fc2ブログ

「逮捕しちゃう!」第20話 野外ストリップ

第20話 野外ストリップ

 (お金を払ったって、売○をさせる気なの?)一瞬に、体が凍り付いてしまった。
だが「気持ちよくやろうよ」耕作はピストンを始め「親父、もうやっているのか、それなら俺もやるぞ」純一もコンドームを着け、ゼリーを塗ると幹子の淫裂に押し入れる。
「いや、いや~!」抵抗しても、舞子に両手を押さえられて抵抗できない。

 「おとなしくしないと、乳首を噛むぞ!」肉竿を根本まで押し込むと、ピストンを始めた。
「う、う、う!」克子は泣くだけしか出来ず、純一と舞子に辱められていく。
幹子と克子は、2人の男に交互に犯されたが、コンドームを着けていたから一安心だ。
「どう、気持ちよかったでしょう?」泣きながら、淫裂を押さえる2人の乳房が、舞子と慶子に揉まれていく。

 「もうやめて。これ以上、虐めないで下さい…」
「わかったわ。もう服を着てもいいわよ」その言葉に、2人は剥ぎ取られたパンティ、ブラジャーを着け、制服も着て婦警の姿に戻っていく。
2人も婦警の姿に戻ると冷静さが戻り、慶子の言った事が気になっている。

 「あの~。お金の事ですが…」
「ああ、金ね。聖子さんに、前金で20万払ってあるよ。2回だから10万だけど、2人分で20万と言われてね」
(私に売○させたんだ…)目の前が真っ暗になる2人だが、冷静を装い「もう、危ない運転はしないで下さい…」高校生の2人に注意し、家を出るとパトカーに乗って走り出
した。

 2人は、あてのないまま走り続けているが「克子、聖子さんに会おうよ」「もちろんよ、私も聞きたい事があるし」「決まりね、仕事が終わってから行くわよ」2人は署に戻って、時の過ぎるのを待った。

 5時になり、勤務が終わると、2人は着替えをして聖子の病院へと向かった。
「あら、これから行こうと思ったのよ。それより、洗わなくて大丈夫?」
「あれ、着けてました…」
「そう。それなら手間が省けていいわ」
「それより、お金のことで、話が…」
「ここじゃ、まずいわ。もうすぐ終わるから、待ってて!」2人が待合室で待っていると、10分程して現れ「行こうか」3人は病院を出て、アパートに向かった。

 アパートに入ると「さっきの話ですが…」幹子が問いただすと「1人5万だけど2人相手にしたから、10万で、私の取り分が3割の3万よ」そう言うと、2人に札束を手渡す。
「そうじゃありません。売○はしたくないんです…」
「今更、何言っているのよ。お金貰ってオ○ンコした方がいいに決まってるでしょう。ただのオ○ンコは、もうやらせないからね」
(言っても無駄だわ、どうしたらいいのよ…)黙り込む2人だが「これからも頼むからね」聖子は出て行く。

 「克子、どうしよう。売○したのよ」
「誰にも言えない…。有紀と早苗さんに、は知られたくないし…」
「そうよ。この事は秘密よ」2人が秘密を誓うと「あら、帰っていたんだ!」早苗と有紀が帰ってきた。
「そうなの。ちょっと、用事があって。それから、今日の当番は早苗さんよね?」
「そうよ。任せてね」2人は、何も知らない早苗と有紀に、笑顔で振る舞った。

 だが、聖子は怪しい行動を起こし、マンションに神田を呼び寄せ話している。
「あの4人の事だけど、これからの事もあるから、お仕置きしておいた方がいいと思うの」
「何か、あったのか?」
「今日、男を抱かせたのよ。そしたら、金は要らないって言い出したのよ」
「素直に受け取らないと言う事は、逃げ出す恐れがあるよ」

 「そう思うでしょう。だから、お仕置きしないと…」
「わかった、何とかする。それより、姉貴もお仕置きだな」
「何言っているのよ。私は何もしてないわよ」
「したよ。断りなく、男を抱かせたんだから」
「仕方なかったのよ。時間がなかったし…」

 「言い訳よりも、お仕置きしないと…」神田は聖子に抱きついた。
「やめて、もうオ○ンコしない約束よ!」
「でも、やりたいんだ。姉貴と暫くやってないから、疼くんだ」聖子の服を脱がし出す。
「わかったから、レ○プまがいはやめて。自分で脱ぐから」神田を払いのけると、自分から脱ぎだし、それを見ながら、神田も脱いでいく。

 そして、2人が全裸になると、抱き合った。
「姉貴、オ○ンコに出してもいいよな?」
「ダメ、友和の射精はいや!」
「そう言わないで、出させてよ。これからも手伝うから…」肉竿を押し込んで、ピストンを始めると「あ、あ、あ~!」喘ぎ声をあげながら「わかったわ、今回限りだからね」
膣への射精を許した。

 「ありがとう、頑張るからね」乳房を吸いながら、ピストンを速めると「いいわ、凄くいい…」聖子も快感に酔って声をあげだす。
「姉貴、気持ちいいだろう。これからもやろうよ」
「ダメ…。今回限り…。あ、あ、あ~!」喘ぎ声も大きくなって、程なく「出したのね、膣が暖かい…」淫裂から白い液が漏れ出た。
「よかった、姉貴!」神田は聖子を抱きしめて、離さなかったが、計画を練っていた。

 そして、休日になり、神田は朝食を済ますと4人を車に乗せて町に出た。
「神田さん、どこへ行くの?」心配そうな顔になる4人だが「いい所さ、行けばわかるよ」行き先は教えない。
(一体、どこへ行くのよ)不安そうに外を眺めていると、見慣れた所を走り、公園の駐車場に入った。

 駐車場には、5台の原付バイクが停まっていて、高校生と思われる男達がいるが、ヘルメットを被っているから顔は見えない。
「着いたぞ、降りろ!」車が停まると、4人は降りたが、そこにまた1台が停まった。
「友和、待たせたわね」降りてきたのは聖子と清子だ。
(あの2人が、どうしてここに…)不安に思いながら見守ると「行こう!」友和を先頭に公園の芝生が生い茂った広場に向かう。

 広場は、まだ誰もおらず、静まりかえっているが「これに、合わせてやってくれ!」音楽を掛けた。
「そうよ、いつものようにやるの。見られても、気にしなくていいから」
「まさか、ここで、ヌードダンスをしろとでも?」
「そうだ。踊るんだ!」その言葉に凍り付く4人だが「面白いわね。こんな所でヌードダンスを見られるなんて」笑い顔の清子だ。
(イヤよ、ここじゃイヤ。別なところならヌードになるから許して…)今にも泣き出しそうな4人だが「やれ、やるんだ!」神田は許さない。

 「早くやるのよ、やらないと責任持たないわよ」清子も怒鳴ると、4人は渋々ながら、音楽に合わせて踊りだした。
踊りが進むに連れて、一枚ずつ服を脱いで行くが、高校生と思われる若者は、初めて見る光景に釘付けだ。
4人はシャツを脱ぎ、スカートも脱いで、下着だけになったが音楽は終わらない。

 (もう、終わって。脱ぐのないのよ…)泣きそうな顔をしながら踊って、ブラジャーに手を掛けた。
(オッパイを、見たがってる!)ヘルメットを被ってはいるが、目がギラギラ輝いているのはわかる。
4人は、ホックを外し、ゆっくり布地を退けて乳房を露わにすると「お、オッパイだ!」初めて生で見る乳房に興奮している。
(子供に、見られるなんて…)屈辱を感じながら、ブラジャーを放ってパンティに手を掛け、引き下げ出すと、黙り込んで見ている。

 (これを脱いだら、脱ぐのがない…)顔を強ばらせながら踊り、パンティに手を掛けた。
(性器を見られるけど…)掴んだ手を引き下げると、パンティを下がって、短い絨毛が現れた。
「マン毛だ!」また、声が上がったが、なおも引き下げ、足首から脱いで全裸で踊っていく。
「すげえ、オ○ンコ丸出しだ!」高校生の股間が膨らんでいた。
(恥ずかしい…。性器を見て興奮してる…)ズボンの股間が膨らんでいるのが、見えている。

 それでも踊り続け、やっと音楽が終わると、4人はその場に座り込んだ。
「面白かったわよ。次は何やるのかしら?」清子が尋ねると「素っ裸のドライブよ。服を片づけて!」聖子が言うと、高校生達は脱いだ服や下着を持って、駐車場へ走ってい
く。
「返して、ヌードなのよ!」両手で乳房と股間を隠すが、どうする事も出来ない。
「神田さん、お願いです、服を返して下さい…」
「ドライブしたら返すよ。ただし、素っ裸でのドライブだがな」

 「それは許して。裸を見られたら、首になります!」4人は声をあげて泣き出した。
「顔を、見られなければいいんでしょう。それなら…」高校生と思われる男達が、ヘルメットを脱いだ。
「あなたは!」
「そう、純一だよ。覚えていたんだ。この前のオ○ンコは楽しかったよ、今度はこの人とやりたいな」有紀の尻を撫で出す。

 「イヤよ、セックスは絶対しないからね」
「それより、ドライブしないなら、このまま素っ裸だよ。これを被って、ドライブした方がいいと思うけど」有紀にヘルメットをかぶせた。
「ほら、誰だかわからないよ」そう言って、乳房を揉み出す。
「やめて、乱暴にされると、オッパイも痛いのよ」純一の手を払う。

 「有紀、純一の言う通りだ。やるんだ!」
「でも、レ○プされるかも…」
「心配するな、一緒に付いて行くから。幹子はどうする?」
(何時までもヌードでいる訳には行かないし)迷った末に「顔がわからないなら、ヌードでやります」
全裸のドライブを決意した。

 幹子が決めると「私もヌードドライブにします…」克子や淳子も全裸ドライブを決意した。
「よし決まったな。ヘルメットを被るんだ!」神田が合図を送ると、高校生がヘルメットを持ってきて、それを被らせた。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
323位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
22位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート 連載中
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
記事数メーター