fc2ブログ

「逮捕しちゃう!」第14話 ダンス

第14話 ダンス

 それから1週間が過ぎた頃、チームリーダーの早苗は皆を集めた。
「これからは、仕事が終わってから、毎日1時間練習するからね」今後の計画を打ち明ける。
「仕事が、終わってからか…」残業代も出ないから無理もないが「これは職務よ。受けたからには、やらないとダメでしょう!」責任を強調している。

 そう、言われれば逆らえず、明日から練習となったが「練習着はどうしたらいいの。私持ってないわ」「どこで練習するの?」質問が相次いだ。
「練習着は体操着で十分、場所は会議室よ」テキパキに応えて、質問が終わると職場に戻って仕事を始める。

 翌日、勤務が終わると、4人は体操着に着替えて会議室に集まった。
「まずは、この曲を聴いて覚えるの」スイッチを押して、音楽を流す。
「いい、私の真似をして!」音楽を流すと、早苗は踊り出した。
皆、真似して踊るが、なにぶん、初めてだから早苗のようには行かない。

 「焦らないで。まずは、動きだけ覚えるの」手足を伸ばし、腰を振ったり姿に「凄い、早苗さんがあんなに綺麗だなんて、信じられない…」汗を流して、手足を組み合わせ踊る姿に皆が酔いしれた。
「顔が、もっと良かったら、芸能人になれたかも…」
「顔じゃないわ、髪型よ。ショートカットにすれば最高よ」
「そうね、宝塚の男優見たくね」勝手なことを言うと(ショートカットで、宝塚か…)早苗にも聞こえており、満更でもないようだ。

 こうして、1時間程練習を済ますと、着替えて署から出ると「まだ早いから、今夜、飲みに行かない?」幹子が提案すると「今日は遠慮させて。大事な用事があるから」早苗が言う。
「リーダー不在じゃ、意味ないしね。次にしよう」
「ごめんね。必ず付き合うから」早苗は、皆と別れて歩き出した。
「早苗さん、大事な用事って何かしら?」
「もしかして、デート?」勝手に想像している。

 翌日、幹子と克子がいつものように着替えていると「おはよう!」明るい声がする。
振り向きながら、返事したが「おは…」声が停まった。
「早苗さんさんだよね?」
「そうよ、緒方早苗よ」笑顔で応えた。
「信じられない、綺麗になって。まるで、宝塚ジェンヌみたい…」食い入るように見つめると「恥ずかしいわ。そんなに見なくて良いわよ」着替えを始めが、後から着た婦警達も「おは…」早苗の変貌に声が続かなかった。

 それは、男性も同じで「本当に緒方か?」職場で取り囲まれている。
「ええ、緒方ですよ」
「失敗した。お前を嫁にすれば良かった!」
「俺もだよ。髪型を変えると変わるんだ…」皆が感心して見つめていると、他の部署からも訪れ「ほんとに、緒方か?」声が掛けられた。

 早苗の変貌は、あっという間に署全域に知れ渡り、噂になっていたが5時になると、会議室でダンスの練習をしていく。
音楽が流れ、それに合わせて踊るが不揃いだ。
それでも「昨日より大部良いわよ。今日は、もっと良くしようね」褒めながら手本を示している。

 練習を始めてから、1週間が過ぎた。
早苗の踊りに、皆が付いて行けるようになり、乱れがなくなっている。
「凄く良いわよ、もう1回ね」音楽を掛けようとしたら「見学させて貰うよ」署長を先頭に、幹部達が入ってきた。
「まだ、1つしか、レパートリーがありませんが…」
「構わない。やってくれ」音楽が流れると、4人は一糸乱れず踊り出した。
髪を振り乱し、手足をくねらす姿に「お~!」と驚きの声もあがった。

 音楽は5分程で終盤を迎え、踊りも激しくなって、流れる汗も多くなり、したたり落ちる頃に、鳴りやんだ。
署長は「凄いよ。たいしたもんだ!」手を叩いて褒めるが「これだけしかないんです。チームなら、最低5曲は踊れないとだめです…」
「5曲か、後どれくらい掛かりそうだ?」

 「最低1ヶ月、いえ、2ヶ月は掛かると思います、何せ、素人ですから…」
「2ヶ月か。何とかなりそうだな。是非頑張ってくれ」署長が出ていき、幹部も出ていくと「緒方、これは、署長の差し入れだ」のし袋を課長が渡した。
「署長~。ありがとうございま~す!」皆が大きな声で言うと、満足そうに頷く幹部達だ。

 皆が帰り、のし袋を開けると現金が入っており「これで飲もう!」話がまとまり、後かたづけを済ますと、着替えを済ませて町に出た。
「1人3千円の予算ね。スナックか、赤提灯かな」
「だったら、スナックにしよう」皆で、安そうなスナックに入ったが「いらっしゃい…」店員は言葉が続かない。

 「どうか、したの?」
「いえ。皆さんお綺麗ですから、驚きまして!」
「そんなことないわよ。奥、空いてるかしら?」
「そんな、奥だなんてもったいない。ここに座って客寄せになって下さいよ。その分、サービスしますから」
「本当にサービスするの。嘘付いたら逮捕しちゃうわよ」
「約束します。お一人、千円分サービスします」4人は入り口近くに座らされた。

 「なんか、得したみたいね」気分よく話していると、注文した飲み物が届き飲み出した。
飲み出しすと、客が入ってくるが、4人並んだ姿に驚き、ジッと見てから隣のテーブルに座った。
同じように、次の客も、4人から近いテーブルに座り、奥の方だけが空いている。
アルコールも回り、話が弾んでいると「驚いた、美人揃いじゃないのよ!」声を上げ、また客が来た。

 客の声に振り返ると「聖子さん!」声を出す幹子だ。
「聖子さん、お知り合いなの?」
「ちょっとだけ。後で連絡するわ」奥のテーブルに座って、連れと話し出す。
(何も、なければいいけど…)怯えながら飲む3人だ。

 飲み出してから、2時間は過ぎて「もう帰らないと…」皆が、帰ろうと準備をすると「あちら様からの差し入れでして…」聖子から飲み物の差し入れがあった。
(何かあるわ。ただで、済む分けない…)そう思いながら、礼を言って飲み干した。

 案の定、翌日にいつものパトロールをしていると、携帯に神田から「日曜の9時に迎えに行くけど、黒の下着を着ておけ」と連絡が入った。
「また、セックスさせられるかしら?」
「それだけなら良いけど…」不安を抱きながパトロールをしていく。

 そして、日曜日になり、言われた通りに黒い下着を着て寮を出ると、神田と聖子が待っていた。
その車に乗ると走り出し、郊外に向かって5分程走り、人影のない静まり返った公園に着いた。
それと同時に、もう1台も着き、小野と早苗、それに鈴木が降りてくる。
「時間に、限りがあるから急ごう」7人は公園の中に入っていく。
「いいね、誰もいなくて」確かに、人の声すら聞こえず、歩いていくと木立に囲まれた芝生がある。

 「あそこだ!」皆が芝生の所に来ると「脱いで、下着姿になって!」聖子はカメラの準備を始める。
(ヌードを撮る気だ…)今までの体験から予想して服を脱ぎだした。
3人がシャツを脱ぐと、黒い薄地のブラジャーが覗く。
(早苗さんも買ったんだ…)周りを気にしながらスカートを脱ぐと、皆が透けたパンティ、ストッキング、ガーターベルトと黒尽くめになっている。

 「今日はビデオよ。しっかりやって。まずは、ダンスから!」スイッチを入れると、練習している曲が流れ出す。
(やるしかない…)3人は、曲に合わせて踊りだす。
「いいじゃないか。これはいいよ!」神田もカメラを構えて撮りだす。
「俺も撮らないとな…」小野と鈴木も、カメラで撮りだした。

 音楽は5分程で終わった。
「ブラジャー脱いで。今度は、オッパイ丸出しでやるの」
(オッパイを晒すなんて…)やらないと罰を受けるから、背中のホックを外して乳房を露わにする。
「行くわよ!」音楽が掛けられ、3人は音楽に合わせて体を動かしていると、乳房が円を描いて揺れていく。

 「最高だぜ!」「本当ね」3人は笑顔で撮り続け、音楽が終わると「パンティも脱ぐのよ」淫裂も晒すよう命じた。
「性器まで撮るなんて…」呟きながら、パンティも脱ぎ、ガーターベルトとストッキングだけを身に着けて踊り出した。
(これを見られたら、大変なことに…)目からうっすら、涙を流しながら乳房を揺らせ、淫裂を晒して踊り続けた。

 (早く終わってよ!)祈りながら踊っていると、願いが通じたのか、音楽が鳴りやんだ。
「もう、いいぞ!」やっと終わったと思い、3人は脱いだパンティ、ブラジャーと着けようとした。
「終わったのは踊りだ。これからオ○ンコをやるんだ。勘違いするな!」そう言うと男の3人はズボン、パンツと脱いで下半身剥き出しになる。

 「そこに3人、仰向けになるのよ。相手を選んでフェラして」聖子が指示する。
(相手を選べだなんて…)顔を見合わせてから、幹子は神田、克子は小野、早苗が鈴木と選んでフェラを始める。
「フグ、フグ!」唇を動かしていくと、肉竿がカチカチになってくる。
(こんなところで、セックスなんてイヤよ。見られたらどうするのよ)誰も来ない事を祈りながら、唇を動かしていくと「本番やって、馬乗りよ!」聖子が言う。

 渋々、馬乗りになると「あ~!」淫裂に肉竿が入り込み、声を上げた。
「音楽を流すから、合わせてやって!」音楽が流され、曲に合わせて腰を動かし出した。
(撮らなくても、いいわよ…)そう、思うが3人の正面から、カメラが撮っている。
音楽が流され、腰の動きも揃っているから圧巻で「あ、あ、あ~!」喘ぐ声も揃っていた。
「いいわよ。いい画が、撮れる!」満足そうにカメラを構えていると「イヤ、お腹はイヤ~!」悲鳴が次々と起こり、淫裂から白い液体が漏れだした。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
306位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター