FC2ブログ

赤星直也のエロ小説

エロ小説をメインに書いており、羞恥、恥辱といったシーンがありますから、ご注意願います。初めての方は左側にある「小説一覧」から作品名を選んで、最初からお楽しみ下さい。

「逮捕しちゃう!」第24話 ヌード撮影

第24話 ヌード撮影

 射精された4人は、項垂れグッタリしていると、両足が解かれ立たされた。
「次はここだな」乳房が撫でられると、その上下にロープが巻かれていく。
「オッパイが痛いからやめて!」
「そうは行かないんだ。ここにもな」乳房を巻いた紐を、脇の下で締めていく。
「やめて、食い込んでいく!」顔を歪めて言うが「まだまだだ、ここもだ」乳房の中間でも縛り、乳房は絞り上げられて変形している。

 「解いて。オッパイが痛くて、耐えられません!」泣きそうな顔で言うと「これくらいで泣くな。もっとやるんだから」両手首を鎖から解いて、今度は後ろ手に縛った。
「どうだ、痛いか?」
「解いてください、セックスしたからもういいでしょう」泣きながら言うと「もっとやらないとな」小さなテーブルを並べて仰向けに寝かせた。

 「やめて、やるなら普通でして!」縛られた上に、レ○プされるのは屈辱だが「俺はこれでやりたいんだよ」聞き入れようとはせず、4人は並んで仰向けにされた。
「さて、相手はどうする?」
「交換しよう。同じ相手じゃつまらないし…」
「俺もその方がいい。何回も楽しめるし」

 「わかった。交換しよう!」相手が決まると、足を開かせて肉竿を押しつけていく。
「やめて。お願いだから入れないで!」叫ぶが、また肉竿が入り込んだ。
「ほら、オ○ンコに入れたぞ!」縛った紐を握りながらピストンすると、変形した乳房が更に変形して、締め上げていく。
「やめて、オッパイが痛いのよ!」叫んでも肉竿のピストンは停まらず、返って興奮させ、見ている聖子も(膣から漏れていく…)パンティは濡れていた。

 「姉貴、興奮してきたよ。俺も、やりたくなってきた…」
「そうね、簡単なグッズがあればできるかもね。当たってみて!」
「任せてくれ」2人が話していると「中はイヤ~!」悲鳴が上がり、淫裂から、また白い液体が流れ出てきた。
「よくやるわね。2回も出すなんて、タフだわ」
「そうだよな、あの歳で2回はさすがだよ。俺なら当然だけど…」
「やりたくなったんじゃないの。膨らんでいるわよ」聖子は神田の股間を撫でた。
「ああ、やりたくなった。姉貴を縛ってね」神田は妄想しながら、ビデオを撮り続けた。

 2回射精された4人は、膣穴から流れた精液でストッキングを濡らしていた。
「もう、許して。お願いです!」皆が、泣きながら許しを求めても「ダメだ。もっとやるから…」また、バイブを持って敏感なクリトリスに当てた。
「イヤ~!」振動が、淫裂全体に伝わり、腰が動いていく。

 「気持ちいいだろう。丁寧にやるからな」クリトリスの包皮を捲って、ピンクの突起に押しつけると「ダメ~!」声も大きくなり、腰が浮き、左右に揺れていく。
バイブが皆に当てられると「イヤ~!」「やめて~!」悲鳴が飛び交い、腰の動きが激しくなっていき「ダメ、ダメ~!」との叫び声が「行く、行く~!」に変わり、淫裂から液体が飛び出した。

 「面白いのが撮れたな…」
「噴水だわ」2人がみている前で、4人の淫裂から液体が飛び出ていた。
液体はすぐに停まったが「ハア、ハア!」息づかいが荒く、焦点も定まっていない。
「今日は、これくらいにするか?」
「そうだな、2回もやったし…」男達は満足したのか、縛ってある腕や、乳房を解いていく。

 腕が解かれ、自由になった4人だが屈辱を味わされ泣いて蹲っている。
「体を拭いた方がいいわよ、それに、ストッキングも脱いで」聖子の言葉に、ガーターベルトを外し、ストッキングも脱いで全裸となった。
その後、汚された淫裂を、タオルで丁寧に拭き、太股も拭いてから服を着て、皆が着終えるとアパートに戻った。

 戻ると、4人は真っ先に浴室に飛び込んで、淫裂を洗うと、屈辱な行為を思い出したのか、泣き声が聞こえてくる。
「姉貴、かなり効いたな。やりすぎたかも…」
「そうね。かなりショックだったみたい」
「見ている方も、興奮してギンギンに、立ってしまったしな…」
「私もよ。かなり漏らしたみたい」

 「姉貴もやりたかったんだね。縛って、やらせてくれないかな?」
「ここじゃまずいわ。兄弟でのオ○ンコを知られたら、居られなくなっちゃうし」
「そうだな、姉さんのマンションならいいかもな」
「それより、晴美さんとやった方がいいんじゃないかしら。父さんは、もう卒業みたいだし…」

 「そうだな、欲求も溜まっているはずだしな。どこでやろうかな…」
「オ○ンコもいいけど、グッズを買っておいてよ」
「姉貴も、手伝ってくれないかな?」
「イヤよ。未婚の女性が、そんな所へいけないわよ!」
「仕方ない、俺だけでやるか」
「そうして。経費はこれで十分よね」数万を渡した。

 「景気いいね。大部溜まったんだね」
「4人程じゃ、ないけどね」
「ピンハネだけはしないでくれよ。後が大変だから」
「そんな事してないわ。3割だけ貰っているだけよ」
「信用するよ」2人が、こんな話をしていると4人が神妙な顔で戻ってきた。

 「お願いがあります。あんな辱めは、もうやめて下さい…」
「あら、恥ずかしかったの?」
「当然です。レ○プされたも同然ですから…」思い出したのか、涙が落ちていく。
「わかった。レ○プはさせないけど、縛ってはやるぞ」
「あれ、凄く痛いんです。あれも、やめて下さい…」

 「痛くなければ、いいんだろう?」
「それは、そうですが…」
「だったら、我慢しろ。それより、今日の当番は誰だ?」
「私です…」早苗は、皆がみている前で服を脱ぎだした。

 「乱暴にされたから痛いんです。優しくお願いします…」
「わかっている。優しくするよ」早苗が全裸になると、神田は言った通りに、優しく乳房を撫でて、いつもと違って、ゆっくり挿入している。
「気持ちいい、濡れていく…」早苗の淫裂も濡れだした。

 翌日、4人がいつものように勤務していると、神田から電話があり、昼休みに会いたいという。
「何の用事かしら?」腑に落ちないが、昼休みになると、神田が待つビルに入った。
ビルの中は、小さなテナントが並び4人は2階の事務所に入った。

 「神田さん、何かあったんですか?」入るなり訪ねると「頼みがあってね。それより、紹介しよう。従兄弟の正樹だ」
「神田正樹です。よろしくお願いします」
「実は、正樹が君たちの事に興味があってね」
「興味って何にですか?」
「ヌードだよ。制服を着て、オッパイとオ○ンコを出した写真を撮りたいそうだ」それには「ヌード写真ですか…」顔色が変わり強ばった。

 「そうなんです。是非撮らせてください、迷惑は絶対掛けませんから!」
「そう言われても、ヌードがばれたら首になってしまいます、それに、週刊誌も…」泣きそうな顔で言うが「それは承知の上だ。すぐに脱いでくれ!」神田が言うと「わかりました…」と言うしかない。

 4人はドアに鍵を掛け、制服のボタンを外しだしだすと、正樹は撮りだした。
(ヌードは撮られたくないのに…)泣き出しそうなかをしながら、ワイシャツのボタンを外すとブラジャーが覗いている。
「全部じゃなくていいです。オッパイを出せばいいですから」4人はブラジャーを持ち上げ、乳房を露わにすると前を広げた。

 「いい形ですね、大きさもいいですよ」笑顔で撮っていく。
「顔を背けないで、笑顔です!」注文すると(そんな事言われても、できないわよ…)作り笑いになっていた。
「今度はスカートとパンツを脱いでください」言われるままスカート、パンティを脱いで下半身を剥き出しにし、淫裂を露わにすると「準備がいいですね」手入れされた淫裂を撮りだした。

 正樹は、その後も撮っていくが「友和、チンポを出して!」言い出した。
「わかった、フェラさせるんだな?」神田はチャックを下げて、肉竿を出すと「わかってますよね、やって下さい」早苗に、フェラをやらせるつもりだ。
「撮らないなら、やりますが…」
「ダメだ、撮って貰え!」仕方なく、肉竿を口に入れて唇を動かし出す。

 「オッパイも出して。残った人は脇に立って!」神田のフェラを真ん中にして、3人が乳房と淫裂を晒している。
「面白いな、良い画になる…」婦警の制服姿で、乳房と淫裂を晒す姿は、異様な雰囲気になっていた。
「はい、フェラを交代して下さい!」早苗に変わり、幹子が神田の肉竿を口に入れて乳房を晒すと、早苗も立って乳房と淫裂を晒した。

 皆が、フェラを終えると「もういいです。終わりました!」カメラが片付けれた。
4人はパンティを履き、スカートを履いて下半身を隠していくと「触らせて下さい」揺れる乳房が掴まれる。
「ちょっちだけですよ。もう、時間ですから」軽く撫でられてから、ブラジャーも直して制服の乱れも直して、元通りになった。

 「これから、どうするんだ?」
「私と克子は、午後からパトロールですが…」
「私と有紀はチラシ配りです」
「そうか、それなら幹子と克子に頼むか…」神田が2人に話しかけると「見られたら首です…」泣き声になっていた。
「やらないなら、責任持たないからな!」
「やります、ですからあれだけは…」渋々、承知して4人はビルから出ると、軽い食事を取り警察署へと向かった
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://akahosi2.blog84.fc2.com/tb.php/339-35eb7a82

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。
おことわり
 この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。

小説一覧

相互リンクサイト

アクセスランキング

カウントされない事もあり
   ますのでご承知下さい

アクセスカウンター

カウンター(16-9-12~)
 

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

Template by たけやん