fc2ブログ

「逮捕しちゃう1」第16話 後輩への陵辱

第16話 後輩への陵辱

 一方、聖子と神田は、聖子のマンションに戻って写真を見ていた。
「姉貴、これ凄くいいよ。興奮しちゃう!」ストキングとガーターベルト姿で踊る3人に興奮している。
「そうね、私もオ○ンコが疼いてくる…」聖子も興奮気味だ。

 「姉貴、だったらやろうよ。我慢できないよ!」聖子に覆い被さり、シャツを捲り上げていく。
「いいわよ、やらせてあげる。今日は特別で、オ○ンコに出してもいいからね」不自由な姿勢でスカートを脱いだ。
「うれしいね。それなら、頑張らないと…」神田もズボンを脱ぎ、パンツを脱いで、下半身剥き出しになった。

 「入れるよ!」パンティを掴み、引き下げると、淫裂に肉竿を押し当てた。
「入れて。濡れてるから大丈夫よ」その言葉に、肉竿が膣穴から入り込んだ。
「姉貴、行くよ!」入り込んだ肉竿がピストンを始めた。
「クチャ、クチャ!」淫裂から音が出ていくと「オッパイにも、オッパイも吸って…」虚ろな顔でせがんだ。
「わかっているよ」乳房を掴み、乳首を吸いながらピストンしていくと「いいわ、凄くいい…」満足げに言う。

 神田がピストンを速めると「抱っこしたまま、オ○ンコして…」聖子は駅弁での体位を求めた。
「駅弁でやりたいのか?」
「あれでやって。ホントにやってみないと、快感がわからないし…」
「わかった。掴まって!」聖子が両手で首を抱きしめると、神田は太股を抱えて、立ち上がった。

 「行くよ!」腰を動かして行くと「あ~!」声を上げた。
「痛いのかい?」
「チンポが、オ○ンコの奥まで突いてくる…。一番、奥を突いてくる…」口をパクパクさせている。
「姉貴のオ○ンコが、チンポを締めていくよ。本当に出すからね」神田も登り詰めた。
「出して。オ○ンコに一杯出して!」その言葉が言い終わると同時に「いいわ、オ○ンコの中が気持ちいい…」射精され、精液が膣内を漂っていく。

 射精を済ますと聖子は降ろされた。
「友和、私とのオ○ンコは、これが最後だからね」
「姉貴。出したけど、ホントに大丈夫なの?」
「安心日よ。それに、これを今飲めば平気なの」薬を見せた。
「さすが、女医だね」笑顔の神田だ。

 「そんな事より、聞いた話だけど、警察署でダンスチームを作ったらしいのよ」
「それだったら、知ってよ。チームは4人で3人は幹子、克子、早苗だよ」
「問題は残りの一人よ。後藤有紀って、言うらしいけど、邪魔にならないかしら?」
「そうだな、漏れる恐れがあるよ…」
「だから、その子も手なずけないと、後が大変よ」
「そうだよな、何とかするか…」神田は思案して電話を掛け「俺だ。明日、店に来るんだ。4人でだぞ…」誰かと話している。

 翌日、早苗は「新しいのをやるから、よく見てて!」模範演技をして、それが終わると「皆もやるのよ」音楽を流して踊り、皆にも踊らせた。
「まだ、まだね。初めてだから仕方ないかな。もう1回!」また、音楽が流され練習が続いた。
練習を終え、署から4人が出ると「たまには、あそこで飲まない?」誰となく言う。

 「あそこって、どこですか?」
「有紀は、知らないかもよ。ホストクラブよ、いいところがあるの」
「おもしろそうね。話の種に行ってみたいわ」
「有紀が言うなら決まりね」4人は神田が待つホストクラブへと向かった。
店では「いらっしゃいませ!」笑顔で神田や小野達が出迎え「いい男達ね」有紀も満足顔になっている。

 「ねえ、奥の部屋空いてる?」
「はい、御案内します」4人は個室に入って飲み出すと「一緒させていいですか?」神田達4人が、それぞりの隣に座り、馴れ馴れしく手を伸ばして抱きしめていく。
有紀は酔いが回りだしたのか、ホストの胸に顔を埋めて、抱きついている。
「お嬢さん、かなり酔いましたね」有紀を抱きしめ、服の上から胸を撫でだした。

 それをきっかけに、早苗達3人も胸を触られ出した。
「ここじゃイヤ。誰もいないところで…」小さな声で言うが、シャツ、ブラジャーをを捲り上げ、乳房を露わにされて、3人は互いに、見せ合う格好になっている。
それには、恥ずかしいのか、顔を背けていた。

 有紀も、同じようにシャツが捲り上げられ、白いブラジャーも捲り上げられた。
ホストは露わになった乳房を「とても、綺麗ですよ」撫でだすが「う~!」意識朦朧の有紀は声を上げたが、反応はない。

 「お嬢様、かなり酔われましたね。ここでは何ですから、お送りします」服を戻されると「早苗、一緒に来るんだ!」神田と小野に抱きかかえられ、有紀は車に乗せられた。
「有紀を送ってくるけど、2人はどうする?」早苗が言うと「もう帰る…」幹子と克子が言う。

 そこで、4人は別れたが、有紀と早苗は神田のマンションに連れ込まれた。
「お願い、有紀にだけはしないで!」
「そうは行かないんだ。お前が、オ○ンコやってるのを、見られたらしいし…」
「セックスを見られだなんて、どうしてわかるの?」
「公園で、セックスしてるから、取り締まりをやった方がいいと言ってるそうだ」

 「そんな、見られただなんて」泣き出す早苗だが「安心しろ、誰だかはわかってないから」早苗も手伝わない訳には、行かない状況になっていた。
「わかりました。手伝います…」意識のない有紀を部屋に運ぶと、服を脱がし出した。

 下着も脱がせ、全裸にすると神田の肉竿で淫裂を突かれた。
「やっぱり処女だ。うれしいぜ」肉竿が動いて、カメラに収まった。
「さて、この後だが…」幹子と克子の時のように、ディルドーを淫裂に押し込み、カメラで撮った。
それに、自分で喪失したかのように、手に持たせた。

 「いい女だな。俺もやりたいな…」小野も露わになった乳房を撫でるが「今はダメだ。後でタップリやらせてやる。とにかく撮らないと」これでもか、という程、有紀の裸をカメラに収めると、3人は出て行き、有紀だけが残された。

 意識のない有紀も、次第に意識が戻り「そんな~!」淫裂から流れ出た鮮血に悲鳴を上げた。
「どうして、ここに…」淫裂を拭き、泣きながら脱がされた服を着て、マンションから出た。

 翌日の昼休みに、神田は有紀を呼びだして、昨日の事を告げたが「嘘よ、そんな事してない!」泣きながら否定するが「こんな写真もありますよ」と幹子や克子にしたよう
に「日曜日だぞ。それに、これを着てくるんだ!」紙袋も渡して別れた。
同じように神田は早苗達3人に電話を掛けて日曜日に集まるよう指示した。
ただ、時間が有紀の時間より、30分は遅れていた。

 数日が過ぎて日曜になり、早苗達3人は神田が指定した場所に集まった。
「どういう、つもりかしら?」
「きっと写真だわ。黒い下着を着せられたから」
「人前でなければいいんだけど…」不安を抱きながら待つと「乗れよ」神田の車が寄ってきた。

 3人が乗り込むと、見覚えのある聖子のマンションに着き(ヌードを撮られる…)顔を強ばらせながら車を降りて、聖子の部屋に向かった。
部屋の前に来て、ドアを開けて中に入る「見ないで~!」聞き覚えのある泣き声がした。
「有紀!」「ヌードで!」両手を上にして縛られ、黒いストッキングとガーターベルトだけを身につけ、カメラに収まっていた。
乳房は勿論、無毛の淫裂には肉竿が入っていて、3人に乳房やクリトリスを触られていた。

 「見ないで、お願いです…」大粒の涙を流しながら泣いているが「泣かなくていいわよ。あなたの仲間なんだから」聖子が撮っていく。
「そうだよ。お前達も脱がないとな。一人だけ裸じゃかわいそうじゃないか」神田はニヤニヤしながら言う。
「わかりました。脱ぎます…」項垂れた早苗が服を脱ぎ出すと、幹子と克子も脱ぎだした。

 ボタンを外し、シャツを脱ぐと、スケスケの黒いブラジャー姿になった。
「早苗さん、それに皆も…」泣いていた有紀も見つめ、スカートも脱ぐと、同じ、黒いパンティだがスケスケで、淫裂がうっすら見える。
それに、黒いストッキングとガーターベルトは異様な感じがする。
「さすが婦警だ。4人も同じ衣装だなんて、うれしいよ。オッパイとオ○ンコも見せてくれよ」
(着ろって、言ったくせに…)唇を噛み、ブラージャ、パンティの脱いで、乳房と淫裂を晒した。

 「ほら、3人も縛って!」聖子に言われ、3人も両手を縛られて、上から吊り下げられた。
「いい画が撮れそうだわ。ほら、脱いで!」神田も脱いで、全裸になると「後ろからオ○ンコして。それに向き合うの…」4人の婦警は向き合わされ、足を開かされると「始めて!」聖子の合図で淫裂が突かれだした。
「あ~!」「イヤ~!」準備の出来てない淫裂に痛みが走り、顔を歪めているが(有紀も痛そう…)向かいの有紀も、膣の痛みに、顔を歪めている。

 それでも、容赦なく肉竿がピストンされ「ピシ、ピシ!」肉同士のぶつかる音が響いていく。
「いいわ、最高よ。でも、出すのは、まだまだよ」カメラで撮り続けたが「今度は馬乗りでやって!」肉竿が抜かれ、両手が解かれた。
「やり方、わかっているわよね。見習えばいいのよ」有紀に声を掛けたが「許して…。膣が痛くて出来ません…」泣き顔だ。

 「見せて。直してあげるから」聖子はカメラを置いて、有紀の淫裂を開いた。
「まだ、大丈夫よ。薬があるから、オ○ンコに塗って!」男にチューブを渡す。
「私も、痛いです。どうせなら、気持ち良くやりたい…」
「私もです…」3人が言うと「わかったわ、ほら塗って。限りがあるから、チンポだけ塗ってね。オ○ンコには、この子だけよ」肉竿にゼリーが塗られ、有紀だけは淫裂にも塗られた。
「準備は出来わね、仰向けよ」4人の男が仰向けに寝ると、その男を跨いで馬乗りになり、肉竿を掴むと淫裂で吸い込んだ。
4人はゼリーを塗ったから、痛みは感じず、返って「あ~!」と、快感を感じている。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
270位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
21位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
薄倖の星の下に(15)
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
恥辱の美姉妹 連載中
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警(11)
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
記事数メーター