだした。
「許して、何でもしますから…」これ以上、体を汚されたくないから叫ぶが、許される訳などない。
男に跨り、腰を振っていくと「いや~!」また、悲鳴を上げて、淫裂から精液を漏らしだした。
それを「いいわね。2回も射精さるなんて。羨ましいわ」皮肉を言いながら、カメラに納めていく。
「最後は俺だ!」3人目の男が挑むと、早苗は四つん這いにされる。
「う、う、う~!」泣きながら、後ろから淫裂を突かれだした。

 2人は、おとなしく見ていたが(もう、帰ろう…)顔を見合わせ、頷くと足音を立てずに、屋上から階段を下って、ビルの外に出た。
ビルの外に出ると冷静さが戻り「本当に、早苗さんかしら?」疑問になってきた。
「それに、レ○プしていた人もよ。信じられなくなってきた…」2人は、また繁華街に戻って歩いていくと「病院よ、あそこに来れば間違いないわ」自分の時を思い出した。
「必ず来るはずよ。あそこで待っていよう」2人はバスに乗り、聖子が勤務する病院へと向かった。
 
 バスに乗り込み、10分程走ると、病院前に着いた。
玄関から入ると、休日なので診察は行っておらず、見舞客がいるだけだ。
「ねえ。確か、神田聖子っていてたわよね?」受付にある担当医師の名前を見ていると、確かに聖子の名がある。
「6時からの夜間担当よ。まだ早いわよね」
「後、30分もあるわね。ここで待とう」2人が椅子に座り、気づかれないように、遠くから入り口を見守った。

 2人が世間話をして、暇をつぶしていると、時間もあっという間に過ぎて、6時になった。
「6時か。もう、来ていいはずよね」早苗はなかなか現れず、30分も過ぎた頃に「見て、来たわよ」聖子と清子はいないが、2人に連れられて早苗が現れた。
「間違いないわ。あれは早苗さんよ、それに男は…」2人が、顔を背けながら見守ると「婦人科」と書かれた診察室に入った。

 「聖子さんは、どうしたのかしら ?」
「そうか、職員は別な入り口があるんだ!」
「じゃ、聖子さんかどうかは、わからないんだ…」
「そうだね、とにかく、もう帰ろうよ」
「そうしよう」2人は入り口から出て、バス停に向かいバスに乗って繁華街に出た。

 繁華街を歩いていると「あら、珍しいわね」この前の、エステ嬢が声を掛けてきた。
「たまには、通りも歩かないと…」
「そうよね。気晴らしにはいいかも。それより、暇だったら付き合ってくれない。面白い物が見られるのよ」
「面白い物って、なんですか?」
「見ればわかるわ。すぐそこだから」エステ嬢の後を追って歩いていくと、薄汚れた建物がある。

 不安な顔をすると「怖がらなくていいわよ、女しかいないから」手招きしている。
2人は顔を見合わせて、中に入ると狭い店内には、確かに女性しかいない。
「言った通りでしょう。もうすぐ始まるから」3人は奥のテーブルに座り、水割りを注文した。

 それと同時に「お待たせしました。今夜は、今までになかった特別ショーを行います」店長と思われる女性が声を張り上げて言うと、店の明かりが暗くなった。
暫くして、ステージと思われる狭いスペースに、スポットライトが当てられと、全裸の女性が立っている。
(あれは、早苗さんだ!)その女性を見るなり、2人は声を上げそうになった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター