fc2ブログ

「逮捕しちゃう!」第25話 SMグッズ

第25話 SMグッズ

 昼休みも終わり、午後の仕事が始まると、幹子と早苗はミニパトカーに乗り、パトロールに出かけた。
繁華街を走り、行き交う少ない道路を走って公園に来ると、神田の車が停まっている。
パトカーもその隣に停まると、神田と正樹が、車から出てきた。

 「今日の当番は誰だ?」
「私です…」幹子が言うと「それなら克子に脱いで貰うか。頼んだぞ」克子は項垂れて、正樹と公園の奥に向かう。
「幹子、昼間の興奮が収まってないんだ。わかってるよな?」狭いパトカーに乗り込み、幹子のスカート、パンティを脱がせて下半身剥き出すると、神田も脱いで下半身が剥き出しになった。

 「幹子、外を向け!」道路側の窓に幹子を押しつけると、後から淫裂に肉竿を突き刺した。
「う~。まだ濡れてません…」無理矢理入ったから、肉竿の滑りが悪く、動く度に痛みを感じている。
「我慢しろ、すぐに終わるから…」シャツの裾から手を入れ、ブラジャーを捲り上げて乳房も掴む。

 「優しくしてください。オッパイが痛いんです…」縛られた乳房に、痛みが消えてないが「わかっている。優 しくやるよ」両乳首を摘みながら、肉竿をピストンしていく。
時折、車が通りすぎ、幹子は(見られたらどうしよう…)心配しながら通る車を見ていた。

 一方、公園の奥に向かった正樹と克子は、全く人気のない木立の中にいた。
「撮りますから、脱いで下さい」言われるまま、婦警の制服を脱いで下着姿になった。
「いいですよ。いいのが撮れてます」おだてながら、パンティ、ブラジャーと脱がせ、全裸にさせて撮っていく。
「もう、いいでしょ?」恥ずかしいのか、乳房と股間を押さた。

 「始まったばかりじゃないですか。両手を頭に乗せて!」言われるまま、手を退けて全裸を正樹に晒すとカメラに収められた。
「ここを、アップします」淫裂にカメラが向けられると「ここは撮らないで…」手で淫裂を覆う。
「ダメです。撮らせて貰います!」克子の手を退けさせ、淫裂を撮った。

 その後も撮り続けて「撮るのはこれくらいにして、楽しませて下さい」カメラを置いてズボンを脱いだ。
「イヤ、ここじゃイヤ。別なとこでしましょう、見られたら困るの…」
「誰も来ませんよ。すぐ終わりますから!」下半身を剥き出しにすると、克子に抱きついた。
「やめて、お願いです!」

 「ダメです、入れます!」肉竿が、克子の胎内を突き刺した。
「う~!」顔を歪めて痛みに耐えたているが、ゆっくり、肉竿をピストンしていくと、淫裂の中も濡れて、滑りがよくなっていく。
(外でのセックスって、変な気分になる…)青空を見ながら、人に見られる不安を抱いて淫裂を突かれていくと、淫汁も多くなって快感になっている。

 「気持ちいいわ…。オッパイにもして…」
「こうですね?」両手で乳房を揉みながらピストンしていくと「あ、あ、あ~!」克子から声が上がっていく。
正樹も動きを速めて、登り切ったのか、肉竿の動きを停めた。

 「ダメ、お腹はダメ!」叫んだが、膣奥には暖かい液体が噴射されてしまった。
「出しちゃった…」肉竿を抜くと、白い精液が流れ出た。
正樹はハンカチで克子の淫裂を拭いていくが「もう、出さないでよ!」機嫌悪くブラジャーを着け、制服を着ていく。

 服を着終えて、パトカーに戻ると幹子と神田が待っていた。
「ずいぶん、遅いじゃないか!」
「抑えが効かなくて、やっちゃいました…」
「克子、オ○ンコやったのか?」その言葉に、顔が赤くなっていく。
「それなんですが、中に出しちゃったんですよ」
「それなら心配ないよ、姉貴から、あれ貰ってるから。それより、次の準備をしないと」神田と正樹は車に乗って走り出す。

 「克子、あんたもセックスやったの?」
「何だ、幹子もやったんだ。でも、変な感じだった…」
「変な感じって、どんな事?」
「外でやったでしょう。見られないかと、心配しながらセックスされると、ゾクゾクしちゃって。返って燃えちゃった…」
「へえ~。野外セックスって、気持ちいいのかしら?」雑誌では読んだ事があるが、幹子は体験してないから、興味津々になってる。
「それより、パトロールよ!」2人はパトカーを走らせた。

 そのころ、神田と正樹は、大通りを走り抜けて裏通りに車を停めた。
「姉貴から頼まれているんだ…」断りを入れて、正樹を伴い、怪しげな店に入って行く。
「いらっしゃいませ」女性が声を掛けてくると「面白いのが欲しいんだが…」と尋ねる。
「相手はサドですか、マゾですか、それによってグッズも変わります」
「女王様はイヤだからな。マゾにしたいが…」
「それでしたら、これなどいかがでしょうか?」店員がカタログを見せて説明すると「これが面白そうだな」レザーの組合せベルトが目に付いた。

 「これでしたら、これも使えますが…」手錠や乳首リングも説明し、電動のバイブも説明する。
「わかった。これと、これと…」と指さして「4セット、いや5セットくれ!」注文した。
店員は袋に、1セットずつ入れて、代金を払うと2人は車に乗せて走りだす。
神田は運転を正樹にさせて、携帯を掛けた。
「そう、そうなんだ。だから、今夜はいいよ」相手はわからないが、機嫌良く話している。

 そして、5時になり、勤務が終わると4人は着替えをし、警察署からアパートに向かうが「待っていたわよ。今夜は、手伝って貰いたくて…」清子がいた。
「神田さんに聞かないと…」
「それなら心配ないわ。神田さんも来るし」そう言われれば、拒む事はできず「わかりました。手伝います」承知して、清子の車で店へと向かう。

 店はまだ6時前という事で、客はおらず手持ち無沙汰の状態だが「来たか、待ってたぞ」神田が入ってきた。
神田は袋を持っていて「まずは着替えだ。奥へ行こう!」小さな部屋に入ると、4人は服を脱ぎだし、次々と脱いで全裸になると「これを着るんだ!」紙袋を渡す。

 それを見ると「これではヌードです。首になってしまいます…」泣き出す子もいる。
「心配するな、これを被ればわからないぞ」拘束用マスクで、鼻、目、口と必要な部分は、くり抜かれてある。
「わかりました、着ます…」レザーベルトを体に巻くと、乳房が絞られる。
それに、淫裂の真ん中をベルトが通っていて、割れ目は隠せるが、短い絨毛は飛び出している。

「こんな姿で、人前に出るなんて…」嘆いていると「これを着けろ!」拘束マスクを着けると、誰が誰だかわからない。
「これならいいわ、性器も見えないし」やっと安心していると「ここには、これだ!」乳首に鈴の付いたクリップを着けていく。
「痛くないだろう。これなら可愛いし…」ベルトで絞られた乳房を揉むと「チリン、チリン!」と鈴が鳴っていく。

「これ、いいわね。これなら亭主も喜ぶわ」清子は気に入っているが「8時からはこれだけど、それまではこれも着て!」薄地のスリップを着させた。
薄い生地からは、ベルトや乳首クリップが、わずかに見えている。
「これでいいわ、お願いするね」4人が店に戻ると、客がパラパラいて隣に座って、話しだす。
客は話しながら胸を撫でて、乳房を掴むが「ダメ、痛いからダメ」手を退けさた。

 そして、時が過ぎるに連れて、店も混んできた。
「やって、時間よ!」4人は小さなステージに並ぶと、着ていたスリップを脱ぎ、レザーベルト姿になって体を動かし出した。
(ダンスをやったら、ばれちゃう…)そんな心配から、例のダンスはせずに、闇雲に踊っている。
当然、乳房も揺れて「チリン、チリン!」と鈴も鳴り興奮が高まった。

 踊りは3分程度で「あそこ、お願いね!」清子が言う席には、4人の上長達がいる。
「まずいわ、あの人達は…」強ばる態度に、察したのか「大丈夫よ、顔がわからないし」安心させようとして言う。
「わかりました…。行きます」4人は分散して、所属の上長と違う席を選んで座った。

 「いいね、これは最高だよ!」乳房を掴み、揺すって鈴を鳴らしていく。
「面白そうだな、俺もやるよ」上長は、皆の乳房を掴んで「ここはどうなってるんだ?」淫裂のベルトをずらした。
「ダメ!」慌てて、手を押さえるが、割れ目が見え、飛び出た肉襞が覗いてしまった。

 「綺麗じゃないか。俺とやらないか?」触ろうとするが「イヤ、イヤです!」立ち上がって、拒む。
「課長、オ○ンコは無理ですよ。オッパイだけにしましょう!」
「そうだけど、見るだけならいいはずだ…」諦めずに、次々とベルトをずらして淫裂を見ていく。
(知らなかった…。あんな真面目な人なのに。こんなスケベだったとは思わなかった…)
酔ったせいか、男の本性を省みた4人は、清子に言われるまま、次々と席を変えて乳房を触られていた。

 4人は、10時までヌードを晒してアパートの戻ったが「課長が、あんな事するなんて、信じられない…」一番若い有紀はショックを受けたようだ。
「仕方ないわよ、仕事の息抜きだから…」
「でも、子供もいるのよ。奥さん知ったら可哀想よ」
「そんな心配しなくていいの。あれは遊びで、本気じゃないし」4人は店での出来事を遅くまで話し合った。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お詫び
ブログを運営している「FC2」様から新方針が示され、悩んだ末に画像を削除することにしました。 皆様におかれましては、ご不満でしょうがご理解ください。
更新掲示板
掲示板を設置しましたので、ご利用下さい。
プロフィール

赤星直也

Author:赤星直也
赤星直也と申します。Webでは、官能小説サイト未知の星を運営してます。

アクセスカウンター
16-9-12 開始

相互リンクサイト
勝手リンクト
勝手にリンクしましたが、不都合があれば連絡して下さい。

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

つよさゲッター
赤星直也
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
311位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
Gallery
おことわり
この作品は全て空想で書かれています。実在の人名、団体とは一切関係がありません。また、この作品の著作権は赤星直也が所有してます。作品の無断転用もかたくお断りします。違反した場合「著作権法」によって「刑事罰」と「民事罰(損害賠償)」が与えられますので、ご承知下さい。
連載中の小説
完結小説一覧
■OL
捨てられたOL(10)
OL・愛の調教(10)
波瀾のOL
シンデレラなOL(11)
恥辱のバスガイド(12)
OL哀歌~美由紀編(34)
■近親相姦
危険な関係(17)
拗れた関係(15)
天使の微笑み(12)
夫は2人の共有財産(11)
陵辱の義母(11)
背徳の家族(24)
狂った家族(19)
妖しげな義母と義姉(10)
禁断の愛(6)
見えぬ赤い糸(9)
地獄の孤島(23)
ある農家の慣わし(11)
■人妻
買われた親子(14)
罠に落ちた人妻(14)
兄貴の嫁さん(12)
願望日記(13)
陵辱の温泉宿(19)
淫らな山村(14)
人妻交換クラブ(13)
マリオネット(9)
スワッピング(11)
裏の女達(18)
夫婦生活援護会(12)
地獄のローン(10)
奥様はエッチがお好き(10)
波乱の人妻(11)
知らぬは夫だけ(10)
買われた人妻(11)
青春の思い出(19)
お隣さん(11)
恥辱の農村人妻(16)
ある人妻の体験(9)
淫らな願望(10)
■女医・ナース
裸にされた看護婦(14) 
復讐の病院(20) 
白衣の女神と天使(20)
悪夢の後に(16)
殺意ある誤診(10)
淫らな病院(36)
罠に落ちた白衣の天使(12)
引き裂かれた白衣(36)
仮面の女医(11)
■教師・学生
監獄の学園(18)
狙われた女教師(14)
陵辱の学園(22) 
恥辱の女教師(23)
淫らな学園(20)
隔離された学園(20)
マゾ志願の女教師(10)
裸にされた女教師(10)
女だらけの学園(14)
嗚呼、家庭教師(11)
奴隷の女教師(13)
秘密の学園(38)
好色な教師(10)
罠のアルバイト(14)
辱めの女子大生(11)
十字架のある学園(46)
落ちゆく女教師(34)
淫らな離島 (13)
■婦警
仲違いの婦警 連載中
恥辱の婦警(19)
失われた絆(25)
哀れみの女刑事(22)
淫欲の街(46)
逮捕しちゃう!(36)
拉致された婦警(22)
■セレブ
淫らなセレブ(24)
華麗なる性奴隷(25)
夏の嵐の後で(13)
■タレント
全裸のコンサート(10) 
堕ちたアイドル(22)
女優・樋山香奈子(17)
全裸の歌姫(11)
■自衛官
女自衛官・全裸の行進(12)
■スチュワーデス
全裸のスチュワーデス(13) 
淫らなスッチー(11)
■アスリート
全裸の格闘(17) 
コートの貴公子(21)
全裸の銀盤女王(10)
全裸のアタッカー(14)
■女子アナウンサー
スキャンダル(11)
陵辱の女子アナ(14)                                                                                      
囚われの女子アナ(12)
悲劇の女子アナ(10)
■女僧
性母マリア伝説(8)
■その他
淫獣の住む館(15)
極道烈伝(20)
新型ウィルス(22)
アクセスランキング


Trendツールバーで「広告をブロックする」に設定すると「i2i」が表示されません
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
記事数メーター