FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「逮捕しちゃう!」第22話 ホステス

 第22話 ホステス

 神田は一緒にアパートに戻ったが、また出かけて、残された4人は部屋の掃除や洗濯などをして、のんびりしていたが、3時頃に聖子が訪ねてきた。
「悪いけど、手伝って欲しいのよ」
「手伝うって、何をですか?」
「清子の店よ。新しいのを出したから、客寄せして欲しいのよ」

 (客寄せか。それなら、ヌードはないし…)「わかりました。準備します」承知した。
「そのままでいいの。着替えなくてもいいわよ」
「でも、こんな服では…」
「制服があるのよ。行きましょう」半ば、強引に4人を車に乗せて走りだした。

 走り出して、5分も経つと、人が行き交う商店街に来た。
「着いたわよ。降りて」車を降りて、少し歩くとスナック風の店があった。
「ここよ、入って!」店に入ると、まだ営業前だというのに、15人程の客がいた。
「悪いわね。今日は特別別なお客だから、わきまえてね」清子は意味ありげに言う。

 「それより、準備はいいの?」
「勿論よ。5時までは、絶対に客を入れないから、安心して!」
「わかった。行くわよ!」聖子に言われて、奥に入ると小さな部屋があり、段ボール箱があった。
「これね、急いで着替えて!」聖子に言われるまま、服を脱ぎ、下着姿になって箱から取ると「これを、着ろとでも?」声が途切れた。

 置かれていたのは、わずかに色の付いたナイロン製のスリップで、透明に近く丈が短い。
「そうよ。それから、下着も脱ぐの。フルヌードで着てね」
「それじゃ、丸見えです。オッパイも、あそこも…」
「見せる下着だから当然よ。急いで脱ぐのよ!」
「イヤよ。顔を見られたら、困ります…」有紀が泣き出した。

 「言ったでしょう、口の堅いお客だって。秘密は絶対に、守るから安心して!」
「イヤ。いくら口が堅くても、ヌードはイヤです!」
「それなら、仕方ないわね。処女喪失のビデオをかけるけど、いいわよね?」
「やめて。それだけは、やめて下さい!」
「だったら、素っ裸になって。着るわよね?」
「約束して。秘密を守るって。それに、写真もビデオも撮らないって!」
「約束する。だから着替えて」

 (ヌードはイヤだけど、脱ぐしかないわ…)4人は、顔を見合わせてから、ブラジャーを脱いだ。
それを見て「助かるわ。お礼はタップリ貰っておくからね」聖子が言うと、返って不安になったが、パンティも脱ぎ、全裸になると用意された服を着ていく。
「イヤよ。オッパイが丸見えよ!」
「ヘアも、丸出しよ」4人の乳房と、短い絨毛が、丸見えになっている。

 「これでは、レ○プされます!」また、泣き出す有紀に「そんな事させないわ。もう、オ○ンコも限界だし。私が見張るから安心して」それを聞いて、安心したのか泣くのをやめた。
「それじゃ、行くわよ!」聖子を先頭に、店内に戻ると「すげえ、オ○ンコ丸出しだ!」歓声が上がって、盛り上がるが、反対に(性器を見られてしまった…)消沈する4人だ。

 そんな4人に「隣に座って、お話しすればいいの」清子が言うから、分散して座ったが、座ると同時に「大きいね、サイズいくら?」透けた服の上から、乳房が掴まれる。
「102のDカップです…」その手を、押さえながら言うが、別な男が反対側の乳房を掴んみ「乳首はいくらかな?」乳首を摘んだ。
「わ、わかりません!」乳首に、サイズなどないのに聞いてくる。

 4人は、体を触られていくが、清子が事前に言って置いたから、淫裂だけは触られなかった。
男達は、相手を入れ替え、代わる代わり乳房と尻を撫でていくが「ショーをやるから、見てて!」清子は4人を、小さなステージにあげて、音楽を掛けた。
(ヌードダンスをやらせる気だわ…)ピンと来た4人は、顔を見合わせてから踊り出した。

 踊ると、透けた布地越に乳房が揺れるのが見え、怪しい雰囲気になっていく。
それに、役目のしない服を脱いで、全裸で踊り出すと、ボルテージも絶頂になっている。
(興奮してるわ。セックスはしないけど、何かされる…)直感が働き、不安を感じながら踊っていると、音楽が終わった。

 「よかったよ、最高だった!」歓声が上がり、男達もステージに寄ってくる。
「どう、満足したでしょう?」清子が自慢げに言うと「俺はこの子が気に入った」「俺はこれだ!」勝手に決めていく。
「無理よ、1回しかだめなの。壊れちゃ、元も子もないし…」
「仕方ないな。口でやって貰うよ」男達は、勝手な事を言うが(何なのよ、何しろっていうのよ?)全裸の4人は、乳房と淫裂を押さえているだけだ。

 「決まったようね。聖子さんいいでしょう?」
「そうね。オ○ンコは無理だけど、お尻なら1回は出来るわよ」それを聞いて「約束が違うわ。セックスしない約束よ!」「そうよ、絶対させないって、言ったはずよ!」4人が言いかえす。
「確かに、約束したわ、セックスはさせないって。でも、お尻はセックスと言わないの。お尻を犯しても、罰になるの?」そう言われれば、4人に返す言葉がない。

 「でも、お尻は汚いし…」
「そんな事ないぞ、それはそれでいいんだ。俺はお前とやるからな!」男はズボンを脱いで、肉竿を露わにした。
「イヤ。お尻はイヤ!」逃げようとしても押さえられ、四つん這いにされる。
「やめて。入れないで!」叫んでも、4人の皆が四つん這いにされた。

 「痛いのはいやでしょう。それに、消毒にもなるし」聖子は肛門にワセリンを塗りだす。
「やめて、お願いよ。膣が治ったら、膣でするから!」その場しのぎで言うが「そうは行かないの、おとなしくやられなさい。入れても、いいわよ」聖子は肉竿にも塗って言う。
「それでは、お言葉に甘えまして、行きます!」真っ先に、早苗の肛門に肉竿が入った。
「抜いて…。お尻はイヤ…。膣の方がましよ…」顔を歪め、苦しいのか、途切れ途切れに言う。

 聖子は「この子も、いいわよ」次々と、肛門と肉竿にワセリンを塗って、肉竿を入れさせるが「これで終わりよ。1回しか、お尻は使えないし…」手を拭いて綺麗にしていく。
「仕方ないな、俺は口でやるか…」四つん這いになった、早苗の前に立ち、頭を掴んで肉竿を口に押し付けた。
「やれ、やるんだ!」無理矢理、口の中に肉竿を押し込み、腰を押しつける。
(やめて。息が詰まるから、やめて!)首を振って拒んでも、肉竿がピストンして喉奥まで入った。

 「俺も、口でやるしかないか…」男達は、四つん這いになって喘ぐ幹子達の前に立ち、肉竿を口に押し込み、ピストンを始める。
「う、う~!」声を出せない4人は、首を振るが、ピストンは停まらない。
肉竿は、気持ちいいのか、リズミカルに動くが(お尻が裂けそう…)痛みを堪え、息苦しさを堪えて、耐えている4人だ。

 やがて(イヤ、お尻にはイヤ~!)腸内に、暖かいのを感じた。
「スッキリした。ケツもいいもんだな…」肉竿を抜くと、肛門から白い液体が漏れている。
「俺も、仕上げに掛かるか…」口へ押し込まれた肉竿も、動きが早まり限界間近になった。
(イヤよ、口はイヤ!)首を振るが、頭を押さえて、腰を密着させた。
(イヤ、口の射精はイヤ~!)首を振るが、喉奥には暖かい液体が漂っていく。
(同時に、射精されるなんて…)口から肉竿が抜かれると、涎のように精液が流れ出て、放心状態になっている。

 だが「次は俺だ!」また、口の中に肉竿が押し込まれ、ピストンされていく。
「オ○ンコじゃないから、いいはずよ。タップリ出して!」聖子は勝手に言うが(それなら、あんたも、やってみなさいよ!)堪えて、喉奥へ射精された。

 「これで終わりよ。お尻、見てあげるから見せて!」四つん這いになった、4人の肛門を診察してから「大丈夫よ。少し痛いけど、すぐ直るから」消毒した。
「服を着ていいわよ。もうすぐ、店を開ける時間だし…」清子に言われて、4人は奥の部屋に戻り、服を着てから店を出た。

 店を出て、歩いていくと神田が「どうした、珍しいじゃないか。たまには、おごるからつき合え!」4人を見つけ、声をかけてくる。
「神田さん、飲みたいのは山々なんだけど…」年長の早苗が、清子の店の事を話した。
「まだ、痛いのか?」
「当然よ。あんな、太いのが入ったのよ」
「話は、飲みながら聞くよ。とにかく、行こう」半ば強引に、ホストクラブに連れ込んだ。

 「とにかく、飲め。おごりだから安心しろ」神田は、機嫌がいいのか終始笑顔で話す。
早苗が「お願いだから、変な事は、もうさせないで!」言うと「変な事って、何だ?」聞き返す。
「お尻よ。それに、口に出されるのはイヤなの」
「なんだ、そんな事か。それなら、もうやらせないよ」
「約束よ。凄く、痛いんだから…」

 「約束する。それより、あの、女子高生なんだが…」言いにくそうな顔をした。
「なにか、あったの?」
「そうなんだ。相手をして欲しいって、頼まれたんだ」
「もしかして、レズをやりたいとでも?」
「どうも、そうらしい。仲間も、呼ぶそうだ」

 「私イヤよ。有紀や克子ならともかく、子供とやるなんて、もうこりごりよ」幹子が拒んだ。
「それが、そうは行かなくて。場所も時間も決まってるんだ…」神田が説明していくと「そんな、学校でやるなんて、無理よ!」驚く4人だ。
「俺もそう思ったけど、やれる場所があるって、聞かなくて」
「仕方ないわね、行くしかないか…」あきらめ顔になると「おごりなんだから、飲めよ」酒を勧め、遅くまで飲んだ。
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/337-64401088

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん