FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「逮捕しちゃう!」第18話 お披露目

第18話 お披露目

 講堂から、着替え室に戻ると、緊張感が解けて、和やかになっている。
「みんな、よかったわよ。これからも頼むからね」早苗はレオタードを脱ぎだした。
皆も脱ぎ、下着も脱いで、汗を拭いていく。
「有紀、よかったわよ」タオルで拭いていくと「早苗さん、あそこにも…」手を淫裂に導く。

 「ここが欲しいの?」タオル越しに、淫裂を撫でると「変な夢ばかり見るんです。セックスしている夢ばかりで、パンティを濡らして…」と言い出した。
「溜まっているのよ。オナニーしてる?」
「オナニーしても、夢を見るんです…」

 「どんな夢なの?」
「笑わないでくださいね。早苗さんと抱き合う夢です…」言い終わると、恥ずかしいのか背中を向け、下着を着けだした。
それには、幹子と克子はあっけにとられているが「光栄だわ。有紀と抱き合う夢なんてうれしい」早苗は有紀を抱きしめ、唇を押しつけた。
「早苗さん、こうやっていたい…」有紀も抱き返すが「仕事があるのよ、それが済んでからよ」服を着させる。

 「早苗さん、有紀とやったらどう。私もやるから」
「そうね、有紀のためだし。場所が問題ね…」悩んだ末にフィットネスクラブを選んだ。
着替えを終えると、ダンス着を紙袋に仕舞い、室を出ると同僚も講堂から出て「緒方、今夜飲もうよ、おごるから」「俺もおごるぞ」4人に、誘いが相次いだ。

 「今日は無理ですから、いずれ…」丁寧に断って、職場に戻り時計を見ると12時半だ。
「間に合うあうかしら?」ダメで、元々だから、早苗は電話を掛けた。
「あ、昨日お世話になった、緒方ですが…」頼子と繋がると「実は、お願いがありまして…」場所を貸して欲しいと頼むと「何に使うの?」と聞かれ、周りに人がいないのを確認してから「4人で楽しみたいんです…。レズを…」それだけしか言えない。

 「そう、レズか…。使ってもいいわ。ただし…」頼子は、自分も参加させる条件で、承知した。
頼子が承知ると「今日は練習無しよ。頼子さんの所でミーティングするから」3人に連絡して食事を済ませ、待機した。

 5時になった。
4人は、勤務を終えると着替えをすませて、クラブへと向う。
クラブの受付へ行くと「待っていたわよ!」頼子が迎えに出ており、あの洋間に案内された。
「早苗さん。早速だけど、この子とするわ」克子を抱きしめ、カップルが決まった。
「有紀、私ともやるのよ」幹子が有紀を抱くと「喜んでするわ」有紀も抱き返す。

 早苗も「今日は、私がやってあげる!」服の上から胸を撫で、唇を吸うと有紀も吸い返し「ここは私にさせて…」幹子の手が、スカートのホックを外した。
同じように「頼子さんのお陰で、うまくいきました」克子も頼子に抱きついていく。
「それは、よかったわね。今度は、私に奉仕する番よ」
「わかっています。ですから…」克子の手が、スカートのホックを外して、引き下げると「うれしいわ、わかって貰えて」頼子も克子のスカートを脱がせた。

 5人は、下着も脱いで全裸になると、淫裂を互いになめていく。
「有紀にもしてあげる!」幹子は、舌で淫裂をなめながら、指で優しく撫でだした。
「いいわ。オナニーなんて、目じゃない…」気持ちよさそうに、受け入れていると「ここにもよ」早苗が上を脱がし、乳房を撫でながら乳首を吸う。
「気持ちいい…。早苗さん…」有紀の淫裂からは、淫汁が溢れだし、快楽に酔っている。

 暫く愛撫をすると「交代よ、今度は幹子の番よ」今度は、幹子が早苗と有紀に、乳房と淫裂を愛撫される。
舌と指が、淫裂を撫でていくが、何か物足りない。
(レ○プされてもいいから、オチンチンでされたい…)乱暴に突き刺す肉竿が、恋しくなっている。

 ダンスは、署内での演技が評判良く、高校でもやる事になった。
4人は、署の幹部達と高校を訪ね、有紀と早苗は犯罪について講演し、幹子と克子は交通安全の講演をし、その後に、幹部が全般の話をしていく。
4人は幹部が講演している間に、着替えなければいけないから忙しい。
下着は、事前に着ていたからいいが、タイツを履くのが大変で、肌に密着するから時間が掛かる。

 それが終わると、レオタードを着けて出番を待った。
それから間もなく「出番だ!」幹部から言われ、講演した舞台に立つと、生徒も驚き顔になった。
「こんにちわ~!」大きな声で喋り、経緯を話して音楽を掛ける。
それに合わせて4、人が踊り出すと「キャ~!」女生徒の黄色い歓声が響いていく。
その歓声を聞きながら、足を上げ、体を捻りながら5曲を踊り終えると、拍手と歓声が鳴りやまない。

 しかし、4人は何時までもいる訳には行かず、戻ると婦警の制服を着た。
「よかった、受けたみたいね」
「そうみたいよ」安堵していると「馬鹿受けだね、こんな事は初めてだよ」幹部も機嫌よかった。

 この、ダンスチームは他の高校にも瞬く間に広まり、防犯と交通安全の講演と一緒に依頼が来た。
署長もそれには「俺の考えが、当たったな!」機嫌がよかった。
署長は依頼された高校に、幹部と4人を派遣して、講演とダンスを踊らせ、評判になったが、巷でも噂になっている。

 どこで聞いたか「友和、4人のダンスが見たいって言うのよ」聖子が頼まれたようだ。
「平日は難しいよ。勤務があるから…」
「土曜にしようか?」
「それなら、何とかなるな。相手は誰だ?」
「私の友達なの」
「あの、レズ仲間か。だったら、素っ裸で踊らせて、金を貰った方がいいぞ」

 「それいいわね、考えてみる」
「ほら、あのスケスケを、踊るたびに脱ぐなんてどうかな。男なら興奮するけど…」
「女だって同じよ。その手で行くわ」
「しかし、あいつら迎えに行くのが面倒だよな。ここに住めたら、毎日オ○ンコやれるのにな…」
「馬鹿言ってないの。第一、体が持たないわよ。でも、一緒に住ませるって、良い考えよ」聖子はなにやら思案した。

 翌日の夕方、2人は実家の両親を訪ねた。
「よく来たな、あがれ!」近くに住むのに、稀にしか来ない2人を、中に迎え入れた。
「友和さん、久しぶりね」義母の晴美も、笑顔で迎え入れたが、父親の輝友は「困った事があるようだな」2人を見抜いた。

 「言いにくいんだけど、お金の無心に来たの」
「何に、使うんだ?」
「アパートよ。友達がアパート運営に失敗して穴を開けたの。その保証金で困っているのよ」
「どれくらいだ?」
「700万なの。それを払えば、名義もこちらになるの」聖子は嘘を並べている。
輝友は「話は聞いた。とにかく、泊まっていけ」2人を家に泊めた。

 その夜、神田はなかなか寝付けず、部屋を出ると「あら、起きていたの?」妻の晴美がいた。
「なかなか、寝付かれなくて…」
「あの日を思い出したのね」
「それもある。あの部屋でやったよね?」指さす先には、土蔵作りの建物があった。
「そうよ。あそこで、私を散々犯したのよ」

 「悪いと思ってる。親父への報復と思って、やりまくったし…」
「やられた身にもなって。聖子さんがいなければ、あなたの子を産むとこだったのよ」
「すまなかった。今でも、憎んでいるか?」
「憎んでいるわよ。妊娠させたまま、家を飛び出したんだから」

 「もし、家を飛び出さなかったら、どうする?」
「あなたの妻になるつもりだった。まだ、子供の妻にね」
「そうか、今でもそう思うか?」
「勿論よ。今でも、あなたの子を産みたいと思ってる」
「それだったら、産めよ。また、やってやるから」晴美と一緒に土蔵に入った。

 「ホントにやるの?」
「ああ。俺は本気さ」晴美の服を剥ぎ取りだした。
「やってもいいけど、妊娠だけはイヤよ。この年だし…」
「わかっている。その年で産んだら、危険だしな」晴美は、下着も脱がされ全裸にされた。
「オッパイが少し垂れたね。でも、ここは相変わらずだよ」股間の絨毛を撫で出す。
「友和さんも相変わらずよ。もう、カチカチだし」パンツを引き下げ、肉竿を掴み、擦っていく。

 「あのとき見たく、縛ってやろうか?」
「イヤ、縛られるのはイヤ。後ろからして」背中を向け、前屈みになると、淫裂が覗いた。
「わかった。後ろからやるよ」淫裂に、肉竿が押し込まれ、動き出した。
「ピシ、ピシ!」肉同士がぶつかっていくと「いいわ、凄くいい…」喘ぎ声が上がり出す。
「俺もいいよ、何年ぶりかな。今度は縛ってオ○ンコやりたい… 」
「ダメ、セックスは今回限りよ」
「わかった。今回限りのオ○ンコだ」友和は肉竿を動かし続けた。

 翌朝「友和さん、起きてください!」笑顔で、晴美が起こしに来た。
「まだ早いよ。もう少し寝かせて…」
「だめ。お父さんと聖子さんは、もう出かけたのよ。ほら起きて!」布団を引きはがした。
「わかったよ。その前に…」シャツを捲り上げて、下から手を入れた。

 「やめて、冗談はいや!」
「冗談じゃないさ。本気だよ」乳房を握りしめた。
「昨日、セックスしたじゃないのよ」
「昨日は昨日、今日は今日で、あの時見たく縛ってやりたいんだ」スカートも捲り上げた。
「わかった。セックスしてもいいわ。でも、絶対に、お腹に出さないで!」

 「出さないよ。あの時のようにやらせて」
「わかった。行きましょう」2人は、また土蔵に入った。
土蔵に入ると紐が置かれてあり「準備がいいね。タップリ犯すからね」
「いいわよ。乱暴に犯しても。膣が壊れるまで犯して…」
「そう、させて貰うよ」神田は晴美の服を剥ぎ取るように脱がして乳房、淫裂と露わにしていく。

 「やめて、レ○プはイヤ…」そう言いながら、虚ろな顔をして両手を柱に縛られた。
「いい乳してるよ。まだ、崩れてないし」その乳房にも、紐を巻き付けて縛り上げた。
「解いて、オッパイが痛いわ」首を振ると「まだ始まったばかりだ」ズボンを脱ぎ、パンツも脱いで晴美の太股を持ち上げた。
「入れないで、オチンチンは…。あ、あ、あ~!」肉竿が淫裂に押し込まれると喘ぎ声を上げ「ピシャ、ピシャ!」と肉同士のぶつかる音と一緒に響いていく。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/333-017501e6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん